カテゴリー別アーカイブ: ニュース

晋を問うアベノミクス解散!!

間も無く衆院選の公示日だが、自民が支持率が低下したとはいえ、野党はどこも弱すぎで、支持率は一桁台。今回の解散は安倍総理の消費増税先延ばしや、アベノミクス効果の真を問うとのことだが、新政権が発足すれば支持率が一時的に回復することになるだろうが、それは一瞬のまやかしに過ぎず、2年間株価と支持率だけのために政権運営してきた自民党安倍政権に対して国民は甘くはない。

この2年間の信を問うのではなく、この日本のリーダーが安倍総理で良いのか晋を問う選挙になるだろう。

—————————————–

民主党政権をあれほど非難して政権奪取に成功した安倍総理ですが、安倍総理もこの2年間結局株価上昇で、景気回復していると国民をだまし、結局何もできなかったに等しいでしょう。投稿にあるように今回の解散総選挙は「晋」を問う選挙になりますね。

<「投稿サイト」編集部>

井上要社長から強く請託を受けたから

産廃法7条、一般廃棄物「積み替え保管」の営業許可の品目以外の積み替え保管をしたとして、県北地方振興局から査察を受けた県北環境衛生社の井上社長はすぐさま親分の仁志田伊達市長に事件のもみ消し工作を請託し、大老こと鴫原副市長から生活環境課長に指示を出し、一般廃棄物の運搬・収集は福島県ではなく伊達市長にあるという見解を盾にして県北振興局の立ち入り調査を骨抜きにしました。井上社長にしてみれば産業廃棄物の運搬・収集は県知事の許可ですが、一般廃棄物は市町村許可ですからどうにでもなります。

ただし、今回の査察は「一般廃棄物の積み替え保管許可」のビン・ガラス・陶磁器以外の紙類を積み替え・保管した容疑です。このことが明らかになると産廃法7条違反で5年以下の懲役又は1000万以下の罰金となり井上社長は産業廃物の運搬収集業の免許取り消しになります。ですから仁志田市長に請託して一般廃棄物の運搬収集及び積み替え保管の許可権限は仁志田市長の職務権限の中ですから、いとも簡単に抹殺出来たのでした。そして仁志田市長のたに町として、毎月の飲食や接待の供応だけではなく、大切なお財布か掛として市役所内に君臨することとなりました。

これって「斡旋利得収賄罪」の立件用件をすべて該当しますよね?福島県警本部長様

—————————————–

これが事実だと立派な犯罪です。捜査して貰いたいものです。

<「投稿サイト」編集部>

ホテルハマツの暴力事件

暴行事件の件は有名な話ですよ。会社は隠していますが社員は皆知っている話なので逆に社員の不安を高めている感じです。

この問題に対する総支配人の対応が命取りになるのでは?とにかく社員が次々と居なくなる??

終わりだな。

—————————————–

続々と寄せられるホテルハマツの不祥事。この件につきましては、月刊タクティクス新年号で詳報致します。是非ご一読下さい。

<「投稿サイト」編集部>

二者択一を求められる佐藤実伊達市議会議員

後4日で衆議院議員選挙が始まりますが、究極の二者択一を迫られているのが佐藤実伊達市会議員です。何故なら彼は、民主党福島県連の事務局長を兼務しており、選挙実務の選挙責任者として県内5選挙区と民主党との調整等を統括する大役を担っています。しかし、4日後から12月伊達市議会の一般質問も始まり衆院選挙期間中は継続して議会が開催される為、どちらかを選択しなくてはなりません。

伊達市議会から、市議会議員は議会を最優先すると言う「伊達市議会基本条例」を盾に、議会欠席及び遅刻は認められないと安藤市議会議長から忠告を受けていますが、民主党関係者からは選挙中に県連事務局長が不在なのは不適格と、支持団体の連合をはじめとする労働団体から異議が出ています。佐藤雄平前知事が退職して彼を庇う応援団が不在となり、究極の選択を迫られていると言えますね!

昔から「二兎を追うものは一兎をも得ず」という格言があるように、どちらかを選択しないと両方駄目になると歴史が物語っています。市議会の総務常任委員長なんだから議会に専念出来ないのなら議員辞職して事務局長職に専念するのが一番ではないですか?佐藤 実市議様

—————————————–

二兎を追うもは一兎をも得ずですか?その通りですよね。

<「投稿サイト」編集部>

県北地方振興局の査察を握りつぶした仁志田市長

平成22年の夏に県北地方振興局の吉田主事により、仁志田伊達市長のスポンサーである県北環境衛生社に対して産業廃棄物法違反容疑で特別査察が入りました。容疑は福島市の事業者から排出される事業系一般廃棄物を県北環境衛生の伊達市保原町富成地区にあるJA協選所跡の倉庫で積み替えをして、伊達市の一般廃棄物に積み替えして伊達地方衛生処理組合で無償で処理したという産廃法違反容疑です。

しかし、伊達市側は担当である生活環境課の環境系は「一般廃棄物の許認可権並びに行政指導権限は伊達市側にある。」という主張を繰り返して県の査察を骨抜きにしてしまいました。

この件を担当した吉田主事は県中振興局に転勤させられました。県の担当者の意向に逆らっても仁志田市長の
スポンサーの利益に邁進する伊達市の管理職の方々て
市長のサーバントなんですかね?担当者に直接指示を出した鴫原副市長は三役に昇格させて頂いた御礼で県北環境衛生の井上社長に便宜供与したんですかね?

県の担当者の吉田主事に伊達市の担当者が述べた、「上から意向ですから!」という一言は何を意味するんでしょうかね?行政の担当者の解釈が、上司からの強い意向で簡単に変わのは伊達市では当たり前のことなんですかね?教えて下さい仁志田市長さん!

—————————————–

伊達市は月刊誌の方でも記事を多く掲載していますが、何かと問題だらけですね。上からの指示と言うのは仁志田市長ではないと思いますが、投稿にある通り上からの指示だから対応が変わるのは、行政として問題です。

<「投稿サイト」編集部>

石井工務店の社長!!ストーカーの域を超えていますね。

12月号の月刊タクティクスを読みました。郡山の石井工務店の石井一夫(一男?)社長のGPSを使ってストーカー行為をしたという記事がありましたが、本当ですか?

毎月月刊タクティクスを読んでいて、今月はどのような展開になるか楽しみにしているのですが、以前の号でストーカー疑惑の記事があったのも恐怖を感じましたが、GPS装置を使用していたのですね!?

おまけに「お前の家庭をめちゃくちゃにしてやる」と恫喝したようなことも書かれていますが、これは立派な脅迫行為で犯罪でしょう。

女性の為のハウスメーカーの社長は、実は女性の敵だったんですね。

—————————————–

記事の内容は十分な取材の上、掲載しております。続々と寄せられる投書や投稿をこれからも掲載していきます。お楽しみに。

月刊タクティクス12月号

image

<「投稿サイト」編集部>

 

仙台のたいむす運転代行。やっぱりダメだなぁ〜。

先日も投稿させて頂きました。仙台市内、主に泉区を拠点にして営業している「たいむす運転代行」。運転が荒いとわかっていながらも料金の安さが魅力で昨日も利用しました。

まず、主人が電話をしたのですが、電話が繋がりません。「こないだ運転が危ないとか文句を言ったから着信拒否かな?」と冗談で主人が言っていたので、私の携帯で電話をかけました。すると2,3回のコールで出て、時間が20:40分だったのですが、急いでも21時は過ぎると言われましたが、大丈夫ですと伝え切りました。

21:30になっても代行がこないので私が再度電話したところ間もなくつくとのこと。それから10分位できたのですが、前回の暴走運転手でした。主人は前回乗っておらず、女性だけで運転の乱暴さを指摘したさい「話しかけないでくれますか?」と驚くことを言われましが、昨日は主人が乗っていたからかなのか話し方は丁寧でしたが、やはりめちゃくちゃな運転でした。小さい子供も乗っていたというのに。

降り際に「運転手さんお名前は?」と私が言うと、「何か失礼なことがありましたか?」と言ってきました。この返答から多分他のお客さんからも苦情を頻繁に言われているのではないかと思いました。

たいむす運転代行の小野さん。前も指摘したのに変わらないのです?お客さんの命を預かっているということを再認識して下さい。

—————————————–

お客さんからの苦情を聞く気もないからそのような態度を取って、同じことを繰り返す。投稿にあるとおり命を預かっているという認識がちょっと低いですね。下記にリンクを貼りました。前回の投稿と合わせてお読み下さい。

<「投稿サイト」編集部>

暴走する運転代行。危険な運転は酔っ払い運転と変わらないですよ。

ホテルハマツで今度は暴行事件??

月刊タクティクス12月号を読みました。郡山市にある「ホテルハマツ」の情報が毎月掲載されていますが、興味深く読んでいます。

どうも前から問題の多いホテルのようですが、今、ホテルハマツ内部でとんでもない事件が発生したようです。ホテルハマツに勤めている知人から聞いた話なのですが、ホテルハマツ内にある中華レストラン「胡蝶花(シャガ)」の部門内で暴力事件が起きたと社員達が騒いでいるようです。多分、月刊誌の方でもこの情報は察知しているかも知れません。

事実だったら大変なことですよね。この中華レストランはホテル直営の様で、ホテルハマツはもう、終わりですね。

—————————————–

ホテルハマツは本当に情報の尽きないホテルです。セキュリティの甘さや、ホテル内部に泥棒がいたり、この時代としては考えられませんね。

情報の真相に迫り、詳報していきたいと思います。

<「投稿サイト」編集部>

日銀黒田総裁、ここに来て弱気な発言!?

あれほど円安のプラス面を強調してきた、日銀黒田総裁。先日の会見で「為替相場は経済や金融のファンダメンタルズを反映し安定的に推移することが望ましい」と述べました。これは今までの発言にブレーキをかける弱気な発言ととっていいのではないでしょうか。

アベノミクスの是非や、消費増税先延ばしの信を問うと安倍総理は衆議院を解散しましたが、日銀の金融緩和と消費増税は、自動車で例えると車の両輪で、安倍総理が打ち出した1年半の消費増税先延ばしは、一つのタイヤが吹き飛んで片輪走行をしていることになります。

10/31に追加金融緩和を行い、25日に公開されたその金融政策決定会合の議事要旨によると、黒田総裁を含む政策委員9人のうち4人が反対する“薄氷”の決定だったようで、追加緩和の効果は、それに伴うリスクや副作用には伴わないとの見方がでているそうです。この辺りにも黒田総裁の弱気な発言理由かも知れませんね。

安倍政権が発足し、3ヶ月後に日銀黒田総裁が誕生しましたが、就任早々大胆な金融緩和を行いアベノミクスに大きな影響をもたらしました。これもアベノミクス同様失策だったのではないでしょうか。回りくどく弱気な発言などせず、金融緩和は円安にだけで、アベノミクス共々失策だったと認めてはいかがでしょうか。この2年間の経済の混乱の責任を取ってもらいたいものです。

—————————————–

車は片輪走行では長く走ることは出来ないです。消費増税先延ばしにより、日銀の金融緩和も経済を混乱させるだけになってしまうのではないでしょうか。

両輪を地面に付け、安定した経済を作り上げて貰いたいものです。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

 

 

 

安倍総理 自らfacebookで非難することでもないでしょうに、、、

小学4年生になりすまし、「どうして解散するんですか?」とNPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」の代表が開設、運営をしたことで、安倍総理が「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為」と自身のfacebookで非難をしていましたが、確かに子供になりすましたのは良くないと思いますが、しかし言われても仕方がないですよね。

最近の安倍総理は国会での質疑に対する答弁も質問に対する答えになっていませんし、声を荒げるシーンもみられ、政権運営が上手くいっていないことですっかり余裕を感じられません。

私は子供の振りはしませんが、「どうして解散するんですが?」色々理由を述べられていますが、やはり理解ができません。

—————————————–

子供になりすまし、非難ともとれるサイトを立ち上げた大学生にも問題はありますが、安倍総理自身がfacebookで自らコメントするようなことではないと思いますが。よほど周りの声が気になる位神経質になっているのですね。

また、体を壊さないか心配です(笑)

<「投稿サイト」編集部>

580兆円が消えたアベノミクスは大失策

この2年で安倍政権は何をしてきたという指摘が飛び交っていますが、富を減らし負を増やしました。

アベノミクスの影響で日本の富は580兆円消えたと言われています。今度の意味の分からない総選挙でも数百億円の国費が使われるわけですが、それ位の金額がかわいく見えるくらいアベノミクスで大変なお金が消え、億万長者(1億円以上の純資産を保有している人)も130万人減少したそうです。

日本の年収1000万円以上の人は3、7%と、先進国の中では低い数値ですが、安倍総理の政策で金持ちも減少したことになりますね。

安倍政権の円安誘導により、円が大幅に値を下げた影響で今年の上半期の貿易赤字が過去最大の赤字幅で、これは完全にアベノミクスが大失敗だったことを物語っています。

アベノミクスはサギノミクスだったのです。

—————————————–

今回の解散総選挙で野党がいかに元気がなくとも、アベノミクスが国民を豊かにしたか安倍総理も感じる筈です。

それにしても580兆円もの富を国外に流失させたアベノミクスの責任を安倍総理はとるつもりはあるのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

タカタのエアバッグは目の前にある手榴弾だった?

先日、タカタ製のエアバッグの投稿を読みました。でも、本当のエアバッグの恐さが伝えられていなかったようなので触れておきたいと思います。

エアバッグは事故の接触と同時に一瞬で膨らみますが、その装置の付け根には火薬が装填されていることを知っていたでしょうか。初期のエアバッグにはガスが使われていましたが効率が悪かったため、火薬の爆発力によって、出来るだけタイムラグが無くなるように改良されてきました。

今回の事故が起こった車のエアバッグはタカタのメキシコ工場で生産された物のようですが、火薬充填の際の圧力管理に問題があったように言われています。

エアバッグはドライバーと同乗者の生命を守るために装着されているものですが、ハンドルの中心に金属で覆われた火薬があるかと想像するだけで恐くなってしまいます。言い換えれば、顔の前に事故のショックで飛び散る手榴弾が装着されているようなもので、今までのエアバッグ安全神話からは信じられないような、逆に危険なものと一緒に走行しているイメージになってしまいます。

日本国内で100万台のリコールで、全世界では数100万台になると言いますから、いずれタカタは潰れるのでしょうが大変なことです。これは円高時代に海外に工場を移したことによって、緻密な日本人の感覚で作られていたものが、海外の安ければ良いだろう式の生産に切り替えれられたことによるツケが回ってきたことを意味しています。顔の前の手榴弾という恐怖とジャパンブランドのイメージの失墜という2つの大きなダメージは、今後の日本のあり方に何かを問いかけているようです。

—————————————–

違った内容のエアバッグメーカータカタへの投稿ですが、確かにものづくり大国日本の大きなイメージダウンになることでしょう。しかし、エアバッグは顔の前に置かれた手榴弾ですか?普段、気にしていなことでも見方を変えると意外なものがあるのですね。

<「投稿サイト」編集部>

ゆうへい前知事の終(つい)の住み家は郡山?

この11月11日、任期満了を迎えた佐藤雄平知事だが、2期8年間で何をこの福島県に残してくれたのか甚だ疑問が残る。県知事の1期4年間の退職金は約3400万円だが、これが思ったより少ないとのボヤキが身内から聞こえてきている。

最近、郡山市内A工務店のマンションを購入したとかで、ゆうへい夫妻の終の住み家は郡山かと言われている。東京都内にもマンションを持っているが、小さ目らしく郡山市内に新居を構えることになるという。

近いうちに郡山市内のカラオケバーで歌しか能が無いと言われている前知事の歌声が聞こえてくるかもね。

—————————————–

いっそ県外に出られたほうがよろしいのでは?との声がありますが、いかがでしょうかね。

<「投稿サイト」編集部>

福島第一区は因縁の対決

12月2日公示、14日投票の衆院選で福島一区は、自民、亀岡よしたみVS民主、金子恵美という因縁の対決が起こることになる。何故、因縁かというと、いずれも旧亀岡高夫派の流れを組む候補者であって、20数年前、亀岡高夫の死去に伴って旧亀岡派は養子のよしたみをはじめ、秘書達が激しい後継争いを行った。

当時、本流を名乗った金子の父(故人)徳之介が一早く衆院議員となったが、2期目半ば病に倒れ任期を全う出来なかった。その後、衆議院議員にこだわって何度も挑戦を続けてきたよしたみが初当選を飾ったが、小泉旋風に乗って17万票を超える票を獲得、他の衆院議員達を驚かせた。前々回は民主の風の中、石原洋三郎と戦い落選の憂き目にあったが、前回、復活した。一方金子は7年前、参院選に当選したものの福島県内が1人区になったため自民の森まさこに破れ、充電中だった。日本全国で突然の安倍の長期政権を狙った今回の解散に戸惑う野党陣営だが、金子の出馬も付け焼刃の感が否めず、苦戦は覚悟の戦いとなろう。

そもそもこの福島一区の民主党候補は前回戦った大場秀樹に白羽の矢が立ったものの、当選の見込みがないことを知っているため民主党県連幹事長の亀岡義尚(よしひさ)県議に振ったと言われる。よしひさ県議も婆(ばば)を引きたくないため、金子に出馬要請をしたというのが流れのようだ。かつては旧亀岡派の中にいた二人だが、同じ衆院選で戦うのは初めてのこと。今回のアベノミクスの失敗解散(別名不祥事ごまかし解散)のおかげで、候補者に熟慮させる時間がなかったために、かつての因縁の対決が実現することになった。

しかし、誰もが予想するように、ドブ板選挙を地でいって、何年も選挙区を歩いてきたよしたみの強さは本物で、先の県知事選での勇み足も、自分の選挙区の支持者達には何の影響も出ないことだろう。

それにしても、石原洋三郎が所属するみんなの党も解党の憂き目にあい、かつて籍を置いた小沢一郎の生活の党も消滅して行く。前にも後ろにも進めない厳しい状況に追い込まれた洋三郎だが、今回の出馬は見送るしか選択肢が無く、次回の政界再編に望みをつなぐことになるようだ。政治家の離党のタイミングの難しさが伝わってくる。

今回のアベノミクス失敗解散という突然の奇襲攻撃に弱い野党は慌てふためいているが、何故か弱すぎるため、つい応援したくなってしまう。

—————————————–

そういえば、亀岡代議士が亡くなった時、養子のよしたみ派、武藤秘書派、金子旧保原町長派といくつにも分裂したことがありましたね。結果は金子氏が当選し、その主導権が握られようとしていた矢先、突然倒れてしまった悲劇が起こりました。その後、よしたみ氏が度重なる落選にもめげず、挑戦し続けてきた結果の大得票ということも起こりました。

今の状態では、いかに金子氏が善戦しても現職の壁は厚いと言わざるを得ないでしょう。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

 

日本製の信用が揺らいだタカタのエアバッグ。責任を取れるのか?

世界の車用エアバッグの市場の20%を占めている日本の企業「タカタ」。1933年に高田工場として創業。織物製造を開始、織物の技術を活かして救命索を製造し、その後シートベルトなどを製造して現在ではエアバッグ製造で大躍進をしてきている企業です。そのような企業が今回の大問題を起こすとは考えてもいませんでした。

20日に米上院の商業科学運輸委員会は、タカタ(東京)製のエアバッグの欠陥による大規模リコール問題で公聴会を開きましたが、タカタは今後のリコールや被害者への保証などはできるのでしょうか。実際マレーシアで死亡事故も起きていますし、アメリカの女性も軽い衝突でエアバッグが作動、エアバッグの中から金属片が飛び出し、顔面を直撃。生涯消えることのない傷を負いました。女性の顔の傷は大変気の毒です。

タカタの清水博、品質保証本部シニアバイスプレジデントが公聴会に出席したわけですが、その際に被害者に深く謝罪をしたいと述べておりましたが、欠陥が判明した時点で早急にリコール対応をしていれば、被害は少なくすんだはずです。聞くところによると海外工場で作ったエアバッグが問題のようですが、日本の製品はやはり日本で作るべきで、日本人にしか作ることができないのでしょう。今回とは関係ないかもしれませんが、アベノミクスで円安苦の為に、日本の企業が海外進出して現地人を採用して製造なんてことになったら、その国の人のレベルが低いということではないですが、日本人の高品質商品を作ることが出来るか心配ですし、今回のような問題が起こらないとも限りません。

万が一の事故の際に人命を守る為のエアバッグ。エアバッグの普及により、劇的に交通事故の死者数が減少しした。そのエアバッグが作動したばかりに今回のタカタの大問題が起きたことは非常に残念ですし恐怖です。

タカタ製のエアバッグは世界中に20%のシェアの内、日本国内の車にタカタ製エアバッグは約100万台あるとのことで、これからリコール対応するのでしょうが、それまで新たな被害者がでないことを祈ります。

—————————————–

タカタのはこれまでリコール対象拡大に関して対応に消極的な姿勢を示しているとのことですが、被害者が多数実際に出ている訳ですから、対応で生じる損益よりもまずは誠意を持ってエアバッグ交換等のリコールに答えるべきでしょう。

海外工場で作られたエアバッグが今回事故を起こしているようですが、やはり日本の技術は日本人ではないとなかなか高品質で商品を作ることは難しいと言うことでしょうか。アベノミクスの影響で円安がますます加速するかと思われますが、投稿にあるように今後日本の企業が海外にどんどん進出し、現地人の採用により今回のような惨劇が起こらないとも限りません。

何か問題があるとアベノミクスの失敗が関係なくても関係しているようでなりません。

<「投稿サイト」編集部>

アベノミクス解散。本当にそうですか?

昨日、衆議院が解散をしました。伊吹文明衆議院議長が解散詔書を読み上げている途中で万歳三唱が始まって、伊吹議長がムッとした顔をし一瞬静まりかえり、読み終わると「ここで万歳三唱をしてください」と2度の万歳三唱が行われました。民主、維新両党は「解散に大義がない」として起立しただけで万歳はせず、異例ずくめの解散風景となりましたね。皮肉にも、これでアベノミクスの失敗続きの政策を締めくくるかのように見えました。

先日、日銀黒田総裁がバズーカ砲と言われている追加金融緩和を行いました。金融緩和と増税が自動車の車輪に例えられている訳ですが、来年10月に消費税増税を予定していた日銀も、安倍総理の消費税増税を1年半先送りにすると表明したことによって、両輪走行が出来ず片輪走行になってしまい、ただ円安を再加速させただけで、結果、中小企業を庶民を苦しめる結果になったに過ぎません。

安倍総理は今回の解散を「アベノミクス解散」と会見で述べていましたが、本当にそうでしょうか。不祥事を隠す為や、自身の保身の為に解散をするのではないですか?大義がないのも問題ですが、そもそも意味のない解散をする為に大義を無理やり作り、国費を数百億円を使って国民に何の真を問うというのでしょうか。

国民は安倍さんにはもう期待していないということの答えが出る選挙となるでしょうね。

—————————————–

投稿にあるように、異例な解散風景となりましたね。安倍政権が発足して2年、株価が上がったものの、景気回復を感じている人は殆どいないのが現状です。

アベノミクスがを進めるのか止めるのかを国民に真を問うとのことですが、このままアベノミクスを進めるとこの日本はどうなるのでしょうか。円安が更に進み日本を支えている中小企業の倒産に拍車がかかることでしょう。

ギャンブル的な政策より実現できる政策で国民の豊かにして下さい。

<「投稿サイト」編集部>

 

三本の矢は真っ二つ。結局この二年間何もかも失政失策だったんですよ。

安倍総理、昨日の夜ニュース見ました。何ですかあの発言は?ニューズZEROで村尾キャスターが「解散総選挙をやる時期は今なのですか?」とういう質問に「そのタイミングも含めて選挙で判断していただきたい」はぁ?要するに選挙する必要があるのかを選挙で決めてほしいということですね。もし、自民が勝ったらもう一回選挙でもするつもりですか?そんなわけないけど。

選挙の必要性に対する質問を選挙で決めてくれとは意味がわからない以前に、もう、総理自身は発言していることが正しいのか判断できない状況に陥っている感じがします。やはりガラスのハートにもうヒビがパリパリ入っているのではないでしょうか。

野党が強ければトドメのパンチでも食らわせてハートを割ってほしいほしいのですが、ここは一踏ん張りするのでしょうか。自民公明が惨敗して、その後の動向が楽しみです。

ニュース23では街中の人の声に「人を選んで(悪い意見を言う人)いるのではないか?」と得意の声を荒げて言ってましたね。もう3本の矢の話をした時の余裕などどこかに吹き飛んでしまったことでしょう。1本では折れる、2本でも折れる。そして三本の矢を重ねると、、、、やっぱり折れた。今の安倍政権はこんな状況ですね。

一本の矢でも折れない政策を打ち出せる本当のリーダーの出現を願っております。

—————————————–

安倍総理は最近キレキャラになってきてますね。福田元総理が「あなたにはわからないんですよ」と逆ギレして退陣しましたが、キレる人の行く末は、ただの一議員あるいはただの人。お笑い芸人はキレキャラで人気を取っている芸人もいますが、政治家がやった滑稽の一言尽きます。

安倍さん。ただの人になる前に、議員続けたいのでしたら、ジタバタするのはやめて、失敗を認めたらどうですか。

<「投稿サイト」編集部>

大義などうでもいい安倍総理の今回の解散。

安倍さんが、自身の保身のために今回大義のない解散をするわけですが、政治の空白がこの時期に1ヶ月も出来てしまうというのはいかがなものでしょうか。

先行き不安から円売りが止まらず、一時1ドルが118円台に暴落しました。

解散することで政治の世界は多いに盛り上がっていることでしょうが、その間にも中小企業や一般庶民はますます苦しい生活を強いられています。

今の日本に政治の空白は必要ありません。一刻も早いまともな政権運営をして下さい。

—————————————–

解散総選挙の投稿が続いておりますが、解散に興味があるわけではなく、皆さん何のために解散するのか呆れている状態ですね。自民党内部も一部の人間だけが今回の解散を支持しているとか。

体制を変えるのは難しいかもしれませんが、大幅に議席を減らすことは予想されます。安倍さんは今、ご自身に酔っていらっしゃるのようなので、早く退陣してほしいものです。

<「投稿サイト」編集部>

 

消費税増税先送りは口実。不祥事解散。

21日に衆議院を解散するそうですが。安倍総理!!4月の消費税増税は失敗でGDPがマイナス成長が続き、閣僚の相次ぐ不祥事。株価は上がったとは言えども、一部の投資家以外は景気回復を感じるこが出来ていない状況で、何がアベノミクスは成功したのですか?

全くの失策でしたが、消費税10%へ増税する時期を1年半先延ばしにした訳ですが、今回の解散に消費税増税の話をするのは無理がありますよ。結局不祥事が続いた安倍内閣のリセット解散なんですよ。

自民党の幹部が「安倍総理の安倍総理による安倍総理のための解散」と言っていましたが、どこかの国の、2世紀前の大統領の演説を引き合いに出して笑っていると言います。

本当にご自身の保身のための解散で、1年生議員は2年生になることはなく政界から去る人がいるんでしょうね。

嗚呼、かわいそうです。せいぜい過半数割らないように頑張ってね。しかし、野党が弱すぎるのも問題だ。

—————————————–

ほとんどの評論家が意味のない解散と言っておりますが、それにも関わらず閣僚の中には「安倍さんは信念を持って行動を起こした」などと安倍さんと同じで、ずれちゃっている人達がいるのも事実です。今回、過半数を取れたとしても議席を大幅に減らすのでしょうから、その際は男らしく身を引いて下さい。

しかし、前回の安倍政権時と同じような顔になってきましたね。やはりハートの弱さはそう簡単には克服できるものではないようですね。

<「投稿サイト」編集部>

今日にも解散表明。全く理解できない安倍総理。

安倍総理は、今日にも衆議院解散を表明するようですが、他の方の投稿にあるように、一体何のための解散なのでしょうか。アベノミクスの是非を問う?アベノミクスが失敗ではなくても、4月に消費税増税をしたことが完全に失敗ではないですか。

消費税増税後の4ー6月のGDPが、前期のー7%台だったので、7ー9月のGDPはさすがにプラスかと思いきや、ー1.6%成長。完全に消費税増税の影響ですよ。

GDPというのはご存知の通り、前期の数字からさらにどれ位成長したか判断するので、-1.6%だから前期より回復しているのではなく、更に悪化していることになりますね。

会見で「厳しい数字だが、長年続いたデフレから抜け出せるチャンス」とか語られておりましたが、完全に失敗しているではないですか。党内からも批判が非常に多く出ているようですし、前回の衆院選は民主党のあまりにもお粗末な政権運営で自民党が圧勝したわけですが、1期生が116名位いるそうで、今回の解散総選挙は、今や発足以来最低の支持率45%まで下がったことを考えると100議席減らすのではないかと見ている専門家もいます。

今年は滋賀県知事選で敗れ、福島では民主に相乗りという形で負けはしなかったですが、福島県民の選択の自由を奪い県民不在の県知事選を展開し、そして先日は沖縄知事選で敗れました。本当は3連敗する筈だった情けない安倍政権。不祥事をごまかし、アベノミクスの失敗もごまかし、消費税増税失敗もごまかしての解散。

大惨敗して、引責辞任を期待しております。

—————————————–

マスコミ各社も報道しておりますが、投稿にあるように全く何のための解散なのでしょうか。「リセット解散」とも言われているようで、アベノミクスの是非を問うなどというのは口実で、完全に不祥事隠しの解散ですね。

支持率低下を見ても安倍政権にはすでに国民はNOを突きつけている状態です。ただ、野党も弱いのが現状で、安倍総理の保身のための解散総選挙ということになりますね。

<「投稿サイト」編集部>