カテゴリー別アーカイブ: ニュース

JR東海の新幹線運転士。メガネを忘れてそのまま出発。

JR東海、東海道新幹線の運転士が、免許の条件、メガネを着用せずに運転したそうです。乗務員詰所にメガネを置き忘れましたが、出発時間が来て気が動転し、そのまま運転したということです。危険ですねぇ。

自動車の運転の際も、免許にメガネの着用義務がある人は、着用せず運転すると違反になります。当然のことです。私は目がいいのでわかりませんが、目の悪い人はメガネがなければ怖くて運転出来ないといいます。それが高速で走る新幹線では尚更ではないでしょうか。

新幹線は大勢の人が乗っています。それがこのような危険な状況で運転されてはたまりません。バスや輸送など運転前にアルコールチェックが厳しい業界は多いですが、JR東海ではメガネなど出発前点検などはないのでしょうか。今回のように運転士が着用せず運転するようなことは、チェック体制がしっかりしていれば起こらなかった事案です。

再発防止に努めてください。

—————————————–

高速で走る新幹線は動体視力が通常の車とは格段に影響すると思います。この運転士さんは運転中恐怖を感じなかったのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

田母神とデヴィ夫人の発言がひどすぎる

イスラム過激組織「イスラム国」に日本人が拘束され、人質になっている事件で、湯川遥菜さんが殺害され、後藤健二さんがまだ解放されず、心配されているところですが、元防衛省幕僚寮長の田母神俊雄とデヴィ夫人の発言がひどすぎると話題になっています。

田母神は「イスラム国に拉致されている後藤健二さんと、その母親の石堂順子さんは姓が違いますが、どうなっているのでしょうか。ネットでは在日の方で通名を使っているからだという情報が流れていますが、真偽のほどは分かりません。マスコミにも後藤健二さんの経歴なども調べて流して欲しいと思います。」とツイッターでツイート

デヴィ夫人に至っては「不謹慎ではありますが、後藤さんに話すことが出来たらいっそ 自決してほしいと 言いたい。私が 彼の母親だったら そう 言います。我が子を 英雄にする為にも ・・・」

まず田母神さん。在日だろうと何だろうと人の命がかかっているときになんという発言でしょうか。私は後藤さんが在日なのかなんなのか知りませんが、婿養子にでも出たら姓が変わることもあるでしょう。そんなことは全くどうでもいいことです。

湯川さんに対して「ブログで一緒に写った写真が使われているいうだが、何千枚もある写真の中の一枚。全く無関係」というような発言をしています。湯川さんは田母神信者だったようで、都知事選の際も選挙事務所に手伝いに行っていたとか。そんな人を覚えていないにしろ吐き捨てるような発言をしたりする心情がわかりません。こんな人が都知事にならなくて良かったですね。

そしてデヴィ夫人。自決しろ?英雄になる為に?なんの英雄になれるのですか??確かに危険な地域に行って人質事件に発展したのは本人達の行動に責任があります。しかし、ほとんどの人が無事救出されるのを祈っている中で、戦時中でもあるまいしなぜそのような発言が出来るのですか?あなたが嫁いだ時代の発展途上国とは違い、ここは平和な日本です。本当に人格が疑われますね。

人それぞれ意見があるのは分かりますが、人の命を軽視するような発言はどうかと思いますよ。

—————————————–

同感です。

<「投稿サイト」編集部>

名大生の誰でもいいので殺したかった。仙台の高校時代に毒をもった。

最近は猟奇的な事件が多く発生してますが、未成年の名大生が、誰でもいいので人を殺したかったと殺人事件を起こしました。

この女子学生は、高校時代に同級生の男子に毒をもって、失明寸前までおいやった事件に関与していた疑いを持たれています。

東北地方の高校時代にその事件を起こした疑いが持たれていますが、この女子学生は仙台市にあるバドミントンの強い聖ウルスラ学院の出身だったのです。

こんな事件をおこすとは。残念です

—————————————–

薬品に興味があったようで、それで毒をもったんでしょうか。殺人の凶器は中学生時代に買った斧。異常な感じがします。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

郵便局は荷物を一度しか配達しないの!?

郵政民営化から数年が経ちましたが、民営化され、やはり国営の時よりサービスや応対が非常によくなりました。東日本大震災の時も、前身は国営だった為かどうかは分かりませんが、どの宅配業者よりも早くゆうパックなどの業務を再会してくれて非常に助かりました。

しかしです。郵便局も職務怠慢では?と思うことが残念ながらあります。仕事柄、海外から荷物がEMS(国際スピード郵便)で届くことが多いのですが、我が家はマンションの3階に住んでいて、ドアにポストがあります。不在にしている際、毎回不在票がドアのポストではなく、1階の集合ポストに投函されています。なんでなんだろうと思ったのですが、我が家に来る郵便屋さんは、まずマンションに着くと電話をしてきます。「荷物ですがご自宅までお持ちしたほうがいいでしょうか?」と聞いてきます。私も郵便屋さんのご苦労を感じていますので、「取りに行きます。そのまま車に積みますので」と言った事がありました。ですので他の宅配業者さんのように、荷物を持って部屋まで来ることが無くなってしまいました。

その上、他の業者さんは、不在の場合、再配達依頼をしなくても、その日のうちにもう一度くらい来てくれます。それでも不在なら、届けるまで再配達の依頼をしなくても何度でも毎日来てくれます。(不在票が何度も入っていて申し訳ないと思うことがしばしば)。しかし、郵便屋さんは来ることはなく、それどころか最初に行って不在だと、不在票を投函して、再配達の依頼をしないともう2度と来ることはありません。一度気付かずに発送元に戻された事もありました。

その日はともかく、他の業者もやっていて、民営化されて競争に勝たなくてはならないのですから、他の業者がやっていること位はやって欲しいものです。せめて次の日くらいは足を運んではいかがでしょうか。

結局、いつも本局に取りに行く羽目になります。近いので別にいいのですが、もう少しサービスがよくてもいいのではないでしょうか。

—————————————–

そうですね。ヤマトさんや佐川さんは届けるまで何度も来てくれますね。それでもいないとの電話もきますし。郵便局もその辺は見習うべきではないでしょうか。

余談ですが、お年玉付き年賀状。以前はハワイ旅行やテレビなどが1等の商品でしたが、今年何年かぶりに当たっているか楽しみに確認したら、なんと一等がお年玉現金1万円。随分寂しい1等になりましたね。

<「投稿サイト」編集部>

放射線測定器「ガラスバッジ」がお粗末な代物で、福島県民の健康被害が脅かされている!!

東日本震災から間もなく4年が経とうとしていますが、福島県の浜通りを中心に、まだまだ帰宅が出来ない地域が多く残っています。福島の復興が遅れている原因は言うまでもなく、原発事故が原因で除染が思うように進まず、一体いつになったら福島県は復興されるのでしょうか。

そんな中、驚くべきことを知りました。被曝量をチェックするために福島県民が首からぶら下げている「ガラスバッジ」いう被曝量がわかる代物ですが、全くの使い物にならない物でした。このガラスバッジは、100円ライター位の大きさの容器に特殊なガラス素材が入れてあり、放射線を浴びると、後に紫外線を当て発光する原理を利用して積算被曝量を測定する放射線測定器(線量計)です。

ガラスバッジは、実際の被曝量の4割ほども低く数値を示すというのです。最大手メーカーの「千代田テクノル」というメーカーの物で、今月千代田は測定値がずれていることを初めて認めました。理由はガラスバッジの前面からの放射線量は空間線量とほぼ同じ数値を表示するそうですが、前後左右からまんべんなく放射線を浴びる状態では全ての放射線をひろえず、実際の線量の6~7割程度しか測定されないそうです。今になって認めたとしても一体どういうことでしょか。

私の周りにもガラスバッジの数値が低いことから、放射能が無くなったと危険な勘違いを起こしている人達が大勢います。更に驚きなのは子供が装着した場合の影響は実験すらしていないそうです。そんな物を信用し、ずっと使用してきた福島県民の被曝量は後に一体どれ程の脅威を引き起こすか本当に心配です。

昨年2月には仁志田伊達市長がウィーンにあるIAEA(国際原子力機関)で得意げに演説をしてきたそうですが、その内容が「妊婦や子供に小型線量計(ガラスバッジ)を配布するなど、子供の被ばく対策から優先的に実施した」と説明して、全市民の被ばく線量を2012年7月から1年間測定したことを述べたそうで、このようなお粗末な代物を使いながら、なんと無責任なことを言ってきたんだと憤りを感じます。なぜなら、まともな線量も測定できない物で測定していた事を全世界に発信したわけですから。

そもそもガラスバッジは低線量下では正確に数値が測定できないそうです。高線量下で一定方向から放射線があたる作業員などには有効ですが、そうだとすると普通に生活している住民には全く使い物にならないのではないでしょうか。千代田を含む大手メーカーは、毎時10マイクロシーベルト以下の環境では性能実験をしていないというから、そんな物を人が住める位の環境では役に立ちません。10マイクロシーベルトを超える高線量のところに一般人は住んでいませんから。

噂によると原子力規制委員会の委員長で福島県伊達市の除染アドバイザーをしていた「田中俊一」氏がこの千代田テクノルと仲がいいとかで、このガラスバッジを推薦したという話が出ています。権威ある人間が推した物が全くの役立たずで、それも自分の仲のいい企業の物を推薦し、誤った線量を測定した結果、早かれ遅から健康被害が現れてくることが非常に懸念されます。

子供の甲状腺がんがこの福島県内で非常に多く出ています。放射能との因果関係は不明と言われていますが、確率的にどう考えても普通の数ではありません。放射能の影響が考えられます。放射能対策がこのような適当なことでは、これからますます子供を含め、すべての世代でがん患者や突然死といった、放射能の影響が考えられる人間が出てくるのではないでしょうか。

田中俊一氏、千代田テクノル、仁志田伊達市長。この大失態の責任はどうお考えでしょうか。

—————————————–

私も子供がいるので、放射能の子供への影響が今でも非常に心配しています。それがこのような無責任な利益優先だけを考えて配った物で、子供たちがより多くの被爆をしていた事を考えるととても恐ろしいです。

この責任は非常に思いです。

<「投稿サイト」編集部>

福島県の役人のモラルは一体どうなっているの??役人がこれでは福島の復興は程遠い、、、。

昨年春、福島県警捜査2課の幹部によるパワハラで2名の自殺者が出、11月には同じ捜査2課で捜査費の窃盗事件の疑いをかけられていた警察官が自殺するという、同じ課で1年も経たないうちに3名もの自殺者を出すという、前代未聞の事件がありました。また、このサイトでも最近賑わっていますが、伊達市鴫原副市長の不倫問題も発覚し、役人のモラルはどうなっているの!?と呆れていました。

しかし、また出ましたね。今日の地元紙2紙に大きく載っていましたが、県職員が線量計を無断で持ち出し、業者に転売していたことが発覚しました。なんでも個人向けの線量計181個を一昨年2回に渡り、福島と埼玉の業者に売却していたとか。被害額375万円、売却額約90万円でパチンコの借金の返済に充てていたそうです。

この職員が1人で線量計の管理を行っていたそうで、定期的に在庫チェックなどもしていなかった県のずさんな管理体制が起こるべきして起こした事件とも言えるのではないでしょうか。

そもそも、この線量計は入札で県が購入していた物でしょうから、税金で購入した訳です。それを震災から2年半経っていた一昨年にこのような数の線量計が残っていること自体問題で、それを売却してしまうなど非常に悪質です。

この頃、福島の悪いニュースが非常に多い気がします。それも役人のお粗末な事件で。役人は県民の為に働いてもらわないと困ります。今回の県職員のような自らの借金返済の為に知恵を絞られては、福島はなかなか復興しません。

—————————————–

自らの借金返済の為に県民の財産を売却するとは呆れます。今の福島は復興第一です。役人様は福島県の為に一生懸命働いて下さい。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

 

 

やっぱりPilotの消えるペンは使い物にならない!!

このサイトの初めの頃に、パイロットコーポレーションの消えるボールペン「フリクション」の事がアップされてましたが、本当にこのペン、便利だけどやっぱり不良品ですよ。

仕事柄、メモを取ることが多いのですが、手帳など限られた場所に書く場合、間違えた時に消せるのはすごく便利。だけど、A4サイズの紙にメモを2枚分くらい書くと、もうインク切れですよ。何ですかこれは。インクが減るにつれ字が薄くなり、まだ最後まで使い切っていないのに掠れてきて終了。冬の車内のヒーターで文字は消えるし、夏は一瞬コンビニに入って車に戻ると消えているし、おまけにインクの消耗が通常のボールペンの5倍くらいは早いのでは?

水性インクのような書きごたえで細い字も書きにくいし、子供の落書き用に位しか使えませんね。

あ、子供用にしてコストが高過ぎるか(笑)

—————————————–

私も便利に使っているつもりですが、指摘通りなぜか色が薄くなるんですよね。しっかり管理しているのに。

ワインや絵画並みに温度や湿度管理が必要なんでしょうか。pilotさん

<「投稿サイト」編集部>

 

イチモツの頭を自分で切り取ったらイスラムで本当の頭を切り落とされたニューハーフの湯川さん!

イスラム国で2人の日本人が拘束されて人質になり、1人が殺害され、もう1人の人質の生命も危険にさらされて予断の許さない状況が続いています。

殺害された湯川遥菜さん(42)ですが、遺体は首を切り取られていた上に、男性の陰部が切り取られていた形跡があったとSNSで見ました。これは悲惨なことだと思いましたが、殺害された湯川さんは俗にいう「オカマ」で、福島県郡山市のさるオカマバーで働いていた経歴の持ち主だったのです。

遺体に陰部がなかった話ですが、実は知る人ぞ知るで、湯川さんが若い時分、自分でイチモツを切り取り、出血が止まらず慌てて病院に駆け込んだという、業界では有名な話のようです。そのために陰部が無かった事には頷けます。しかし、そのような人物が何故、民間軍事会社などを立ち上げ、イスラム国のような危険な地域に自ら行ったのでしょうか。

亡くなった方のことをあまり言いたくないのでこれ位で終わりますが、救出に行ったと言われている後藤さんも殺害されでもしたら、なんとも無念な話になってしまいますね。

—————————————–

郡山市で取材をした結果、数件の話から裏が取れ、店は特定出来ませんでしたが、オカマバーで働いていた事は事実のようです。

何故、湯川さんが後にこのような危険な仕事についたのか疑問です。しかし、この話が事実だったらビックリでガッカリですね。

<「投稿サイト」編集部>

福島県伊達市鴫原副市長!!不倫は犯罪に繋がる事もあるのですよ。

福島県伊達市鴫原副市長の不倫問題が、月刊タクティクス2月号で掲載されるとこのサイトで見ましたので、早速書店で購入して読みました。ここでアップされていたので大まかにこんなことがあるんだ、と驚きの内容を把握しておりましたが、読んでまたびっくり、さらに充実?した内容でした。充実?の「?」は読者は充実ですが、当のご本人は頭が痛いだろうなという意味です。

理路整然と不倫疑惑に対する発覚の端緒が書いてありました。ここまで調べて書くことが出来るとはさすがだなと思い、今後の展開が楽しみです。展開と言うとフィクションの読み物でも読んでいるかのようですが、ホテルハマツや石井工務店の同様、ノンフィクションにも関わらず、次号が楽しみになるという、他にはない社会派情報誌ではないでしょうか。

それにしても伊達市鴫原副市長殿。先日、大阪府警の警察官が、結婚しているにも関わらず、関係を続けていた女性を殺害した傷ましい事件がありました。これも不倫が故に殺害に至った事件です。本人は元より、伊達市仁志田市長はこの関係をいつまでも許しているのでしょうか。

毎号期待を裏切らない興味深い内容の記事が多くの読者の楽しみになっております。次号も是非、悪行を糾弾して欲しいものです。

—————————————–

月刊誌のご購読ありがとうございます。次号も内容を充実しますので是非よろしくお願いします。

<「投稿サイト」編集部>

枕営業でのし上った会計管理者さん

伊達市庁舎内で一般職員がプリティー・ウーマンごとく大出世した遠藤由子会管理者ですが、彼女の離婚後の経歴を時系列で考察していくと、庁内交際相手を変えるごとにグレード・アップして栄転していく事実が明らかになりました。

ことに旧伊達町の課長職の方との交際を断ち切り、鴫原貞男氏と交際が始まるないなや、サラブレット競走馬のごとく、高卒一般職採用にもかかわらず大穴ポストを次々と歴任し、鴫原氏が市民部長・総務部長・副市長と権力の階段を昇るにつれて、彼女も市民課長・人事課長ついには次長・部長職に就任せず、旧収入役ポストである会計管理者に就任いたしました。この事実は明らかに鴫原副市長の寵愛の賜物の事実であると断言できます。

権力者が愛人を面倒みることはよく聞きますが、地方自治体を統括する総務省地方財政局長の佐藤 文俊局長{福島市出身}はこれほど乱れた市町村は聞いたことがないと嘆いています。また総務省の職員・国家公務員なら即刻懲戒処分だと述べています。

地方公務員のお二人方々ですから、国家公務員とは違う懲戒制度が適用になると思いますが、江戸時代の大奥の側室であるまいし、自分の愛人を特別優遇した人事を断行した鴫原貞男副市長は懲戒処分に該当すべきでありませんか?仁志田昇司伊達市長さん!

—————————————–

伊達鴫原副市長の不倫問題は、次々と興味深い情報が寄せられてきています。他にもたくさんありますが、まだ発売したばかりの月刊タクティクス2月号にもページをさいて掲載しております。是非ご一読下さい。

2月25日発売号でも更に詳報致します。

<「投稿サイト」編集部>

 

最終期限まであと24時間も無し。後藤さん救出は叶うのか?

安倍総理、日本政府の対応が後手後手で、イスラム国、日本人人質事件に進展がない中、新たな画像が公開されました。今回は後藤さんが捕虜となっているヨルダン人パイロットの写真を持っている画像で、「残り24時間以内に死刑囚を解放しなければ私の命がない、パイロットにはもっと時間がない」と、緊迫した音声が入っていました。

日本政府は、後藤さんが拘束されたのを昨年11月に把握しており、今までどのような交渉が進められていたのかも甚だ疑問で、あと24時間以内で解決策を出すことは出来るのでしょうか。

パイロットがもし殺害されるというようなことになれば、ヨルダン政府は拘束しているテロリストの女死刑囚を日本人のために解放するようなことは出来なくなってしまうでしょう。それこそヨルダン国内で批判が飛び交うことになります。

まず、パイロットの命の保証がされないことには、ヨルダン政府は女死刑囚の解放をする意味が無くなり、いくら親日国家のヨルダンといえども、他国のために自国民を犠牲にすることになれば、日本政府、安倍総理に利用されるただのコマにしか過ぎません。安倍総理は人命第一に考えているとはいえ、それは出来ないお願いです。

そもそも人質になっていることを把握しながら、いくら平和のためとは言え、誤解を招くような言動をエジプトで会見で述べてしまった訳で、安倍総理と日本政府の責任は非常に重く、報復も予測出来たはずです。

うまく解決したとしても、日本はイスラム国の標的、各国からの批難は避けられません。

安倍総理、陣頭指揮に失敗したら潔く総理を辞めて下さい。病気が再発する前に、、、。

—————————————–

最終決断に迫られてきました。しかし、これは安倍総理の決断ではなく、他国を巻き込んだヨルダン頼みの決断です。

これだけの失策をした安倍総理は、この問題が解決した時点で内閣総辞職を決断して下さい。

<「投稿サイト」編集部>

 

拉致事件リスクアセスメント

1、状況把握、黄金の国ジパングが反対側へお金を渡す行為は皆殺しを示唆するもので、イスラム法のを辱しめる品位と権威の欠如を出したグズるは外交にあった。イスラム法は胴打にもとずく辱しめ、苦痛、施しの精神によるものだが、内向きの話で、外交では西洋文明を辱しめる行為を行ってきた。

2、リスクの特定、イスラムの主要兵力はイラク軍、攻撃はイラクから出てきて、攻撃を受けるときはイラク正規軍に引っ込む作戦。

3、対策、国境の南北交差点に駐屯地を設け国境警備から抜け荷を遮断、イラクから出てきた主力部隊を電撃戦で殲滅する。

4、目標設定、イスラム兵力をイラクに押し戻す。

—————————————–

イスラム兵力をイラクに押し戻す。まさに目標設定を明確にして実行すべきだと思われます。

<「投稿サイト」編集部>

泥沼化。イスラム国との交渉。

イスラム国で日本人が2人人質となり、1人が殺害された事件で、当初は2億ドルという法外な身代金を要求してきていたイスラム国ですが、ヨルダンに収監されている女テロテロリストの解放に要求を変更、そして今度はもう一人男の解放を要求してきましたが、どんどん交渉が泥沼化してきています。

「I AM KENJI」という人質になっている後藤さんの名前を書いた紙を持って写した画像を、ネット上で世界中の様々な人間が投稿していますが、イスラム国に取ってこのまま暴挙を続けると自分たちが不利になるという意識を持つ可能性がある、という評論家もいます。果たしてそうでしょうか。益々イスラム国の宣伝効果になり、更に過激な行動に出るのではないでしょうか。理不尽な理由で暴挙を続けるイスラム国は、更に要求を突き付けてくる可能性があります。

日本政府はイスラム国と直接交渉するカードをもっておらず、ヨルダン政府をはじめ各国に頼らざる得ない状況です。安倍総理、日本政府はテロには屈しないとのかたちを崩しておりませんが、各国を巻き込みこの先の交渉も泥沼化が避けられないでしょう。

エジプトでの安倍総理の会見が、この様な事態に発展するとは予想出来ていたことだと言われていますが、この責任は誰が取るのでしょうか。

 —————————————–

投稿が来た時は、2人目の解放を要求してきたイスラム国。しかし、現在は27人の解放を要求してきていることが分かりました。安倍総理はヨルダン側にこのような無理な人質交換をお願い出来るのでしょうか。

いずれにしても早期解放を願います。

<「投稿サイト」編集部>

 

賭け麻雀で人事査定を行う鴫原伊達市副市長

庁内不倫で愛人を会計管理者に大抜擢登用した鴫原副市長ですが、今度は庁内の幹部職員を対象にした「賭け麻雀」を行い「負け」が多い職員を部長・次長の幹部職員にもれなく登用している事実が洩れ伝わってきました。具体的には、庁内で鴫原親衛隊と称される直轄理事・建設部長等の伏黒地区出の幹部職員が挙げられます。

とにかく今の伊達市は鴫原副市長の独断と偏見で市政運営が断行され、ガス屋の秘密麻雀ルームで繰り広げられる「贈賄」ごとき賭け麻雀仲間しか幹部に登用されない不思議な人事慣行が踏襲されています。

3月末には9名もの部長・支所長の幹部人事が行われます。幹部に登用されたい職員の方々は、賭け麻雀事務局長である遠藤由子会計管理者までお早めにお申し込み下さい。レートは何階級上がるかで違いますし、最後は鴫原副市長が一人勝ちする特別ルールのようですよ。

日ごろの業務より一晩の人物考査で人事が決定しますから職員はお早めに申し込みくださいね!

—————————————–

昔、国会で遊ぶ程度の金銭だったら賭博に当たらないと苦しい答弁をしていた議員がいましたが、鴫原伊達副市長との賭け麻雀はどうなのでしょうか。

それより問題はこれが事実で鴫原副市長が勝つ特別ルールで好人事をもらうということは、完全贈賄に値し刑事罰を受ける案件です。

それでも麻雀大会に申し込む伊達市職員がいるんでしょうね。

<「投稿サイト」編集部>

安倍総理。気付いていらっしゃいましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

imageAFP配信の映像が酷いもんですよ。まず、安倍総理はどこの人間なのか?おまけにイスラエルの国旗?その上イスラム国の対策として資金供与。これではイスラム国が敵国として日本をロックインするのは頷けます。

誰かが書いてましたが、会見の内容もお粗末。真意ではなくとも誤解を招く内容。安倍総理と外務省の責任は非常に重いと思います。

—————————————–

これはひどい。イスラム国どころかイスラム圏敵にまわしかねないです。選挙で圧勝してからお粗末続きの安倍総理と日本政府ですね。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

時間が過ぎていく日本人人質事件。安否が懸念されますね。

安倍総理がエジプト歴訪してイスラム国と対峙している近隣諸国に2億ドルという法外な身代金を要求された日本人2人の人質事件は、1人が殺害されたとみられ、イスラム国側は身代金からヨルダンで拘束されているテロリストの女死刑囚の解放を変更し要求してきました。

イスラム国は初めから身代金など望んでおらず、女死刑囚の解放を狙っていて、身代金の金額は安倍総理が発表した資金供与の金額を皮肉って決めたに過ぎないのです。

日本政府の対策本部がヨルダンにある訳ですが、「それならヨルダンと交渉できるだろう」とイスラム国は先々を読み交渉をしてきている気がします。日本政府も当然対策を練っているのでしょうが、イスラム国と直接交渉する手段もなく、ヨルダンやトルコなどに交渉をしてもらう他ありません。

残り1人の人質は解放されるのでしょうか。日本政府が「死刑囚を解放して交換を要求してください」などストレートに言えるはずもなく、今後の展開が非常に気になるところです。

—————————————–

後藤さんの早期解放が望まれますが、ヨルダンの戦闘パイロットも捕虜になっており、非常に難しい問題なのではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

イスラム国、死刑囚解放要求。日本、ヨルダン政府の対応は!?

イスラム国日本人人質事件で、人質の1人湯川さんが殺害された可能性が非常に高くなりました。もう1人の後藤さんが、殺害された湯川さんの写真を持っている静止画を、イスラム国と思われますが音声付きで公開しました。

声紋分析によると99.9%本人と一致したとのことで、湯川さんの殺害も政府としても否定出来ないようです。

当初、身代金2億ドルを要求していましたが、ヨルダンで収監されているイスラム国の女死刑囚の解放に要求変更してきました。安倍総理としては、身代金要求よりも難しい問題に発展したと言えるでしょう。ヨルダン軍のパイロットがイスラム国で人質になっていますが、自国の人質解放もまだ出来ていないのに、他国日本の人質のためにイスラム国の死刑囚を解放することなどあるのでしょうか。日本はヨルダン政府と交渉を行っているようですが、他国を巻き込むことになるのはもとより、イスラム国の要求を両政府がのめばテロリストに屈することになるでしょう。

安倍総理、日本総理はテロリストには決して屈しないと引き続き示していますが、死刑囚解放を求めれば世界中から日本はテロに屈したと批難されることは間違いないでしょう。

今後も安倍総理の判断が間違いのないことを願うばかりです。それが後藤さんの解放につながることになるでしょう。

—————————————–

安倍総理の判断は今のところ正しいとはいえない状況で、湯川さんが殺害された恐れがあると、最悪な状況になっています。今後の安倍総理の決断一つで後藤さんの命が脅かされることになりますし、世界から見た日本というのが批難の対象にもなります。

しかし、決断が急がれます。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

イスラム国、人質事件。最悪の結果か、、、!?

イスラム国で法人2人が人質になった事件で、5ヶ月前から行方不明になっていた湯川さんが残念ながら殺害された模様です。安倍総理72時間以内に動かなかったとイスラム国は批難しているようですが、後藤さん救出に安倍総理はどのような決断を下すのか。

最悪2人の犠牲者が出るようなことになれば、安倍総理の責任は重大です。

後藤さんの一刻も早い救出を望みます。

—————————————–

イスラム国の暴挙は許されませんが、安倍総理のどっちつかずの判断が湯川さん殺害という残念な結果になってしまいました。

安倍総理、日本政府は後藤さんを救出できるのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

 

小保方晴子氏刑事告発!?

小保方さんと言えば、STAP細胞が実在すればノーベル賞をとれるかもしれなかったのに、論文捏造問題や、STAP細胞を実際に再現する事が出来ず、国内のみならず世界中を騒がせてしまいまいした。小保方さんを支えていいたえらい教授などの責任はどうなるかと思うのですが、小保方さんがタレントに転身するなど仰天する噂がたっていました。

しかし、今度はこの小保方さんが刑事告発されるというではないですか。STAP細胞には、理研OBの教授の他の万能細胞「ES細胞」を研究所から盗んで混入していたという証拠も上がっているとか。

どうなってしまうのでしょうか。タレントにしようとした業界人のモラル、それを引き受けようとしていたら小保方さんもさらにバッシングをうけるところでしたが、今回告発され捜査がされるような事になれば、当然そんな話はなくなるでしょうし、小保方さんの今後の人生は辛いものになってしまうでしょうね。

正規の大発見から、刑事被告人にわずか一年で転落してしまい、少なからず同情している方もいるのはないでしょうか。でも、自業自得ですね。

—————————————–

今後のSTAP細胞問題というか、小保方さんの問題はどのように展開をみせるのでしょうか。

万能細胞が実現可能ならば、他の研究者の早期実現を願います。そうすれば小保方さんも安心して今後の人生を送れるのではないでしょうか

<「投稿サイト」編集部>

邦人人質の期限が今日。政府の決断は?

日本人2人がイスラム国で人質となり、交渉期限の72時間を迎えるのは、今日の午後2時50分頃と見られていますが、政府の決断が注目されるところです。菅官房長官は22日の会見で、身代金の受け渡しについて「国家として人命最優先は当然のことだ。同時にテロに屈することはない」と明言を避け、安倍総理も「人命確保に全力で取り組んでいく。いずれにせよ、国際社会は決してテロリストに屈してはならない」と述べるにとどめました。

他の投稿にあるように、政府の決断は世界の注目となっているわけですが、イスラム国との戦いの先頭にたっている米英は身代金受け渡しに当然否定的で、今後も渡すことはないと名言しています。

米英と日本の違いは、直接的にイスラム国と戦闘を行っているわけではないですが、安倍総理のエジプトの会見の資金供与を行うとの発言で、イスラム国側に日本も敵国として認識されてしまいました。

湾岸戦争やイラク戦争のPKO活動で自衛隊をイラクに派遣した際にも、資金や燃料の供給などで支援を行ってはきたものの、戦争に直接参加は決してしなかった日本ですが、今までの日本と違うことは、昨年閣議決定された「集団的自衛権行使」でしょう。憲法9条で頑なに戦争をしない姿勢を貫いてきた日本ですが、憲法解釈の変更により、取り方によっては日本は戦争に参加するととられかねません。昨年安倍総理はテレビに出演した際に、「日本が戦争に巻き込まれることは決してない。もしそのようなことになるのだったら私はやりませんよ」と強い口調で語っていましたが、それは安倍総理をはじめ、日本政府の一方的な見解で、世界各国には日本の戦争参加と受け取られいるのではないでしょうか。

エジプトでの安倍総理の会見が、今回の人質事件の原因の一つということに間違いはなく、時間が無い中で安倍総理の決断が迫られています。テロに屈しない姿勢を崩さず、無事人質解放させることは出来るのでしょうか。もし、人質の生命に関わることになれば、安倍総理の責任問題が問われます。

—————————————–

身代金を払えば、日本は米英はじめ、世界中から総スカンをくいかねません。しかし身代金を拒み人質が殺害されることになれば、野党から厳しい追及をされることは間違いないでしょう。

人命優先、テロには屈しない、安倍総理にどれだけの手腕があるのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>