カテゴリー別アーカイブ: ニュース

イスラム国とパイプを持たない今後の日本政府の対応は?

イスラム国で邦人2人が人質になった事件で、政府、自民党内部では身代金支払いに否定的な考えが強く、人質の生命の危機が懸念されています。日本政府はイスラム国とのパイプがない為、各国に協力を仰ぎ情報収集にあたっていますが、期限まで刻一刻と時間だけが過ぎ、何も進展がない状況と言えるでしょう。

そもそも安倍総理は何故、2億ドルもの供与を行うことにしたのでしょうか。2人の人質はしばらく前から消息をたっており、安倍総理のエジプトでのスピーチのタイミングに合わせて、イスラム国が2人の日本人を取引にカードに使ったと言えます。イスラム国の狙いは身代金を金額の問題ではなく、支払うか支払わないかで日本を今後のターゲットにするかしないかを決定するのでしょう。

支払えば世界中から批難され、支払わなければテロのターゲットにされる、二者択一も出来ない状況です。総選挙で圧勝だった安倍総理ですが、やはりてっぺんに落とし穴があるというのはこのことだったのでしょうか。

安倍総理には、身代金を払わず2人の人質が無事解放されること以外、批難を回避することは出来ないでしょう。今の安倍総理にその力があるかが問われています。

—————————————–

安倍総理もアメリカのご機嫌をとったばかりに、こんな事態が起こるとは、今まで口だけだった政策のツケが回ってきたというところでしょうか。しかし、今回は人命がかかっています。世界からの目と、人命どちらをとるのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

 

日本がなぜイスラム国の敵対象となってしまったのか!?

イスラム国で2人の日本人がなぜ人質となり、身代金を要求され、殺害予告までされるに至ったのでしょうか。過去にも日本人がイラクで人質となり、解放されたことがありましたが、後に人質となった青年が殺害されるという、いたましい事件もありました。

以前、今回人質になった後藤さんがテレビのインタビューで、日本人と言うと歓迎されると答えていたことがありましたが、それにも関わらずこのような人質事件に発展してしまいました。これにはエジプトでの安倍総理の会見により、イスラム国が日本をターゲットにしたと考えられます。

安倍総理の会見を抜粋すると、、、

「イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは、ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します。」

この安倍総理の会見も、直接的ではないにしろ、相当ぎりぎりの表現を使っています。しかし、外務省の公式の英訳はもっとニュアンスが違い、受ける印象が相当違います。英文の方は、人道的支援、難民支援という要素と敢えて切り離し、直訳すると「これからトルコとレバノンの支援を行う。イスラム国と戦う国々に、人的能力・インフラ支援のために2億ドルを供与する」となっています。これは要するに、イスラム国と対峙する国に資金供与をし、戦いに協力すると取られても何も不思議はなく、その報復で今回のような日本人人質事件が起きたとしてもおかしくはないでしょう。

イスラム国を容認するわけではないのであえて書かせてもらいますが、今回の安倍総理の会見は全体的に見て平和外交を訴えました。ですが、この部分だけを読むと完全に問題視されることでしょう。安倍総理はこの内容を理解し許可したのか、あるいは外務省の大失態たったのか、どちらかはっきりしないことには、責任が所存がわかりません。もし、前者であれば安倍総理の政治決断の是非が問われることでしょうし、後者であれば外務省の責任は非常に重いです。

イスラム国は決して金が欲しい為に、このような行動に出たわけではないでしょう。人命第一ですがテロに屈しないというのは、世界共通のテロリスト対する考えで、安倍総理は難しい選択に迫られています。

—————————————–

起きるべきして起きた事件と言えるでしょう。期限まで時間が刻一刻と迫られてきておりますが、安倍総理の決断はどのようなものになるのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

イスラム国、日本人人質問題に政府は!?

イスラム国が日本人を人質して身代金を要求した問題で、政府としては、払うつもりはないとの会見を行いました。防衛省の左藤章副大臣は個人的な見解として「動画は合成されているという話も出てきている」と述べましたが、確かに動画は影の陰影の向きがおかしかったり、1人の服だけが風でなびいていたりと、合成の可能性があるように思えます。

しかし、そんな事は問題ではなく、人質になっているのはほぼ間違いないので、どうやって安倍総理は人質を解放させるのでしょうか。人道的支援で2億ドルを支援したと会見で語った安倍総理ですが、それは後から何とでも言えることで、まさにその行為がイスラム国の反感を買い、今回のような事件に発展しました。身代金を払えばテロリスト達の資金になってしまいますし、支払いを拒めば邦人2人の命の保証はない状況で、安倍総理は頭の痛いところでしょう。しかしこれも安倍総理の言動が招いた結果であることに間違いはありません。

イスラム国問題は、日本にとって対岸の火事では無くなりました。只々、無事に2人が解放されることを祈ります。

—————————————–

日本だけではなく、世界中が注目している中で安倍総理の決断は吉と出るか凶とでるか。

<「投稿サイト」編集部>

イスラム国、欧米をマトにしていたが、とうとう日本人に!!

自民党安倍首相がイスラム国に敵対する資金を供与した事によって、とうとう日本人に被害者が出る可能性が出てきました。72時間以内に2億ドル(約237億円)の身代金を支払う意思を伝えられなければ、恐らくこの2人の日本人は殺害されてしまうのではないでしょうか。予断を許しません。

ここまで因果関係が分かりやすい事件もなかなかないでしょう。マスコミは何故2人の日本人が人質になり、身代金を要求されていることだけを前面に出して報道しているのでしょうか。

安倍総理の批判を何故ストレートにしないのでしょう?NHKなどは、もはや安倍総理のご機嫌取りの放送局に成り下がり、誤魔化し報道ばかり行っています。237億円の身代金を72時間以内という、時間を与えないイスラム国の交渉は本気と見て取れるでしょう。

安倍総理はどのような決断をするのでしょうか。

—————————————–

「お前は十字軍に参加した」「このナイフがお前たちの悪夢となる」とイスラム国は安倍総理を猛烈批判をしていますが、こうなることは想像で出来たことで、安倍総理の判断一つで今後、イスラム国が日本を標的にする可能性が出てくるのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

 

オリンピック柔道2大会連続金メダリスト。斉藤仁さん死去。

1984年ロス、1988年ソウルオリンピック男子柔道で2大会金メダルを獲得した斉藤仁さんが亡くなりました。54歳でした。年末から体調を崩し入院をしていたそうですが、残念です。

ソウルオリンピックでは、日本柔道が不振で、男子は金メダルを一個も取れぬまま最終日。そこで斉藤仁さんが意地を見せ金メダルを獲得したのが印象に残っています。

アテネ大会では、男子柔道の監督を勤め、メダルラッシュに貢献しました。早すぎた人生ですが悔いはなかったのではないでしょうか。

ご冥福を心からお祈り致します。

—————————————–

ソウルオリンピックのメダル決定後のインタビューが印象的でしたね。日本の柔道界にとって非常に惜しい人を亡くしました。

ご冥福を心からお祈り致します。

<「投稿サイト」編集部>

次号の月刊タクティクスが楽しみだなぁ~!

毎月楽しみに月刊タクティクスを読んでおります。1月号は新年号ということで、いつもに増し、内容が充実していた感じがします。その中でも毎月連載されている、ホテルハマツや石井工務店の悪しき行いや、福島県民が非常に敏感になっている中間貯蔵施設の問題なのが非常に興味深いです。

ホテルハマツでの暴力事件や窃盗事件などは、この前の投稿にあったyoutubeなどに動画をアップしたいくらいですね。どなたか撮影していた方はいらっしゃいませんか?また、石井工務店の忘年会でのお座敷ストリップ。女性の為の家づくりをしている住宅メーカーが、女性軽視したような宴会の余興で、おかしな会社だなと思います。

石井工務店はあの2ちゃんねる(掲示板)でも石井工務店独自のスレッドが立っているくらいで、2年前くらいは、非常に書き込みが多かったのですが、タクティクスさんに登場してからは、石井工務店に不満を持っている人たちも、タクティクスさんに代弁してもらっているからなのか、動きが少なくなりました。ホテルハマツや石井工務店のような悪い企業が郡山市に2社もあるというのが恥ずかしいです。いずれも郡山市民はもとより、福島県民に浸透している両社ですからね。

暴力事件にお座敷ストリップショーの次には何が書かれるのか非常に楽しみです。ホテルハマツは防犯カメラ設置したのかな?泥棒が辞めたらからつける必要はないか。石井工務店の石井社長のストーカー問題の記事はまた載るのか非常に今から楽しみにしています。

—————————————–

1月25日発売号を是非お楽しみに!!

<「投稿サイト」編集部>

中国食品に紛れ込むコンドーム

先程、中国の食品界について投稿した者です。1つ書き忘れました。食品製造の際に、普通はビニールの手袋をして作業をしますよね。でも、中国はコスト削減の為か、手袋の代わりにコンドームを使用する工場が多く、コンドームが食品に混入していることが多いのです。もちろん、食品製造にのみ使ったコンドームですが、そんなのが食べ物から出てきたら、本当に気持ちが悪いですね。

よくあることなので、あまりニュースにならないそうです。

—————————————–

これは本当に気持ちが悪いですね。

<「投稿サイト」編集部>

 

つまようじ王子、ついに逮捕。これは世間が犯罪をあおっているのでは?

通称「つまようじ王子」の19歳少年がついに逮捕されました。犯罪的には対して重くはないのでしょうが、動画投稿サイトを利用し、万引きや異物混入、逃走模様などを都度、投稿して世間を騒がせました。

利用された投稿サイト「YouTube」ですが、このつまようじ男関連の動画が合計数十万回も再生されるなど、世間の関心が高い事件だったようです。連日テレビでも時間を長く取り報道されていました。万引きを100万回して、100回投稿するとか、警察を馬鹿にしたような投稿をしてみたりとか、この少年のやりたい放題でした。

YouTubeは、アカウントを取得すると誰でも動画が投稿でき、ユーチューバーという言葉があるくらい、YouTubeに日々投稿し、面白い動画にはスポンサーがついて、月に10万円から100万円を稼いでいるユーチューバーもいるくらいです。私の好きなHIKAKINもその一人ですが、YouTubeで夢を叶えた一人でしょう。中にはスウェーデンのユーチューバーで、1日にゲームをしている動画を2回アップして、年間4億円以上も稼いでいるというから驚きです。

話がそれてしまいましたが、誰でも投稿でき、誰でも閲覧できるYouTube。ここには犯罪に関連する動画も多く存在します。最近では3Dプリンタで、銃を作り、射撃をしている動画をアップした男が逮捕されるなど、第三者による模倣されそうな動画も多数投稿されています。アニメや映画、アーティストのPVなど著作権や肖像権を無視して投稿されるなど悪質なものが非常に多いようです。

今回のつまようじ王子の動画は、もちろん1円も報酬として受け取ることは出来ません。アダルト関連や犯罪行為の動画は報酬対象外だからです。そんなの当たり前ですが、未だにつまようじ男の動画がYouTubeにアップされ続けていて、動画再生回数がどんどん増えているというかYouTube側の運営に疑問が残ります。

この少年は捕まることは恐くなかったでしょうし(捕まっても少年院に2、3年と動画内で口にしていた)、動画をアップすることにより、自分が注目され気分がよかったのではないでしょうか。要するにただの目立ちたがり屋です。逮捕前ならそれを元に情報が集まるかも知れないのであえて削除しなかったとは考えられますが、逮捕されてからも依然と動画が流れ続けているのはどう考えてもおかしいと思います。

利用者がこういう犯罪関連の動画を見ることにより、犯罪者が調子に乗って気が大きくなり、更なる犯罪を引き起こすことが考えられます。ネット社会の今、運営側と利用する側のモラルが問われるところではないでしょうか。

—————————————–

YouTubeを筆頭に、動画投稿サイトが数多く存在しますが、中には悪質な規則違反の投稿が多くあります。運営側が削除するのと投稿者側が投稿するのといたちごっこですが、もっと罰則を強化して犯罪に利用されないようなシステムの構築が課題ではないでしょうか。今のネット社会では年齢制限などあってないようなものです。

未成年者が影響されて今回のように面白半分で事件をおこすようなことがあってはならないと思います。

<「投稿サイト」編集部>

中国製品の気持が悪くてもういやだ!!

マクドナルドや他の日本の飲食業界から、次々と異物が混入されているの事件が発覚しています。昨年、中国の工場で期限切れの食材や腐った肉、床に落ちた肉などをそのまま使用。製品化して日本の取引先に出荷。中国のずさんな衛生管理が露見されました。しかし、今回のマクドナルドなどの異物混入は中国とは関係なく、タイの工場で生産されたものや、日本の店舗での異物が混入するというお粗末な事件でした。

中国版ツイッター「ウェイボー」などでは「ほら見たことか」「いつも中国のせいにしているが、自国でも混入させているじゃないか」などネット上では日本の食品界を批判する投稿で炎上しました。

中国の国民の皆様。本当にそんな日本を批判している暇がありますか?中国では異物混入や毒物混入は日常茶飯事で、ニュースに取り上げられるのが少ないだけで勘違いしすぎです。ペットボトルのペプシコーラには金魚の死骸が混入。ペプシはアメリカの企業ですが、容器詰めはもちろん中国の工場。チャーハンには鼠が混入されていたり、もっと怖いのは、ソーセージに蛆虫が混入されていて、それを食べた妊婦が流産をしてしまったなど、例を挙げればキリがありません。それでもその工場は、工場内での混入は考えられないと責任を全く感じていないとか。呆れてしまいますね。

習近平国家主席が福建省の省長時代に「新しい土地に越したらまず、まともなレストランを探せ。米は有毒米ではないか確認が必要不可欠」と発言したのが中国では有名な位、それだけ食品が汚染されています。

中国で3つの食材に注意が必要らしく

1 卵 飼料に日本で使用禁止のカンタキサンチンというのが使われていて、これは赤身かかった黄身ができ、いかにも栄養があるように見せるためらしいですが、摂取すると深刻な場合は白血病や骨髄障害を起こします。

2 犬肉 日本では食べることがないですが、旅行中に興味本位で食べると大変です。青酸カリの丸薬をリブ肉に埋め込み食べさせて殺すそうですから、その肉を食べたらもちろん人間も危険です。

3 豆腐 非常に古い材料が使われています。そのため豆腐が柔らかくそれをごまかすために工業用の石膏が使用し硬さを出しているとか。豆腐料理の多い中国。麻婆豆腐など恐ろしくて本場では食べたくないですね。

まさに中国の食材は健康になるどころか死にいざなう食品のオンパレードなわけですよ。中国ではよく、日本製品の不買運動を大々的に国家をあげて行いますね。日系の百貨店が破壊されたり、秋田犬を観衆がいる前で殴り殺したり、日の丸を燃やしたり。韓国でも同じように日の丸を燃やすことがあっても、ここまで人道的に外れた行為はしません。いかに中国という国が正気の沙汰ではないことが伺えます。

日本でも中国人排除や、中国製品一切輸入をしないなど、経済制裁を国家レベルですればいいんですよ。どうせ円安なのですから、中国からの輸入品も今はさほど安くないでしょうし。

でもまぁ、安倍総理の幼稚な右翼思想では、あくまで思想だけで、行動に出ることは出来ないでしょうけどね。しかし中国はこの世界から消えてなくなってしまえばいいと思っているのは私だけでしょうか。

—————————————–

私は一人ででも中国製品不買行動をしたいくらい、気持ちの悪い中国の食品事情ですが、投稿にあるように排他的になると同レベルになってしまいますので、日本は紳士な対応というか相手にあまりしなくてもいいくらい、安倍政権には頑張って景気回復をしてもらいたいものですね。

<「投稿サイト」編集部>

 

民主党が終わった日

今日、1月18日に民主党の新しい代表が決まりました。新しい代表と言うと、新しい顔かなと思いきや、やっぱり岡田代表代行が代表に選出されました。岡田さんは9年ぶりの代表復帰となります。

今回は蓮舫さんが代表選に出馬の意思を示していましたが、推薦人が集まらず、岡田代表代行、細野元内閣特命担当相、長妻元厚労相の3人の閣僚経験者の戦いとなりましたが、1回目の投票でどの候補者も過半数を獲得出来ず、岡田さんと細野さんの決選投票の末、岡田さんが民主党の新代表となりました。この時点で民主党は終わったと言っても過言ではありません。

前回、岡田さんが民主党代表の時は、小泉政権の郵政解散で大敗して代表の座を引責辞任してますし、民主党が政権奪取に成功した際、お粗末な政権運営を行い、再び自民党に政権交代を余儀なくされた時の閣僚で、そんなダメ民主党のA級戦犯者の1人と言っても過言ではない、岡田さんが民主の新代表になるとは、もう民主は終わりなんですよ。岡田さんを選んだのは、決選投票で現職の国会議員と国政選挙の公認内定者ですから、民主党議員はもう、強い野党になり政権交代する気などないということでしょう。

それにしても、民主党創世記の化石のような人がまだまだ力を持って代表を務めるような政党に未来はないでしょう。まだ生活の党と山本太郎となかまたちのほうが名前が面白い分マシですよ。

野党第一党の民主が今日終わって、維新の橋下大阪市長も政界引退を噂されていて、もう、自民党を追従する党はなく、このまま安倍独裁政権が続いては、この日本はどうなって行くのでしょうか。

岡田さんの次は前原さん、その次はまた菅さん。民主党は政党として存在するだけの党なのですね。

 —————————————–

また岡田さんですか。前回打表を勤めた時、庶民の雰囲気を醸し出していましたが、父はジャスコ(現イオン)の創業者、兄はイオンの社長。こんな庶民離れの家系ながら庶民振っていたことも疑問ですし、なぜ今更代表になろうと考えたのでしょうか。

もう、岡田さん世代の時代は引退して頂き、若い人間に日本の未来を担って貰いたいものです。

<「投稿サイト」編集部>

公明党が公営住宅入居にお口添え!?

猫を3匹飼っているということで、なかなか住居探しが大変です。ペット可で丁度いい広さのマンションなどは家賃が高く、今の住まいより負担が大きくなるのは厳しいです。

老夫婦に今の家賃を払い続けるのは、年金だけでは足りず、毎月少しずつ働ける時は働き家賃を捻出しております。しかし、そろそろ考え時だと思い、公営住宅住宅に応募をしました。当然、ペットは飼えないので3匹の猫を不本意ながら娘夫婦に引き取ってもらう段取りをしていました。今回公営住宅に応募するのは2回目。昔の公営住宅と違い、とても綺麗なマンションタイプのものが多く、とても人気があります。今回は5戸に対して50以上の応募があり、倍率も高くやはり落選をしてしまいました。

そのことを知人に話をしたところ「池田大作に頼めばいい。学会員(公明党員)なら入れる確率が高くなる」そんなバカな。そんな話は聞いたこともないですし、ただの都市伝説では?くらいにしか思いませんでした。

しかし、ふと思い考えてみると、確かに公営住宅に住んでいる知人は、創価学会員が不思議と多いのです。そこで各方面調べてみると、公明党に関わると優遇されるという情報があちこちから聞こえます。

そもそも、昭和の昔から公明党議員のおかげで都営住宅に入居できた、などと連呼する人々どもが大勢いたのが動かぬ証拠の一部というか、今の公営住宅の多くの世帯の郵便ポストには聖教新聞が入っています。これは事実です。公明党議員が学会員を公営住宅に優先的に入れるようにと口添えをしていると認めた発言も以前あったようで、もしこれが本当だったら、安くなった家賃分が創価学会のお布施に回っているとなると非常に嫌ですね。

そのお布施は公明党の政治資金にもなるわけで、自民党も腐っていますが、ろくな政策も立てずに、与党でいたいがために自民党にコバンザメのようにとくっついている公明党がこのような行為を行っているとなると、本当に生活が苦しく公営住宅に入居したい人が本当に苦しい思いをします。

公営住宅の前を通ると、駐車場にベンツやBMW、国産の高級車などが止まっていますが、一体年収はいくらなのでしょうか。所得制限があり、それを上回る人は住めない筈ですよ。これも公明党マジックでしょうか。

選挙の際は「決まってなかったら公明党にお願い」と色々な方からお願いされますが「住むとこないから公明党にお願いして」と電話しようと思います。

この投稿が事実かどうかは、公明党の方や学会員の方はわかると思います。まだまだ色々聞いた情報がありますが、この投稿で公営住宅は公明党に頼め!!ということがご理解頂けたと思いますので、この辺で失礼します。

—————————————–

この話は以前聞いたことがありますが、これが事実なら憤りを覚えます。本当に必要な人に為のものが、組織に優遇される、それが票に結びつくようなことがあれば、この日本の将来は良くなることはないでしょう!!

<「投稿サイト」編集部>

フォアグラは良くてクジラはだめ。どう考えてもフォアグラがNGだろう

高級フランス料理店では必ずと言っていいほど、コースの中に高級食材の「トリュフ、キャビア、フォアグラ」が使用されています。これらは世界三大珍味と言われ味にうるさい富裕層の人達の舌を唸らせてきていました。

先日、渋谷のスクランブル交差点付近を歩いていると「フォアグラを食べるのは断固やめましょう!!」とキャンペーンを行っていました。今、食品業界が揺れている時期ですが、フォアグラにも体に悪いものでも入っているのか?と思い、話を聞いていると「ああ、なるほど。そういうことか」と納得が出来ました。

三大珍味のトリュフはキノコの一種で山で収穫出来ます。トリュフの匂いを嗅ぎ分ける豚を使用して探しあてるとか。豚は使いませんが、日本の松茸を探すぐらい大変な作業のようで、いずれも香りがとても良く、使用すると料理の芳醇さが格別になります。

キャビアは淡水に住むチョウザメの卵で、あの食感と塩味は何の料理にも合いますね。日本の鮭の卵「いくら」より小さいですがロシア語で魚の卵を「いくら」というようにキャビアのような魚卵の美味しさから日本語でも「いくら」と呼ぶようになったようです。

最後にフォアグラですが、フォアグラは鴨とガチョウのフォアグラが知られています。フランス料理のメインにあたるこの食材は、外交の場でも駆け引きに使われているのはあまり知られておりません。フォアグラ・ド・カナールは鴨のフォアグラで、フォアグラ・ド・オアはガチョウのフォアグラです。オアのほうが高価で味も美味しく、フランスのエリゼ宮では、フランスが深く外交関係を築きたい国家には「オア」を出し、それほど重要視していない国家に対しては「カナール」を出していると言われています。歴代の日本の2人の首相が訪問した際も、オアとカナール区別されたという逸話があります。

それほどフランス人にとって重要な食材のフォアグラですが、何故若者達は渋谷でキャンペーンを行っていたのでしょうか。それはフォアグラの生産方法にありました。

フォアグラはご存知の通り無理やり機械で餌を胃袋まで押し込み、脂肪をたくさん蓄えさせた肝臓の事です。人間で例えると「脂肪肝」で肥満の代名詞、病気の一歩手前な訳です。食べたくもない餌を、口を無理やりこじ開けさせられ、パイプに入ったたくさんの餌を胃袋まで無理やり押し込まれ、吐き出さないように口を強制的に閉じられて、そうやってフォアグラは完成するのです。なんという残酷なことでしょうか。

日本の捕鯨も世界的に批判され、調査捕鯨以外、捕鯨を行うことが出来ません。戦時中や、タンパク質不足だった時代の貴重なタンパク源であり、日本の文化だった捕鯨は欧米各国に反対され、中でもオーストラリアは外交の危機に発展するのではないかと懸念されています。日本でイルカ漁をする港町の様子が外国映画で公開され、世界中の非難を浴びたのも記憶に新しいですが、クジラやイルカは頭がいいからかわいそうなどと、とってつけたような理由だけではなかったのです。それでは牛や豚の立場はどうなるのでしょうか。豚は決まったところでしか用を足さないなどと意外と頭がいい動物です。では、何故捕鯨だけに欧米はアレルギー持つくらい反対をするのでしょうか。それには理由がありました。長くなってしまいますので他のサイトを参照下さい。(欧米が捕鯨を反対するある事件。特にオーストラリア)

話は戻りますが、フォアグラの「強制給餌」の方法があまりにも非人道的で残酷という理由で、ヨーロッパ圏では、1999年のポーランドを皮切りに、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイルランド、デンマーク、オランダ、ルクセンブルグ、ドイツ、オーストリア、イタリア、チェコで「強制給餌」(すなわちフォアグラ生産)が禁止されてきました。近年ではつい最近では2012年にアメリカのカルフォルニア州でもフォアグラ禁止が発令されました。

自然ではない飼育方法で生産された脂肪肝(いわゆる病気の肝臓)を高級料理としてもてはやす時代は終わったのです。ある国の美食家が「フォアグラよりあん肝のほうが数段に美味しい」言ったと聞きますが、あん肝は海で育った新鮮なアンコウの肝臓です。味も美味しいのならフォアグラなど残酷な飼育法で育てて食べる必要など全くありません。

日本の捕鯨も欧米各国は自国の軍事機密の為に(特にオーストラリア)、無理やり理由をこじつけて反対をしている暇があったら、本当に人道的に外れているフォアグラ全面禁止に反対するのが道理でしょう!!

—————————————–

フランス料理は残酷なものが多いです。今では全面禁止になりましたが、鳥を酒に生きたまま顔を突っ込み、あまりの恐怖に身体中に酒が行き渡り、絶妙な味になるという鳥料理がありました。

フォアグラの作り方をこの投稿をアップする前に動画サイトで見ましたが、これを人間が平気で食べるとはもはや正気の沙汰とは思えません。

<「投稿サイト」編集部>

日本の損保システムおかしくないかい?

昨年末、年末の忙しい時期に追突事故にあいました。首、腰を痛めて通院中です。通院に関しては、立て替えなしで治療できているので全く不満がありません。担当の保険屋さんも親切でしたので。

しかし、当然追突事故ですので、私の車は後ろの部分が壊れました。ナンバーがめり込んでいたので、トランクが空くかどうか試して見ましたが、上に盛り上がったバンパーが干渉して、トランクのドアが開きません。閉めようにもそこで引っかかり閉めることが出来ず、半ドア状態となりました。

事故当日の昼頃、損保ジャパン日本興和の方から電話があり修理に出して下さいとのことで、翌日レンタカー(代車)の用意が出来るとのことで、自宅近くの知人の自動車整備工場に修理に出しました。

更に翌日夕方、保険屋さんから電話があり「お客様の車体価格が(車体の価値)が現在25万円上限で販売されています。修理代が結構破損が激しく40万円位かかります。正直なところ、車両価値までしか修理代が出せません」と言われました。事故など頻繁に合うものではないので「よく意味がわかんないんですが、結局どうするんですか?」と尋ねると「お客様は直す方向でお考えで?」と。「直さないでどうするんですか?」と言うと「そうですよねぇ。では修理工場と相談します」と言われその後、1ヶ月が経ちますが今に至って連絡がありません。

修理屋さんにもその日に電話でその旨、保険屋さんに言われたと言うと「そうなんですよ。オーバーした分は自己負担になります。加害者の方からも差額請求は出来ないんですよ。もし、差額請求して受け取ると、保険屋さんがその分を差し引いてしまうんですよ」おかしいなぁと思いネットで情報を調べると、やはり同じ経験をしている方が多いんですね。

自賠責で病院代を対応してくれて、物損の費用は任意保険から出ているのですが、人身死亡は無制限、物損も2000万円位は普通入っています。それなのに、価値までしか修理代を出さないとはどういう商売なのでしょうか。

確かにぶつけられて全塗装しろとか無茶を言う人がいると聞きます。それは当然認められないでしょう。(しかし下取りに出すときに事故歴ありになり価値が下がるのにおかしいとは思いますが)私の場合は、止まっていたところに、よそ見運転の女性が追突してきて怪我まで負いました。その上車が壊れ、古いとは言え大事に乗っていた車です。ぶつけられなければ壊れることも怪我をすることもなかったのに、今の保険制度はおかしいと思います。

昨日、修理工場に電話したところ、「中古部品を探して直すことになりました。まだ、いつ直るか未定です。」とのことでした。新車の代車に乗っているので時間はかかってもいいですが、今日で1ヶ月が。代車の通常料金が1日19、000円弱。もちろん保険屋さんとレンタカー屋さんとの間で値引き等があると思いますが、それにしても概算で50万円近くのレンタカー代が現時点でかかっています。

新品部品で修理を早く終わらせたほうがよっぽど安くつくと思うのですが、保険屋さんは修理代はここまでしか出さない、という何か理由があるんでしょうね。古い車に乗っているとぶつけられ損ということになります。もちろん、中古部品で価値以内の修理をしていると言う報告すらありません。

スリップ事故なら加害者も可哀想な気がしますが、お巡りさんにもよそ見をしてましたと言い放った女性は、こちらが怪我をしたのを知っても、1度も電話をよこすわけでもなく(保険屋さんにしなくていいと言われているからだと思いますが)事故は被害者だけがダメージを受けることになる、今の損保制度には不満が残ります。なんの為に高い保険料を支払っているのでしょうか。

それは、保険屋さんが大儲けするためです。

—————————————–

私の知人は半年以上も通院を余儀なくされたもらい事故がありましたが、最初に電話をよこした保険料屋さんに「ひとつどうか1ヶ月以内で治して下さい」と驚愕の発言をされました。

保険屋さんも商売なので、渋るとこは渋るべきでしょうが、10対0の事故で、無理な要求ではなく、元の通りにしてくれればいいという希望に対しても、出し渋りをするという、この業界は顧客に対してのブラック企業と言えるのではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

何キロ超過だ!!たいむす運転代行。

このサイトで、度々登場している仙台のたいむす運転代行。私も見ましたよ。

先日、そう1月11日(日)の22:30頃だったかな、国道4号線下り線を大河原方面から岩沼方面に走っていました。柴田辺りだったでしょうか。私の速度は法定速度の60kmくらい。そこに2車線目をもの凄いスピードでかっ飛んでいく、たしか白のホンダフィットがいました。屋根には「たいむす」と電気の付いた看板?が。「これだ!!」と思いました。なぜならこのサイトを楽しみに見てますので。

80km位まで私も出して見ましたが、全く追いつくどころかどんどん差が開きます。私の経験上、高速道路の最高速度100kmは軽く出ていて120kmは出ていたかと想像つきます。なぜなら私を抜いた他の車もあっという間に差を広げられていましたので。

怖いですねぇ。あんな運転代行が客を乗せて命を預かっていると言うのですから。なんであんな業者が運転代行業を営むことができるのでしょうか。許可を出している宮城県公安委員会は何を考えているのでしょうか。

どうせ通報したところで、指導もしないのでしょうから無駄なことはしませんが、このような危険な運転代行は利用せず潰れてしまえばいいんですよ。前の投稿を読んだ限りでは、口が悪く態度も悪い。運転も悪い。反社会的勢力がやっているにでは?って本当に疑問に思いますね。

ホンダ白のフィット ナンバー

宮城51 あ 6422

お巡りさんに検挙されたら間違いなく一発免停ですよ。それ以上に客の命をなんだと思ってんだぁ

—————————————–

利用者に不満と目撃情報が多いですね。この業者は客に苦情を言われると、普通は再発防止に努める筈ですが、逆ギレをして暴言を吐き、客に喧嘩を売るというまともな業者ではないようです。何件も投稿があるので間違いないでしょう。

しかしこのような業者に人の命に関わる運転代行業の許可を出すとは、、、。出してしまえばあとは知らないという体質なのでしょうかね。

<「投稿サイト」編集部>

崩壊する伊達市保原工業団地

前回の投稿の補足ですが、富士通アイソティクと島根富士通の経営統合が進みますと、その副作用で保原工業団地は壊滅的崩壊が避けられません。

関連企業の大崎・FITフロンティア・羽田トータルサービス・日本通運をはじめ、保原工業団地内で貸し倉庫業をしている地場の松浦建工所・リサイクル処理の日野金属と社員駐車場として貸し出している地元農家地権者を合算しますと、工業団地内の約半数の事業者が一気に崩壊します。

松下電器(パナソニック)が福島市から撤退というような一事業者の配置転換と違い、伊達市工業出荷額が一気に1000億消えるにだけにとどまらず、雇用・住民税・法人事業税等の大幅欠落により、伊達市は歳入不足にみまわれ、消滅都市化に歯止めがきかなくなり、単独生き残りも怪しくなってきます。

しかし、仁志田市長はじめ執行部は、エプソン・トヨコムの撤退以来「去るものは追わず」を決め込んでいますから、伊達市の「市民の雇用を守る」・地域経済社会を守ることなど不可能です。伊達市が地域社会として崩壊するまえに、保原町出身の小林 香福島市長に泣きついて吸収合併をお願いしないと、消滅都市に向かって突き進むしかないですね!

—————————————–

どうも伊達市は市政運営というものに危機感がないようですね。地方の小さな市が生き残るためには、大手企業による雇用や税収が不可欠です。不倫問題で揺れる伊達市はそんな余裕がないのでしょうかね!!

<「投稿サイト」編集部>

自民、首長選3連敗。これは安倍政権崩壊の序曲では!?

昨年末に、アベノミクス解散という大義なき解散総選挙を行った安倍総理ですが、結果は自民単独で300議席を確保、連立の公明を合わせると2/3議席を確保する結果になりました。これは、野党や国民から大義がないと言われながらも大勝利と言える結果だったでしょう。

しかし、これは数字のまやかしに過ぎず、戦後最低の投票率で、早い話が自民に投票する有権者だけが投票に行き、創価学会員だけがいつも通りの選挙活動をしただけだったのです。一部共産党躍進に投じた変わり者のいたようですが。50%以上の人は自民にNOと言っていることにもなります。

最低の投票率とはいえ、国政で優位に立つ自民。これはしばらく自公連立政権が続く感がありますが、果たしてそうでしょうか。昨年は9県で知事選がありました。真夏の中、滋賀県知事選からスタートしましたが、自民公明の推薦した候補者は敗れました。初めが悪かった与党でしたが、そこから福島知事選までの3県の選挙は単独候補を立てず、野党に相乗りという形で負けはしなかったですが、敵前逃亡のような選挙を行いました。

続いての沖縄知事選。米軍基地の移転問題が争点になっていましたが、自民と次世代の党が推薦した現職知事の落選。その後の3県はまた野党に相乗り。そして今年早々に行われた佐賀県知事選では自民公明で推薦した前武雄市長の樋渡啓祐氏が告示前は圧勝とみられていましたが、フタを開けてみれば総務官僚出身の山口祥義氏に4万票もの大差で敗れました。

原発問題から復興できるかが争点だった福島知事選に至っては、福島自民県連が元日銀支店長の鉢村健氏を単独で推そうとしていましたが、自民党本部に潰され、結果自民は民主に相乗りと情けない選挙戦を繰り広げ、トリプルスコアという圧勝で新知事が誕生しました。しかしこの時に、鉢村氏を自民単独で擁立していれば、鉢村知事が誕生していたでしょうし、只単に副知事の実績があっただけの、震災時に逃げた民主が推す内堀氏の当選はなかったことでしょう。

この相乗り選挙で味を覚えたのか、与党は相乗り選挙を続け戦わずして勝ったような形になっていましたが、「必ず勝てる」佐賀県知事選で単独候補者を擁立したものの、まさかの大敗。これは自民党政権に黄色信号がともったと言って過言ではないでしょう。

これで各県の首長選挙で自民は3連敗という結果になっています。これは地方では自民党政権に完全に反旗を振る返していることになっいると言えるのではないでしょうか。

口だけ先走って、何も結果が出ていないアベノミクス。一部の人は儲かっているようですし、儲かっていないのは運が悪いか能力がないだけと麻生財務大臣も言ってますが、皆さんの周りに景気回復の恩恵を受けている人はいますか?私の周りでは聞いたことがありません。

安倍政権もそろそろ終わりなのではないでしょうか。4月の統一地方選、来年の参院選が非常に楽にみです。

—————————————–

それだけ自民離れが国民で起こっていて、4月の統一地方選には必ず影響が出ることでしょう。そうなると次の参院選で自民が大敗ねじれ国会、衆院選で政権交代といきたいところですが、野党が弱い。

橋下大阪市長の政界引退も噂されていますが、誰か政界を担っていける人物はいないのでしょうか。山本太郎では無理でしょうし、、、。

<「投稿サイト」編集部>

 

 

 

富士通アイソティクに脱出される伊達市

伊達市最大の誘致企業である富士通アイソティク(FIT)が、伊達市に見切りをつけて系列の島根富士通と経営統合するようです。理由は震災以降、島根富士通に大幅に生産を移行してきましたが、島根富士通の方が社員の平均年齢が15歳以上も若く、労働組合も有りません。その上、作業効率も15%も上がっていますから、総合効率的に富士通本社の試算では、約20%コストダウンが出来ると経産OBの副会長さんはJISAで述べています。

1千億円以上も投資した半導体工場を、いとも簡単に会津若松から撤退した富士通ですから、孫会社のFITの撤退など簡単にできますね!

しかし伊達市のナンバーワン企業であるFIT撤退となると、雇用だけではなく法人事業税をはじめ、大幅自主財源不足に陥りますが、伊達市は市長を筆頭に全く能天気ですから救いようが有りませんね。

神に祈るつもりで、霊山町出身で内堀知事の同級生の東大経済学部卒、経産省中小企業庁事業部長の佐藤悦郎士に伊達市長のポストを禅譲するなら、お上は行政指導で前面撤退は回避できると断言できますね。

でもプライドだけが高く、一番レベルの低い工学部卒の仁志田市長には無理ですよね!

—————————————–

福島市でもパナソニックがデジタルカメラの生産をやめると発表したばかりで、県都の経済界を驚かせたばかりですが、今度は伊達市の富士通となれば、福島県の経済界にとっても大きなダメージとなります。

知事が変わったばかりだというのに、今後の雇用政策はどうなってしまうのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

セブン銀行のATMは起動が遅くてイライラ

関東では随分前からコンビニに銀行のATMが設置されていますが、東北でもここ数年のうちにコンビニATMの普及が進み、非常に便利になりました。早朝深夜に関わらず、提携している銀行のキャッシュカードがあれば24時間現金の引き出しはもちろん、入金対応している提携銀行もあります。(一部深夜早朝入出金不可)

その為、買い物ついでや銀行に行って出し入れするより身近にあるコンビニATMはとても便利なものでしょう。

しかしです。便利なこのコンビニのATMですが、通常の銀行に比べると機械の起動が遅い。非常に遅い。時間帯によっては消費電力モードになっていて、立ち上がり起動するまでに20秒位かかることがあります。ちょっとの時間とはいえ、非常にイライラします。

というのも、普通の銀行のATMは紙幣、硬化対応で機械の動作もスムーズです。これは機会が1台あたり約1300万円もします。しかし、最近コンビニの中でも目立つセブン銀行のATMは紙幣しか対応しておらず、セブン銀行自体通帳を発行していないので、通帳に印字する機能もついていません。その為機会が安価で約500万円位とのことです。通常の銀行のATMの1/3位の安い機会を使用しているわけです。機能が劣っているだけならまだしも、起動速度や通信速度が遅いため、混雑している朝の忙しい時間はATMの前に何人も並んでいると、時間がかかりここでもまたイライラします。

どこにでもあるコンビニなので便利でいいですが、店舗も持たず人件費も最低限で抑えることのできるネット銀行。ですのでもっと高性能の機械を設置してもらいたいものです。ネット銀行は携帯の操作で送金や残高照会が出来ていいのですが、いざお金を入出金する時にもたつき過ぎるのではないでしょうか。

セブン銀行の頭取は元日銀出身の方のようで、なかなか許可の下りない銀行の免許もすぐに降りたといいます。ここにどのような配慮があったのかは知りませんが、手数料で大儲けしているセブン銀行ですから、ATMももっと性能の良い物を設置してください!!

それにしてもセブン銀行は若い世代にしか需要がない気がします。

—————————————–

確かに起動が遅いですよね。セブン銀行はじめ、ネット銀行は店舗を持たないので、口座数を確保できるように様々な支店名を採用しています。私はセブン銀行のチューリップ支店や楽天銀行のオペラ支店などの口座を持っていますが、この支店名は何のギャグなのでしょうか。

朝の忙しい時にレジで並びATMでも並ぶのは嫌です。

<「投稿サイト」編集部>

 

愛人に住宅地をプレゼントした伊達市鴫原貞男副市長さん

愛人に破格の論功人事を断行した鴫原副市長(写真左)ですが、彼が伊達町の企画課長職時代に、伊達町の高級住宅地といわれていました諏訪野団地一番人気のある1丁目の福源寺の檀家駐車場の西隣の宅地を、開発事業不動産業者さんに担当課長の職務権限と思われる行政指導を活用して、当時の不動産価格よりかなりのディスカウント・プライスで愛人と言われる遠藤由子さんにプレゼントしてさしあげたようです。

—————————————–

これ以降の内容は、月刊タクティクス1/25発売号に掲載します。是非ご一読下さい。

<「投稿サイト」編集部>

大物国会議員の口利きで国鉄に入社した現伊達市長仁志田昇司さん

今太閤として伊達市に君臨する仁志田市長ですが、東大工学部機械科卒業時に封印された秘密がでできました。
それは国家公務員採用試験に落ちて、実父に連れられて時の亀岡高夫代議士の議員会館事務所に頼みこんで当時の公設第二秘書の特段の「口利き」で、時の自民党交通部会長の加藤六月代議士の特別推薦とい特別枠を活用して国鉄に入社したからです。

亀岡先生と加藤六月代議士は、互い陸軍士官学校の同期で、亀岡代議士の公設第二秘書は加藤六月事務所からの横滑り秘書さんを経験した自民党交通族の大ボス秘書ですから、「特段の御配慮」とう政治的圧力を行使して見事に仁志田昇治君を国鉄に特別枠で採用させました。

ですから仁志田市長は自分の取り巻きや後援会幹部には「特段の御配慮」を常に心がけていますね。ゆえにお願い事を市政に反映する為に庁内不倫で一段有名になった鴫原貞男副市長を行政執行責任者として離せないのです。

仁志田市政誕生後何人の方が「特段の計らい」で伊達市職員として採用されたのですかね?お教えて下さい人事課長経験者の遠藤由子会計管理者様。

—————————————–

随分と昔の話ですが、仁志田さんは国鉄の中でもあまり出世コースにのれなかったと言われていたのは、そのためだったんですね。なんとなく頷けます。だから旧保原町の町長選に出馬することになったのでしょう。

市長になった時も、赤間某の人事で市議会から吊るし上げを食ったほどでしたし、その後の人事も不倫の帝王のような男を副市長に据えているのですからおかしいですよね。

<「投稿サイト」編集部>