カテゴリー別アーカイブ: ニュース

大成建設以外にも黒い関係がある日起建設さん

中部国際空港の埋め立て工事以来、親会社の水谷建設以上のゼネコン、「お財布持ち」企業としてのし上ってきた日起建設ですが、黒い癒着関係は大成建設だけではなく、関西を主力としている大林組をはじめ、スーパーゼネコンとも深い関係にあることが国直轄除染に従事しているJV関係者から聞こえて参りました。

ことに宮城県内の瓦礫処理事業では、自前の大型ダンプやパワーショベルの大型重機をいち早く現場導入し、実力以上の瓦礫処理を行なってぼろ儲けをしただけではなく、大林や大成建設のJV担当者には相当額のリベートが「キックバック」されたため、名古屋国税局から架空外注費計上で追徴課税されたと関係者はもらしています。

その延長で福島県内の浜通りを中心に実施されている、大成建設をはじめとする大手ゼネコンJVも、もれなく名義人として1次下請けに参入し、作業員の宿泊代や弁当代などからもピンはねを行い、広く「てら銭」を集めている企業として除染作業員からは「ブラック有名企業」として名を揚げているありさまです。しかし、大成建設をはじめとするゼネコン幹部はこれらの行為を「見てみぬふり」を決め、自己利益の拡大にしか興味がないと囁かれています。

このようなマル暴対策法に著しく抵触するフロント企業を、名義人として施工協力させている大成建設や大林組等には適切な行政指導があってもいいだけではなく、マル暴取り締まりの総本山である「福島県警本部」の新庁舎建設工事には入札参加資格を見せしめの為に取り消すべきで有りませんか内堀知事殿!!!

—————————————-

作業員の賃金ピンはねなどは日常茶飯事ですが(あってはならないですが)、スーパーゼネコンをビシッと取り締まらないと今後も現場の作業員だけが損をします。この辺をしっかりしないことには福島の復興は見えてこないのではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

 

なんなんだ、伊達市の除染問題は。蛆虫以下だ!!

月刊タクティクス7月号を読みました。どれもこれも内容が充実していて、興味深く拝見しました。特に目を引いたのはやはり伊達市の問題でしょうか。5ページと内容も充実しており、貴誌の伊達市が悪政を倒し健全な市政運営を希望していることが強く感じます。

雑誌に記載されている通り、自らの市の失態を市長自ら記者会見をするなど伊達市に限らず、全国的に見ても稀なケースですね。(橋下大阪市長は別ですが)

仁志田市長の反目にいる森藤建設潰し見え見えではないですか。2回も記者会見までして名指しをしてなんとか潰そうとしたのでしょうが、信用置ける第三者機関の調査で、市長、鴫原副市長が会見した内容とは異なるどころか全く真逆で、文字通り赤っ恥を書いた両者はその後の会見は開ける筈もありません。謝罪会見になるわけですから。

 文中にある通り、先の市長選で対立候補者を推し、談合が出来ない業者(月刊タクティクス7月号参照)森藤建設を潰すが為の本当に有ってはならない市政トップ2の悪どい言動です。

この件には市長の親衛隊の伊藤土木も関与しているようだし、その陰にはやはり井上要の姿が見え隠れるするという、悪政伊達市のオールスターで森藤潰し未遂があった訳ですね。本当に最悪な執行部プラス取り巻きの連中ですよ。

連座制が適用されるのかはわかりませんが、明らかに選挙違反ををしている仁志田市長は大事件に発展する前に辞めるべきだと思いませんか?現役市長が逮捕なんて事になったら支持していた支持者はがっかりです。せめて自ら辞めて「前市長逮捕」の方がカッコがつくのでは?と思います。

貴誌の記事の信憑性は非常に強く感じています。これからもこの悪性腫瘍のような悪政市政打倒を期待してやみません。image

—————————————-

最新号に掲載した通りですが、後から悪行が湧いて出てくる仁志田市政。叩けば埃が出るのではなく、何もしなくても湧いてくる蛆虫のようです。こんな市政はハエたたきで叩き潰しましょう!!

<「投稿サイト」編集部>

沖縄を犠牲にする安倍総理

一昨日23日、約20万人の犠牲者を出した沖縄戦が終わって70年目の慰霊の日で、沖縄県知事として初めて平和宣言で「米軍基地移設の作業中止を求める」と翁長沖縄県知事が述べました。会場からは大きな拍手が送られ、また沖縄県の米軍基地負担の軽減を強く求めました。

続いて安倍総理が挨拶したのですが「何しに来た?帰れ帰れ!!」と罵声をあび、「沖縄県の基地負担軽減の方向で考える」と述べましたが、その後の記者の質問に「辺野古への基地移設は必ずしなければならない」噛み合わない話をしました。

翁長知事とも基地移設問題も話も全く出さなかった安倍総理ですが、政府は沖縄県民も考えを一切無視する路線で進めようとしています。これは民意が全く取り入れられないただの独裁政治だと思いませんか?沖縄独立などと言う話もないとは思いますが出ています。

沖縄県民は米軍基地を「癌」に例えます。以前は癌を摘出する話で進んでいました。それが今度は転移させるのか!?と沖縄県民は怒っています。

県民無視のそれも遠く離れて東京で議論している安倍総理が決めることではないのではないでしょうか。

—————————————-

沖縄県では米軍兵による、事件が多かったり、それ以前騒音が酷い。あれは旅行で行っただけではそれほど気にならないですが、日々の暮らしであの騒音と治安悪化があれば、誰だって嫌になります。鳩山元総理もバカですが、安倍総理はもっとバカですね。

<「投稿サイト」編集部>

マル暴フロント建設会社の日起建設と黒い交際を断ち切れない大成建設さん

暴力団関係者とゴルフをお供して、三重県等から「指名停止」の行政処分を受けている大手ゼネコン大成建設の名義人である「日起建設」ですが、今度は環境省発注の直轄除染に大成建設JVの1次下請けとして参入し、「危険手当」の未払いや「時間外の割り増し賃金の未払い」等の問題を起こしていることも福島労働局等の監督官庁から聞こえて参りました。

では何故大成建設ほどの日本をを代表するスーパーゼネコンが「マル暴フロント」企業との関係を断ち切れないのかいうと、日起建設は大手サブコンの「水谷建設」の子会社であり、大成建設の「裏金作りや」現場所長をはじめ、支店幹部に「お持ち帰りの特別接待」や、土木工事の増額変更で「上納金」のキックバックなど、「持ちつ持たれつ」のずぶずぶの関係があるから切れる訳がないとゼネコンの関係者はもらしています。

まして福島県知事の汚職事件で、親会社の「水谷建設」が表で下請け出来なくなりましたから、お財布持ちの「日起建設」を絶対に大成建設は外せる訳がないとまで言われているありさまです。

このような「マル暴」企業とコンプライアンスに抵触する大成建設が、マル暴を取り締まる「福島県警本部庁舎新築工事」のWTO入札に参加する資格は無いと思われますが入札参加を認めるんですか「福島県警本部長」殿!

—————————————-

この投稿が事実であれば、これで県警本部庁舎の新築工事に入札を認めれば暴対法に抵触するのではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

水道水が安全と思わせる為に与えられたした「モンドセレクション受賞」とは

小林香福島市長の市長就任後の初の手柄と称えられている、水道水の「モンドセレクション受賞」ですが、その裏で水道水の所管官庁である厚生労働省健康局水道水課と市長の古巣である環境省水・大気圏局の合作により「福島の安全」を演出する為に施策的に受賞は持たされたことが内閣府等の関係者から伝わってきました。

そもそも今年度で終了する重点復興期間の対策として、大幅減額される復興・再生予算の穴を埋める為に、福島の安全をピーアールする証として「セシウム検査」が該当しない水道水に目をつけ、「消防団の表彰」と同じ持ち回りで「受賞を受けるモンドセレクション」を当選後、何も実績のない小林市長に「手柄」のように見せかけてプレゼントしたと関係省庁のキャリアは認めています。

余り意味の無い「モンドセレクション受賞」に浮かれて肝心の復興予算が大幅削減されたら意味が無いと思いますが、一人ノーベル賞を受賞したようにはしゃいでいる小林市長のコメントを聞いていると「地元に根を下ろした政治家」とは言えませんよね福島市民のみなさん!!!

—————————————–

モンドセレクションは投稿のようにあまり意味をなさないのではないでしょうか。モンドセレクション受賞したものが、この世には溢れています。ましてや、言い方が悪いですが、福島の水がお世辞も意味はないとはいえ、賞を取るような安全な水とは今でも考えられません。少し考え方がズレてはいませんか?

<「投稿サイト」編集部>

安保法案の為に、国民の支持率を失う安倍総理。

安保法案審議の為に、国会を過去最高の延長する政府与党ですが、ここに来て安倍内閣の支持率がガタガタになってきましたね。というか、今頃?っていう感じもしてきましたが、やっと国民の皆さんも安倍内閣の酷さがわかってきたようですね。

支持率に物を言わせてやりたい放題やってきた安倍内閣ですが、これからの政権運営が厳しい物になることは必至でしょう。安保法案が憲法に違反しているという意見が半数以上を占め、違反していると思わないという意見を大きく引き離しています。

特に連立の公明の支持者からの反対意見が多く、連立政権も今後の行方次第では雲行きが怪しくなってくるのではないでしょうか。

安倍総理から支持率がなくなったら、この政権はどうなるのでしょうか。見かけだけの景気回復をした安倍総理には早く退陣願いたいものです。

—————————————–

この2年半、安倍政権が発足して全く見かけだけの中身のない時間が過ぎました。支持率低下したその時に解散総選挙をして国民に問おて下さい。

<「投稿サイト」編集部>

ATS設置義務化で「飯坂線」廃止を考慮している福島交通さん!

鉄道営業法の改正で「ATS[自動列車制御システム]」導入義務化政策で、東急東横線の払い下げ 「車輌」を使用している福島交通「飯坂線」ですが、会社更生法を申請して借金踏み倒しで何とか生きている会社の為、メインバンクの東邦銀行をはじめ、親会社の「みちのりホールディングス」が新規の長期大型投資に難色を示している為、「鉄道営業法」に抵触しない解決策として「飯坂線廃止」を視野に入れた経営選択をしていることが判明致しました。

鉄道事業者に安全対策に一環でATS導入義務化は理解できますが、倒産再生途中の福島交通には数十億とも言われる長期設備投資をする財務余力は有りませんから、飯坂線廃止は進駐軍である「みちのりホールデングス」の投資理論からすれば模範解答かもしれませんね。

福島市民の大事な通勤・通学の足である飯坂線が法律に抵触して「廃線」になっても小林市長は見殺しにするのですかね、小林市長さん!

—————————————–

ATS義務化になって、導入することが出来ないのであれば、採算が取れない地方の鉄道と同じで廃線するしかないかもしれませんが、長年福島市民の足となり、温泉客の足となった飯坂線を、安全対策が出来ない為に廃線では、なんだか寂しいですね。小林市長なんとかして下さい。

<「投稿サイト」編集部>

安部総理になんの餌をもらってつられた、橋下市長

安部総理と橋下大阪市長が仲良くなったのか、安部政権を攻撃していた維新の党も、掌返して民主攻撃に転じ始めてきてますね。これだから信用できない。橋下市長を入閣させ副総理に迎え入れるという話も出ているとか。全く馬鹿げた話ですね。

大阪府構想で惨敗したとはいえ、自身の意思を貫き通したまではよかったけど、これで寝返ったりでもしたら、結局橋下さんも他の政治家と同じですね。

政界引退するのではなかったのでは?維新を応援していた有権者は多分がっかりですよ。私は別に応援していないのでいいですが。

—————————————–

もし橋下さんが入閣でもしたら、それはそれで面白いですね。寝返るのでしたら、中から安倍政権を壊して下さい。

<「投稿サイト」編集部>

円安に危機感を持つ黒田総裁、持たない安部総理。

安倍政権が発足し2年半が経過したが、株価が発足当時の2倍の値をつけ、日本国民の金融資産が142兆円増えた。80円台だった為替相場も125円台まで円安が進み、海外からの旅行客が過去最高で、旅行産業が1兆円から2兆円へ売り上げが倍増したとアベノミクスの成果が現れていると安倍内閣は今でも強気だ。

しかし、これはあくまで数字上の話で実際は円安の影響で700兆円日本人は損したと言われている。他の方が投稿しているので詳細は書かないが、こんなのが日本経済が潤っていると言えるのだろうか。

日銀の黒田総裁もこの円安が日本にとって決していいものではないと今頃気がついたようで「今後、これ以上の円安はない。」と発言する始末。

円安で一部の人々が潤っただけで、庶民は海外旅行にも行けなくなってしまった元凶の安倍内閣が早く倒れることを願う。

—————————————–

海外からの旅行客が増えても、過度の円安で日本人が旅行に行けないこの安倍政権の政策が、国民が豊かになったとは到底言えませんね。

<「投稿サイト」編集部>

またまた「ホテルハマツ」で盗難事件!?

昨日、6月14日郡山市内の有名ホテルで行われた地元小野町の著名人の結婚式に参列した時の出来事ですが、一緒に参列した友人がナント持参したセカンドバックを披露宴の最中に盗まれたと騒ぎ出しました。しかし、お目出度い席と言う事でもあり、披露宴終了まで穏便にしておきましたが、披露宴終了後にホテル側に届け、事情を説明し対応して貰う事になったようですが、以前貴誌に同じような事件が掲載されていたのを思い出し、バックナンバーを読んでみたらパソコン盗難や、金品の紛失事件が昔からあるようで、これらの事件は解決しているのでしょうか?

ホテルの責任と言うのは無いのでしょうか?それにしても問題の多いホテルですね。

—————————————–

またこのホテルですか。以前の事件が解決したかどうかは分かりませんが、手癖の悪い従業員は辞めたようなので、他に同癖のある従業員がいるのか、参列者の中に犯人がいたかも問題ですが、それ以前に月刊タクティクスと当サイトで指摘している「防犯対策の甘さ」が一番の問題です。

今後も同じような事件が有ってもおかしくはないホテルですよね!!

<「投稿サイト」編集部>

素行不良で議長になり損ねた青木副議長さん

平出県議会議長の会津若松市長選挙立候補による新福島県議会議長選出ですが、自民党県連総務会で相馬市選出の斉藤元副議長に決定した為、16日開会の6月定例県議会で選出されます。本当は副議長の青木稔氏が11月の改選まで残任を努める予定でしたが、「素行不良等」が原因で議長の椅子を逃したと自民党関係がぼやいています。
 
元々青木県議は政治的センスがある訳でなく、「一丁揚がり」の副議長ポストを年功序列で受けただけで、昨年の県知事選挙でも、当初は早稲田大学野球部OBの小倉よしたみ[亀岡衆議院議員]に唆されて、日本銀行OB擁立に加担した前科や、自民党福島県連のドンである佐藤憲安元議長と反りが合わない為、反青木ドクトリンが構築され、腹心と言われていた法政大学の後輩である西山県議からも寝返りに合い、あえなく「夢破れた」と関係者はもらしています。

元々子分の県議がいるわけでもなく、建設業者と夜な夜な「クラブ」の女性を口説きまわってる青木副議長ですから、花柳界のママ達からも「見識と品位がない」と罵られているだけではなく、当然の結果だと言われてます。
 
今年は7歳を迎えるのですから、少しは「酒とクラブ遊び」を控え、11月の県議会選挙に落選しないように地元いわきで選挙区周りに精進すべきですよ青木副議長さん!

—————————————–

投稿のとおり、「クラブ遊び」ばかりしては次の県議選が心配ですね。そんな時間があるのなら選挙区周りをしっかりして、選挙区の女性からの指示を得たほうがいいですね。クラブの女性達は票をくれるとは限りませんから。

<「投稿サイト」編集部>

東京オリンピックに新国立競技場の必要性と無責任な考え。

2020年の東京オリンピック開催まであと5年ですが、非常に大きな経済効果が期待されることでしょう。しかしいい話ばかりではないようですね。

先日、取り壊しをした国立競技場の跡地に、東京オリンピックのメイン会場となる新しい国立競技場ができるわけですが、当初の予算1,600億円では全然足りず、なんと倍の3,000億円以上がかかると言うことです。デザインは斬新でとても素敵な国立競技場ができると期待されていますが、昨今の円安や人材不足により建設費用がとても高騰。莫大な費用がかかるということです。おまけに、今のままのデザインではオリンピック開幕まで間に合わないとか。

舛添東京都知事が下村文部科学大臣から東京都にも500億円の費用を出してほしいという依頼がありました。それに対し都知事は非常に腹を立てているようです。500億が必要な理由が会場の周りの道路の整備やその他の費用とのことですが、舛添東京都知事は「使い道がはっきりわからないのに都民に500億円出して下さいとお願いできない」と述べました。当たり前の話ですね。

とにかく、原発問題も何も解決していない今、東京オリンピックを招致するために、適当な予算案を出したツケがここにきて国民に跳ね返ってくるわけです。本当に東京オリンピックをやる必要があったのでしょうか。とても疑問に思います。

開催地発表の際、安倍総理の笑顔をテレビで見ましたが、この辺のところは、安倍総理はどうお考えなのでしょうか。しっかり納得のいく説明をして欲しいものです。招致に成功した猪瀬さんはもういないのですから。

新国立競技場をデザインした会社はこのまま進めるとのこと。代替案が出ているもっとシンプルなデザインの新国立競技場案も出ていますが、なんとも情けない話ですね。あの中国でさえ工期はきちっとしてオリンピックを開催したのですから。

本当に安倍内閣の閣僚は適当な人ばかりですね。ましてや、東京オリンピックは安部総理でやるとかバカな話が自民党内で出ているようで、いい加減にして下さい。

—————————————–

あの世界一無責任で適当な中国でさえオリンピックを成功させました。日本のマスコミの報道で各国のオリンピックやサッカーワールドカップの工期が間に合うのかという報道がよくありますが、本当にこのままでは、北京オリンピックの口パク少女以下の恥を晒しことになりかねません。

<「投稿サイト」編集部>

結局景気回復はまやかしだった!!

財務省が発表した今年4月から6月期の法人景気予測調査で、大企業で前の3ヶ月と比べ景気感が下降した企業が多かったことがわかりました。

安倍政権が景気が上昇しているとずっと言い続けてきましたが、結局まやかしだった事が判明しました。為替も円安が止まらず、中小企業の円安倒産がまだまだ続くことでしょう。

この政権が続いたら、日本の景気はどうなってしまうのでしょうか。

—————————————

自民党内で、安部総理の任期を3期9年に延長しようという声がありますが、とんでもないことです。党則で総裁は2期までとなっているのに、それを変えてまで安部さんが総理を続ければ、明るい日本ではなく悲惨な日本になってしまいます。

なぜ安部総理なのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

新しいオーナーを迎える同人社さん

福島県内一円に、クリーニングやリースキン事業を手広く事業展開している同人社さんですが、ここに来てオーナー一族の冨田家一族を経営から排除して、リースキン事業を全国展開している岐阜の「トーカン」グループの傘下に入り、大手資本傘下で「選択と集中」を進め、斉藤信社長はじめ、オーナー一族を経営から排除して「専門経営者」による経営者支配のモデル企業として経営展開していくことが株主サイドから明らかにされました。

伊達出身の同人社さんですが、オーナー一族の冨田家の多角化事業の失敗により、メインバンクである「東邦銀行」の指導により「幽閉」経営を行ってきた同社ですが、東京証券取引所一部指定企業の「トーカン」の子会社で再生することにより、リースキンネットにクーリング等のリネン地業を、他チャンネル化経営で一段の利益拡大が見込まれ、長期借入金と、担保に使い物にならない人材を大量に送りこんでいた「東邦銀行」さんは、今度はトーカンのメインバンクの16銀行から財務担当者が派遣されますから、新しい受け皿会社を見つけないと行けませんよね
北村頭取さん!!!

—————————————

東邦銀行も色々問題があって大変ですね。新しい受け皿の会社はあてがあるのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

誰でも自由に使えるトイレが売りだったローソンがトイレを閉鎖

先日、仕事で秋田に行きました。この日は震災復興の「東北六魂祭」で会場が秋田市内でした。大変な人の多さに驚きましたが、東北が復興する為の活気のあるお祭りでいい雰囲気でした。

しかしです。それをぶち壊すことが。ローソンが昔店舗を必死の増やしている時にCMで「全店トイレ完備お気軽に」と流しておりました。当時は結構トイレを貸してくれないコンビニが多い中、とても親切だと感じたのを今でも覚えています。

なのにこないだよった竿頭通りに面している「ローソン 秋田大町二丁目店」。ここは人混みが凄い為、変な言い訳を紙に書きトイレを閉鎖していました。小さい子供もトイレに行きたかったことでしょう。しかし、ここのローソンは事もあろうに成人誌、平たく言うとエロ本でトイレを封鎖していました。なんということでしょうか。

他のコンビニは、トイレ待ちが凄かったですがちゃんと快く貸していました。昔のキャッチコピーを忘れてはいけないでしょう。元祖なんだから。これで不愉快になった人達も数多くいたのではないでしょうか。

8月には竿頭祭りが行われます。秋田の、また、ローソンの恥になるので、その時はこんな事はやめて欲しいものですね。

image

—————————————

危険防止の為のようなことが書いてますが、胸の内は汚されたくないからでしょう!!こういう時にオーナーの度量がわかりますね。ガードの仕方がなお問題!!

<「投稿サイト」編集部>

山口県下関の「大藤園」。非人道的な職員の許せない暴力の横行

山口県下関の知的障害者らが利用する、指定障害福祉サービス事業所「大藤園」(利用者数55人、支援員数11人)で日常的に虐待が行われていたことが、内部告発により発覚した。

こういう非人道的な行為は決して許されるべきではない。映像を見たが本当にひどい。言葉で罵り、暴力を振るう。この施設の職員らは福祉活動を志しこのような場所で勤務していたのではないだろうか。目にを目ではないが、もし、自分の親族がこのような虐待を受けていたら皆さんはどういう感情を持ちどういう行動にでるだろうか。

私ならやはり同じ事をしてやりたい。しかしこの国ではそのような事は出来ない。ならば法できっちり裁いてもらいたいものだが、障害程度の軽い刑で終わってしまうのが関の山だろうか。

健常者に色々な事情があり、障害を起こす事件は日常茶飯事だが、無抵抗の障害者にこのような事をするのは羊の皮を被った狼の所業だろう。厳しい刑を望むところだ。

しかし、それ以前の問題は、市が昨年、情報提供に基づいて調査を行ったが、施設側が否定したことなどから「虐待の事実を確認できなかった」と呆れた事を語った事だ。徹底して調査をすれば絶対に虐待が把握できたであろう。この辺に行政の役人仕事というか、事勿れ主義というか、被害者が出てからではないと動かないという悪しき習慣がある。

じどうぎゃくたい、DVなど暴力行為は各地であるが、明るみになり、保護されたケースは本当に氷山の一角に過ぎないだろう。地域と行政が一体となり、このような許せない行為は決して再発させてはいけないし、違反者には重い罰を科すべきだろう。

image

                    逮捕された元職員 柳信介容疑者

—————————————

何度も映像を見ましたが本当にひどい話です。奴隷扱いされ、日常的に暴力が振るわれる環境で、今回の摘発まではとても辛い思いをした障害者の方々は多数いました。この職員らはこの先人ととしてどう生きていくつもりなのでしょうか。

それにしても行政というのは適当な仕事をしている公務員の集まりだなと痛感!!

<「投稿サイト」編集部>

半谷輝己さんて知ってますか?

半谷輝己さんって伊達市の健康窓口担当者みたいですが、私は知りません。

最近ネットではかなり話題のようで伊達市と書かれていてびっくりしてます。

タクティクスさんでも伊達市の話題が絶えませんが、ネットでは半谷さんの話題のほうが多いようです。
実際に伊達市で生活していると、行政のゴタゴタもあまり耳にする機会もなく、半谷さんのような方がいらっしゃることも知りませんでした。

灯台下暗しとはよく言ったものですね。
もし可能でしたら半谷さんという方はどんな方なのか知りたいなと思っています。
学校など教育機関にもはいっているという話なので恐ろしく思っています。
どうかよろしくお願いします。

—————————————

調べて見たいと思います。

<「投稿サイト」編集部>

伊達市の行政指導で他社の監理技術者を無断で名義借りをしていた伊藤土木さん

25年度の道路側溝除染で不適切な施工を理由に施工業者を指名停止の行政処分を行った伊達市ですが、こともあろうに土木工事に準拠として発注した除染工事の施工を、総括担当し、工事監理をした伊藤土木に対して約2億の工事で、2級土木監理技術者では建設業法上の監理技術者の用件に該当しないので1級の土木監理技術者を選任で配置するよに指導したそうです。

ところが、指導を受けた伊藤土木には空いている1級の土木監理技術者がおらず、こともあろうに同業者である
利根川組の利根川社長の1級監理土木技術者の資格を
無断借用して、伊達市建設部に監理技術者として届出をして施工していた事実が明るみになりました。

その為監理技術者の無断使用を隠す為に、鴫原指名選定委員長が中心に庁内隠蔽工作が行われ、伊達市発注の公共工事と引き換えに利根川組さんの口封じを行ったと市役所内で公然と囁かれいます。ですから伊達市の公共工事は談合でなく隠蔽工作の代償として100%落札が公然と行われていると道路側溝除染に参加した業者間では語られています。

それより建設業法上1級の土木施工監理者を専任で現場に配置しなくてはいけないのに、監理技術者不在の伊藤土木に除染工事をさせたんですかね?伊藤土木に特定建設業の免許を与えた福島県土木部監理課は建設業法に照らし合わせて、恒常的かつ日常的な雇用関係ない他者の監理技術者を専任技術者として伊達市に届出施工した伊藤土木に対して監理技術者の掛け持ちをして7ヶ月の指名停止とした文化設備以上の行政処分を行うべきで有りませんかね!

架空の監理技術者届け隠蔽工作を行った鴫原副市長は速やかに辞任すべきでありませんか。鴫原副市長を登用した仁志田市長の同義的責任のさけられませんよね!!!

—————————————

この投稿が事実なら、仁志田伊達市長、鴫原副市長、伊藤土木の責任は重大です。名義貸しはあってはならないことですが、通常は本人納得の上の名義貸しであるはずで、この件は本人が知らないところで事が行われている。犯罪ですよ、犯罪!!

今までのことが罪に問われることになれば、何回逮捕されるんでしょうね。

<「投稿サイト」編集部>

年金詐欺被害への補償を考えていない塩崎厚労相

日本年金機構の非常にお粗末な危機管理の甘さが、100万件を超える個人情報漏洩が発覚し、露呈した訳ですが、1週間あまりが過ぎました。ここ来て政府の考えとして塩崎厚生労働大臣が会見し、「個人情報漏洩に関連して起きた詐欺被害に対して補償は考えていない」と述べた。

確かに、これだけ年金機構の方から電話は一切かけてくることはないとしているのだから、それでも騙される方がおかしいとは思います。しかし、年金機構の名前を語らず、消費生活センターの職員や、その他の公的な名前を名乗ってきたりしたら、それでも騙されない自信はありますか?

実際にこれだけ振り込め詐欺が蔓延している日本。注意勧告もあちこちで出ており、金融機関の窓口で高額の送金をする際にも、職員が振り込み詐欺ではないか確認を徹底しているにも関わらず被害が年々増加を辿る一方です。

今回の日本年金機構は明らかにセキュリティへの認識の甘さが招いた人災。今後も被害が増える懸念がある中、今の所被害はないものの、今後必ず年金絡みの被害が起きることは断言出来ます。

その際に、通常の振り込め詐欺と同じで補償がなくてもよいのでしょうか。クレジットカードだって悪用されればカード会社が免責の範囲で保証してくれるようです。年金機構は特殊法人とはいえ、明らかに国の機関であることは間違いないでしょう。要するに国のミスで起こった犯罪を、被害者の泣き寝入りで終わらせようとしています。

国民に莫大な負債を背負わせて、自らの責任は取らないこんな国が民主国家と言えるのでしょうか。安部さんはサミットで自分の意見が通って気分がいいでしょうが、日本国民はさっぱり気分が良くないです。

少しは自らの責任と、万が一の際の国民に対する対応をしっかりしてくれなくては、次の選挙は大変になると思います。

—————————————

安倍内閣の政策はやりたい放題の上、国民無視。今回の件で詐欺被害が起きたら、老後の為の年金掛け金を支払っていた為に、財産を騙し取られるようなことがもし高齢者が被害にあって補償しないようなことになれば、本末顛倒ではないでしょうか。年金の為の個人情報漏洩のせいで。本当に無責任な政府ですね。

<「投稿サイト」編集部>

公費で自宅帰りを続けている小林市長さん

環境省キャリア出身の小林市長ですが、初当選以来1人寂しく単身赴任暮らしかと思いきや、東京陳情と称して木曜日には殆ど霞ヶ関経由で豊島区池袋本町にある御自宅に直行している事が市役所秘書課などから伝わって来ました。

昨年12月の市議会で山岸市議の質問で「公費で自宅に帰っているのか!?」と質問されて小林市長は、陳情後だから問題ないと答弁していましたが、幾ら霞ヶ関陳情しても
中央大法学部卒の市長は、「東大マフィア」と称される東大法学部卒の本流エリートキャリア組からは相手にされていないそうです。また、環境省時代から上司との人間関係構築が上手く出来ない為、霞ヶ関人脈が無いと言われている有様です。ですから市役所内では「霞ヶ関経由地下鉄丸の内線」で自宅直行していると囁かれています。そんなに霞ヶ関に相手にされたなら、東大卒のキャリア官僚を副市長に招聘しないと駄目なのではないでしょうか?ただ自宅に帰る為に東京出張をしているなら歴とした「背任行為」と言えませんかね・・・・・

選挙公約通りに御家族を福島に引越しさせれば問題が解決しますよ。

—————————————–

公費で自宅帰りをしているかと言うと微妙なところですが、頻繁だとそのように取られても仕方がありませんね。公約にあるのでしたら、残りの任期を是非ご家族と福島市内で過ごして下さい。

<「投稿サイト」編集部>