カテゴリー別アーカイブ: ニュース

競争入札妨害の巣窟、福島県空調衛生工事業協会

設備・管工事業者の業界団体である福島県空調衛生工事業協会は、県内の官公庁の公共工事の受注先として名を馳せておりますが、業界調整という名目の「談合」や、一般競争入札に参加し、事前に落札本命業者を内定させている「競争入札妨害行為」を業界・組織ぐるみで行っている、と大手サブコンと呼ばれている業者から聞こえて来ました
このような行為は、刑法や独占禁止法に違反することは明らかであり、同協会こそ談合の巣窟だと業界内では囁かれており、こと福島県発注の公共工事に関しては、所管する建設事務所ごとに空調衛生工事業協会における「支部長」と呼ばれるボスを決め、業界調整を行っていると言われています。
おまけに、福島県庁や福島市などの県北建設事務所管内を所管する県北支部長は、五百川以北の他の支部協会員は入札に参加させないことを、業界調整の主眼としているそうですから驚きです。
このような業界調整においては、単に談合で受注先を決めるだけでなく、福島県立医科大学国際医療センターD棟や福島県庁北庁舎、さらには福島県警本部新築工事などに代表されるように、入札不調を繰り返し発注者の予定価格を不当に吊り上げ、暴利を得ているばかりか、県民の税金の一方的な搾取ともとれる行為を堂々と繰り返している有様です。
その反動からか、支部長氏は毎晩の宴席の高カロリー食事で糖尿病が悪化し、インシュリンの射ちすぎからか、まもなく腎臓病で現役引退だと業界関係者から聞こえているのですから噴飯ものです。糖尿病の食事療法も兼ねて、規則正しい塀の中でカロリー制限をして、ダイエットするのが一番の解決策だと思いませんか?倉島設備取締役副会長の千葉福島県空調衛生工事業協会県北支部長殿!
(投稿ネーム:かすれ始めた天の声)
—————————————-—————————————-—————————————-————このご時世、会社の存続や従業員のことを思えば、安定した受注を継続させたいのは誰しも望むところでしょうが、業界内に八百長試合がまかり通っているとすれば、見逃せない犯罪行為ですね。かといって、司直に見抜けるだけの力量があるとは思えず、およそ内部告発から崩壊するのがお決まりのパターンですから、身内固めはしっかりなさったらいかがですかね?
<「投稿サイト」編集部>

労災死亡事故発生直後も入札を辞退しない仙建工業さん

JR東日本の子会社で仙台に本社を構え東北本線や新幹線の軌道保守を行っている仙建工業さんですが、先月同社では、本社のあるJR白河駅構内で50歳台のベテランオペレーターがバラスト機械に頭を挟まるという労災死亡事故が発生しました。軌道保守を行う「バラスト」と呼ばれている軌道下の砕石を運搬する特殊機械の作業前点検の際に起こった事故のようです。
これは、労働安全衛生法にも抵触する重大事故なのですが、この会社はそれをあまり理解していないようで、作業ミスなのかどうか等々、事故原因が究明できていないと平気な顔でコメントしているようです。
 通常、建設工事中に労災死亡事故が起きた場合、起こした会社は関係官庁から指名停止という行政処分を受けます。それと同時に事故直後から行政処分が決まるまでの間も、亡くなった作業従事者の成仏を願う意味で官庁等の公共工事を辞退するのが日本建設業協会の慣習となっています。しかし、仙建工業は郡山市発注の駅東口の駅ビル工事を初七日も終えぬうちに堂々と落札してしまいました。
これは、亡くなった方に対する礼を失している行為であり、大企業としは恥じるべき行いではないでしょうか。多分JR東日本という大企業グループには地方の慣習などは全然眼中にないんですよね、入札委任者の千葉支店長さん!
(投稿ネーム:福島労働基準局)
—————————————-—————————————-—————————————-————
作業中に殉職されたオペレーターの方のご冥福を心よりお祈りします。人間一人の生命が失われたことに何らの反省もなく、ただ次の金だけを求めていく態度を当たり前のように続ける仙建工業という企業にはメスを入れない訳にはいかないですね。
<「投稿サイト」編集部>

町内会有名人大賞に輝いた鴫原貞夫副市長

鴫原貞夫副市長のお住まいの旧伊達町伏黒町内会だけでなく、愛人である伊達市の前会計管理者が住んでいる長岡町内会でも今年の一番のニュースは鴫原副市長です。
その愛人宅に近接するクニック待合室では、日々、市民の井戸端会議が開催されています。
その場において、旧伊達町の職員だった頃から、以来10数年に渡って「庁内不倫」を続けてきた貞夫さんは、伏黒・長岡町内会の有名人大賞に値するんじゃないか?との声が上がったのです。
井戸端会議の場では、愛人宅の近くにある福島信金駐車場に車を止めて「夜這い」の形で愛人宅に通う鴫原貞夫をみんなが見ていた経緯が語られ、来年は由子ちゃんも日陰の女から晴れて「後妻」に格上げになり2回目の花嫁衣裳を着れるのではないか、という吉報もあるとのことで、話題に華が咲いているそうです。
ホームグランドである伏黒・長岡町内会での市民直接参加型の井戸端会議から出ている期待を、どうか鴫原貞夫副市長は裏切らないでいただきたいですね。
我々町民に、いや市民全体に、男の中の男だということを明らかな形で見せて下さい鴫原副市長さん!!
(投稿ネーム:伊達町長岡町内会)
sigihara
—————————————-—————————————-—————————————-————
この伊達町長岡町内会さんのご投稿は鴫原貞夫副市長に対する純然たる皮肉である事は見て取れます。
しかし、伏黒・長岡の両町民の方々の身になって考えますと、庁内不倫と情実人事で市民の血税をもてあそびながら欲望のままに生きているようなオスメスを住まわせている地域と言われる事の無念さや情けなさを日々感じ、悩まれているのですから、この程度の嫌味を井戸端会議から発する権利は当然持っていらっしゃると断じ、掲載をさせていただいた次第です。
<「投稿サイト」編集部>

公務員の行動を市民は見ている。

「月刊タクティクス」編集部御中

先日、「不倫パートナーをさがそう」というサイトに登録したところ、下記の男性からメールが届きました。
———————————————————————-
Fri Nov 27 02:05:11 2015
差出人 : katoh.hiroshi@dx89.fks.ed.jp (川上)
 既婚,福島県,56歳
身長:181cm~185cm 体重:81kg~85kg
件名  : 無題
———————————————————————-
はじめまして
福島市に住んでおります。酒は好きですが
タバコは致しません。
容姿は普通以上です。仕事はスーツを着た
仕事を致しております。
趣味は多趣味です。大分年上ですが
お目に止まりましたら…✨
———————————————————————-
fks.ed.jp」というドメインは、教育庁や福島県内の教育機関で使われているものですよね?
「川上」というのはサイト内のハンドルネームのようですが、掲示板には見当たりませんでした。
自分もそのようなサイトに登録したので批判は免れませんが、もし上記の推測が正しければ、本県の公務員にはほとほとあきれてしまいます。
以前に住んでいた所と比べ、福島の公務員はレベルが低いと思っていたので。
推測の域を出ない情報かもしれませんが、貴誌は鋭い視点をお持ちの品格ある月刊誌と聞いていたので、今回投稿いたした次第です。
お忙しい中お読みくださり、ありがとうございました。
(投稿ネーム:福島県北部在住者)
—————————————-—————————————-—————————————-————
こちらは実は月刊誌編集部に寄せられたものを掲載しております。福島県北部在住者さんからの情報自体は、判然としない内容ではありますが、ここで大切なのは「市民の中には、こうふうに公務員をチェックしている視線があるのだ。」ということを知らしめる姿勢です。このところ、公務員の意識の低さや教育関係者による犯罪紛いの事件が多発傾向にあるのは事実です。私達市民が至る所で見張っているぞ、というメッセージを発する時期がきているのかもしれないですね。
<「投稿サイト」編集部>

相指名業者を下請け施工業者にしている古俣工務店

10月に指名競争入札で災害公営公営住宅一戸建て[20戸]の落札業者に決まった古俣工務店川俣支店ですが、こともあろうに国土交通省大臣通達で各都道府県等に禁止事項としている「指名競争入札におる相指名業者の下請け禁止」規定に違反して、相指名業者のコバックス川俣支店を災害公営住宅新築工事の設備業者として下請け契約を結ぼうとしている事が地元の建設関係業者から「建設業法に抵触するのでは?」という声が届いてまいりました。
福島県や多くの官公庁の建築工事を数多く手掛けている古俣工務店ですから「相指名業者を下請け業者に使えない事は承知していますが、古川川俣町長のご子息がコバックス関係に就職している。」という話ですから、建設業法には抵触しませんし発注者の古川町長のご意向もあるから使わざる得ないと言われています、業協会の会長に就任したばかりですし、小林始め多くのガソリンスタンドの建設工事を小林仁一社長から請け負っていますからギブアンドテイクでコバックスさんに借りを返そうとしているんですかね?古俣猛社長さん!
—————————————-—————————————-—————————————-————
川俣町と言えば、昨今は商工会さんが補助金を実態よりも過大に請求したという不正受給の話題がありました。これについては経済産業省から補助金交付の一部取消しと返還請求という、厳しい沙汰を受けているところです。そして、今後は建設業界でもこんな法律破りが堂々と行われている訳ですね。
川俣町の経済関係者の間では、日本の法律を守るという習慣があまり根付いていないのかもしれません。今後も、隠れた真実があとからあとからわき出してきそうですね。
<「投稿サイト」編集部>

福島市水道局のたっての要請を断った多田建設さん

福島市の下水道推進工事のエキスパートであるはずの多田建設さんですが、日本赤十字病院の移転先に伸ばす福島市水道局の国道4号線を横断する水道管の地下推進工事をことも簡単に断っていたことが日本赤十字病院関係者から聞こえて来ました。
日本赤十字福島病院は建物の老朽化と厚生省の病院設置基準をクリアーするために現在の入江町から国道4号線を横断し東側に約500メートル先に移転しますが、住宅地に移転するため300床の救急指定病院用を保管する大型水道管が敷設されていない為、天下の国道4号線の道路下に開削工事でなく地下推進工事で横断させる工事が計画されました。技術レベルが求められる為、推進工事のスペシャリストの多田建設に技術提案等の助けを求めることになりました。ところが、忙しいということで簡単に断ったと福島市役所の工事担当技術者間で話題にあがっています。技術で地域社会に貢献とか常々言っていますが、これが金の多田社長の本音なんですよね。
親の目にかなわなかった婿養子さん!と陰で笑われていますよ。
(投稿ネーム:福島県建設業協会)
—————————————-—————————————-—————————————-————
「無い袖は振れない」という諺がありますが、この話の結論としては実力が無いから引き受けられない、ということに尽きると思います。社長が変わってからは、多田建設さんという組織の中にそういった技術的な厚みは全く存在しないんですね。婿養子が社長になってから、どんどん墜落していく会社の典型となっています。みなさん、社長交代の際はこうならないように注意してくださいね。
<「投稿サイト」編集部>

復興庁補助金申請書類をお隣町からコピペ・ねつ造した伊達市執行部

伊達市では復興庁の子供ふるさと交付金を活用して、お隣の桑折町と同じ温泉プール建設工事を開始しました。
復興庁への補助金申請にあたり、同市執行部は、同じ室内プールであることや建設規定が似通っていることなどを理由に、担当する伊達市の課長職員が桑折町へ出向きコピぺまがいの「ねつ造」書類を作成し、提出期限に間に合わせて復興庁に提出していたことが伊達市議会で明らかとなりました。
復興庁への補助金申請書類とは、いうまでもなく上部官庁に提出する公正文書です。それを「ねつ造」して、補助金を搾取したわけですから、役所ぐるみで大罪を犯したと言えます。行政について全く分からない仁志田市長の指示でなかったとすれば、いったい誰の指示でお隣町に担当課長を派遣したんですかね?実務最高責任者の鴫原貞夫副市長さん!!
(投稿ネーム:コピペは佐野氏に学べ)
—————————————-—————————————-—————————————-————「コピペ」というと響きがやわらかいですが、公文書となれば話は別です。仰せの通り、文書偽造は立派な犯罪行為であり、法に基づき当事者および命令権者である執行部は、厳しく罰せられなければなりません。役所の事務方であれば、文書作成が一番の仕事のはず。住民サービス向上のために、いかに質の高い申請書に仕上げるか、それこそ手腕が問われる部分ではないでしょうか?桑折町の職員にできて、伊達市にできないことはないですよね?議員さん方、この問題はしっかり追及してくださいね!
<「投稿サイト」編集部>