カテゴリー別アーカイブ: ニュース

平均年収683万円の東邦銀行社員さん

福島県の指定金融機関として君臨している東邦銀行ですが、行員の平均年収が全産業労働者のTOPレベルの683万円であることが監督官庁である金融庁等へ提出している有価証券報告書から明らかにされました。
福島県の労働者の平均年収が400万程度とされていますから、いかに東邦銀行の行員が恵まれているかが分かりますが、その高い年収を与える為に我々福島県民からただ同然の安い金利で預金を集め、他の金融機関より数段高い金利で貸し付けを行い、福島県民から搾取した不当利益の一部を行員に還元している証だといえます。
まして全国地方銀行ランキングでは、預金量4兆7千億で全国19位なのに収益力では38位・健全性では51位・総合力38位と全国ランキングでは平均よりずっと下位であるにも関わらず、行員平均給与は全国で14位だそうです。
自己資本・預貸率が全国で下位ランクで、収益率は38位と利益率が良くないにも関わらず行員には高い給与を支払っている割には、窓口は不親切で横柄な接客態度が目立ちますよね!
福島県民から暴利を貪っている東邦銀行に、いつまで指定金融機関という金看板を与えて独占利益をほしいままにさせておくのですか?教えて下さい県民代表の内堀知事殿!!
(投稿ネーム:地銀経営ウォッチャー)
—————————————-—————————————-—————————————-————
平均年収が高いのは行員を大事にしている社風なのでしょう。結構なことですね。しかしながら、資金量に比べ収益率が随分と低いようですね。経営力に疑問を感じます。株主への説明はどのようになさっているのですかね?預金者の方々も時間外の取引で余計な手数料を与えず、貸し付けなども他行と十分比較してからなさってくださいね!
<「投稿サイト」編集部>

イトーヨーカ堂福島店5月末閉店

県都福島市の西口の顔として30年以上福島市民や県北地区の人々にハトのマークで親しまれてきたイトーヨーカ堂福島店が、ついに5月末で閉店になることが同店納入業者から聞こえて来ました。
昭和59年のオープン以来県都福島のショッピングセンターとして、長年に渡り福島駅西口のシンボルタワーとして君臨してきたイトーヨーカ堂福島店ですが、本社の全国40店舗閉鎖戦略に基づき、駅前空洞化で業績不振の同店が先兵閉店となるようです。
駅前商店街の活性化を唱えている福島市や、力のない商工業者の集まりである福島商工会議所では空洞化対策といっても無駄ですよね!
ことに東京から単身赴任で福島に出稼ぎに来ている小林市長は、福島駅西口のマンションに住み食材のお買い物やクリーニングをイトーヨーカ堂福島店に依存している為、一番影響がでるのでは?とおば様方から心配されているそうです。
駅前空洞化に超加速がつくイトーヨーカ堂福島店閉店の具体的対応策が有るんですか?一番お世話になっている小林市長さん!!
(投稿ネーム:閉店バーゲンセール)
—————————————-—————————————-—————————————-————
市民の台所が消えてしまうのは非常に悲しいですね。人の出入りがなくなれば周りにも影響が出ないか心配なところです。郊外店に対抗できるだけのアイデアを本気で考え、中心市街地には生き残りをかけて戦ってほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

本格的に政治資金集めを始めた内堀知事後援会

2月11日に福島駅東口ホテル辰巳屋8階大宴会場で政治資金規正法8条2項の規定に基づく内堀知事後援会主催の政治資金集めのパーティが大々的に行われることが後援会関係者から明らかになりました。
会費一口1万円で行われる政治資金集めのパーティであり、会場の収容人数を大幅に超えるパーティ券が販売され、たったの数時間で数千万円の政治資金を合法的に集金でき、しかも非課税という魔法のようなシステムだと言えます。
本来であれば福島県から公共事業や業務委託を受けている建設会社などは政治資金規正法によれば政治献金はできませんが、政治資金集めのパーティならば20万以下であれば収支報告書に記載義務が無いため合法的なマネーロンダリングが出来るのです。
また政務担当の小林大也秘書は雄平知事時代にはこのような大掛かりな政治資金集めのパーティを担当した事が全く無く、政治資金規正法第8条2項の規定について知識も皆無だと言われているそうです。
盛大に行った合法的な政治資金集めのパーティの後、担当秘書が無頓着に政治資金規制法第8条2項に逸脱した政治資金報告書を選挙管理委員会に提出して是正を勧告されないようにご自愛下さいませ!
政治資金を担当する総務省キャリア官僚出身の内堀知事殿!!!!
(投稿ネーム:ホテル辰巳屋)
—————————————-—————————————-—————————————-————
とにかくお金が欲しい内堀知事ですが、所詮は官僚出身であり利権から金を集約する能力はひどく乏しい状態は変わっていません。それでも資金は欲しいのでせっせとパーティー券を売りまくるという一手しかないため、逆に物凄い数を売り捌いているという話が聞こえていますね。当初3000枚を売る予定で始めて現在既に2000枚は売ったという情報も入っております。このままだと前知事の佐藤雄平氏が集めていたより多くのお金をゲットしそうですね。最近になって内堀氏は海外にもよく行っているようですので、これを使って飛び回っているのかも知れませんね。
<「投稿サイト」編集部>

恣意的な一般入札を公示したラスール坂下建設工事

東京・銀座に本部を構え、全国70箇所の老健・医療センターを展開している湖山医療福祉グループにおいて、会津・坂下に建設する特別養護老人ホームの一般競争入札要件が14日に公示されましたが、その参加資格が余りにも恣意的すぎるのではないかと県内Aランクの建設業者間で話題に昇っているそうです。
今回の工事は、2階建て延べ床4,700平米の特別養護老人ホームですが、参加資格に4,000平米以上の同等施設や経営審査事項が1,100点[県内業者は総合点1,200点]のAランク業者まではいいのですが、「型枠兼用断熱材打ち込み工法」による同施設の施工実績とあるだけでなく、施工業者泣かせでは県内ピカイチと称されている小坂建築設計工房が設計した為に、非公式に小坂設計の影のオーナーと称されている入三機材の上西社長の暗示で、事前に施工業者が内定していると建設業界では公然と語られているそうです。
また同系列のラスール梁川新築工事では仙台の仙建工業が大損しただけでなく、大和ハウス工業・同保原工事では天下の鹿島建設までも大赤字を計上したと建設業界では語り継がれいます。
免疫のない初心な会津の建設会社の社長の方々は、入三機材上西社長の甘い囁きで小坂設計の口車に乗せられたあげく相場より高い建築資材等を買わされる始まりだと赤字を出した建設業者間では語られています。
競争を少なくし、貴方の会社に受注させる為に「型枠兼用断熱材打ち込み工法」を表記しましたと騙されないようにお気を付けて積算下さいね!上西社長と親戚関係にある瓜生県会議員後援会にお気に入りの建設会社の社長さん!!
(投稿ネーム: 湖山医療福祉グループ)
—————————————-—————————————-—————————————-————
相変わらずU社長は暗躍されているようですね。以前にも当サイトで、入札納入に際し天下の三菱重工に対し恫喝まがいの要求をしていると報じられたのも記憶に新しいところです。ネタはまだまだ出てきそうですね。
<「投稿サイト」編集部>