カテゴリー別アーカイブ: ニュース

前常務の自殺をひた隠しにしている日東産業

福島市並びに県北地区の産業廃棄物や一般廃棄物の運搬収集で、業界のドンとして睨みを利かしていた日東産業の占部前常務の死因がなんと自殺であったことが、業界団体の福島市環境サービス協業組合関係者から飛び込ん来ました。
日東産業の占部家は九州から郷野目にある日東紡の菜種油絞りからくみ取り・ゴミ運搬収集で巨万の富を蓄財した一族として知られていますが、その裏ではマフィア以上の業者間のヤミカルテルや福島市環境課と談合行政で一般廃棄物運搬収集「楽市楽座」を作り、新規参入業者を認めさせない胴元として君臨していたのが占部常務だと業界では語られています。
もっとも、業者間談合の宴席・飲酒が祟って高度の重篤な糖尿病患者であった為に夜の飲食は控えるように医師からの指導は受けていたそうです。談合の副作用で自殺した常務だから社葬を行わなかったんですかね。日東産業の若社長さん!!
(投稿:福島市環境サービス協業組合)
—————————————–
まずは、故人のご冥福をお祈り申し上げます。不適切な業者間のやり取りや談合などがあったのか気になるところではあります。
<「投稿サイト」編集部>

都市計画法の用途変更が認められない高子駅都市区画整理事業

伊達市仁志田市長の退職功労金を作り出す為と言われている高子駅北地区に300戸住宅を建設する区画整理事業ですが、市街化調整区域の第1種農地の為に、都市計画法の用途変更や農地法の農地転用許可といった、許認可で決定権を持つ福島県との事務協議が出来ずに、暗礁に乗り上げていることが開発事業者のパナホームから聞こえて来ました。
元々高子駅前住宅団地建設構想は、仁志田市長親衛隊の松浦建工所が伊達市の補助を受けて企画しましたが、資金不足で断念したために、パナホームを事業施工者に祭り立て、都市計画法上の許認可者である内堀県政側が仁志田市長に対して報復を込めて都市計画法上の用途変更は認めないとし、鴫原副市長を更迭・解任後、福島県から副市長・財務部長の幹部職員を招聘しない限りは事務協議に応じないとしているそうです。
同じ東大でも工学部と経済学部では雲泥の差がおることさえ解らない仁志田市長には都市計画法・農地法の役所協議手続きなど出来ませんよね。鴫原副市長に丸投げしか出来ない仁志田市長さん!!
(投稿ネーム:福島県都市計画課)
—————————————–
このような基本的な行政間の協議ができていないとは、事務方を束ねる副市長はもとより、伊達市にはまともなブレーンがいないんですかね?
<「投稿サイト」編集部>

連帯保証債務が経営の重しになっている斉藤運輸工業

原子力災害で数億円の営業賠償補償金を受け取った飯館村の斉藤運輸運輸工業ですが、解任された前社長が取引業者に対して行った数億円の連帯保証債務が、大きく財務基盤の毀損をしていることがメインバンクの七十七銀行本店から聞こえて来ました。
この本業に関係のない数億円の連帯保証債務は、前任の斉藤社長が大口解体工事を受注する見返りに取引業者の資金繰りのために行った保証債務である為に、取引先が経営破たんすれば連帯保証人の斉藤運輸工業が全額支払わなくてはいけない隠れ債務だと七十七銀行は経営指導しているそうです。
多額の賠償補償金を東電からせしめた斉藤運輸工業ですが、重機などへ設備投資をしないで貸し倒れ引き当てを積み増しするなどして将来の銀行からの取り立てに備えるべきでありませんかね?後任の斉藤社長さん!!
(投稿ネーム:七十七銀行監査部)
—————————————–
他人の連帯保証で自滅するのはよくある話でしょうが、読みが甘い経営者を持った従業員もお気の毒ですね。せっかくの補償金も水の泡なんでしょうかね。
<「投稿サイト」編集部>

除染の終了とともに「解雇」で弾き出される末端労働者

県内の市町村の住宅除染をほぼ完了させた除染作業ですが、その反動で3次4次といった末端除染作業員が除染の終了とともに雇用会社から一方的に解雇を通告され雇用トラブルが多発していることが労働基準監督署から聞こえて来ました。
労働基準法では、労働者を解雇する場合には30日まえに解雇を通告するか、30日分の賃金を支払うことが義務づけられていますが、3次4次の末端下請け作業員達は日雇いに近い雇用契約がほとんどで、除染作業が終了すれば事実上解雇が訪れると言われています。
末端の作業員は虫けらのごとくこき使われたあげく、雇用保険にも加入していない為失業手当もないそうです。元受だけが莫大な利益を生み出して、高級レクサスを乗り回したり、億の退職功労金を支払ってるっておかしいと思いませんか?建設業協会会員の社長さん!
(投稿ネーム:環境省福島再生事務所)
—————————————–
口約束や雇用契約書の不備に加え、労災未加入など法令違反も散見されるようですが、働く側も事前確認はしなかったのでしょうかね。自分の身は自分で守るのが鉄則ですからね。
<「投稿サイト」編集部>

福島交通本社バス置き場の売却を進めようとしている「みちのりHD」

会社更生法を申請して経営破たんした福島交通を買いとったインベスト法人の「みちのりホールディングス(HD)」ですが、福島競馬場の東側にある本社並びにバス置き場を売却して経営に投資した資金の回収に走っていることが親会社のみちのりHDから聞こえて来ました。
みちのりHDといえば福島交通だけでなく会津乗合交通始め茨城交通や岩手県北交通のオーナーとして知られていますが、補助金が得られる路線バスしか営業する気がないだけでなく、街中に広大な敷地を寝かせている福島交通本社敷地は速やかに売却し換金することが投資ファンドだと解釈しているそうです。
会社って地域社会や住民のものでなく株式を保有している株主の、単なる法人格なんですよね?みちのりホルディングスさん!!
(投稿ネーム:経営共創基盤CEO)
—————————————–
国内のバス会社の約7割が赤字経営だそうですから、よほど知恵を絞らないと採算をとるのは難しい業界でしょうね。路線バスは交通手段を持たない子供やお年寄りにとって地域交通の頼み綱ですから、不採算路線といえど経営を工夫してしっかり守ってほしいですね。
<「投稿サイト」編集部>

青木先生の遊興費を支払わされている小坂設計

青木前県議会副議長のご加護のもとで快進撃を続けている福島市の小坂設計さんですが、夜になると青木先生からのお呼び出しが掛り夜間特別営業補修授業を高い授業料を支払って受講していることが繁華街のママから聞こえて来ました。1級建築士の資格を数十年前に取得し民間建築設計実績は豊富だと設計業界では言われている小坂設計さんですが、市町村や県などの設計実績が乏しいと言われている為に県議会随一の建設族と称えられている青木先生に弟子入りを決め込んでいるようです。その授業料たるや、1級建築士の資格取得のために通う日建学院の数倍もかかっているとか!それで官庁設計入札参加資格を取得しているんですよね小坂設計さん!!
(投稿ネーム:チャイニーズママ)
—————————————–
青木先生へは利権がらみの露骨な夜の接待が続いているようですね。潤うのはお店のママばかり。困ったものです。
<「投稿サイト」編集部>

談合破りで急成長の根本建設工業

▽メッセージ本文:
白沢村から桑折町に出稼ぎに出てきて県北地区の建設会社の下請けで財を成してきた根本建設工業ですが、元受業者以上の施工重機の保有台数はじめ、施工者からの管理技術者のスカウトにより元受業者を出し抜いて「札潜り」商法で受注額も急拡大し、建設業界の暴れ者として今までの元受建設業者から睨まれていることが仕事を奪われた建設業者から悲鳴とともに聞こえて来ました。
また下請けから成長してきた先代社長は、武内建設や秋葉工業はじめ地元の安細組を倒産させた仕掛け人と言われていますが、その息子さんの専務・常務さん方は親父以上に「恩を仇で返す」商法で多田建設始め小林土木や小野工業のシャバ荒らしで元受実績を確実に増やしているそうです。
下請けに後ろから「弓を引かれる」なんて舐められたもんですね、建設業協会県北支部の会員さん!!
(投稿ネーム:建設業協会県北支部)
—————————————–
まさに仁義なき闘いの様相ですね。力ずくでのし上がるタイプなんでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

後継者選びが始まった川俣町長

昨年12月脳梗塞で日本赤十字病院に入院してから1日たりとも川俣町役場に登庁していない古川川俣町長ですが、来月からの登庁というプレス発表があり、リハビリ入院先の北福島医療センター関係者によりますと、左腕のマヒ並びに歩行障害などがあり、激務と言われている町長職に対しては懐疑的な見解をしているそうです。
また幹部町職員からはポスト古川を模索すべきだとい意見も日増しに多くなり、現状では地元選出の佐藤金正県議はじめ、古川親衛隊長と目されている前総務課長の高橋町議などを中心に水面下で選考レースが進められているそうです。
5か月以上も町政に穴を開けても、給与を堂々と頂いている古川町長ってただ飯食らいの穀つぶし政治家なんですか?古川川俣町長さん!
(投稿ネーム:古川道郎後援会)
—————————————–
当初の話では、年度内には進退を決めはずでしたよね?山木屋地区の避難指示解除の問題も塩漬けにされ、住民との話し合いも煮詰まっていないようです。病気とはいえ、あまりに無責任ではありませんかね。
<「投稿サイト」編集部>

大成建設のOBだった東洋建設小野社長

青木稔前県議会副議長の新興タニマチ企業に建売住宅建築業者から伸し上がって来たいわき市小名浜の東洋建設の小野社長ですが、元々は青木大先生のろ過機の総本山である大手ゼネコン大成建設の技術者であったことがいわきの建設業界から聞こえて来ました。
大成建設を経て建築技術を学んだ小野社長が建売住宅メーカーとして設立した東洋ハウスですが、震災のどさくさ対応の中で「仮設木造住宅」受注で元受業者としての「甘い汁」を覚えてからは、青木稔大先生の葵のご門を活用して福島県土木部住宅建築課やいわき土木事務所に「恫喝」営業を繰り返し、建売住宅屋から一端の建築元受業者に成り上がり「買取型災害公営住宅建設工事」では青木親衛隊の福島市にある小坂建築設計と共同企業体と組み、並みいる先輩企業を出し抜いて元受契約を達成したと地元業界では皮肉たっぷりに語られている有様だそうです。
青木先生の「葵のご門」って水戸黄門様より多大なるご利益があるようですね?大成建設OBの小野社長さん」!!
(投稿ネーム:大成建設OB会)
—————————————–
葵の印籠は効果抜群のようですね。袖の下のシステムが気になるところです。
<「投稿サイト」編集部>

舅の後を継げと言われている小林大也政務秘書

内堀県知事の政務秘書を務めている小林大也氏が、奥様のお父上である故山口博次西会津町長の葬儀喪主役を奥様に代わって婿であるにもかかわらず盛大に務めあげたことから、旧渡部恒三代議士の古参後援会幹部から「舅の意志を継いで西会津に戻れ」という陳情がなされていることが関係者から聞こえて来ました。
小林政務秘書は元々佐藤雄平前知事の後援会担当私設秘書として政治学の健闘をしていただけでなく、旧昭和村小林村長の次男であり、渡部恒三代議士一門のサラブレットとして政界デビューした経緯があるだけに、恒三代議士一門のホームグランドである西会津から山口博次元町長の正統なる跡継ぎとしてデビューさせるべきという声が舅の葬儀を契機として盛り上ってきたと言われています。
渡部恒三代議士一門なら小熊代議士に代わって会津から赤じゅうたんを目指すべきでありませんか小林大也政務秘書殿!!
(投稿ネーム:渡部恒三後援会)
—————————————–
県政の政務秘書は荷が重いようですから、支援者がいる婿入り先でご活躍された方がいいのかもしれませんね。
<「投稿サイト」編集部>

平均年収688万円の福島県職員

平成26年度の全国公務員ベスト500自治体が公表され、何と我が福島県職員の平均給与が688万円と発表されただけでなく、全国ベスト44位にランキングされていることが全国公務員給与ランキングを作成した東洋経済社から公開されました。
この結果福島県の指定金融機関である東邦銀行の平均給与よりも幾らか高い給与を福島県職員は頂いていますが、県内の市町村職員給与を出し抜いて堂々第一位に輝き、県内労働者の平均年収400万円からみると7割以上の高給取りであると言えます。
高い給与を支払うことが悪いと言いませんが、県内の労働者の平均給与の7割も高い年収を支払うことは県民が支払っている税金が県職員の給与にすべて消えてしまっているのと違いませんかね。
地方自治体を統括する総務省から派遣で出稼ぎにいらしている内堀知事さん教えて下さいね!!
(投稿ネーム:全国公務員給与ランキング)
—————————————–
給与に見合っただけの仕事をしてくれれば納得もできますが、人口減少へのかじ取りや復興の立ち遅れなどを見ると、払い過ぎの感は否めませんね。県職員の能力の問題なのか、知事の統率力が低いのかわかりませんがね。
<「投稿サイト」編集部>

レクサストラクターを売りつけていると暴露されたJAグループ

世界で一番生産コストが割高だと言われている日本の農産物ですが、原価を計算してみると、不必要なグレードの高い農機具やホームセンターより3割から4割も高い農薬などを使用しているからだと自民党農林部会長の小泉進次郎代議士から暴露されていたことが明らかになりました。
関税・自由貿易を促進するために17兆円の補助金が農協経由で全国にぶちまかれた為に、使いもしない「エアコン付きフルオーディオ」標準装備の高級車レクサスより高いトラクターや、営農集団化事業という名目で公取委から談合と認定されたライスセンター建設工事、作付する農家のいない土地改良事業など、補助金に群がった建設会社や農機具メーカーがJA農協幹部にご接待や贈賄を繰り返し「農家に売りつけ」ピンハネ商売で借金漬けにしたと暴露されたようです。
農協グループの総本山の農協5連会長さんて、幾ら農機具や農薬業者・ライスセンター建設業者から「袖の下」を貰らったのですか?大橋信夫JA農協5連会長さん!!
(投稿ネーム:自民党農林部会長)
—————————————–
晴れた日に傘を売りつけ、雨が降れば取り上げるような、あこぎな商売に見えますね。
<「投稿サイト」編集部>

高級クラブでアルバイトをしていた名家のご令嬢様

絹織物で栄華を極め、旦那衆文化が今でも継承されている川俣町の名家のご令嬢様が、大学生時代に福島市内で紳士のおじさま方の社交場とされている高級クラブ「赤煉瓦」で卒業旅行代を稼ぐためにアルバイトしていたことが紳士の叔父様方から聞こえて来ました。そのご令嬢さまとは、祖父と同じ福島大学旧教育学部卒の才媛で、祖父は大学卒業後川俣高校の保健体育の教員をしていましたが、教え子の女子学生と恋に落ちて銘家の工務店に婿養子に入って川俣一の建設会社に同社を育て上げた名経営者ですが、夜の世界では社交界のエンターティナーとして浮名を流した紳士だったそうですから、そのお孫さんのご令嬢様が高級クラブでアルバイトをしていても遺伝だろうと、業界では公然化されていたそうです。
地縁・血縁の強い建設業界では銘家のお嬢様ということで、たちまち売れっ子ホステスに成長して人気ものになり、先輩お姉さま方の妬みさえかったそうです。
これから公共工事が激減していく建設業協会ですから、才覚のあるお孫さんにオーナーママとして新規事業展開をされては如何ですかね?億の退職功労金を頂いていた哲ちゃん会長さん!!
(投稿ネーム:クラブ赤煉瓦)
—————————————–
職業選択は自由ですが、名家となると世間の目も厳しいものです。立ち居振る舞いにはご注意あれ。
<「投稿サイト」編集部>

森藤建設に土下座を求めている鴫原副市長

伊達市発注の道路側溝除染を受託して未施工問題で一年間の指名停止を受けていた伊達市除染組合ですが、この度伊達市からの指名停止の行政処分が解除されたようです。
それと同時に新年度のため池・道路除染の業務委託をネタに伊達城大老兼業者指名選定委員長の鴫原副市長が高圧的な動きをみせています。
鴫原大老は、伊達市除染組合の利根川会長に対して、以前記者会見でも話題に出した未施工業者側である森藤建設に「落し前・懺悔」として「土下座」をさせろ!!と要求していることが伊達市除染組合の幹部・副組合長レベルから聞こえてまいりました。
新規の除染作業の受注が喉から手が出るほど欲しくて仕方ないのはどの業者も同じですが、森藤建設に土下座をさせるという鴫原副市長からの宿題を、除染組合がなんとかするのは絶望的だろうと言われています。もともと利根川組合長と幹部の関係もギクシャクしているような状態だからです。土下座をするならやはり伊達市除染組合会長さん御自ら、ではありませんかね利根川さん!!
(投稿ネーム:伊達市除染組合会長)
—————————————–
それにしても鴫原さんという人はしょうがないですね。女性と不倫したり、金と権力をネタに人を屈服させる事だけが楽しみで生きているようです。伊達市はいつまでこんな人間を放置しておくのでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

Fクラス大学認定を受けている東日本国際大学

大手進学塾の河合塾が入学偏差値を基準にした格付の中で「最下位」として評価の対象にならない名前だけの大学にいわき市にある東日本国際大学はじめ県都にある福島学院大学等が、いわゆるFランク大学として認定されていることが進学関係者から明らかにされました。
大学卒業の証として「学士」としての認定を受ける大学卒業資格ですが、これらのFランク大学卒業者には連立式すら解けない学生始め、到底中学卒業レベルの学生が多数と言われているために、卒業しても非正規労働者になるのが当たり前と言われているだけでなく、新卒の高卒よりも能力が欠けていると言われているそうです。
4年間に数百万の授業料を支払い、3流学者教授陣に満足な「学問」といえる教養知識も学ばず卒業資格だけが与えらる為、保護者・父兄からは学歴詐欺商売だと罵られている有様だそうです。
元々の学力のない学生諸君に大卒という資格だけ欲しくて大学進学して「4年間」を無意味で過ごし、非正規労働者に就職するなら何の為に大学って在るんですかね?
教えて下さい早稲田大学教授を定年退職して東日本国際大学学長に就任したエジプト考古学の吉村大先生!!
(投稿ネーム:河合塾入試センター )
—————————————–
医学部生に高校生物の補習を行ったり、理系学部で高校数学の補習を行うなど、国立大学ですら基礎学力の低下に悩んでいるようです。ましてや地方の競争率の低い大学などは、学生のレベルも大変な状況でしょうね。バカ高い私立大の授業料を払うなら、就職に直結する専門学校の方が費用対効果はいいでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

公正取引委員会から「優越的地位の乱用」と警告を受けたJAグループ

全国の農家の頂点に立っているJA農協グループが、談合摘発頂点の公正取引委員会から独占禁止法で禁止している「優越地位の乱用」に該当する取引を継続的に行っているとして、お上より行政指導を受けていたことが大手マスコミの日経新聞等により明らかにされました。
公正取引委員会によりますと、農協の独占的優越な立場を利用して融資の見返りに農協から農業資材をホームセンターより2割以上高い値段にも拘らず購入させる取引を行うことは、独占禁止禁止法が禁じている「優越的地位の乱用」にあたると解釈しているそうです。
しかし、農協が融資や一括買い上げ制度を禁止するとなれば、全国で行っている農協ビジネスモデルが独禁法違反となり商売が成り立たなくなるでけでなく、農協自体が成立しなくなると言えます。いよいよ補助金ごく潰しで生産性の悪い農協グループ解体に向けてお上が舵をきったと言えます。
そのお上の自民党参議院議員立候補者の集会で、農業者政治連盟の会長として祝辞を堂々と演じている大橋信夫農協5連会長は、農民を喰い潰して生活している寄生虫集団の総本山だと言えますよね?大橋信夫会長さん!!
(投稿ネーム:公取委JA監視班)
—————————————–
公取委の発表によりますと、JAの強制行為に対しては、全国の農家から多数の苦情が寄せられてきているそうですね。原因の一つとしてJA側に独禁法違反に関する認識の甘さが指摘されているようです。時代遅れで旧態依然としている組織には大きなメスを入れてほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

仮設災害公営住宅からもミカジメを取っていた青木稔先生

いわき市の影の市長として表の清水敏男市長よりも大変実入りが良いと県議会議員控え室で噂が絶えない
青木前副議長ですが、震災対応のどさくさに紛れ込んで直参の小名浜にある東洋建設[旧社名 東洋ハウス]
に木造災害仮設住宅を受注させて選挙関連資金を調達していたことが当時の関係者から聞こえて来ました。
元々東洋建設は、いわき市や茨城で建売住宅メーカーとして営業していた新興建設会社でしたが、いわき市の建設族のドンと言われている青木先生のタニマチ企業に仲間入りするや、どさくさまぎれで災害仮設住宅を受注して官庁工事実績をつけました。
そしてすかさず住宅メーカーから社名変更までして青木直参企業に大成長し、買取型災害公営住宅工事を新参企業にも関わらず受注したのです。
地元の地域テリトリーを逸脱して殴り込んできた企業なのに勝っているのだから青木銘柄に違いないと周囲からは言われているようです。
震災復興という大義名分で暴利を貪っているところをみると、政治家でなく実業家が本業なんですね青木先生!
(投稿ネーム:東洋ハウス)
—————————————–
ここまで露骨にいわき市を食い物にしているのに誰も青木さんを止められないのだからひどいものです。
<「投稿サイト」編集部>

法人事業税激減に見舞われている伊達市財政とは

3月1日のJAみらい福島の誕生で伊達市の最大優良企業兼仁志田市長の最大支援企業であったJA伊達みらいを失った伊達市ですが、福島県からの財務部長派遣を拒否され、地方税の大口の納税者でもあったJA伊達みらいが納税していた法人事業税等が無くなる為、大幅な歳入不足に見舞われることが判明しました。
起債発行も福島県から拒絶されることで、歳入不足による行政サービス低下が避けれないことが決定的であると財政当局からも漏れ伝わって来ています。鴫原副市長の不倫問題が有名になりすぎて福島県執行部とベルリンの壁以上の見えない壁が生じている伊達市でしたが遂に歳入不足という副作用が生じ、市民への公共サービスの低下という難問がやってきた訳です。
 鴫原副市長の不倫を見過ごしたことが引き金になって、公共サービスの低下による介護支援事業の縮小を避けられなくしている暴君以上の暗君に成長したみたいですね、鴫原副市長を更迭出来ない仁志田市長さん!!
(投稿ネーム:伊達市財政課)
—————————————–
仁志田市政がどんどん悪化させている伊達市の財政事情ですが、このような状況になってもまだ、私腹を肥やす事しか考えないのだから、確かに暴君というよりは暗君・愚君という類でしょう。市役所の職員の中にも「いくら真面目に働いても上が犯罪者なんだからしょうがないや。」と言っている風潮もあると、聞き及んでいる昨今です。
<「投稿サイト」編集部>

あっせん利得収賄処罰法に該当する佐藤実市議

民進党福島県連事務局長で伊達市市議会常任委員長をも兼ねている佐藤実市議会議員ですが、公職という立場をフルに活用して職務権限を行使し、伊達市幹部職員に伊達市発注の公共工事を御友人の建設業者や建設資材業者が受注出来るようにお口添えしていただけでなく、経済的見返りの享受を受けていたことが漏れ伝わって来ました。佐藤実市議は地元金子徳之介代議士の私設田の草取り秘書から政界デビュー後、紐付日本一と言われている田畑設計で「スペックイン」作業の研修をしてきましたから無知な伊達市職員を誑かすことなど朝飯前なのです。
そして師匠である要先生と共謀の上、業者からの口利き依頼を受けるのが正しい市議会議員としての活動だと確信しているようだと市議会関係者からは囁かれているそうです。
定例市議会には欠席があっても口利き依頼・請託をお願いする部課長には欠席なしで市役所に出勤なさっているんですよね佐藤実常任委員長先生!!
(投稿ネーム:内閣法制局)
—————————————–
商売熱心な佐藤実市議ですが、商売をするのが市議の仕事ではないんだよ、と誰かが諭してあげるよりも先に、お縄をちょうだいする事になってしまいそうですね。
<「投稿サイト」編集部>

幹部人材招聘を拒否していた内堀県政執行部

5町が合併して成立した伊達市ですが、遂に伊達市発足依頼監督官庁の福島県から派遣されたいた予算執行の要となる財政部長の出向が平成27度末で終了し4月の新年度からは招聘人事が行われず、プロパーの鴫原副市長の親衛隊長の田中財政課長の昇格で内堀県知事執行部から完全に見捨てられたことが、3月末で退職した県幹部職員から明らかさにされました。
自己財源が豊かな市町村なら招聘人事などいりませんが、高齢化と少子化で自主財源の乏しい自治体ほど県が国から頂いてくる来る補助金・交付金を「我田引水」するための人質として県職員の招聘を行っているものです。
ところが財政の乏しい伊達市に福島県から財政部長が派遣されず県から補助金・交付金をあげませんと宣告されたのと同じ状況になっているので、これはもう伊達市は終わったな、と近隣町村長は囁いて要るそうです。東大工学部機械卒で行政機構などには無頓着な仁志田市長ですから実務TOPの鴫原副市長にすべてを掌握されているのでしょうが、鴫原副市長の不倫・愛人問題の隠蔽のために補助金を運んでくる「県職員招聘」の機会まで失ってしまったと言えます。補助金抜きで伊達市の運営って出来るんですか?鴫原スケベ副市長さん!!!
(投稿ネーム:福島県人事課)
—————————————–
伊達市内でお山の大将のようにのさばることにしか興味のない仁志田市長とスケベ副市長さんですから、県との関係なんかに興味は全然持てないのでしょうが、そのしわ寄せは必ず市民に来るのですから、今後只事では済まないでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>