カテゴリー別アーカイブ: ニュース

無資格者に大型解体重機を運転させている根本産業

市街化調整区域に建築工作物を堂々と不法事務所を無許可で建築して、解体工事・産業廃棄物処理業を日常的かつ恒常的に行っている根本産業ですが、本業の解体工事現場で労働安全衛生法に違反して大型油圧ショベルをブレーカー資格や油圧破砕機の資格を取得していない重機オペレーターに会社業務命令として運転させていたことが、解体業者の全国団体から聞こえて来ました。
また解体業者にも関わらず6月から施行される改正建設業法対策がされていないことから、解体工事の建設業許可が取得できないのでは囁かれているそうです。
解体工事施工管理者を解体工事現場に専任で配置しないで、全うな建設業に定めた解体工事を施工出来るんですかね、根本産業さん!!
(投稿ネーム:福島県解体工事業協会)
—————————————–
経営者が無自覚では困りますが、無資格だと問題は大きいですね。事故が起きてからでは遅いですから、悪徳業者には抜き打ち検査でもして対処してほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

商業施設開発業者から袖の下を貰っていた仁志田市長

スペイン・マドリッドで開かれるIAEA総会にわざわざドイツでトランジット観光旅行経由で、1週間も市役所公務員の随行員を連れて大名旅行に出かける伊達市の仁志田市長ですが、時同じくして伊達市上保原字正地内に建設予定の大手商業施設開発業者からの農地転用許可や、伊達市からの付け替え道路の開発指導便宜を前提としての「袖の下」とも受け取られるご餞別をいただいていたことが開発プロデュースしている専門業者から聞こえて来ました。
商業施設を企画プロデュースする経費を過大に見積もり、地権者同意取得費やショッピングモール基本設計費の名目で外注費で迂回して「海外旅行ご餞別」でわたしても、仁志田市長の職務権限である農地転用許可始め伊達市開発要綱に基づく行政指導便宜を目的とした名目を変えた「ワイロ」はワイロと解釈すべきですよね、平野県警刑事部長殿!!
(投稿ネーム:大和ハウスグループ)
—————————————–
市長の専権事項をフルに活かした手口なんでしょうかね。小遣い稼ぎに余念がないようですね。
<「投稿サイト」編集部>

ハレンチな疑惑がある井上建材の順社長

仁志田市長の筆頭御用商人が会長を務めている保原工業団地内にある井上建材の監理技術者・代表取締役を務めている井上順社長にかつて婦女子にいかがわしいことをした経歴があるらしいとの噂が出身地の伊達市保原町富成地区住民の間で囁かれています。
井上順社長は旧富成村の故井上一郎先生のご子息として井上要ちゃんの番頭として要のチーママを務めていましたが、どうも脛にきずのある経歴のせいで要ちゃんから飼い殺しされる人生を送るしかないというのです。その経歴がどうも、建設業法に定める欠格要件に該当する刑事事案レベルなんじゃないかという話にもなっています。そうなると、井上建材代表取締役と務めている社長を伊達市発注の土木工事を数年間に渡って受注させることって道義的に問題は生じないんでしょうかね?庁内部下と失楽園を演じていた鴫原業者指名選定委員長さん!
(投稿ネーム:富成地区自治協議会)
—————————————–
副市長は庁内不倫を堂々とやり、代表的な建設会社の社長はハレンチ疑惑があり、伊達市の中枢にはろくな人間がいないようですね。
<「投稿サイト」編集部>

不渡り手形を2回出していたとやの福祉会

前福島市議会議員の田畝が理事長を務めていたとやの福祉会ですが、5月中に1億数千万と数千万円の不渡りを起こして、銀行取引停止処分という倒産状態に陥っていることが金融機関から聞こえて来ました。
本来特別養護老人ホームや幼稚園を経営しているとやの福祉会には県や市から数億円の運営補助金が支払われていますから本業で倒産はしないのですが、前市議会議員の田畝氏が土地取引の個人的負債をとやの福祉会に付け替えした為に、資金ショートして倒産したと言われています。倒産した老人ホームの入居者は一体どこの施設に入居すればいいんですかね、福島市議会議長様!!
(投稿ネーム:とやの福祉会)
—————————————–
公金を見ると自分のために使いたくなってしまう泥棒議員というのは本当に多いですね。議会がチェック機能を果たす必要があると思います。
<「投稿サイト」編集部>

法務大臣落選とスクープされた岩城先生

来月の参議院議員選挙を目前に控えて、大手週刊誌から現職法務大臣の落選とスクープ記事に掲載されたことが週刊新潮の最新号で明らかにされました。
元々参議院選挙で野党候補者に選挙区で負けている岩城先生ですが、今回から2人区から1人区に定数削減が行われる為に、増子先生との闘いに勝利しないと再選もなく、共産党も巻き込んだ野党統一候補者に増子先生が推薦を受けたことから、政党支持率や過去の選挙得票率結果から増子先生大幅リードとなり、現職大臣の岩城先生の落選となると統計学上では盛んに誘導されているようです。
統計学の数字で結果を線形計画で行うとシンプレックス法の定理で当たるんですよね、増子先生!!
(投稿ネーム:週刊新潮編集部)
—————————————–
一人区のあおりを受けて大激戦が必至ですね。前回選挙は僅差ながらも敗北。大臣職はそれだけでアドバンスがあるわけですから、負けたら恥の上塗りでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

鴫原パパに買って貰った住宅建設用地を売却していた遠藤由子さん

高卒で旧伊達町役場に採用されながら宮司の旦那と離婚後、鴫原貞男氏という伊達町事務方エースから伊達市副市長まで登り詰めた男の庁内愛人として知られていた遠藤由子さん。この方は鴫原氏によって伊達市の会計管理者という一般職最高位に就任させてもらい、不倫が公になるとすぐに辞職しましたが、愛人としてパパの貞男ちゃんにおねだりしてプレゼントさせた伊達市内の高級住宅地を、先日売却していたことが諏訪野団地町内会から聞こえて来ました。由子氏の実家がある長岡町内会では以前から、伏黒地区に新築住宅を立て直した鴫原貞男市長と再婚して余生を仲良く過ごすのだろうと囁かれていましたので、諏訪野の住宅建設地を譲渡した意味は再婚の日が近いということだろうと言われています。
市道側溝除染未施工問題の時のように、いつ鴫原貞男・遠藤由子再婚記念記者会見をマスコミを集めて仁志田市長立ち合いのもとで伊達市民の前に公表するのですか?温かい家庭が欲しい鴫原副市長さん!!
(投稿ネーム:諏訪野団地町内会)
—————————————–
鴫原氏の不倫問題について周辺の町内会関係者の方々から寄せられる情報の詳細さには驚くばかりですが、それだけ、公金を扱う人物が堂々と庁舎内で行った不倫については、信頼を裏切られて傷ついている方が多いという背景があります。鴫原貞男氏と遠藤由子氏について、スーパーで買い物の際に見かけたという市民のみなさんからイメージを聞くと「居直っている」「開き直っている」というような印象しか無いようですので、みんな腹も立つことでしょうし、嫌味も言いたくなるでしょう。これをなんとかするには、遠藤由子氏だけでなく、鴫原貞男氏も副市長職を辞すことで反省の意を示すことしかないと思います。
<「投稿サイト」編集部>

月末に給与が支払えないキョウワプロテック

ブラック企業NO.1 に認定されているキョウワプロテックですが、労働基準法で定められてる「賃金支払いの5原則」が全く守れていないことが非正規社員から聞こえて来ました。
特に基準法が定めている毎月同じ日に給与を1回以上支払わなくていけないのに、月末の給与支払日には、売り上げ先から入金が無いと支払いが出来ないだけでなく、「互助会費」という名目で労働者から労働協約・雇用契約にも説明が無いのに勝手に給与から源泉天引きして吾妻CEOの闇給与として支給されているそうです。
社員・パートが全国で3000人も雇用しているそうですが、社員でなく昔ながらの「丁稚」扱いですから、決まった日に給与が支払えないことも毎月恒例行事化しており、数千人の労働者も数日ずれる事は当たり前だと思っているそうです。
ダンピング受注してビル清掃の質を大幅に落とすだけでなく、労働基準法に定められいる毎月同じ日に給与すら払えない超ブラック企業に福島県発注の清掃委託を行わせているって、反社会的勢力フロント企業に福島県が利益供与していると同じでありませんかね?施設管理課長さん!!
(投稿ネーム:福島労働基準監督署)
—————————————–
給与の遅配は明らかな違反ですね。労働者にとっては給与は最重要事項でしょう。よく大騒ぎにならないものですね。遅延損害金も請求できるようですから、組合等で動いて不埒な経営者に代償を払わせてくださいね。
<「投稿サイト」編集部>

日本銀行OBが喉から手が出るほど欲しい東邦銀行

日本銀行元福島支店長の森川社長を招聘してお上からの行政指導を楯に快進撃を続けている東邦銀行ですが、日銀からの役員を喉から手が出るほど欲しがっていることが退職予定の役員から聞こえて来ました。
瀬谷頭取からバトンタッチを受けて9年も過ぎた北村頭取ですが、日銀OBが役員として在籍していない東邦銀行にはお上からの行政指導が受けられないだけでなく、金融庁・日銀が画策している「地方銀行再編成」にも大きく出遅れている為、本音では一刻も早く日銀からの役員招聘を迎えたいそうです。
頭取ポストを日銀に差し出せば、慶應義塾より数段上の内堀県知事と同じ大学出身のエリート金融マンをお迎え出来ます。
引退と引き換えに頭取招聘を実行すべきでありませんか、70を迎える北村頭取さん!!
(投稿ネーム:日銀総務人事局)
—————————————–
囲い込みも激化し、経営陣もあせりが出始めましたかね。決算での純利益も2期連続で過去最高を更新されたそうですね。続投も発表されたようですし、まだまだ頭取の椅子は手放さないのではないでしょうか。
<「投稿サイト」編集部>

仁志田市長に退職願を提出していた鴫原副市長!!

昨年、伊達市の市道側溝除染未施工問題を福島県市町村支援機構が調査した結果30数路線の未施工という最終報告が提出された訳ですが、それと入れ替わるように鴫原副市長が仁志田市長宛てに「副市長退職願」を提出していたとの情報が安藤議長再任に賛同した仁志田市長派の市議会議員からオフレコで飛び込んで来ました。森藤建設のみの市道側溝除染未施工だとして仁志田市長とともにマスコミを呼んでの記者会見を行った時は、反市長派筆頭建設業者の森藤建設を失脚させようと市長筆頭側近の井上要氏始め建設業協会首領の利根川組会長と共謀の上
でマスコミを先導して大々的に世論誘導を目論んだ鴫原副市長です。ところが調査の結果30数路線の未施工が公に知られたので「御身の保持」の為に仁志田市長に退職願を提出したのでした。しかし鴫原副市長の辞職を認めると共同記者会見に臨んだ仁志田市長の政治的・道義的責任の追及が生じる為、安藤議長始め仁志田市長執行部は協議の末退職願を受理せず封印していたことが議長選2年後に議長交代の密約を反故にされた市長派市議会議員からレア情報として届けられました。
来月に召集される6月定例市議会に鴫原貞男副市長辞任案件が間違いなく承認されますよね、密約を反故にして議長再選を勝ち取った安藤伊達市議会議長さん!
(投稿ネーム:伊達市議会)
—————————————–
市道側溝除染未施工問題で森藤建設を追い詰めようとするなどという行動は、鴫原氏が性格上最も得意とすることなので、楽しみながら進んでやった彼に同情の余地はありません。しかし所詮は組織の駒でしかなく、仁志田市長の都合のために辞職することすら許されない姿には悲哀を感じますね。ここまで内情が全て知れ渡った現在、副市長の辞職は近々の出来事になると思いますが、末期的な段階を迎えている仁志田市政のしわ寄せが全て市民に降りかかることが気がかりですね。
<「投稿サイト」編集部>

高卒学生より学力・常識が欠如している福島学院大学生

来春の4年生大卒の就職を担当している人事部の採用担当者から、福島学院大学始め大手予備校からFクラス大学と認定されている県内の大学4年生の学力・一般常識が高校3年生レベルよりも低くて大卒の証として認定される「学士」としては認められない事が伝わって来ました。
高等商業学校から発展した福島大学や株式会社日本大学工学部と言われる同窓会システムが確立している4年生大学は各企業の「学歴フイルター」をクリアー出来ますが、福島学院大学始め東日本国際大学と言ったFクラス大学生は、「学歴フィルター」で採用説明会のエントリーにも応募出来ないそうです。
高い学費を父兄から貪っておいて4年生学生の就職説明会にすら参加出来ない大学って、「学士」という肩書だけを乱売している詐欺商法と同じだと父兄は嘆いているそうです。長年新入学生が定員に達していないFクラス大学は廃校させるべきでありませんかね?福島学院大学講師の桜田洋子先生!!
(投稿ネーム:人事部採用係)
—————————————–
無駄に大学4年間を遊ばせて、就職でも苦労する位なら専門学校で手に職をつける方がよほど本人のためにもなりそうですね。人生にはモラトリアム期間も必要でしょうけど、せめて何らかの目的意識は4年間で培ってほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

上遠野副市長に操られている清水いわき市長

母校磐城高校同窓会の全面的支援で渡邊前市長を破って、田の草取秘書から念願のいわき市長に当選した清水いわき市長ですが、内情は同じ磐城高校同窓会出身の上遠野副市長に庁内の人事や執行権を掌握されていることから「副市長の操り人形」だと庁内の幹部を務めている磐城高校出身の職員から揶揄されているそうです。
また渡邊市政では消防長として左遷されていた上遠野氏を、いわき市副市長として送り込んだ磐城高校野球部同窓会のドンである青木稔県会議員こそが真のいわき市の司令塔だと幹部職員は認めているそうです。
ですから清水市長誕生後の大型公共工事は全て青木県議のタニマチ集団の常磐興産・開発とその親会社の大成建設に牛耳られているだけなく、その下請け選定まで福島の高級クラブで青木先生をご接待した企業しか参入出来ないといわれています。
ヘネシー片手に「俺が清水を市長にしてやった!」と豪語していると福島の高級クラブのママさん方は散々聞き飽きたそうです。酔った勢いで本音を喋ってはいけませんよ、清水いわき市政のオーナー青木稔先生!!
(投稿ネーム:磐城高校野球部同窓会)
—————————————–
市長・副市長とも就任から2年半ほど経っていますが、市役所OBの副市長が庁内人事には随分と幅をきかせているようですね。陰の番長役の青木先生も、市長選の恩を逆手に小遣い稼ぎに余念がないようですね。しばらくはこの支配関係は変わらないでしょうかね。
<「投稿サイト」編集部>

藤本運輸にも許可路線以外にトレーラーを走らせているコマツ福島

昭和大橋・伊達崎・大正・伊達橋といった総重量20トン以上の特殊車両の通行を禁止している阿武隈川に掛かる橋梁を、無許可状態で大型トレーラーをわが物顔で走らせている根本建設工業の子会社の藤本運輸ですが、コマツ福島の大口ユーザーである根本建設の関係で通行不可の河川橋梁をコマツ福島・コマツレンタルの大型油圧ショベルを藤本運輸の大型トレーラーを使って回送していることが阿武隈川を河川管理している国土交通省伏黒河川工事事務所関係者から明らかにされました。
橋梁架設から数十年を経て路床が劣化している公道橋梁を、大型トレーラーは通行不可にも関わらず走らせているコマツ福島グループは、仕事の為なら道路管理者からの運行許可など関係なく老朽化した橋梁を壊して作り直させて、コマツの建設機械を建設業者に売却できれば法律違反など全く関係ないんですよね、郡山生まれの四家代表取締役さん!!
(投稿ネーム:伏黒河川維持事務所)
—————————————–
前回は5/17の本サイトにて、過積載など道路法違反を承知で下請けを酷使していた投稿を掲載しましたが、続報ですね。まだまだネタがありそうですね。
<「投稿サイト」編集部>

福島県立医科大学から入札参加資格を剥奪・停止されていたキョウワプロテック

セクハラ・パワハラでブラック企業として断トツ不動のキョウワプロテックですが、県内医療界の頂点に君臨している福島県立医科大学施設管理課から病院清掃施設の仕様書を逸脱した手抜き清掃を繰り返していたことにより、入札参加資格の停止や病院清掃施設の清掃実績剥奪を受けていたことがあることが施設管理課関係者から明らかとなりました。
オーナーの鶴の一声で採算を度外視して「ダンピング入札」で清掃業務委託を取りまくっているキョウワプロテックですから帳尻を合わせる為に入札時の清掃仕様書無視など当たり前で「質を落とした清掃が社内標準!」と清掃現場では語られているそうです。
清掃用ワックスに水入れて薄めても素人では区別が付きませんよね?役員報酬だけは薄めない吾妻CEOさん!
(投稿ネーム:福島県立医科大学事務局)
—————————————–
お得意先に対してもブラックな仕事っぷりなんですね。床を磨く前に、まずは経営者の心を磨いてほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

次は富士通アイソテックの撤退を確信している福島県執行部

ゴルーデンウィークあけに京セラ棚倉工場の閉鎖撤回陳情で、京都の京セラ本社に訪問していた畠副知事始め随行してた福島県関係者から、次の大型工場撤退は伊達市にある富士通アイソテックであることがプレス同行記者から「オフレコ」で聞こえて来ました。
京セラ棚倉工場では300名の雇用が失われると言われていますが、富士通アイソテックは売り上げ1千億の巨大工場だけでなく、雇用者800名始め関連下請けを含めるとその数倍の雇用が伊達市から一気に失われてしまいます。
数千億を投資した若松の半導体工場を一夜にして閉鎖した過去を持つ富士通ですから、公正取引委員会から東京電力向け制御システム談合で4億円の課徴金納付を命令ざれているだけでなく、福島県から談合による行政処分として2年以上の指名停止を受けるために行政処分と引き換えに工場撤退で報復すると監督官庁の経済産業省では考察しているそうです。
工場閉鎖が目前なのに1週間も海外に市長卒業旅行に出かける仁志田市長が居座って、伊達市民だけが可哀想な結末を迎えますよね?伊達市在住の畠副知事さん!!
(投稿ネーム:福島県企業立地課)
—————————————–
東芝・富士通のPC事業の統合で工場移転が噂されていたようですから、報復を兼ねたタイミングも考えられますね。心配なのは従業員の雇用ですが、OBの連合福島、今泉会長が親身になって対応してくれるのではないでしょうかね。
<「投稿サイト」編集部>

息子達の暴利の為に辞職出来ない古川川俣町長

脳梗塞の重篤な後遺症にもめげず5か月ぶりに町長職に復帰し、余りにも無様な姿をマスコミや町民の前に晒した古川川俣町長ですが、出来の悪い暴走族あがり「極道崩れの息子達」の商売を思うと辞職出来ないことがリハビリ訓練先の北福島医療センター関係者から聞こえて来ました。
株式会社フルカワという建設会社の社長を務めている長男は、古俣工務店や安斉土木の下請けで川俣発注の除染作業で1次下請けとして暴利を貪って、福島の夜の街でホステス相手に散財しているだけでなく、その下の弟の地元設備会社のコバックスの下請け業者として災害公営住宅や川俣町新庁舎の現場に古川町長のご子息ということで堂々と潜り込んで利ザヤをあげているそうです。
特にご長男は町長の息子をかさに着て、大手ゼネコンの受注調整にも口を出し、下請け業者として暴利を貪っていると川俣町建設業業界では囁いているそうです。
町長を辞職すると息子達の仕事に多大な影響があるから、晩節を汚して無様な姿を町民の前に晒している古川町長って親ばかの見本なんですよね、古川町長さん!!
(投稿ネーム:古川家3兄弟)
—————————————–
息子たちの放蕩っぷりが目に浮かぶようです。私情のために町長職にしがみついているとすれば、住民もずいぶんとなめられたものですね。
<「投稿サイト」編集部>

東邦銀行から葵のご門を取り上げられた井上要ちゃん!

伊達市の指定金融機関として伊達市市内の建設業者始め仁志田市長後援法人会員に睨みを聞かせていた東邦銀行保原支店お取引会「東栄会」の総会で、仁志田市長御用取次役として仁志田市長の「虎の威」商法を繰り返しつつ君臨していた保原町工業団地会会長の井上要ちゃんが遂に、金看板であった東栄会会長職を東邦銀行本店のご意向で解任されてていたことが東栄会総会参加者から明らかにされました。仁志田市長超側近としてだけでなく東邦銀行東栄会会長として商工会・工業会に睨みを聞かせていた要ちゃんにしてみれば東邦銀行から与えられていた「葵のご門」が召し上げられただけでなくJA伊達みらいの消滅も相まって権力基盤崩壊に加速がかかているそうですから仁志田丸の落城も間近なんですかね、大番頭の鴫原副市長さん!
(投稿ネーム:東邦銀行東栄会)
—————————————–
陰のフィクサーとして伊達市政を操っていたと言われる要ちゃんがいよいよ退場するとなると、未だかつて利権だけで動いている仁志田政権は、何をしていいのか分からなくなるのは確かですね。そろそろ市民に目を向ける政権に交代する時期かも知れません。
<「投稿サイト」編集部>

特殊車両運行許可書の中身を読み込めない福島警察署

大型トレーラーを道路管理者の国土交通省福島河川工事事務所からイカサマ書類で許可をだまし取っている飯館村の斉藤運輸工業ですが、道路運送法で定めている運行管理者始めトレーラーの運転手達が「福島警察署はじめ警察のお巡りが特殊車両運行許可の許可要件など知らない」から堂々と公道を走れると話していることが、荷主の建設会社代理人から聞こえて来ました。
元々パトカー乗りの巡査や巡査長のお巡りさん方は運動体力は優れていますが、国土交通省が許可している特殊車両運行許可書の難しい文章の読解能力が欠けている為、許可要件を逸脱して走っているトレーラーを取り締まれないから、斉藤運輸工業始め運送業者がわが物顔で公道を特殊車両を平気で走らせているそうです。
福島県庁前通りって道路管理者から特殊車両運行許可がもらえないことさえ知らないですよね?福島警察署長さん!!
(投稿ネーム:福島国道維持事務所)
—————————————–
先月、山形県にて大型クレーン車のクレーン部分が走行中の観光バスに衝突する事故が起きています。道路の安全を脅かす違法行為はしっかり取り締まってほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

福島民友新聞社も誑(たぶら)かしていたキョウワプロテック

福島労働局公認のパワハラ・セクハラNO.1ブラック企業のキョウワプロテックですが、福島県のマスコミの巨頭である福島民友新聞社にも長年に渡ってビル清掃始め役員車の運転などの業務委託を長年に渡って長期に受注していたことが関係者から明らかにされました。
裏社会とも多大なる交友があるキョウワプロテックのCEOですが、元々は福島民友新聞社のOBという過去から歴代の経営幹部達もすべて裏社会の交友ルールに則り、過大な「接待・贈答」で骨抜きにされてきた歴史がある為に、超ブラック企業とに意識しているのにも関わらず業務委託を止められないと社内では言われているそうです。
清掃員に支払われるべき時間外や休日手当が民友新聞幹部達の接待交際や贈答品に消えているなんて「コンプライアンス」に抵触しないんですかね?読売新聞社の子会社の福島民友新聞社さん!!
(投稿ネーム:福島民友新聞社総務部)
—————————————–
福島民報に続いて福島民友も手玉にとっていたわけですね。しかも民友OBともなれば蜜月ぶりが伺えるというもの。接待には金を惜しまず、社員の給料は絞りに絞ってといったところなんでしょうかね。
<「投稿サイト」編集部>

わざと遠回りして国際会議に出かける仁志田市長

スペイン首都マドリードで開かれるIAEAの国際会議に伊達市の公費で海外出張に出かける仁志田市長ですが、わざと最短の航空路ではなく羽田からドイツ・フランクフルトでトランジット経由後に遠回りで出かけることが出張に日程から明らかになりました。
任期満了まで後1年数か月の仁志田市長ですから、退職前に舛添東京都知事のように全て伊達市公費でファーストクラスで一流ホテルに宿泊してスペインに行く前にドイツも見学してヨーロッツパ旅行に公費で出かけて、海外出張手当だけでなく海外お支度金まで非課税で頂けるのですから笑いが止まらいですよね。
随行職員も勿論ビジネスクラスで五つ星クラスのホテルに宿泊なさるのですよね?公務扱いの随行員さん!
(投稿ネーム:伊達市オンブズマン)
—————————————–
先日お隣の山形県にて、県議会議員の政務調査費への不適切な支出の裁判で、122万円の返還を求める判決が出され、その中でも、鶴岡市選出の県議が政調費へ計上したドイツ視察費用70万円について「行程には観光名所が含まれており、観光旅行としての疑いを否定できない」として46万円が違法と断じられたそうです。良識ある仁志田市長、まさか観光は含まれていませんよね?
<「投稿サイト」編集部>

道路法違反を承知で斉藤運輸に大型重機運搬をさせていた福島コマツ

大型トレーラーを道路管理者の許可路線以外をわが物顔で走らせている飯館村の斉藤運輸工業ですが、何と大型重機の荷主である世界のコマツの子会社である郡山市に本社のある福島コマツの指示で過積載や荷台からはみ出した運搬をなんの躊躇もなく平成になってから行っていた事実明らかになりました。
東日本大震災以降、絶好調のお客様の建設業業界をメインクライアントにしてる福島コマツにしてみれば、金もうけの千載一遇の時期に道路法違反や過積載などは二の次で、下請けに独占禁止法で禁じている「優越的地位の乱用」をかさに、高圧的かつ組織的に特殊車両運行許可要件など全く無視して、道路交通法で厳禁の過積載などは日常・恒常的に荷主責任など全く顧みず、下請けの重機運搬業者の斉藤運輸工業を酷使しているそうです。
金儲けの為なら法律違反など全くコマツ本社の営業成績査定に関係などないですよね、福島コマツさん!!
(投稿ネーム:コマツコンプライアンス室長)
—————————————–
斉藤運輸工業の道路法違反の疑いに関しては、本サイト5月13日にて報じました。元受先が違反を承知で下請けに運行をさせていたとすれば、さらなる問題ですね。特に過積載などは大事故につながりやすい危険な行為です。われわれの安全を脅かすこのような悪徳会社は駆逐してほしいですね。
<「投稿サイト」編集部>