カテゴリー別アーカイブ: ニュース

選挙区の田の草取りに汗を流している三保前市長

前回の二本松市長選挙でまさかの落選をした三保前市長ですが、捲土重来を期して選挙区内の田の草取りに精を出している事が市役所庁内から聞こえて来ました。
県議会議長から二本松市長に転身した三保前市長ですが、前回は現職首長が連続落選するハプニングで大穴を開けてしまいましたが、今回は今まで以上に選挙区内で念を入れた「田の草取り」を実行しているそうです。
参議院選挙と同じ草の根活動で、農家から搾取しか興味がない農協一派に一泡吹かせるべきですよね、三保恵一前市長さん!!
(投稿ネーム:二本松市選挙管理委員会)
—————————————–
前回選挙ではわずか700票差で新人候補に敗れただけに、悔やみきれないものがあるのでしょう。入念な草の根選挙で前市長の巻き返しなるか、注目したいところです。
<「投稿サイト」編集部>

キセル乗車の濡れ衣を着せられたJR新庄駅

下記はJR東日本に本日意見をした文章の写しです。(乗車日2016/7/26)
新庄駅から上り方面、5:47分発米沢行きに乗車する予定で切符を買いました。私の仕事はお客様のご都合により、行き先が変わり途中下車することがあり、切符は最低運賃を買うよう会社から指示されております。
新庄駅を利用するのは初めてで、出発ギリギリだったので最低運賃の190円を購入しました。すると改札のIさんという職員が、「お客さんどこまで行くんだ?190円区間なんかない」と罵声を浴びせられました。私も腹が立ち怒鳴ってしまいましたが、料金は間違いなく190円が最低料金。それを問うと「上りは最低200円なんだ。それを買え」と言われました。切符の購入後トイレに行きたかったのに、時間がギリギリでその一悶着があり、トイレにも行けず非常に不愉快でした。
なぜそこまで声を荒立てて私に詰め寄ってきたかをよく考えると、その職員は私がキセル乗車しようと考えているように取れました。そうでなければ、最低料金を購入している理由を説明したら納得してもらえるはずです。それを時間がないのに払い戻しさせ、新たに200円の切符を買わせたところに悪意を感じました。
電車時刻がギリギリで切符を買う時間がないときは証明書をもらい、下車駅で清算することは当然できますし、乗り越し清算もできます。それは違法行為ではないですよね?
件の駅員さんには謝罪してもらいたいです。間違いなく切符売り場の表示も、券売機の表示も最低は190円でした。
繰り返しで恐縮ですが、Iさんは最低料金190円なんかない、上りは200円だと言い放ちました。上り下りとかはこの場合関係ないかと思います。
(投稿ネーム:JR東日本お客様センター)
—————————————–
投稿ありがとうございます。初乗り運賃で乗車し、差額精算は不正ではないと思いますが、駅員さんの対応が問題でしたね。田舎の駅でしょうから不審の目で見られたことは想像がつきます。しかしながら「李下で冠を正さず」の諺にも通じますが、毎回のこととなれば、疑いを招くことがないよう精算の仕方も少し見直されたらいかがでしょうかね。
<「投稿サイト」編集部>

ファイナンスリースで大損確実な福銀リース

経営破たん寸前で民事再生申請も視野に入っている仁泉会医学研究所ですが、民事再生申請で大口債権者の福島銀行子会社の福銀リースが、MRI・CTやマンモグラフィーといった数億円単位の高額医療器械ファイナンス・リースの債権放棄で経営不振が避けられないとリース業界で囁かれているそうです。
みずほ銀行主導で佐藤創業者一族を経営から排除して、資本と経営の分離を押しすすめている仁泉会ですが、担保付き債券でない大型医療器械リース債権を90%以上切り捨て一気に債務圧縮するなんてさすがみずほ銀行ですね! 
福銀リースの数十億の不良債権を連結決算で被る福島銀行だけが一人負けですよね、森川社長さん!!
(投稿ネーム:民事再生管財人)
—————————————–
リース物件を引き上げれば診察もできなくなるため、リースの残債分を9割方カットして残りを分割支払いということでしょうかね。数億円程度で、まさか福銀リースも民事再生の連鎖なんてことはないでしょうね?
<「投稿サイト」編集部>

誰も敗因の責任を取らない自民党県連

現職法務大臣の落選という不名誉な選挙結果を全国に知らしめた自民党福島県連ですが、選挙総括だけでなく、敗者としての責任を根本県連会長はじめ吉田県連幹事長・佐藤総務会長など、執行部の誰もが責任を取る気がないことが自民党県議会控室から届いてきました。
誰ひとり岩城前議員の子分で無い為、親分議員の落選如きで引責などあり得ませんよね。きっちり敗因分析をしないと次期衆議院選挙でも現職議員が落選することになりますよね?吉田幹事長さん!!
(投稿ネーム:参院選総括委員会)
—————————————–
参院選の歴史上、現職大臣が落選したのは1998年橋本内閣の大木環境庁長官と2010年菅内閣の千葉法相の2回だけらしいですから、岩城さんも歴史的な汚名を残したということになりますね。自民県連には事の重大さが浸透していないのではないですかね?
<「投稿サイト」編集部>

伊達市の公金が使えるから副市長を辞職しないと囁かれている鴫原貞男氏

伊達市の事務方最高位の鴫原副市長ですが、地元の老人会会員の間で「伊達市の公金を自由に使えるから副市長を辞めない!」という噂が蔓延していることが伏黒地区から聞こえて来ました。殊に愛人の遠藤由子氏を人事課長・会計管理者に登用してからは自由に公金を出納できるだけでなく、出張扱いで領収書の要らない「交通旅費・出張手当」までも自由に決済出来ていたと囁かれているそうです。また愛人との飲食費も特別会計の中に紛れ込ませれば盲目の会計監査によって経費算入できると言われていたそうです。
鴫原副市長って今話題の舛添東京都知事と同じく、個人的交際費を全て伊達市の公金で支払っていたんですか鴫原副市長さん!!
(投稿ネーム:浅尾商店)
—————————————
浅尾商店さんからの情報が本当ならば背任行為としかいいようがありませんね。しかし東京都では絶対に許されないことが、伊達市ではまかり通ってしまうという、悪の楽園のような部分があります。それをどうにかしないといけません。
<「投稿サイト」編集部>

鴫原貞男批判を繰り返してきたキャリア官僚が就任する総務省事務次官

庁内職員女性との不倫は公務員倫理に抵触するとして鴫原貞男伊達市副市長の不倫問題に対して総務審議官と立場から批判していた福島市・福島高校出身の佐藤文俊氏が今月末に自治官庁の頂点である総務省事務次官に内定したことが総務省より明らかにされました。
次官に就任する佐藤審議官は、内堀県知事の自治省時代の先輩キャリア官僚でもあり、自治財政課長・局長として全国の地方自治体に対して地方交付税を担保に睨みを聞かせてきた大物キャリア官僚です。これまでも庁内職員女性との不倫は認めないと公言してきました。公序良俗に反する人間が信用出来ないという視点からも、伊達市には人口の大幅減少を理由に「地方交付税の大幅減額」という行政指導を行うと伝えらています。
同じ東京大学赤門同窓会の地方自治体の総本山である総務事務次官の行政指導に逆らってまで鴫原貞男副市長の辞職を認めないんですかね?
総務次官に睨まれている仁志田伊達市市長さん!
(投稿ネーム:総務事務次官)
—————————————
この局面に至っても、伊達市は俺のものだとばかりに籠城を決め込むバカ殿、残念ながらそれが仁志田昇司氏の人となりですね。
<「投稿サイト」編集部>

ガン治療の流れを見誤った南東北病院

PETや陽中性子放射医療などガン治療の国内最先端病院として躍進中の南東北病院ですが、次期ガン治療の最先端治療をめぐって国立がんセンターや国立大学付属病院との間で、重粒子線か陽中性子かをめぐって高度な医療解釈の相違になっていることが日本ガン学会から届いて来ました。
どちらもガン治療の最先端方式で、外科オペをしないでガン局部に陽子線を重点的に照射してガン細胞を崩壊させる最先端治療ですが、いずれにせよ高度先端医療の為に保険が適用されず1回300万以上が楽に出せる治療だそうです。
歯医者のインプラントと同じく、お金さえ出せば必ずガンが治る最先端治療を受けれるんですかね?南東北病院の渡辺理事長さん!!
(投稿ネーム:日本ガン学会)
—————————————–
国立がん研究センターの発表によると、2016年のがん患者は初めて100万人を突破し、死亡は37万人と増加が予測されています。最先端治療には高額な金額がかかりそうですね。がん保険などで自己防衛するしかないですかね?
<「投稿サイト」編集部>

人寄せパンダ作戦が失敗した自民党県連

現職大臣落選という不名誉な結果で終わった参議院議員選挙ですが、その敗因分析の一つに小泉進次郎代議士始めとする「人寄せパンダ」作戦では集票に結びつかないという結論が各市町村ごとの集票結果から明らかとなりました。
増子陣営の勝利は県会議員・衆議院時代からのコツコツと作りあげた各地区後援会はじめ秘書経験者の地区担当の集票能力だと言われています。
かたや岩城氏は、3期18年も参議院議員を経験したのに、いわき市以外にはこれだという個人後援会や親分の為に汗をかく県議・市議がいないだけでなく、市町村陳情も霞が関キャリアに相手にされず地元の利益誘導もかなわず、歳費泥棒の役立たず政治家と県内首長から陰口を叩かれていましたから「いざ鎌倉!」とう戦いには終始ならなかったと言われているそうです。
日々まじめに選挙区をこつこつと田の草取りをしないと選挙戦は戦えないことが証明されましたよね、吉田自民党県連幹事長さん!!
(投稿ネーム:自民党福島県連)
—————————————–
自民圧勝の中、全国的には”西高東低”、東北は秋田以外は5県で敗北という結果でした。被災3県も全敗だったわけですから、復興政策に不満を持つ人も多かったということでしょう。その場しのぎに人気政治家を呼んでも、結果は残せていなかったのでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

来春の市長選再選が見えてきた品川郡山市長

増子議員の参院選勝利で、来年春の郡山市長選挙で現職の品川市長の再選に明かりが見えてきたことが民進党関係者から囁かれてきました。
品川市長最大のライバルと目されていた増子氏の参議院再選で、一番の集票候補が消えただけでなく、反品川派の勅使河原県議始め自民党県連の参議院選挙の敗北に伴う引責問題で、自民党からの候補擁立は困難とみなされている為、品川市長続投が最適任だと囁かれているそうです。運が向いて来ましたね、品川市長さん!!
(投稿ネーム:郡山市選挙管理委員会)
—————————————–
「果報は寝て待て」の金言のごとく、相手の自滅で漁夫の利を得る構図が次の市長選では見られるのでしょうかね。今の市長に不満があっても選択肢が無いのも困りものですがね。
<「投稿サイト」編集部>

民事再生に反対の福島銀行本店

経営不振にあえぎ50億以上の借入金がある仁泉会医学研究所グループですが、財務状態の改善・経営改革の為にみずほ銀行主導で行われている民事再生法申請に旧メインバンクの福島銀行本店の大口債権者の同意が得られず、要件を満たさない状態が続いていることが医療関係者から聞こえて来ました。
メガバンクのみずほ銀行と違い数十億単位の不良債権処理となると一年間の営業利益が吹き飛んでしまう福島銀行ですから、簡単には債権放棄には応じられないでしょう。
もともと東邦銀行も相手にしないようなところへ貸し込んだ福島銀行の融資姿勢が問題と違いませんかね?日本銀行出身の森川社長さん!!
(投稿ネーム:民事再生検討委員会)
—————————————–
地場の地銀にとっての数十億は大きいですね。経営陣の見通しが甘かったのでしょう。半沢直樹のような銀行マンでもいれば、起死回生の取立て策があるかもしれませんがね。
<「投稿サイト」編集部>

参院選敗北の引責で伊達市長転出を模索している大橋5連会長

参議院選挙で落選した岩城選対で選対幹部を務めた大橋JA農協5連会長ですが、TPP問題等で農協組織票をまとめきれなかった事や、自民党最大支持基盤としての引責と引き換えに故郷の伊達市市長選挙への転出を模索していることが自民党県連関係者からオフレコで聞こえて来ました。
大橋信夫農協5連会長と言えば地元仁志田伊達市長の連合後援会長として仁志田市政を支える重鎮ですが、来年の冬に任期満了を迎える仁志田市長の後釜として神輿に乗る事を仁志田市長御用取次役の井上要ちゃん始め佐藤金正県議らと密談を交わしているそうです。ぼろ船仁志田丸の船体を農協カラーに塗り直して新制大橋号として再就航させるんですよね、大橋信夫氏の指南役の井上要ちゃん!!
(投稿ネーム:自民党福島県連)
—————————————–
自民党の勝利で終えた参院選ですが、現職閣僚の落選という失態は選対や支援者にとって大きなダメージだったでしょうね。幹部のみなさんも敗戦処理でお忙しいと思いますが、民意はどんな判断を下したのかをしっかりと分析してくださいね。
<「投稿サイト」編集部>

水害時には5m以上水没することが明らかになった梁川小学校

伊達市が40億円以上の合併特例公債を投入して建設をした梁川小学校ですが、阿武隈川を管理する福島河川国道工事事務所の防災ハザードマップにて、5m以上10m未満の水没する地域に建設されている事が公開されました。
元々梁川小学校PTAより水害の際は水没の恐れがあるため、学校建設には大反対されていた予定地でしたが、議員らの密室談合で建設が強硬され、洪水時には梁川地区を流れる広瀬川に阿武隈川の激流が逆流することが伊達市民には知らされておらず、事実は封印されているそうです。
市民の安全・安心を守る市長が国土交通省から5m以上水没する地帯に小学校を建設したなんて、健康都市作りじゃなくて市民殺人幇助の方が正解ですよね?仁志田市長さん!!
(投稿ネーム:防災マップ策定委員会)
—————————————–
仮設校舎で窮屈な思いをしてきた児童たちには待望の新校舎でしたが、水害に弱いようでは、住民の避難場所はどう確保するつもりなんでしょうかね?仁志田市長にとっては住民の安全より自分たちの利益の方が大事なんでしょう。
<「投稿サイト」編集部>

不倫アナを更迭・差し替えを断行したNHK

お国の御用放送局と揶揄されているNHKですが、甲府放送局の斉藤孝信アナと契約アナの早川美奈アナの職場不倫が報じられていますが、マスコミに放送される前に番組からの両アナの更迭・差し替えを断行したあげく、アナウンサー職からの追放を行ったことが放送業界から明らかになりました。
総務省所管のNHKですから国家公務員の倫理規定が適用さるそうですが、同じ総務省が間接的に関与している鴫原副市長率いる伊達市には公務員倫理規程は一切適用されないだけでなく、へそ下問題は市議会でも追及しない申し入れがある為に議題にすら出来ないそうです。
鴫原貞男副市長には公務員倫理規定など仁志田市長の職権で治外法権化を認めているんですかね、総務大臣殿!!
(投稿ネーム:NHK人事部)
—————————————–
妻の育休期間中に不倫をした宮崎謙介元議員は大バッシングを受け、議員辞職。三遊亭円楽師匠は取材陣の前でスッパリと謝罪するなど、自ら”大人のケジメ”をつけていたようですが、鴫原副市長も公人として説明責任を果たしてほしいですね。
<「投稿サイト」編集部>

1000万で栄川酒造を売り払った東邦銀行

会津の名門酒蔵の栄川酒造ですが、バブル期の過剰設備投資や販売不振による営業収益悪化でダッチロール経営を繰り返していましたが、このたびメインバンクの東邦銀行の裏切りで破格の1000万円で食品流通業のヨシムラホールディングスに売却されたことが経済紙から明らかにされました。
「地域とともに」をキャッチフーズに商売を行っている東邦銀行ですが、北村頭取の故郷である会津の名門栄川酒造を貸出債権回収の為に、二束三文でヨシムラHDに売却したことは、故郷会津に重大な背任行為を行ったと会津経済界では公然と非難されているそうです。
情がなく金だけで物事の価値観を決めるから、30も違った娘よりも若い後妻に愛想をつかされて出て行かれたんですよね、東邦銀行代表取締役の北村頭取さん!
(投稿ネーム:ヨシムラHD)
—————————————–
銀行の非情っぷりは今に限ったことではありませんが、故郷の老舗も売り飛ばすとは、血も涙もない頭取ですな。金貸しは恨まれてナンボの商売なんでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>