カテゴリー別アーカイブ: ニュース

除染廃棄物の真上で生活させられる福島市民

福島原発事故後の住宅除染で発生した放射性廃棄物を敷地内仮置きのため埋設した場所を示す「埋設図」に不備があったせいで、新築住宅の下に除染廃棄物があるというとんでもない出来事が起こったようです。
気の毒なことに、ローンを組んで家を建てた矢先にその事が分かったようです。一昨年の3月に家を建てるために「除染済み」の土地を購入し、その時に不動産業者から受け取った図面に示してあった埋設箇所が、全然違っていました。結局住宅メーカーでは廃棄物の場所を避けて家を建てたつもりが、図面の位置がいい加減なせいで真上に家を建ててしまいました。この廃棄物も仮置きなので撤去する予定なのに、撤去できない状態になってしまいました。
これに対して、除染を担当した福島市除染推進室渡辺俊寿室長の答えは「市民に渡している図面はあくまで『略図』だ」というもので、「正確な場所の記載は国からは求められていないので、目印でこの場所に現場保管してあるという略図になっている」という非常に誠意が感じられない、ひどいものでした。
しかも、市では廃棄物を埋めた場所を詳しく記した別な図面も持っているというのです。しかし、その図面は市民に渡しません。一体どうなっているのでしょうか。福島市除染推進室は、福島市民を放射能と仲良く暮らすことを強制するのが仕事なのでしょうか!!
(投稿ネーム:福島市除染推進室)
—————————————–
確かにおっしゃる通りです。福島市除染推進室の答えは事実上「国に言われてないので私は悪くない。」と居直っているだけの内容です。これは自らの不備で市民に迷惑をかけた際の自治体の担当者のコメントとしては史上類のないほど非常識なものですね。「福島市役所」の一部門なのですから、まず「福島市民」の生活上の利益を優先し、そこに着目して業務を進めるべきなのに、除染推進室は国の出先機関か何かの気分で思い上がっているようですね。問題の如何に関わらず、市民が迷惑を被った場合、まず第一声は市民への「謝罪」であることが常識です。こういう異常な対応を自治体担当者がすることが原因で、市民の間に「廃棄物撤去をしたくないから、意図的に詳細図面を渡さないのではないか。そもそもそういう方針なのではないか。」という憶測も広がっています。市民生活に目を向けない、福島市役所の基本姿勢が問われる事件となりましたね。
<「投稿サイト」編集部>

百条委員会に掛けられたけど再選した小椋村長

第三センター会社の不明朗な会計支出補填問題で北塩原村村議会から百条委員会に掛けられた小椋村長。
ところが28日に行われた村長選挙で圧倒的な強さで3度目の当選を果たしたことが村選挙管理委員会から明らかにされました。
公明盛大な村長選挙でこういう結果が出るということは何を意味しているんでしょうか。やはり北塩原村村民には近代的な価値観・倫理観が欠如している証ではないでしょうか。政治倫理やコンプライアンスよりも会津に残る政治風土である「我田引水」をしてくれる村長を選んでしまうのですね。
(投稿ネーム:北塩原村選挙管理委員会)
—————————————–
投稿文の中でもハッキリ書かれている通りですが、敢えて申し上げるならば、普通は百条委員会に掛けられるような首長はまともな自治体では辞職させられます。東京都の舛添知事が同様の出来事の後辞職した事は記憶に新しいですよね。北塩原村ではまだ議会制民主主義がそこまで発達していないので、私腹を肥やすだけの首長が再選され、また村民の血税からちょろまかして私腹を肥やし続けることが許される訳です。大変残念な事ですね。
<「投稿サイト」編集部>

パチンコ屋から総合不動産業へ鞍替えしているアラジン

朝鮮半島から郡山市に住み付き、パチンコ産業で資産を蓄積したアラジンの吉村社長ですが、ここに来てメインバンクの福島銀行のアドバイスもあり、ビジネスホテル始めラウンドワン郡山の買収などで総合不動産業へ鞍替えを図り、効率的なキャッシュフロー経営をしていることが金融機関関係者から聞こえて来ました。
朝鮮人などに特別に認められている特定永住者制度のフル活用により、本人確認を免れ蓄財してきた吉村社長ですが、貸出先不足に悩んでいる福島銀行からの不動産業への貸付で、朝鮮籍外国人に郡山市の一流資産が買い漁られているなんて非国民と同じなんですね?福島銀行郡山営業部さん!!
(投稿ネーム:郡山市遊技業組合)
—————————————–
パチンコ屋で荒稼ぎをし、資金洗浄のためにホテルを買い漁り、オモテのビジネスに台頭してくる。まさに戦後のヤミ市から財を成した不動産王を連想させますね。それに手を貸す福島銀行もさぞや旨みがおありなんでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

自主避難者の借り上げ住宅打ち切りを決めている復興庁

原子力災害による避難指示解除が進んでいる福島県内ですが、その陰で福島県外へ自主避難なさっている方々への、借り上げ住宅家賃補助制度が来年3月末で打ち切られることが復興庁・内閣府関係者から明らかにされました。
政府の5年間の重点復興期間の終了で大幅復興補助金の削減・縮小を明確にしている政府・復興庁ですか熊本地震災害復興に政府予算を投入する為に、避難指示解除を御旗の錦に自主避難者への借り上げ家賃打ち切りを決定したんですよね?復興大臣殿!!
(投稿ネーム:復興庁福島事務所)
—————————————–
県は安全宣言に躍起になっているようですが、帰還して生活するには、まだまだ不安要素が大きいと感じている自主避難者も多いようです。捉え方は様々だと思いますが、せめて選択の自由は尊重して、そのための支援は続けてほしいですね。
<「投稿サイト」編集部>

執行猶予判決が下った中山元事務局長

川俣商工会の補助金搾取裁判で、架空経理事務の主犯として刑事告訴を受けていた元川俣商工会の中山事務局長が、執行猶予付きの実刑判決を受けたことが福島地方裁判所から明らかになりました。
不正受給による利得を得たとは証拠上言えないという判決でしたが、不正受給した利得は青木前会長が一人で得ていたんでしょうかね?
福島市内の花柳界で散財した川俣の偉い社長さん方が皆さんで、連帯でご返済するのが社会常識ですよね?紺野会長さん!!
(投稿ネーム:福島地方裁判所)
—————————————–
刑事裁判では一審判決が出ましたが、川俣商工会は18日に青木前会長、中山元事務局長、誉田副会長の3人を相手に総額約2600万円の損害賠償請求を福島地裁に提訴しました。今後の行方に注目したいところです。
<「投稿サイト」編集部>

公職選挙法違反で書類送検された福島市議会副議長

小林香福島市長の反対派勢力の宍戸市議会副議長がこともあろうことか、公職選挙法違反(買収容疑)で書類送検されていたことが担当の福島警察署から明らかにされました。
旧瀬戸市長派の幹部市議として市長選挙で大勝した小林香市長を、市議会本会議場で「揚げ足取り」することだけが政治活動だとしていた市議会最大会派真政会のドンである宍戸市議会副議長は、公職選挙法買収容疑という政治家として一番恥じるべき容疑で書類送検になりました。
このような失態に福島市議会始め福島市民にどのように説明して政治的責任を取るのですかね?宍戸副議長さん!!
(投稿ネーム:福島市選挙管理委員会)
—————————————–
宍戸一照・市議の公選法違反の疑いは、すでに本紙「月刊タクティクス6月号」にてスクープされています。真政会の”綱領”とやらを見ると「行政に対する監視と提言を怠らず・・云々」とありますが、身内の監視は怠ってしまったんですかね?
<「投稿サイト」編集部>

避難指示解除までの余命と断言されている古川町長

昨年暮れに脳梗塞で倒れ、伊達市にある北福島医療センターで5月上旬まで約6ヶ月近くリハビリ治療をしたにも拘らず、後遺症が痛々しい川俣町の古川町長ですが、町政最大の課題である原子力災害地区である山木屋地区の「避難指示解除」を来年3月末に行うまで、後遺障害のある姿を川俣町民始めマスコミ・プレスの前に晒しながら続けさせれらることが町議会大物議員から聞こえて来ました。
山木屋地区住民の「避難指示解除」という町政最大のタブーを、ボロ船古川町長と道連れにして、病気引退と引き換えに町民感情から葬り去る作戦なんですよね?川俣町全員協議会の町議会議員さん!!
(投稿ネーム:川俣町町議会全員協議会)
—————————————–
山木屋地区の避難解除をめぐっては、住民説明会も伸び伸びになりましたが、ひとまずは来年3月の解除でまとまったようですね。しかし、住民側は生活環境の不安などを理由に納得には至っていないようです。住民のことを考えれば、そんな状態でいつまでもしがみついてはいられませんよね、町長さん!
<「投稿サイト」編集部>

ショバ荒らしに舵を切った秋山ユアビス建設

会津の老舗建設業者の秋山ユアビス建設が、遂に業界の掟である「地域テリトリー制度」を無視して、二本松市内の菅野建設工業施工地内の災害公営住宅建設工事を土湯峠を下って、シャバ荒らしで工事受注をしていたことが建設業協会県北支部関係者から届いて来ました。
アクーズ会津の県庁西庁舎機械設備工事落札で始まった「越境越えテリトリー無視」の営業戦略ですが、会津土建や藤田建設工業のCLT協会を隠れ蓑にした叩き合い営業受注戦術ですが、会津の暴れん坊の秋山ユアビス建設が叩き合い受注のあげく、大手メーカーのダイワハウスへの丸投げ施工まで福島県土木部建築住宅課が黙認するようでは、建設業法や監理技術者制度は有名無実化してしまうのと違いませんかね?発注者の福島県土木部長さん!!
(投稿ネーム:ショバ荒らし同好会)
—————————————–
業界内ルール無視の、まさに「仁義なき闘い」が横行しているようですね。今後の動きに注目したいところです。
<「投稿サイト」編集部>

パチンコ屋のマネロンに加担している福島銀行郡山営業部

通名制度の不備を突いて、日本姓と朝鮮姓を使い分けて莫大な隠し資産を形成したパチンコ経営者の方々に、節税とも脱税とも解釈できるグレーゾーンの迂回融資で経営危機を乗り切った福島銀行郡山営業部ですが、不動産関連融資だとして正常貸出債権に分類していた貸出が「北朝鮮への経済制裁条項に該当」とする指導を監督官庁から受けていたそうです。
日本姓を名乗り、日本人のふりをしている「特別永住者」のれっきとした外国人の不動産経営者に、マネロン融資を繰り返して朝鮮に利益を送金している国賊会社に継続的に融資を行っている福島銀行郡山営業部って、本当はパチンコ屋以上の国賊会社と言えますよね、日銀OBの森川社長さん!!
(投稿ネーム:金融庁銀行第二課)
—————————————–
よほどお金持ちが多いのか、いつ見てもパチンコ屋はにぎわっていますね。20兆円産業とも言われているパチンコ産業ですが、お客のみならず善良なる預金者のお金までもが北朝鮮に流れているとは、一般市民は気づいていないでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

柔道家の魂を捨ててまでメダル獲得に走ったベイカー茉秋

8月11日(木)に「リオデジャネイロ五輪・柔道男子90キロ級」の中継を見ていたんですが、非常にがっかりさせられる内容だったので、日本人として情けないような気持ちになりました。
日本柔道代表の一人、ベイカー茉秋(ましゅう)が決勝に一本勝ちで勝ち進んだまでは良かったのです。しかしジョージア代表のバルラム・リパルテリアニとの決勝戦の内容が酷かった。
開始2分過ぎぐらいに大内刈りで「有効」をとった後、ひたすら逃げまくるだけの柔道を見るはめになりました。審判も見るに見かねて残り1分の時点では「消極的」という指導を出しましたが、そんなことにも全くお構いなしで、その後試合終了まで逃げ・逃げ・逃げの逃げ勝ちで金メダルを獲得しました。これにはさすがに日本人びいきの多いブラジルの観客からもブーイングの大合唱が起こったのを覚えています。
お前、日本代表なのに、一本とりにいくような柔道も見せられないで、こんな邪道でしかメダルとれないのかよ!と思わず叫びたくなりました。
金メダルはとったけど、彼には日本柔道界の代表としてのプライドが欠けていますよね。というより、武道家としてセコ過ぎるし、認められません。
本人はインタビューで「柔道人気を爆発させたいと思っていたので決勝でも一本でバシッと決めたかったんですけど…。でも仕方ないです。」と笑顔で語ってましたが、私は「仕方ない」なんて言ってないで武道家なら打算抜きのベストを見せろ!と言いたい気持ちです。
金メダルが獲れさえすればそれでいい、内容はどうでもいい、という風潮には私は反対です。
例えハーフでイケメンであっても、柔道本来の魂を失なってまでメダルにだけ固執する浅ましさを見せつけられては、日本人としては恥ずかしい限りです。
(投稿ネーム:グレイシー)
—————————————–
グレイシーさんのお気持ち、お察しします。柔道は日本発祥の競技ですので、日本に関してはそのポリシーを完全に自分のものにした尊敬できる人物から頂点に立っていてほしいですよね。本来ならば、柔の道を極める事とオリンピック柔道の頂点が一致していることが理想ですが、今回はそういう意味では残念だったと思います。つまり、金メダルこそ獲得しましたが、柔道家を志す少年少女の模範には絶対にならない柔道であり、長い目で今後の日本柔道界の発展を考えた場合にはマイナスな出来事かも知れないということです。各国とも「メダル獲得競争」ばかりに注目が集まって競技の本質を見失いやすくなるオリンピックの環境にも原因があるかも知れませんね。
<「投稿サイト」編集部>

復興事業の見直し減額を明言した今村復興大臣

安倍改造内閣で復興大臣に就任した今村復興大臣ですが、マスコミのインタビューに応じて「復興事業の見直し、事業費減額」を明言していたことがインビュー記事から明らかになりました。
5年間の重点復興事業期間が終了しましたから、復興事業の見直しはさけられませんが、担当大臣が正式にマスコミ発表したとなると、原子力災害の被災県である福島県の復興計画も大幅に縮小されますよね?内堀知事さん!!
(投稿ネーム:河北新報社)
—————————————–
今村復興相が着任して間もないですが、真っ先に報告に向かったのは被災地ではなく靖国神社だったようですね。被災地のために動いてくれるのか、今後の動向に注目したいですね。
<「投稿サイト」編集部>

次は富士通子会社の統合を知らされている経済産業省

京セラ棚倉工場・SONYアルカリ乾電池工場譲渡と情報通信機器関連の工場の閉鎖・事業縮小が続いていますが、監督官庁の経産省内では次は大手通信メーカーの富士通子会社の統合・集約が進められていることが通産省キャリア組から聞こえて来ました。
パソコンメーカー集約・統合を国策で押しすすめている経産省ですが、特に経営不振の東芝と富士通の経営統合・集約を推し進めており、国策に素直な島根県へのパソコン組み立て工場への統合を最終目的としている為、富士通パソコン組み立て工場の富士通アイソテックの島根富士通への移管・統合は最終章を迎えているそうです。
富士通アイソテックが島根に統合されたら、島根と伊達市も合併するんですかね?仁志田伊達市長さん!!
(投稿ネーム:経産省情報通信機器課)
—————————————–
京セラ、SONYと続き、いよいよ富士通が最終段階のようですね。心配なのはやはり従業員。京セラの300人に対し、富士通は工場だけで800人ですから連合や行政も危機感を持った対応をしてほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

東北支店総務部長指示で進められていた健康診断書偽造

環境省発注の国直轄除染を受注して、下請け業者からの健康診断書偽造が明るみになっている鹿島建設JVですが、偽造問題を隠蔽する為に鹿島東北支店総務部長が直々に2次下請け業者を呼びつけ、孫請け業者が単独で行ったように偽装して、関係役所に報告書を提出していた事実が罪をなすりつけられた孫請け業者から届いて来ました。
労務安全対策の初歩的ミスを隠蔽する為、組織ぐるみで子会社を巻き込んで支店総務部長主導で隠蔽するなんて、建設業界の頂点に君臨する鹿島建設としていかがなものですかね?鹿島建設JVさん!!
(投稿ネーム:福島労働基準監督署)
—————————————–
一般的にも3K職種としてブラックな印象はありますが、隠蔽に加え罪のなすりつけまであったとすれば悪質極まりないですね。
<「投稿サイト」編集部>

金儲けは出来ても後継者不在のU社長

大阪堺から婿入りして、福島一の守銭奴商人として経済界に悪名を轟かせている入三機材のU社長ですが、金儲けはうまいが後継者不在で本業の縮小・撤退に向けて大きく方針転換していることが経済界関係者から届いて来ました。
またU社長は社会福祉法人北信福祉会の理事長として数か所の特別老人ホーム等の経営の傍ら、利益率NO.1のラブホテルも複数経営しているやり手の経営者ですが、長男は大手企業・次男は銀行マン・長女はドクター夫人と、だれも家業を継がないそうです。金儲けは出来ても人材教育・後継者育成は出来なかったんですね、欲張りのU社長さん!!
(投稿ネーム:福島県倫理法人会)
—————————————–
本業では社長夫人の親戚筋のU県議をフルに活用で利益を上げ、おまけに特養老人ホームやラブホテル等蓄財に余念がないようですね。財産があっても墓場までは持っていけませんから、相続対策をしっかりやってくださいね。
<「投稿サイト」編集部>

民事再生申請だけでは再建出来ない仁泉会医学研究所

前理事長の乱脈・道楽支出で経営破たん状態の仁泉会医学研究所ですが、民事再生法で債権を大幅カットしても経営再建出来ないことが伊達市医師会関係者から聞こえて来ました。
一番の問題は常勤医師不在で、伊達市の救急指定病院にも関わらず救急隊からも患者受け入れ拒否を繰り返されているそうです。
ですから医師会の総本山である福島県立医科大学から常勤医師を派遣してもらわないと中核病院の機能は果たせないそうです。
退官近い医大教授陣を役員にお迎えして創業者一族を排除しないとドクター派遣などあり得ませんよね、福島県立医科大学理事長様!!
(投稿ネーム:伊達市医師会)
—————————————–
借金漬けに加えて医師不足では中核病院どころではないですね。アルバイト医師ばかりではろくな診察もできないでしょうから、まずは常勤医師を確保してほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

執行猶予刑を求めて上告した前川俣商工会長

町内の夏祭りの経費を水増しするなど、復興関連の国の補助金を不正受給した罪で福島地方裁判所から懲役1年の有罪判決を受けた前川俣商工会長さんですが、初犯にも拘らず執行猶予のつかない有罪判決は不当だとして仙台高裁に上告を申し出たことが司法関係者から聞こえて来ました。
元々地元商店街の振興を目的とした補助金を私的に流用するだけでなく、罪を事務方TOPの事務局長になすり付けるなんて川俣旦那衆のドンとしては見苦しいだけでなく晩節を汚しましたよね、前商工会長さん!!
(投稿ネーム:福島地方裁判所)
—————————————–
職場上の地位を利用して、職員に水増し領収書の作成を強要するなど言語道断の犯罪ですね。実刑は当然でしょう。復興関連の補助金はそこら中にバラまかれてますから、今回の事件は氷山の一角かもしれませんね。
<「投稿サイト」編集部>

孫請け作業員の健康診断偽造を黙認してきた鹿島建設JV

環境省直轄で除染作業を受注してきた大手ゼネコンの鹿島建設JVですが、一次下請け会社である子会社の「かたばみ興業」傘下の2次・3次下請け企業が労働基準法で定めている定期健康診断を偽造して堂々を現場除染作業を数年間継続的に行っていたことが下請け業者から聞こえて来ました。
一日数千人の除染作業員を動かしている鹿島建設JVですから、末端の2次・3次の除染作業員など完全に掌握は出来ないでしょうが、孫請け会社の作業員だから本店からの指示で長年に渡って黙認してきたんですかね?それとも新規入場者教育で本人確認もろくにせず現場作業に従事していた事実を隠蔽するために組織ぐるみで書類偽造を黙認してきたんですかね?東北大学工学部建築課卒業の勝司執行役員支店長さん!!
(投稿ネーム:末端除染作業員)
—————————————–
会社の規模に関係なく年に1回の健診は、会社側に「受けさせる義務」と労働者にも「受ける義務」があります。特に放射線や深夜労働などの職業は特定・有害業務に分類され6ヶ月に1回に短縮される場合があるようです。除染作業は超ブラック体質だということは公然の事実ですが、健診を隠蔽し健康被害を増大させるような悪質な行為は許されないですよね。
<「投稿サイト」編集部>

会津若松市議の妻、生活保護の不正受給

昨年7月に会津若松市議に初当選した佐藤つとむ氏の妻(フィリピン国籍)が最近7月12日に詐欺の疑いで福島県警に逮捕されましたね。
佐藤市議の妻であるズニェガさんは2011年9月~14年2月までの間、フィリピンパブ勤務で約15万円の月収を得ていることを隠して会津若松市役所から生活保護費約634万円をだまし取っていた容疑だと、事情通からは情報が洩れてきています。
佐藤つとむ氏はずっと夫婦として一緒に生活しながらこれを黙認し続け、しかもその不正受給されたお金を含んだ家計で生活してきたことになります。
しかも、佐藤つとむ市議自身も「年賀状問題」で既に刑事二課の取り調べを受けているという有り様ですよね。私は市民の一人として、絶対にあなたのような市議は認められません、佐藤つとむ市議さん!
—————————————–
巷の情報によれば、佐藤市議は元極真空手道場師範でかなり強面の人物だそうです。だからといってルール無視でなんでも自分に都合のいいように強引に押し通させる訳にはいきませんね。奥さんの生活保護の不正受給を放置していたのも大きな責任問題ですし、本人が公職選挙法第147条の2(あいさつ状の禁止)を無視して選挙区内で堂々と年賀状を送り、結果警察の世話になっている事からもモラルの欠如が疑われます。これは今後の会津若松市民の判断が問われるところですね。
<「投稿サイト」編集部>

郡山市にある電池製造子会社を売却したSONY

天下のSONYが郡山市日和田にある電池製造の子会社SONYエナジー・デバイスを村田製作所に事業譲渡し電池製造事業から撤退することが、マスコミ各社にて報道されました。
平成3年に国内初のリチウム電池工場として生産を開始した同社ですが、韓国始め海外メーカーとの価格競争に敗退し毎年数百億円の赤字を垂れ流してしることから本社の英断で同業者の村田製作所に二束三文で事業譲渡されたそうです。
従業員の大幅削減・事業縮小も時間の問題だと監督官庁の経済産業省では見ているそうです。
来春は市長選を控えていますが、リストラともなれば雇用対策もしっかりやってくださいね、品川郡山市長さん!!
(投稿ネーム:日経新聞)
—————————————–
今年6月には京セラの棚倉工場が生産中止となりましたが、今度はソニーが撤退とはビッグネームが相次いでいますね。次に危ないのはどちらでしょうね?伊達市の仁志田市長さん!
<「投稿サイト」編集部>