ショバ荒らしに舵を切った秋山ユアビス建設

会津の老舗建設業者の秋山ユアビス建設が、遂に業界の掟である「地域テリトリー制度」を無視して、二本松市内の菅野建設工業施工地内の災害公営住宅建設工事を土湯峠を下って、シャバ荒らしで工事受注をしていたことが建設業協会県北支部関係者から届いて来ました。
アクーズ会津の県庁西庁舎機械設備工事落札で始まった「越境越えテリトリー無視」の営業戦略ですが、会津土建や藤田建設工業のCLT協会を隠れ蓑にした叩き合い営業受注戦術ですが、会津の暴れん坊の秋山ユアビス建設が叩き合い受注のあげく、大手メーカーのダイワハウスへの丸投げ施工まで福島県土木部建築住宅課が黙認するようでは、建設業法や監理技術者制度は有名無実化してしまうのと違いませんかね?発注者の福島県土木部長さん!!
(投稿ネーム:ショバ荒らし同好会)
—————————————–
業界内ルール無視の、まさに「仁義なき闘い」が横行しているようですね。今後の動きに注目したいところです。
<「投稿サイト」編集部>