カテゴリー別アーカイブ: ニュース

今回の解散総選挙、国民として納得出来ません。

自民党が10月22日を総選挙と位置づけて内々に動いているという内部情報を、党関係者である知り合いから聞いたところです。何故今解散するのかという理由が、自民党内においても公然と「ここで解散しないと安倍政権にとって一気に不利になるから」だと語られているそうです。何が不利かと言えば、勿論森友学園・加計学園問題に決まっています。この問題を次の国会でも野党側から取り上げられる事から逃げたいという一心で安倍総理が断行したのが今回の解散であることは間違いありません。しかもこの時期に民進党は山尾議員の不倫疑惑により混乱して離党者も続出し、また小池陣営も側近の若狭議員が目指している新党の準備が十分に整っていないと見て、自民党にとって早い方が有利だという非常に利己的な理由だけで進められていることです。
こんな、敵前逃亡みたいな解散は前代未聞であるし、国民として、こんな茶番に付き合わされることは我慢ならず、私は絶対に納得出来ません。
(投稿ネーム: 解散権濫用禁止)
—————————————–
そうですね。世間からは「大儀なき陰蔽解散」と揶揄されている今回の解散劇ですが、安倍さんの、「今なら勝てる」という計算自体、全く根拠の無いもののようです。そもそも自民党自体がこれまで実施してきた選挙情勢調査でも「自民党30~50議席減」という予想が出ているようなのです。安倍さんは、自民党が政権を奪回した12年総選挙や、14年総選挙のように華麗に圧勝するドリームを見ているようですが、党利党略だけの解散だと見抜いている国民がそんなに自民党を支持するとは思えませんし、森友・加計疑惑で見せた傲慢な対応も大きなマイナス要素です。例えば、「このハゲー!」でお馴染みの豊田真由子議員のような“魔の2回生”が全員淘汰されただけで、100議席減なのです。そもそも現在288議席もある自民党が大きく議席を減らすのは間違いありません。これまで国民を舐めてきたツケを一気に支払う機会になりそうですね。
<「投稿サイト」編集部>

麻生さん、また「射殺」とか言ってますが・・

23日、麻生太郎副総理兼財務相が宇都宮市内での講演の場で朝鮮半島有事で想定される難民の発生に関してコメントし、「(日本に来たら)どう対応するか。武装難民かもしれない。警察で対応できるか。自衛隊の防衛出動か。じゃあ『射殺』か。真剣に考えた方がいい」と語ったようですね。
難民についての対策が一切とられていない日本への、つまりは現政権への皮肉の混じったコメントとして言っている感がありますが、麻生さんの発言はなんかいつも馬鹿ってぽくて知性が感じられないと思っています。
この間のヒトラー擁護の発言と言い、今回の射殺発言といい、こんな発言しか出来ない人間が政治家をやっていてよいのか、吉田茂の血筋だからという理由だけで内閣に入っていてよいのか、と本当に疑問に思っています。今回解散選挙になるそうですが、総理&副総理という政権のトップがそろって信頼出来ない人間ばかりでは、政権も危ういのではないかと思いますが、如何でしょうか。
(投稿ネーム:議員ファースト)
—————————————–
麻生氏の問題発言が続いているようですね。先日の麻生氏のヒトラー擁護発言の冒頭をちょっと引用して解説しますと、「例え動機は良かろうと(難民対応を真面目に考えろという趣旨であっても)」ダメです。それは、公人としての言葉選びが出来ないということが、政治家としては致命的であるからです。不特定多数への講演で「射殺」などと言ってしまう時点でアウトですね。こういう没知性的な発言を何度も繰り返されると、それが麻生氏の人格であり、性根なんだということが段々露呈してきますね。
<「投稿サイト」編集部>

安倍総理、腹切りの日近し?

今回のような衆議院の解散劇は極めて珍しいケースであり、安倍総理についての一連の疑惑の陰蔽のための解散と言う他ないと感じています。なぜなら、森友、加計学園問題は国民の大多数が納得していない問題だからです。
今回のやり口を見て分かるのは、最初は強気だった国会の審議も段々と口先だけの誤魔化しに限界が見えてきて、言葉の上だけ馬鹿丁寧に反省をアピールした揚げ句、閉会中審査での真相究明から隠れたまま逃げ切ろうとしているという事実です。
稲田朋美のような馬鹿女を庇い過ぎて、国民に恥を晒したのも印象的でした。内閣改造後の小野寺防衛大臣などの卒のない発言で支持率も徐々にアップしてきたことを良い事に、今回の強引な、後ろから水をかぶせるような騙し討ち解散となりました。多分体制の整わない野党は足並みが乱れて惨敗するのでしょうが、国民に芽生えた安倍政権への不信感は今後一層拭えないものになっていくのでしょうね。ナンマンダブ、ナンマンダブ。
今回の解散劇は疑惑の陰蔽以外の何物でもないことから、平静を装っている安倍総理の心中も相当応えている、別の言葉で言えば怯えていたのではないでしょうか?
国民の正しい審判に期待したいです。
(投稿ネーム:かけもり食傷)
—————————————–
今回の解散は誰から見てもおかしいですよね。自称「仕事人内閣」も「仕事しない内閣」で終ってしまいましたね。与党の中にだって納得していない代議士先生方が大勢いる筈です。これでもし仮に自民党が20~30議席ぐらい減らす結果になった場合は、安倍さんも責任問題で腹切りは間違いないと思います。
<「投稿サイト」編集部>

週刊現代の選挙予想の福島県1区のところ、ち・が・う・だろー!

週刊現代の10月7日号に今度の衆議院選挙の予想をするページがあったので、地元の事はどう書いてあるのかなー、と思って福島1区の欄を見てみると、なんと民進党の金子恵美氏が自民党の亀岡偉民氏に約一万票差で勝つという無茶過ぎる予想が載っており、疑問を感じた次第です。
だって、前回5000票差で敗れ、惜敗率で比例区当選をした金子氏が今回そんな勝ち方を本当にするのかなあ、と思ったからです。勿論、共産党などの野党と全て共闘するというならば、これまで無かった票も入るのでまだ可能性はあると思いますが、今回野党共闘はならず、日本共産党からも齊藤朝興氏が出馬するっていう話を聞いています。ということは、票は確実に割れるので、金子票が亀岡票を超える可能性は殆どないのではないでしょうか。
自民党県連にいる知り合いの話によれば、先日会議が持たれた際に「金子は性格を世間にバラされてしまった『タクティクス効果』で、大分評価が低迷している」と語られていたそうです。
そういえば、地元での金子氏の評判というのは、「このハゲー!」「ち・が・う・だろー!」で有名な豊田真由子衆議並みのパワハラ女として知れ渡っています。例えば、真面目で評判の良かった菅野文成氏(元知事政務秘書)でさえも、金子に嫌気がさして秘書を辞めてしまう始末であり、豊田議員同様、秘書を目まぐるしくチェンジする事で著しくイメージが下落しています。
以前、タクティクスにその一部始終を報道された金子氏が、カンカンに怒って伊達警察署にかけこみ、なんとかしてくれと訴えた、というのも有名な笑い話となっていますが、警察の人もホトホト対応に困ったでしょうね。そんなこんなで最近は少し大人しくしているようだとの噂も出たのですが、人間の性根というのはそう簡単に直る訳はないと思います。そもそもが父・徳之助氏譲りと言われる性格なのだから、死ぬまで変わらないと思います。こういう人が間違って政治家になることで苦しむ秘書が出てくるので、出来ればご遠慮してもらいたいのですが、いかが思われますか?
(投稿ネーム:伊達市有権者)
—————————————–
そうですね。秘書を人間扱いしないパワハラ振りでは地元で知らない人がいない状態になった金子氏ではあります。この間、居酒屋で県政談義をしている一団が、金子恵美氏に「民進版豊田真由子」という愛称をつけて楽しく語り合っていました。そういう事も、今回の衆議院選挙の結果を如実に物語っているように思います。
<「投稿サイト」編集部>

福島市長選で木幡陣営早くも内部分裂か?

三つ巴の選挙戦が確実視されている福島市長選。福島市職労を始めとする労働組合が現職の小林香市長憎しで担ぎ出した復興庁の元福島復興局長・木幡浩氏ですが、今からもう、支持者団体は分裂し始めている様子が伝わってきています。
福島市新町の後援会事務所に詰めているのは連合福島と労働組合出身の市議会議員達だけで、保守系の市議達には居場所がないため、殆ど顔を出していないということです。今時駐車場も無いところに開設した事務所ですから、連合の幹部達が夜な夜な夜の街に”出勤”される一次基地になるのではなどと最初から言われていましたが、多分そうなってしまうのでしょうかね。
タクティクス本誌記事によりますと、「市職労に押される候補者では慣れ合い市政になってしまう」とありますが、おそらくそれは事実なのでしょう。真の福島市出身のピンクのおばさんに本気で頑張ってもらって市民のためになってもらいたいものです。
(投稿ネーム:某福島市民)
—————————————–
色々周辺市民に聞き込みをしておりますと、やはり桜田葉子候補の人気がやや高いようですね。この方は12年間に渡って自民党福島県連の福島総支部長を務めたというベテラン県議でしたが、その役目を辞するにあたり、自民党に今回の立候補の推薦願いを出したという流れのようです。そしてその翌日に同じく出馬表明をして推薦願いを出したのが木幡浩氏という訳です。長くなるので、詳細はタクティクス本誌9月号の記事でおさらいしてほしいのですが、木幡陣営を影で牛耳っているのが、自称・県政界の首領、佐藤憲保県議であり、桜田氏の支部長辞任後、自分の子分格の西山尚敏県議を後釜の座に就かせ、キャスティングボードを握ろうと躍起になっているようです。そんな訳で自民党推薦という話は、双方痛み分けのような流れになり、誰にも推薦を出さない事に決まってしまいましたが、本来ならば支部長として長年貢献してきた桜田氏だろうに、という声は党内でも多く聞かれるようですね。本誌がこの佐藤憲保一派の謀略を暴き続けているのは、それが常に利権絡みだからです。純粋に市政に向かい合ってくれる政治家を選ぶ市民のセンスもこれから問われてくることと思います。
<「投稿サイト」編集部>

 

ヒトラーを擁護する麻生さんって正気なんでしょうか。

先日自民党の麻生太郎副総理兼財務相が、自身が率いる自民党麻生派(志公会)の研修会で「(政治家に)動機は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても何百万人殺しちゃったヒトラーはやっぱり駄目だ」などと発言していた事実を知って愕然としています。ヒトラーの動機が正しいなんて、初めて聞きました。一応本人もヤバイと思ったらしく、「悪しき政治家の例として挙げた。真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ」など釈明したようですが、ヒトラーにある程度シンパシーを感じていた事実は隠しようがありません。
麻生氏は平成25年にも「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか」などと発言しています。どこかしら、ナチス政権に憧れを持っていますよね。いくら吉田茂の孫だからと言って、こんな人が日本で政治家をやっていて良いのでしょうか。
(投稿ネーム:太郎)
—————————————–
一説によれば、麻生氏の発言の中に出てくるヒトラーというのは、安倍晋三氏のことを例えたものだったのだそうです。つまり、一時はやれ一強だとばかりに傲慢になり、強引な姿勢で憲法改定のスケジュールを一人で決めたりする身勝手さを皮肉って、「そういうやり方だとヒトラーと同じ結果を辿るよ。」と皮肉りたかった訳です。そして、本当に総理に相応しいのは安倍なんかじゃなくて俺だよ、と言いたい訳なのです。なかなかに醜い党内争いといったところですが、発言して自身の社会的信用が急落しているあたり、麻生さんももう限界ですかね。
<「投稿サイト」編集部>