カテゴリー別アーカイブ: ニュース

福島1区の金子恵美候補は共産党なんですか?

解党前の段階に民進党が共産党との共闘解除を決めた際、フェイスブックで前原誠司議員を「腐っとるな前原!!」と罵倒した誰かの投稿に 「いいね」を押し、自分のフォロワーに拡散していた事件ですっかり有名になった福島1区の金子恵美候補ですが、これで事実上前原陣営とは絶縁し、今回の選挙は希望の党でも立憲民主党でもなく、無所属で出馬している訳ですよね。
(画像を添えました。)

しかし無所属とは言っても、実質彼女は共産党なのではないかと疑っています。私も福島1区の有権者の一人ですが、自宅の電話に共産党から「金子恵美をよろしくお願いします。」という電話が連日に渡って執拗に何度もかかってくるからです。これが本当に不愉快です。野党共闘ということでやっているのでしょうが、単に与党に勝つためだけに政策がバラバラな野党が妥協で共闘している姿勢には私は疑問があります。「反自民」だけで一致して仮に自民党に勝利したところで、その先に展望があるとは思えず、寧ろ不安です。また根本政策の一致がない野党共闘で単純な票の足し算が成立すると思っているのは大きな間違いだと思います。例えば私個人は元々の民進党支持者であり、いつも金子恵美氏に票を投じていた者ですが、共産党と組んでいるようなので、今回は考ええ直しています。もちろん私とは逆に、「元民進党絡みだから投票しない」という共産党支持者も存在するでしょう。選挙に勝ちたいのであれば机上の票の足し算ではなくあくまで政策で勝つべきだと思います。経済政策、安全保障政策などで与党より説得力のある政策を打ち出し、その理念をしっかりと押し通すべきです。それが有権者に認められれば小手先の野党共闘などせずとも選挙に勝てます。
理想と現実は違うと言われるかも知れませんが、私は安易な野合にはアレルギーを感じます。
こういう人間もいるということを知りながら、選挙に臨んでほしいと思います。
(投稿ネーム:福島1区有権者)
—————————————–
福島1区有権者さんのご意見は、至極真っ当なものですね。ある政党がその候補(この場合は金子恵美候補)の応援をし、仮に当選した場合、当選した議員は何かにつけてその政党の意見を聞かねばならなくなる「しがらみ」が発生するという現実が間違いなく存在します。つまり、例えば共産党を支持していない人(極端に言えば嫌っているような人)が、元々民進党候補としての金子氏を支持して票を投じていたのに、今回については共産党の政治的な権益を増やすことになるという矛盾に憤りを感じるのはごく自然なことだと思います。本来的には、政治家が選挙戦に勝つためだけの都合に有権者の方が振り回されるのでは本末転倒です。誰しもが持つ、貴重な1票です。逆に、今回のような事例も含めて候補者を選ぶ判断基準に加える、という方向で良いと思います。
<「投稿サイト」編集部>

 

 

 

パワハラの頂点議員の金子恵美・豊田真由子両氏はともに無所属出馬?

自民党&公明党、民進合流組を含む希望の党&維新の党、立憲民主党&共産党を中心とする三極での争いとなった衆院選ですが、大分混迷の度が深まっているみたいですね。
そして、希望の党と立憲民主党のどちらから出馬するのか注目されていた福島1区民進党前職の金子恵美氏(52)は、希望の党の政策協定書を受け入れられないとして、公認申請せず、無所属で出馬すると表明したそうです。
金子氏と言えば、「このハゲー!」事件で豊田真由子衆議が世間を賑わすまでは秘書へのパワハラでは右に出るもの無しと言われていた人物であり、未だに秘書はコロコロ変わり続けています。
そんな訳で、最近は金子・豊田の挙動をどうしても比較したくなるんですよね。
どうやら、例の事件で自民党を離党した無所属の豊田真由子氏も衆院埼玉4区から、無所属で出馬するようです。豊田氏いわく、何万件へもの謝罪行脚をするつもりだったが間に合わず選挙となったので、出馬をためらっているとのこと。出馬する場合は「無所属で出るしかない」と言っているようですが、口では殊勝なことを言っていても政治生命に貪欲な人物ですから、十中八九出馬するのではないかと思います。
結局パワハラ議員コンビは無所属ってことになりましたね。金子恵美氏と豊田真由子氏の今後というのは全然読めないような状況になっていますが、これからどうなるんでしょうか。
(投稿ネーム:徳ちゃん)
—————————————–
そうですね。金子・豊田両氏が秘書へのパワハラの悪辣さでは拮抗する力の持ち主であることは全くの同感です。実際、録音すれば金子も全く同じような事をやっていることが分かる、という噂も地元では多々囁かれていますね。ただ豊田氏の場合は結局悪行が白日の下に晒されてしまった訳ですので、素直に謝罪行脚をするしかなくなったのが逆に人間としては救いなのではないかとも思えます。金子氏の方は、豊田報道を見てビビッて以来、鳴りを潜めているようですが、性根は変わりようも無いのは言うまでもありません。本人は希望の党を蹴ってリベラル色を出したいのでしょうが、そんな人が秘書をボロキレのように扱うという矛盾に選挙民はもう気付いてしまいましたね。
<「投稿サイト」編集部>