カテゴリー別アーカイブ: ニュース

仁志田派に寝返ってきた若手K市議の人間性が信用出来ない。

私は伊達市が合併する以前から仁志田昇司氏を応援する立場をとっているものです。最近ちょっと気になることがあり、拡散力のある媒体で多くの人間に内容を共有して一緒に考えてほしいと思いまして、普段から仁志田バッシングが激しいこのサイトですが敢えて投稿することにいたしました。
さて、伊達市長選はいよいよ来月に押し迫り、多数候補が乱立しそうな雰囲気ですが、まだまだ今後の動きには読めないところが多々ある状況かと思います。
そんな中、JC(青年会議所)の「全国LGBT若手市議会」で副会長として活躍していることでも有名なK市議が、我々仁志田支持者の集まりに突然参加するようになり、一同でギョッとしています。なぜならこの人物は市長選に立候補予定の高橋一由市議と同会派であり、前回の市長選では勿論高橋市議を応援していたからです。怪しいので色々探りを入れてみたところ、会派の仲間にも今回は高橋市議の応援はしないと表明したそうで、その理由として、自分の後援会でもある樋口光雄元保原町長と梁川から出馬した須田博行氏が血縁であることを説明したとのことでした。そして我々仁志田派に対しては、「いきなり仁志田支持とは言いづらかったので、ワンクッション置いた」というような意味合いをヘラヘラと語り、今や仁志田派の遊説隊に入っています。
私の考えは古いと言われるかも知れませんが、この若手K議員の「一切筋を通さない」という、のらりくらりとしたやり方には人間として全く納得出来ず、人間として全然信用することも出来ません。はっきり言えば、こんな人間が仲間に入ってきたことを私は心底不快に感じています。スパイなのではないかとも疑えますし、何れにせよ、こういう人間はいつか必ずこちらのことも裏切る日が来ることは目に見えています。
よその会派の事情など本来は無関心な私ですが、彼が同会派の高橋・八巻議員からは世話になり、傍目からも、若手として面倒を見てもらっている様子は分かっていました。彼らにしても、まさかこんな風に裏切られるとは予想もしていなかったことでしょう。他人事ながら、酷い話だなあ、と感じています。更に、政務活動費の流れに明るい人間から聞いた話によれば、この「きょうめい」という会派に支給される政務活動費(毎月3万円×3名分で、計9万円)の殆どはこのK議員一人で使用しているように見え、前述の「全国LGBT若手市議会」の役員会への出席などに頻繁に使われている形跡が疑われるそうです。LGBT(性的マイノリティー)の人権を守っていくというテーマが重要であるという点については私も同感でありますが、それとは全く別問題として、あくまでも個人の活動領域について仮に政務活動費を使っていた場合は明確にNGであり、線引きはキチンとするべきである思います。(逆に、こういう都合良く使える金欲しさだけで、会派に属していたのではないか、と私個人は観察していますが。)
結局のところ、早稲田卒の学歴があったところで、しっかりとぶれない人間性が無ければ信用は出来ません。K議員があっちの陣営こっちの陣営と飛び回って媚を売り、時には「市議をやめて県議になりたい。」などと言い出す姿は非常に見苦しく、議会内で「蚤の心臓」との異名をとるだけあって、「保身」だけしか見えてきません。こんな人間が次世代議員だというのならば、お先真っ暗だと思いますし、私は人間として認めていません。
(投稿ネーム:霊山町下小国住民)
—————————————–
非常にレアな情報提供、ありがとうございます。来年は、市長選の後、4月には市議選があるわけですが、その辺にも絡んでくる重要な内容になってくると思います。選挙の前後の行動で、今まで分からなかった人間性が表面化してくるという事はあると思いますので、逆にそこには注目しておいた方が良いでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

早くも威張り散らしている木幡浩氏

12月8日付けで福島市長に就任となる木幡浩氏ですが、選挙に勝った途端から、周囲に対する態度が豹変し、威張りちらしまくっているという噂があちらこちらから聞こえてまいりました。市長選に勝って、非常に気が大きくなっているという状態なのでしょうが、はたから見ると、いい気になっている、というレベルです。天下人にでもなったような態度であり、「内堀(県知事)は行政時代、総務省の課長補佐止まりだったから、(復興局)局長にまでなった俺の方が上だ。」などと豪語しています。そのうち、県知事選に出るなどとも言い出しそうな勢いですが、また業の深い人間が市長になってしまったと、頭を抱えているところです。
(投稿ネーム:某公務員)
—————————————–
某公務員さん、そうでしたか、木幡氏の人間性は蓋を開けるとそんな感じだったわけですか。小林香氏の正確の悪さもそうとう不評でしたが、それに負けず劣らずかも知れませんね。市民にしたら一難去ってまた一難、というところでしょうか。お察しします。
<「投稿サイト」編集部>

伊達市長選絡みで既に公選法違反を犯している須田候補

伊達市在住の者です。これは知人である、地元の亀岡義尚県議の後援会関係者から聞いた話なのですが、先日11月28日(火)の夕方4時から、穴原温泉で高級を誇る某T旅館で亀岡氏の後援会の役員会があり、役員27名とご本人、執行部などを加え、30数名が集っていたそうです。知人によると会費は5千円だったそうですが、豪華食事に宿泊付きで、しかもコンパニオンを呼んでの盛大な二次会もあり、帰りには温泉卵20個のお土産まで付いていたそうです。この旅館が格安プランでも一万数千円かかる高級旅館であることを考えると、どう見ても一人当たり二万円を超える経費がかかっている歓待ぶりだったことがうかがえます。
さて問題は、この役員会が伊達市長選候補者である須田博行氏の推薦を決議するために亀岡県議が開催したものであり、その場にて須田博行候補が演説し、役員各位に投票と「票の取りまとめ」をお願いしていたという事実です。
しかも、会費を差し引いた全経費は、表向き、亀岡氏の後援会が負担したことになっていますが、実際はその金は須田氏の政治団体名義で同後援会に寄付する段取りになっているという、限りなくグレーである内情も聞いてしまいました。
もう市長選も近いこの時期にこういう事をやっているのって、公職選挙法違反にならないんでしょうか。タクティクスさん教えてください。
(投稿ネーム:ムーンエイジ)
—————————————–
ムーンエイジさん、貴重な情報提供ありがとうございます。このお話が本当であるならば、間違いなく公職選挙法に抵触する事件ということになります。伊達市長選挙の告知日である1月21日までもう90日を切っている段階で、後援会役員のような地元に影響力のある人達(法的には「地域主催者」と呼ばれる人々)に当選を目的にした供応接待をすることは、公職選挙法第221条において買収行為として明確に禁じられています。金銭の流れをカモフラージュしているつもりのようですが、警察の追及を逃れられるほど巧妙にはやっていないようですから、発覚は避けられないでしょう。
県職員時代のグレーな行状があちらこちらで囁かれているせいか、地力が殆ど無い須田氏を、亀岡義尚県議が何とかして持ち上げようと力技に走った結果が、思わぬ裏目に出た形ですね。
<「投稿サイト」編集部>

接待漬けだった須田さんの思い出

福島県で県北農林事務所長をやっていた須田博行さんが伊達市長選への立候補を表明したという報道を見てから、ちょっと不安になっている者です。私も伊達市在住の県職員なのですが、11月に須田さんが退職されるまでは須田さんの動向が比較的よく分かる持ち場に勤務していました。
須田さんは事務官というよりは技官でしたので、現場の事情に深く関わる立場だったせいもあり、暇さえあれば業者の過剰な接待を受けながら便宜供与をしている、ズブズブの印象な人物でした。しかも長い間に、接待される事にはもう慣れっこになっていて、「あの人、自分から(接待を)催促してくるんだよねー」と業者がこぼしているのを聞いたこともあります。
私は、まあ県職員にもこういうタカりみたいな人は必ずいるもんだよな、という冷ややかな目でずっと見ていただけでしたが、こういう人間が市長とかになるのはさすがにちょっと酷過ぎると思っい、危機感を感じました。とはいえ、須田氏って、欲得まみれであることが人相にも滲み出てしまっているので、写真の段階で誰も支持しなさそうだなー、とは思ってはおりますが(笑)。
必要ならばまだまだ細かい情報は持っていますので、この場に提供していこうと思っています。
(投稿ネーム:キビちゃん)
—————————————–
キビちゃんさん、非常にコアな情報提供をありがとうございます。人相で判断するのはさすがに可哀想かとは思いますが、キビちゃんさんの情報の通りであるならば、非常に問題は大きいですね。伊達市長選挙の結果はある程度見えているというご意見も良く耳にしますが、それとは別に、そういう人物が候補として立っている事自体が、擁立した人達の立場さえも脅かすものになりそうです。これからももっと情報をいただければありがたいです。
<「投稿サイト」編集部>