カテゴリー別アーカイブ: ニュース

新規事業に邁進中の女子プロレス大好きの名門社長

福島県内で飛び切りの名門建設会社の御曹司社長が趣味のプロレス興行で空洞化に加速がついている県都福島市の中心市街地の活性化に邁進していることがコミュニティーFM放送関係者から届いてきました。
名門建設会社の跡取り御曹司よりも趣味の覆面プロレスラーとして超有名な3代目若社長ですが、県都福島市のパセオ通りの活性化の一環としてテナント不足で経営危機が伝えられている「パセナカミッセ」を自分がオーナーを務めているワールド・サマーグループの傘下企業として買収し、物販店フロアに娯楽の殿堂としてのプロレスのリングを設置して道楽事業である女子プロレス興行で街中再生賑わい事業を行おうとしているそうです。
事にグループ企業の金食い虫として揶揄されているFM放送会社に対しても、「刎頚の友である県議会議員」がパーソナリティーを務める番組に数多くゲスト出演して「コマーシャル料」でFM放送会社を支えていることが伝えられています。
また、刎頚の友の選挙対策も兼ねてビル丸ごとを接収して娯楽・道楽の殿堂拠点として、震災バブルで儲かりすぎた同社の「節税対策」も兼ね行く経営方針だと言われています。
道楽を節税対策の一環として出来るなんて、何とも恵まれた「勝ち組御曹司」ですが、本業の建設業よりもプロレス興行の方が興味津々のようですね。
(投稿ネーム:命の洗濯友の会)
—————————————–
そういえば、今年、年明け早々、意味深な投稿がありましたね。しかし、趣味で1億、2億と穴を開けたとしても何の問題もない、などと言われる儲かっている企業とはなんと羨ましい限りですね。だから節税対策として好きなことばかり出来る訳なのですね。世間ではこんな話をどう受け止めるかが問題ですよね。
<「投稿サイト」編集部>

建設業法7条違反を繰り返している空衛協支部長!

福島県内の管工事・設備業者の親睦団体という表看板の他に業界談合団体として県内に支部網を網羅して業界調整に睨みを利かしている福島県空調衛生工事業協会ですが、独占禁止法の競争制限違反を繰り返してJR東海のリニア工事以上の業界主導による業界談合を脈々と繰り返してきましたがそれ以上の建設業法違反を毎度繰り返していることが建設業法による営業許可を与えている監督官庁の福島県土木部関係者から漏れ伝わってきました。
どのような違反行為を繰り返しているかというと建設業法7条に基づく法令違反らしいと県庁内部では囁かれているそうです。具体的には建設業界で営業して官庁工事を受注している元請け業者ならどなたでも理解している基本中の基本だと建設業協会の支部長間では「語り草」になっているそうです。
法文解釈など全く無知な「中小企業のおやじ達」の」親睦団体ですから未だに日本相撲協会と同じく発展・進歩が無いようですから誰一人真面目に建設業法7条など読んだことが無いのでしょう。そればかりか、経営審査事項通知書の記載内容についても他貸借対照表・損益計算書始め客観点数のP点や監理技術者・主任技術者の詳細人数なども全て担当の行政書士に丸投げしているために、福島県や市町村から入札広告がなされると空衛協メンバーと「誰が入札行為のチャンピオンになるか」という談合行為の本命業者になることにしか興味がない、と言われています。
そればかりか、「企業コンプライアンス」・「企業ガバナンス」という言葉さえ知らない「井戸の中の蛙」集団であるようです。飲食を会社の「接待交際費」として支出して、ホステスを構うことしか興味が無いボンクラ社長の集まりである空衛協メンバーですから、建設業法第7条に違反している業者に対して、建設業法に基づいて建設業者としての営業許可を与えている福島県知事は、福島県入札参加制限要綱[指名停止要綱]に照らし合わせて「不誠実な企業」として6ヶ月から1年程度の入札参加資格制限・指名停止の行政処分を速やかに行うべきではありませんかね?
(投稿ネーム:福島県第2建設業協会)
—————————————–
以前から県空衛協の問題に関しての投稿が相次いだ時期がありましたが、今回は単なる談合などではな無く、建設業法違反という根幹部分の問題のようです。
本誌にも既に数社の情報が入っていますが、時間を見て順を追ってこれらを詳らかにしていきたいと考えています。
そうなれば悪質と見做され、半年以上の指名停止を受けるようになるかも知れませんね。
<「投稿サイト」編集部>

金融庁査察で頭取引退を勧告されている東邦銀行!

福島県の指定金融機関として県内で独占的な営業テリトリーを構築している、東京証券取引所1部上場の東邦銀行ですが、銀行法に基づく監督官庁である金融庁から定期の銀行査察検査の結果、保険業法で禁じている「地位を利用した保険販売」をしているという内容で、是正勧告を受けていたことが分かりました。東邦銀行は、完全子会社であり連結決算子会社である福島商事を仲介して、企業並びに個人事業者に対して「高額の外貨建て金融保険商品」をハイリスク保険業法による「重要事項の説明等」をしないでやっていました。つまり、銀行として付き合いのあった「融資先」に対して、高額な手数料だけを目的とした販売営業を行っていたので、咎められたということです。
更に金融庁からは、北村頭取始め東邦銀行経営陣の「企業コンプライアンス不足」を指摘されました。これは、頭取在任が10年を超えていることから、実質的には頭取引退の勧告とも受け取れる是正指導であるとの情報が、北村頭取に子会社に飛ばされた元役員から届いてきました。
全国地方銀行ランキング106行中97番台のワーストグループと認定されている東邦銀行ですから、焦る気持ちから、営業収益を上げる手段として企業相手に「保険・金融商品」を販売して営業手数料を取っているのでしょうが、一応は、福島県の指定金融機関なのですから、是正勧告を受けてしまうなど、いかがなものでしょうか。福島県民としては恥ずかしい限りです。
(投稿ネーム:行間ダイヤモンド)
—————————————–
そうですね。一言で評するならば、北村頭取でやっていくのはもう限界にきているというところでしょう。金融庁指導の意を素直に受け取って、6月の株主総会では新しい経営陣で承認を受けるべきであると思います。金融庁からは事実上「老害」と認定されているのですから、潔く退場するのが正解だと思います。
<「投稿サイト」編集部>

現職負けても任期満了まで辞めないというあの鴫原副市長

注目の伊達市長選が終わり須田博行氏が勝利したが、同時に前職仁志田昇司氏に任命された特別職の面々は慣例に従い辞表を提出するものと思われていた。
ところが伊達市政問題の口火となった鴫原貞男副市長とE会計管理者との庁内不倫疑惑の当事者、鴫原副市長が2月定例市議会を前に「辞めない」という意思表示をしていることが伊達市幹部職員達から漏れ伝わってきました。
これまでの慣例を持ち出して「辞表は出さないのですか?」と問うた部下に対して「俺がいなければ2月議会における予算編成が出来ないだろう。」と突き放したと言われる。
鴫原氏の過去の行動を見てみると、決して部下を育てることをしない上司だったことが伝えられていて、現在の田中財務部長あたりでは能力面で不安がられており、鴫原氏の言う事ももっともなことらしい。
まさか僅か1ヶ月の報酬が欲しくて言った言葉だったのでしょうかね?
それにしても最後の最後までの粘り腰の強さには驚かされますね。
(投稿ネーム:伊達市政ウォッチャー友の会)
—————————————–
そういえば本誌の伊達市追求の発端は鴫原副市長の不倫疑惑でしたね。本誌の追求に一時は辞職を決意したことも伝えられていましたが、仁志田市長の懇願により、世に恥を晒してきましたが、それが最後の最後になって「辞めない」とは凄い人物だなと思わざるを得ません。2月議会での予算編成頑張ってくださいネ。
<「投稿サイト」編集部>

12年前に逆もどりするのか伊達市政

JA、商工会、シルバー人材センターに続き、伊達市も梁川中心になってしまうのか?須田新市長になり、ついに梁川の時代がまた来るのか。そして後にいる池田一族が今後どのように市政に関与してくるのかが今後心配されます。一人の市議の応援も無く当選した訳なので、今後議会の方はどのような立場で須田市長と向き合えばいいのかが注目されることになります。唯一人、若手市議の父親は須田事務所に行っていたと言われますが、どうなのでしょうか。
須田市長が登庁するようになれば、池田参りをしてから行くのか?
井上要ちゃんの代わりに池田敏博氏が、ちょこちょこ役所に顔を出すようになるのか?
ただ、その前に須田さんは公選法違反で失職し、4月には市議と市長選の同日選挙ということも無きにしもあらず。
地元梁川地区の方々には、また池田政権が復活した!と失望している人も少なくありません。
須田さんは市長になって何をするのか?何を作るのか?もしかしたら梁川庁舎の移転はご破算になるのかも知れませんね。また、何かの施設を梁川に建てるとか「ハコ物行政」を合併前の梁川町同様に甦らせるのか?それを期待して梁川の多くの方は投票したのだから、どこかで応えなくてはならないでしょう。でなければ2期目は無くなりますからね。
人事面でも副市長、教育長、部長といったポストに梁川出身の人達が名を連ねそうですね。
(投稿ネーム:今後の伊達市政を憂うる会)
—————————————–
伊達市長選挙が終わってまだ一週間も経たないというのに、早速、このような投稿をいただきました。伊達市政に詳しい方のようで合併前のことや池田町政のことをかなり知っている方のようですね。
また、仁志田市政時代のお側御用人井上要氏の代わりに元町長の長男、敏博氏を持ってくるあたり、なるほどと頷くようなことまで記してあります。記者も敏博氏の素性については嫌と言うほど知っており、今後の伊達市政は彼らが暗躍するようになればそうとう危険なことになると思っていましたから、この「憂うる会」の方の心配事は当たらずとも遠からずと言ったところでしょう。
一方で、本誌を誹謗中傷する、事実と全くかけ離れた脅迫文書を送付するなど、何者かが動き始めましたが、これは次号の本誌で解決したいと思っています。
引き続いて本件のような投稿をお待ちしています。
一応、我々もプロですから、これまでの出版物等の文章を照らし合わせれば、どなたが発信人なのかはある程度想像が出来るものなのですよ。
<「投稿サイト」編集部>

農地溜池除染談合にも関与していた須田伊達新市長!

1月の伊達市長選挙に初当選した前県北農林事務所長の須田新伊達市長ですが、福島県農林土木の高級技術者の立場を利用して農林水産部幹部職員の天下り再就職団体である旧福島県土地改良連合会と結託し、農林水産省補助事業である「溜池」除染作業のマニュアル作成並びに業者選定入札に深く関与していたようです。つまりは「溜池除染談合」に関わっていた訳です。更に、今回の伊達市長選に於いても、福島県土地改良連合会公共事業落札業者や福島県森林組合連合会加盟の森林組合員をフルに活用して「農業お6次化・中山村地域振興」を公約に挙げて農林補助金をバラまいて当選したということです。これは、土地連を退職した元福島県幹部職員から漏れ伝わってきた情報です。
須田氏と言えば、県北農林事務所発注の農村基盤整備事業落札業者に選挙事務所の仮設プレハブ工事代金まで支払わせている高級農林土木技術者ですから、市長選の公営選挙ポスター掲示作業を始めローラー作戦の人海戦術人件費まで「溜池除染」落札業者につけまわしたと土地連幹部の間では公然と語られているそうです。
農林水産省補助金で自分の伊達市長選挙の資金を賄ったことになります。なんという金運でしょうか。または、公共事業利権に飛びつくのがうまかったんですかね?そんな、須田新伊達市長も、結局は池田元梁川町長の傀儡と言われているようです。
(投稿ネーム:悪を斬るめど黄門)
—————————————–
本誌1月号に記したように、公選法違反の疑いと、選挙事務所をプレゼントされるという収賄罪の可能性を犯しているだけではなく、この投稿にあるような溜池除染に絡んだスペックインと呼ばれる商品購入のルートを開いてやっていたという話も聞き及んでいましたから、多分、本件はそのことなのでしょう。結構顔に似合わない”悪党”だったのですね。さすが、県農林水産部の大ボス黒沢天皇の子分だけありますね。
本誌も贈賄側の業者を含め、叩きがいがあるので今後が今から楽しみで仕方ないですね。
<「投稿サイト」編集部>

右肩下がりの東邦銀行

タクティクス2月号の巷の裏事情、ワーストに分類される東邦銀行を読んで、東邦銀行はよくもまあでかい顔をしていられるなと思いました。
県内に3つある地銀の中では優良らしいですが、3行共にランキングではワーストですから話になりません。お山の大将そのものです。
そんな中、県内支店の店舗数の3分の1を統廃合し、同様に行員数の3分の1を減らす計画が具体化していることが内部から聞こえてきました。
日銀のゼロ金利政策のために預貸率のバランスが逆転してしまった金融界では、県内一流企業としての東邦銀行もいずれ最悪の職場に転じてしまうことでしょう。もっと、これまで威張っていた東邦銀行を貴誌のペンで厳しく糾弾して下さい。
(投稿ネーム:東邦に冷たくされた二流企業オーナー)
—————————————–
暫く東邦銀行問題に触れてきませんでしたが、今回のワースト報道が出てから若干世間の目が変わってきたように思います。店舗数削減や人員削減の話は内部の話として本誌にも入ってきています。2月25日発売号に間に合うように取材を進めていきたいと思います。
<「投稿サイト」編集部>