カテゴリー別アーカイブ: ニュース

梁川のコンビニ強盗は地元の〇〇建設株式会社の息子だった!?

5月15日の午前5時頃、伊達市梁川町のセブン―イレブン福島梁川右城町店に強盗が入った事件は、皆の記憶にまだ新しい出来事かと思います。
この強盗は、顔にマスクと眼鏡を着け、黒色のジャンパーと黒色のズボンという姿で来店して、手に持った凶器で30代男性店員を脅し、現金約8万円を奪って逃走しました。幸い他に客は居なかったようですが、店員が両手を切り付けられて怪我を負ったことや、店員から車の免許証を奪って、「お前の住所は分かったからな」などと脅しながら去っていくなど、非常に凶悪な強盗致傷事件だったことを覚えています。
この犯人は結局父親に連れられて伊達警察署に出頭し、逮捕されたようです。犯人は市内の会社員、容疑者男(25)として公表され、消費者金融に100万円近く借金をしていたことが分かり、これが犯行の動機につながったと見られているようです。
聞いたところによると、この男は伊達市梁川町で建設業協会の代表をつとめる〇〇建設株式会社の息子だということです。だとすると、この社長が息子を連れて警察に出頭したということになると思います。
地元を代表するような企業の息子が、コンビニ強盗を働くというのはとんでもない不祥事だと思いますし、普段は地域社会への貢献を標榜している〇〇建設から、地元梁川に唾を吐きかけられたような憤りを感じているのは私だけでしょうか。
(投稿ネーム:梁川ボーイ)
—————————————–
梁川ボーイさんのご意見、ご尤もだと思います。本来なら地元あっての会社として、常に地元梁川の利益になるような行動に努めるべき代表的企業だと思いますし、その息子にもそういう認識を教育によって持たせておくのが自然なことだと思います。今回の強盗事件の悪質さを見ると、それには程遠いものが伺われます。この企業も、結局自分の利益のみに固執した揚げ句に、息子にもそれが伝染してとんでもない自己中心的な犯罪者に育ってしまったのでは?と噂されてもしょうがない部分はありますね。
何よりも、100万円の借金で困っていても相談も出来ない親子の関係性と、その代わりに市民に危害を加えて奪い取るという身勝手さの中に、この問題が抱える大きな闇があると思います。あくまでも秘密裏に解決し、「息子が大変ご迷惑をかけて申し訳なかった」等々の、公式謝罪も一切やろうとしない〇〇建設株式会社の不誠実さも非常に残念です。
<「投稿サイト」編集部>

伊達市長、3ヶ月で早くも「求心力」無しを露呈

先日伊達市の新市長となった須田博行氏ですが、もう巷では既に、「この次の市長は誰になるのか。」ということが話題になっているようです。須田市長は1期で終わり、次は無いと見ている市民、市職員が多いということでしょう。
須田さんは、漁夫の利を取るような形で市長になってしまった訳ですが、周囲からの評価はやはりイマイチです。伊達市の現状をあまり把握しておらず、市内に友人知人も少なく、須田家の方々も他人事のようにしているようですから、いいところ無しという感じはあります。何より痛いのは、市職員との関係性を上手に作れていないということのようです。須田市長を認めている職員というのは殆どおらず、1期で終わりだろうと皆で語り合っているようで、今後評価が突然良くなるといったことは到底期待出来そうにはありません。
実際、伊達市の粟野塚原にある自宅には住んでおらず、福島市の〇〇〇〇にあるお家の方に帰宅しているようです。やはり大方の予想通り、農林担当の県職員に、61000伊達市民のトップは無理だったのかも知れません。
ただ、何も分からない市長であるため、職員は逆に”楽”だということです。つい先日まで市長だった仁志田氏の「上から目線」に比べれば当然そうなることでしょう。
現在、梁川分庁舎の移転、地元粟野小学校の統合、梁川地区の人口減少等々、問題が山積しています。特に地元である梁川町には明るい話題も少なく、大きな期待を受けながら梁川の希望として誕生したような須田市長でしたが、三年七ヶ月後の次期市長選の話が今から出てくるようでは、前途は疑問符だらけと感じるのですが、如何でしょうか。
(投稿ネーム:おやじの六次化)
—————————————–
本誌も、須田市長誕生後しばらくの間は様子を見、しかる後に論評を加えようと考えておりましたが、須田市政発進から僅か3ヶ月にしてこのような思いもよらない投稿が寄せられてくること自体に大変驚いております。元々政治の事は右も左も分からないというフレコミがあった須田市長の唯一の得意分野は「農業の六次化」による生産力アップですが、これも段々と色褪せてきている印象です。市職員からの軽視を肌で感じながら、現実から目を背けるようにして福島市へと帰宅していく伊達市長。こんな市長がいつまでも続く道理がないと感じる市民の感覚は当然と言えば当然かと思います。このテーマについては、今月25日発売のタクティクス本誌にて、より詳細な事情を掲載する予定ですので、そちらも合わせてご覧ください。
<「投稿サイト」編集部>

えげつない!!ベトナム人技能実習生に除染やらせてピンハネ事件!!

20代~30代のベトナム人の技能実習生計4人を東京電力福島第1原発事故後の除染作業に従事させ、その報酬をピンハネしていたことで摘発された岩手県の建設会社の悪辣さが話題になっていますが、法務省と厚生労働省が所管する外国人技能実習機構の実態調査がどんどん進んでいくと、実はもっと人数が増える可能性もあるみたいですね。
私も県北で建設関係の仕事をしている者なんですが、ちょっと小耳に挟んだところによると、この岩手県の建設会社というのは実は末端の下請けで、一次下請けは川俣町の株式会社〇〇カワであり、大本の元請は福島市の〇マ〇工務店だそうじゃないですか。
結局、このピンハネ事件の元締めも地元で良く知っている業者だったので唖然としました。
㈱〇〇カワといえば、この間の伊達市長選の時、須田さんにプレハブの選挙事務所をノオコー建設がプレゼントする際に片棒を担いでた会社ですよね。
いやー、なんでこう、真っ当にやらないで犯罪的な方向にばかり走ろうとするのか、理解に苦しみます。
タクティクスさん、なんででしょうかね。
(投稿ネーム:グエンの160万返せ)
—————————————–
確かに、犯罪となるとすぐに名前が上がってくるのがいつも同じ業者であるというのも、困ったものです。なぜ彼らがそれを続けるのか、端的に言うならば、官憲の手を逃れられる場合の方が多いため、そこに味をしめてしまったとも言えるでしょう。例えば先日の伊達市長選の際の話題が出ましたが、あの時は須田候補との利害関係が強いノウコー建設からの迂回献金によって選挙事務所のプレハブが贈られ、実際に発注したのは㈱〇〇カワだった訳です。これは実質的には完全な贈収賄事件であり、〇〇カワも共同正犯が成り立つのですが、現在もまだ警察から立件されたりはしていません。こうなると、やったもの勝ちのような気持ちになっていく傾向も出てくるのかもしれません。日本の警察の検挙力向上に期待したいところですね。
<「投稿サイト」編集部>