カテゴリー別アーカイブ: ニュース

モニタリングポスト撤去に反対する多数の県民の意思は尊重されるのか?

東京電力福島第一原発事故を受けて県内に設置された放射線監視装置(モニタリングポスト)のうち、約二千四百台を撤去する方針が原子力規制委員会から出されている件で、福島民報社と福島テレビが先月末に実施した県民世論調査では、モニタリングポストの撤去方針について「反対」が45・9%と「賛成」の25・0%を上回ったようです(「どちらとも言えない」が22・9%、「分からない」が6・3%。)。
モニタリングポストが撤去されてしまうと、リアルタイムでの空間線量が分からなくなってしまい、これからもし廃炉作業に於いてトラブルが発生した場合なども、目視で状況を把握して素早く対応することが出来ない、という不安が広がっているのは当然のことだと思います。それに、県内の至るところに未だに除染の廃棄物が山積みで仮置きされているのに、それを撤去しないうちにモニタリングポストだけ撤去することに違和感があるというのも頷ける話だと思います。
今のところ、県内自治体の多くも反対の意思を表明しており、原子力規制委員会の方でも、撤去を強行する気はないとの意を表明している状態ですが、私はこれが時間の経過と共に忘れ去られていくのではないかと不安に思っています。
福島県は知事を始めとして、郡山市、福島市、など主だった自治体の首長が全て官僚出身であることに潜在的な不安感を感じます。このまま一旦は県民を油断させておいて、関心が他に向いたところで、いつの間にか撤去されるようなことになるのではないか、結局は国の方針に従う官僚の習性が出てきてしまうのではないかと心配です。これからも油断することなく、監視を続けていこうと思っています。
(投稿ネーム:ウッチー監視装置)
—————————————–
仰ること、ご尤もな内容だと思います。放射能廃棄物が大量に仮置きされている間は少なくとも災害は終わっておらず、モニタリングだけ終わらせる訳にはいかない、という見解には同感する次第です。問題は、放射能の監視に加えて、県知事や各自治体の首長が国の言いなりにならないように監視する必要もあるということですね。この問題には、県民が粘り強く取り組んでいく必要があるようです。
<「投稿サイト」編集部>

安倍独裁を増長させる岸田氏不出馬のへなちょこ振り。

モリ・カケ問題ですっかり国民の信頼を失っている日本の政治をもう一度シャッフルして仕切り直す貴重な機会が自民党総裁選だと思っていたのですが、なんと一夜明けたら現政調会長の岸田文雄氏が不出馬を表明し、どんどん安倍三選ムードが強まっているじゃありませんか。このままでは、もういい加減安倍さんは降板させて欲しい、っていう私のような一般大衆の切なる願いは置き去りにされてしまいそうです。
今回岸田氏は、禅譲(やがて権力を譲られること)を期待して不出馬を決めたということですが、いやはや、小賢しいというか、根性なしというか、腰抜けというか、非常にへなちょこな男だと思います。これまでの自民党で、禅譲なんて約束が本当に実行されてことは皆無であり、全て口約束で終わっているんですから、浅はかという以外の言葉が見つかりません。
岸田氏は、「北朝鮮問題をはじめとする外交や西日本を中心とした豪雨災害への対応など山積する課題に安倍総理大臣を中心に対応していく必要がある」などと、取ってつけたような言い訳をしているようですが、全く見苦しい限りです。
確固とした政治信条や理念というものがあるならば、仮に敗北したとしてもそこで存在感を示すことで次期にも繋がっていくのですから、出馬して戦うのが政治家というものだと思いますが、そういう意味では岸田氏は完全に終わっていると思います。
それより何より、不正も、無茶苦茶な法案も、強引に権力で押し通してしまうような安倍政権がこれからも続いていく可能性が高まることが本当に憂鬱です。なんとかならないものでしょうか。
(投稿ネーム:あさはか棄民亭)
—————————————–
岸田氏の不出馬が意味しているのは、岸田派が安倍氏支持に回るということです。こうなると、安倍氏は自分の出身派閥の細田派や麻生派、二階派からも支持を得て、四派閥だけで国会議員票の約六割を確保してしまう形になります。噂によれば、安倍氏は更に無派閥議員からも支持を得て、かなり有利な状況を作り出しているようです。対抗馬の石破氏は、国会議員票では自らの派閥以外に支持が広がっていないため、地方票での支持拡大を目指しているようですが、どうなるかはまだ分かりません。
もう一人の対抗馬、野田聖子総務相は無派閥であるため、立候補に必要な推薦人二十人確保に難儀しているようですが、出馬の意志は固いようですね。
自分の権力を守ることにだけ最大の努力を惜しまない安倍氏を破るのは大変であることは間違いありませんが、このまま権力の一極集中と忖度だけで進んでいく日本政治では嫌だ、と思う国民が多いのは当然のことだと思います。
<「投稿サイト」編集部>

翳りが見えてきた文在寅大統領

アメリカと北朝鮮の間で非核化交渉を進めるにあたって、我こそはキーパーソンだとばかりに振舞ってきた韓国の文在寅大統領でしたが、最近北朝鮮からの批判が強まっているみたいですね。非核化協議が難航しているあおりをうけて、南北の経済協力も進まないことへの不満をぶつけられたようです。北朝鮮の韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」の7月23日付の論説では、南北首脳会談で年内実現を目指すことに合意した朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言を巡り「遺憾なことに米国が突然立場を変え、拒否し始めた」と批判し、米国に終戦宣言受け入れを説得するよう韓国政府にプレッシャーをかけていました。お前もっと働けよ、と言われている状態ですね。
更に、北朝鮮が今月27日に朝鮮戦争の休戦協定締結65周年を迎える事を扱った論説では、韓国政府は南北首脳会談の板門店宣言の条項を履行する義務があると指摘し、「決して終戦宣言問題を傍観していてはならない」と強調しています。
ビビッた文在寅大統領は、今秋予定されていた訪朝を8月末に前倒しする方向を出しているようですが、さて、ムンさん、そろそろ限界が見えてきているんではないでしょうか。
(投稿ネーム:バンモンテンココア)
—————————————–
そうでうね。少し辛口に言わせてもらうならば、国民が喜ぶパフォーマンスが得意で、北朝鮮と対話し、アメリカと手を組み、さりげなく着々と日本を貶めている!というのが文在寅大統領の行動の全てのように思います。
当初は国民の心を掴んでもいたようですが、段々と支持率も低下してきているようですね。時節に乗じて、ちゃっかり良い位置を確保した印象はありましたが、実際の彼自身の政策能力については疑問を投げかける向きも多いようです。韓国では、大統領に犯罪者気質のある人間が就任して、最後は刑に服したり、自殺したりして生涯の幕を閉じる例が多い訳ですが、果たして文在寅氏はどうなるのか、これからが見ものだと思いますね。
<「投稿サイト」編集部>

収益優先が見え見えになった福島駅東口再開発事業

7月6日に福島駅東口の再開発ビルについての記事が一面トップで報じられていました。
福島市にとっては非常に素晴らしい事業ですが、オヤッ、と思った事が一つあります。規模的に延べ床面積八万平米は県内一とのことですが、以前から市で言われ続けていたコンベンション機能を持った施設については何も触れられていませんでした。
駅前にただのマンションだけというのでは、これだけの事業規模の割には寂しすぎます。
収益を求めるだけの事業であるなら別のエリアでの分譲マンション計画で良い筈ですが、福島市の駅前に賑わいを創出するための事業の筈です。どこかのT銀行の思惑が見え隠れし過ぎて嫌な気分になります。これまで開発主体となってきた未来○○○は30年後の福島を見据えて分譲マンションをやりたくて推進してきた事業なのでしょうかね。
今後、公的利益が反映されない事業ならあまり意味を成さないものになってしまいかねません。福島市には公会堂といい、図書館といい、老朽化した公的建物が多いのですから、今回の再開発で何かもう少し社会に貢献する建物を残してもらうことは出来ないのでしょうかね。
(投稿ネーム:とほほのほーBANK)
—————————————–
これは、本来市民に還元されるべき、福島市最大の公共事業が、今まさに一金融機関の収益優先の思惑によっていいように捻じ曲げられようとしている忌々しき出来事ですね。投稿ネームにもあります通り、このままそれを通用させてしまっては、正に福島市民にとって、とほほのほー、と言うしかない事態、ということになってしまいそうです。
<「投稿サイト」編集部>

宍戸一照さん、タクティクスが書かなくても攻められてますね。

昨年秋の突然の安倍首相の意表を突いた解散によって野党がボロ負けした衆議院選挙でしたが、首相の第一声は聴衆の居ない荒井の田んぼの中でした。野党勢力のヤジを嫌った安倍首相の小心さからきた田んぼでの第一声でしたが、その時、動員された自民党の聴衆におにぎりが用意されていたそうです。
この、おにぎりを捨てるのはもったいないお化けが出る、とばかりにわざわざ配って歩いた人物が、タクティクスに度々登場していた福島市議である、あの宍戸一照さんでした。
7月14日の新聞に実名で公選法違反(買収)で書類送検されたことが載っていました。
送検されれば最低でも罰金刑ぐらいは受けるのでしょう。
そうなれば市議として公民権停止処分を受けるものと思われますが、その時は失職してしまうのでしょうかね。
宍戸さんは何かと目立ってきましたので、反対勢力から目をつけられていたようです。
くわばらくわばら。
(投稿ネーム:いなかの総務相)
—————————————–
野次を避けて、目の前に実際の聴衆は居ない片田舎でひっそりと演説しつつ、その後テレビ等の報道には演説している自分の顔をドアップで映して、演説した事実だけはめいっぱいアピールする、という手法を「ステルス演説」というのだそうです。ずる賢くも上手いことを考えたものだと思いましたが、この「ステルス演説」の唯一にして最大の弱点が浮き彫りになりました。それは、あまりにも田舎でやっているので、「田舎者の地元議員が勝手におにぎりを配って、演説に泥を塗ってしまう。」という弱点です。
そうした訳で、安倍さんの演説は台無しとなり、宍戸さんはさようなら、ということになりました。本当に、くわばらくわばら、ですね。
<「投稿サイト」編集部>

どう考えてもタガが緩みすぎ!災害中に「赤坂自民亭」を開く安倍氏周辺にカツ!

西日本豪雨の被害が迫っていた7/5夜、東京・赤坂の衆院議員宿舎で「赤坂自民亭」などと名付けた月例の懇親会で馬鹿騒ぎをやっていた政府自民党の面々に対する怒りが抑えられません。しかも聞くところによれば、その宴会には、安倍晋三総理(山口県)を始め、竹下亘総務会長、吉野正芳復興相、翌6日にオウムの死刑執行を控えた上川陽子法相、ネット上に出た画像には自衛隊を災害派遣する立場の小野寺五典防衛相も居るなど、50人もが参加する酒宴だったようです。特に呆れたのは、正に災害進行中である広島選出の岸田文雄政調会長が笑顔で首相を囲んでいる様子であり、こいつは自分の地元より安倍晋三との飲み会を優先する政治家だ、と感じました。
実際、気象庁は5日未明から大阪北部地震地区に土砂災害警報情報を流し、午後2時には西日本での豪雨に警戒を呼びかけていました。京都も同時刻には7800人に避難指示を出していました。
その真っ最中に酒宴は催され、安倍総理が酒宴に参加した夜8時半の段階では、京都の避難指示対象者は8万人以上に膨れ上がっていたのです。そしたその後被害は西日本全体に拡大していきました。
国民が何十年に一度とも言われる過酷な災害に晒されて居る時に、「日程が決まっていたから」という理由で赤坂自民亭を予定通り開催してしまうレベルの低さ、自己中心性、責任感の無さには言葉もありません。
その後、総理は自らの不手際を誤魔化すために欧州や中東への外遊を取り止め、被災地への視察を決めましたが、モリカケの最大のヤマ場を逃げ切ったと判断したのか、相変わらずいい気になり過ぎていると思います。働き方改革やカジノ法案も国会を通し、余裕そのもののようですが、いつかそのいい気の鼻はへし折られるに違いないと感じています。
(投稿ネーム:ミゴロシノミクス)
—————————————–
ミゴロシノミクスさんのご指摘の通りだと思います。今回の大災害に際して、政府の初動に問題があったことは明らかです。すでに九州などで豪雨になっていたにも関わらず5日夜に「赤坂自民亭」を開催していたのは歴然たる事実です。
宴会を5日にやっておきながら、非常災害対策本部の設置が8日になっている点も、遅きに失しているといえます。これは安倍政権の、自然災害への緊張感や危機への認識不足が原因であることは否めようがありません。
この災害対応の遅さが犠牲者を増加させたことは歴然たる事実であり、今後政府の責任が問われ続ける出来事になったことは間違いないと思います。
<「投稿サイト」編集部>