カテゴリー別アーカイブ: ニュース

全然信用出来ない、日本の格闘技業界。

「日本ボクシングを再興する会」が「JOC(日本オリンピック委員会)」に対して、アマチュアを統括する日本ボクシング連盟の山根明会長について7月27日付で告発状を提出したことを発端に、審判へ不当な圧力をかけて試合結果を操作した「奈良判定」疑惑など、様々な問題が明るみになりました。全国大会の審判に対し山根明会長が特定の選手を負けさせるようにジェスチャーや名指しで要求し、「相手方選手を勝たせなければならないと認識せざるを得なかった」という証言があり、指示に従わなかった審判は以後外されてしまうなどの措置が取られたほか、12項にも及ぶ助成金不正流用なども挙げられています。
これに「日本ボクシングを再興する会」が再三に渡って改善要求を行ってきたそうですが、組織に自浄能力が無いと判断した結果、高校、大学などの関係者から賛同を募って333人もの賛同者が集まって告発をしたという流れのようですね。
更にその後、山根氏には文甲明という韓国名があることや、日大の理事長である田中英寿氏とのツーショット写真などから山口組との関係が明るみに出ました。どうやら過去に山口組系の反社会的集団の構成員だったようで、この露見が決定打となって、会長職を辞任したようです。
大きな組織の中で権力を持っていく中で人格が変貌していくという部分はあるのかも知れませんが、それにしても日本の格闘技業界って、ろくな話を聞きませんが、このボクシング連盟の他にもまだまだ深い闇を抱えた団体は存在しているのでしょうね。
(投稿ネーム:ゴッドファーザー着メロ)
—————————————–
そうですね。格闘技というスポーツにおいては不正ばかりが目立つのは非常に残念なところです。JOCから配賦された補助金を巡る不正が正に悪の温床となるパターンが多いのですが、そもそもJOCが稼いだお金ではなく、税金が原資となっているのだから酷いものです。特に酷い事件として有名なのは全日本テコンドー協会で、2007~2010年度の間に選手育成費用としてJOCが専任コーチ4人に支払った報酬約4,300万円のうち、約2,800万円を協会会長が取り上げて懐を暖める資金に使用していたという不正流用事件です。これが原因で、当時コーチ陣は試合のための遠征費用などを殆ど手出しさせられていたようです。理解に苦しむのは、この不正に対して日本テコンドー協会が約3千万円を30年で返還するというふざけた計画を出し、それをJOCがあっさり認めていることです。常識で考えれば主犯である会長個人から割賦でも取り立てるべきお金でありながら、現協会に返済を求めるという不可解な対応でした。これは、弁護士を立てて協会に請求すべき筋のものであるという声も、未だに多く存在しています。こんなことをしてもまだ会長は辞任せずにのうのうと居座っているので、自浄能力の低さという点では、日本ボクシング連盟の上をいく酷さと言えるのかもしれませんね。
<「投稿サイト」編集部>

伊達市桃の里マラソン中止の危機!!

伊達市恒例の桃の里マラソンが、この高温地獄の影響で中止の危機に瀕しているようです。タクティクス本誌の5月号(通巻300号)でも取り上げられていましたが、伊達市救急医療体制は最悪で、救急病院指定を受けている北福島医療センターにも常勤医が3人しか居ないようです。
そのため、県の教育委員会から伊達市教育委員会に、桃の里マラソンは中止すべきではないか?という進言があったということです。
8月24日に約 6000人がクラスを分けて伊達路を疾走することになるのですが、必ずや熱中症で救急搬送者が出ることは容易に想像することが出来るため、このような進言があったのだと言われています。
それもこれも、伊達市の救急医療体制を早期に構築しない市の執行部の体たらくが原因ではないですか、農業6次化の須田市長さん!
(投稿ネーム:真夏のマラソンに疑問だらけの市民)
—————————————–
市民生活に直結している救急医療ですから、一日も早い医療体制作りが急務ですね。二本松市と比較しても同規模人口の伊達市民としては情けないことだろうと思います。
<「投稿サイト」編集部>

オリンピック開催の球場だというのに・・・

東京オリンピックの野球、ソフトボールの福島県開催がきまり、急ピッチで吾妻球場を人口芝に張り替えているようですね。せっかくの機会なのだから、スタンドの施設を改修(屋根つきに)すればと思うのですが、県の執行部はどうやらやる気がないみたいですね。後々批判が出ることは必至だと思うのですが・・。
地元でなく長野県出身であるため県内人脈に乏しい内堀知事になってからの県行政の実権を握っているのは大老こと鈴木正晃副知事ですが、彼は郡山の安積高出身、東北大法学部卒であるため、県庁の安積高出身者で作る県庁安積会の会長でもあり、東北大OBで作る「杜春会」の会長でもあります。
つまり、県庁の頭脳集団のトップに君臨しているのは、肩書きこそ”副”でも、実質上は鈴木副知事であり、知事よりも格が上だと言われているようなのです。
前知事の佐藤雄平氏は能力的に低い人間でしたし、その前の佐藤栄佐久氏は野心家でした。県庁幹部も以前は福島高校のOBが多かったのですが、栄佐久時代に安積高出身者を多数登用したようです。
現在はその流れを引き継いでいるため、県北のスポーツ施設に金をかけようなどとは考えないのでしょうね。
オリンピックという美名のもとに球場のスタンドまで改修して県民の将来のためにピカピカの施設を残してやろう、などという発想は、鈴木大老の中には全く無いようです。残念なことですね。
(投稿ネーム:県北の野球大好き人間)
—————————————–
内堀知事はお飾りだという話は良く耳にしますし、外遊が大好きなようで、どこで何をしているのか、県民にはあまり見えてこないと言われています。多分今頃は知事選のことで歩き回っているのですかね?1期4年が経とうとしていますが、未だに内堀カラーというのが見えてこないと感じるのは私だけなのでしょうかね。
<「投稿サイト」編集部>

12連勝しても強豪とは呼ばれない聖光学院

高校野球福島大会決勝を盤石の試合運びで圧勝し、戦後最長を更新する12年連続の夏の甲子園出場を決めた聖光学院の野球部ですが、12連覇したにも関わらず、全国的には決して強豪とは呼ばれないみたいですね。その理由は、東日本大震災後に他の地元勢の練習環境が極端に低下したのに対して、聖光だけは自前の運動場等が充実していたりと、非常に恵まれた環境にあったということが大きいようです。それに加えて、聖光学院がただただ野球に勝つためだけに県外各地より、そこそこ野球が出来る人材を集めまくっていることもあげられます。そのため、地元では大分前から「勝って当たり前」とか「勝つべくして勝っている」というような見方をされています。入学から卒業まで、ひたすらに野球をするためだけに高校に在籍しているマシーンのような生徒を大量に抱えているのですから、まともにやっても勝てないと、地元勢のモチベーションが最初から低いのも多少頷けるところではあります。第一・第二試合などにはレギュラーは出場させず、温存する余裕ぶりです。
それでも高校野球なのですから、これまで地元が育んできた高校生の勇士を応援したいというのが人情というものですが、聖光学院が実際に試合する際の出場選手に地元出身が殆ど見受けられない、というのも問題だと思います。少し前に聞いたところによると、ベンチ入りしている15人程の選手の内、地元勢はせいぜい3人ぐらいだと言われ、更にその中でレギュラーともなれば1人ぐらいではないか、と言われています。これでは応援しようという意欲がなかなか沸いてきません。
ただ勝つためだけにそこまでやっているくせに、県の決勝戦後にインタヴューに答えた斎藤監督は、「正直、負けるかもという怖さがあったが、選手たちは頼もしかった。安心してみていられた」などと嘯いていて、訳が分かりませんでした。
私は、高校野球がどんどんプロ野球化していっているような気がしていて、とても不安なのですが、地元では聖光学院からそれを感じさせられます。高校野球は、この先どうなってしまうのでしょうか。
(投稿ネーム:単身赴任球児)
—————————————–
確かに、高校野球本来の趣旨が、全国の地域ごとに特色のあるチーム同士がフェアに競うところにあるというのは仰る通りですね。勝つためだけに、地元以外から大勢の生徒を集めるという行動自体、プロ野球でいうところのドラフトに相当するものとも言えますので、極めて興ざめであることは間違いありません。福島では、残念ながら聖光学院はその最たるものと言って良いでしょうね。しかしながら、全国大会では最高でも8強止まり、というシビアな結果が示すところは、レベルの低い地元勢の中でトップになったに過ぎない、ということなのかも知れません。
<「投稿サイト」編集部>