カテゴリー別アーカイブ: ニュース

救急車で搬送されたJA福島五連大橋会長、大丈夫か?

三日前、福島市内の某クリニックで、容態が急変した患者を日赤福島病院に移送しようとしたところ、同じタイミングでJA福島五連の大橋信夫会長が救急車で搬送されたと知って他をあたったんだ、という話を小耳に挟みました。当直が始まった夜間の出来事だったそうです。
大橋会長と言えば、近く進退を明らかにするという内容が地元紙で話題になっている真っ最中なので、ひょんな事から救急車で運ばれていた事実を知ってびっくりしているところです。
マスコミはこれを一切公開していないようですが、救急車で搬送された以上、通常は症状を把握しているんではないでしょうか。実際のところ、どうなんでしょうね。
(投稿ネーム:急患鳥)
—————————————–
大橋信夫会長の突然の救急搬送の件、実は当編集部にも情報が入ってきておりました。どうやら、場合によっては病気の後遺症が残る可能性もあるというお話です。正式な病名は定かではありませんが、例えば脳梗塞などの重篤な状態で無ければよいのですが。何れにしても、今年は改選期ですので、影響が出るのは必至でしょう。
<「投稿サイト」編集部>

指定金融機関からも呆れられた須田市長

1月7日(金)午後6:00から伊達市保原町スカイパレスにて福島信用金庫(樋口郁男理事長)の中で5番目の規模と言われる保原支店の「信友会」が行われ、法人関係者140人が出席した。
平成18年の5町合併以来、伊達市の指定金融機関は東邦銀行と福島信用金庫が2年交代で担当してきた。昨年10月から福信が指定金融機関になったことから今年の新春交換会には力を入れていたようだ。
前日の6日までは「須田博行市長は最後まで出席します」と秘書課より伝えられていた。そのため信金側は二次会までセッティングして市長をもてなそうとしていたと言われる。
ところが、須田市長は当日、祝詞を述べたところで「次の予定があるため」とのことで7時前にさっさと帰っていったという。会場に居た一同はポカンと開いた口が塞がらない状態で、「話が全く違う!」となったようだ。
「信友会」は保原町の富士屋スタンドの佐藤晃司氏が歴代の会長を務めていて、現在のメンバーもその後輩達で、言わば旧仁志田派達である。
須田市長は、梁川町内の集会にはよく出席して酒つぎなどもやっているようだが、他の催しには殆ど出ないと言われている。その揚げ句に指定金融機関の新年会を蹴飛ばすとは良い度胸のようだ。
現場で樋口理事長に「何やってんだー!」と叱られたのは保原支店長だったようだが、皆の口から出た言葉は「須田は市長の器ではない。一体何を考えているんだ~?」ということだったらしい。
(投稿ネーム:指定金融機関など関係ねえ!)
—————————————–
須田市長は自分の立場を全く理解していないようです。相変わらず県の農政出身らしく、農業の6次化を唱えるばかりですが、市の中心的な経済界ともしっかりと向き合わなくてはならない立場です。それを、挨拶もそこそこに退席するようでは話になりませんね。こんな状況で残任期間をどうやって維持するというのでしょうね。伊達市民が心配です。
今、本誌に届いている市の財政シュミレーションでは2年後に伊達市の財政は赤字に転落する事が分っています。それなのに・・・。
<「投稿サイト」編集部>

えぇっ!また発症したの?!マシンガン金子の女王様病。

先ほど、金子恵美代議士の立憲民主党入りが決定したようですね。金子先生と言えば、最近の投稿でも見ましたが、マシンガン罵声で秘書をいびり殺すことに定評のある人物ですよね。
このまま秘書不在の状態で、次の選挙戦に突入するのかなー、なんて、保原町内では噂し合っているところです。
早速、立憲民主党版豊田真由子の異名を得始めている金子先生ですが、持って生まれたサディスティックな女王様病が再発している様子ですので、これからも波乱を巻き起こす事でしょう。
秘書いびり辞職コンテストに出場したら、元衆議の豊田真由子氏とは好勝負を展開した事だろうと思いますが、もう同氏は議員を辞職している訳なので、これからは金子氏が一人舞台でギネスに挑戦だと思います。
または、豊田真由子さんのように退場する事態にならない事をお祈りいたします。
(投稿ネーム:ハゲ友達)
—————————————–
最近、金子恵美さんに関係した投稿が多数寄せられていますね。やはり、みんな気になっているのだと思います。秘書の方が1名、また1名と辞職する度に、その方達から聞かされる生々しい体験談が街に広まっていくからでしょう。次の犠牲者がいつ登場するのかも、気になるところです。
<「投稿サイト」編集部>

韓国のレーダー照射事件への無理矢理反論に唖然としてます。

12月20日の午後3時頃、日本のEEZ(排他的経済水域内)である能登半島沖で海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から数分間に渡って何度も火器管制レーダーの照射を受けた事件、とても心配しながら経緯を見ていました。火器管制レーダーを照射しているのだから、これはもう「撃つぞ!」という脅しを他国内で堂々とやっていたのは間違いありません。そして防衛省がその一部始終を記録した、13分以上ある動画も、事実をありのままに公開しているものでした。
しかし、それに韓国側も逆に動画を出して反論してきたのには呆れました。そして実際にそれを確認したところ、拍子抜けというか、全くもって馬鹿げた内容でした。防衛省が公開した13分以上ある映像に対して、韓国側の映像はたったの4分26秒で、しかも防衛省公開の映像の使い回しが殆ど、オリジナル部分は10秒かそこらしかありませんでした。更に恥ずかしいのは、中身は全く無いのにドラマのようなBGMをわざわざ付けて演出していることでした。韓国の映像会社とかに作らせた感じがバレバレで、本当にフザけている、舐めているなあ、と思いました。こんなものを出してきて、国際社会からは完全に馬鹿だと思われていますよね。
この問題に限らず、平気で嘘を付く韓国はもはや友好国とは言えなくなってきていると感じます。北朝鮮との融和政策だけを闇雲に推し進めている文大統領ですが、なんか最近、行動パターンまで北朝鮮化しているような不安を感じてしまうのは私だけでしょうか。
(投稿ネーム:排他的経済男)
—————————————–
今回の事件が如実に示す通り、最近の韓国政府には冷静さが感じられず、なんだか北朝鮮の声明を聞いているようではありますね。どちらにせよ、文氏の「北朝鮮志向」が、日本の安全をかなり脅かす原因を作っているという事実が、レーダー照射事件を通じて国際社会に露呈してしまっている状況だと思います。
<「投稿サイト」編集部>

金子恵美代議士、マシンガン罵声で秘書を辞職に追い込む記録更新中

金子恵美代議士が、昨今愛知県の方から一時的に秘書を雇っていたというのは地元では有名な話でしたが、その方もご他聞に漏れず辞職したようです。どうやら、金子さんからマシンガンように罵声を浴びせられ続け、半ば鬱状態のようになって、辞めるしかないという状態に追い込まれたようですね。元々、秘書への暴言暴露で有名になった自民党元衆議の豊田真由子氏の(旧)民主党版という異名を欲しいがままにしていた金子さんです。ほんの暫くの間だけ、情勢を鑑みて秘書虐待を控え、大人しくしていたようなのですが、どう頑張っても染み付いた性格は抜けなかったようです。いつしか「秘書=奴隷」と認識して扱ってしまう女王様病は不治の病なのかも知れません。
そして地元秘書が突然居なくなるので、東京に居る政策秘書に全部やってもらうパターンになり、政策秘書も参っているというもっぱらの噂です。
聞くところによると、現在の無所属から立憲民主党に行こうとしているとの話ですが、果たしてこのパワハラ代議士のまま立憲民主党所属になるのでしょうかね。
(投稿ネーム:伊達のハゲ親爺)
—————————————–
立憲民主党云々については、永田町ではあまり相手にされていないという噂もありますね。そもそも現在の政治生命が共産党票で成り立っているという事が浮き彫りになっているので、どこまでシンパシーがあるのかに疑問が生じるからでしょう。そもそも金子氏自身、次の選挙戦を共産党の協力無しで乗り切れるとは思っていないでしょう。それにしても、相変わらず秘書にはマシンガンのように罵声を浴びせまくっているんですね。そろそろ「マシンガン金子」というリングネームを襲名させてあげてもよいのではないかと思います。
<「投稿サイト」編集部>