カテゴリー別アーカイブ: 企業

老害で息子社長を潰している利根川会長

創業百数十年のお祝いもすませて順風満帆の伊達市の利根川組さんですが、間もなく後期高齢者となる利根川会長が息子に家督と社長職を譲ったにもかかわらず社長室を会長室に名称変更しただけのようです。
そして業界対応から現場の工程管理・重機の手配まで自分でこなし、実際は全然息子に社長業を譲ってないんじゃないか?と地元業界で囁かれているそうです。
まして伊達市発注の公共工事始め保原土木工事事務所発注の官庁工事は未だに地区テリトリー制度を楯に「我田引水」で入札を繰り返し、業界では倉島の千葉ちゃん以上の暴利をあげていると囁かれています。もちろんお坊ちゃまの温室育ちの若社長には代表印すら渡していないと社内でも呟かれています。
まもなく後期高齢を迎えるんですから少しは息子の社長に「社長」職を執行させては如何ですかね?
老害で息子を潰している利根川会長さん!
(投稿ネーム:伊達市建設業協会)
—————————————–
こういう会長ってよく見かけますね。いつまでもやっていたいのでしょう。このご投稿はまさか若社長の差し金ということはないでしょうね。 <「投稿サイト」編集部>

営業補償打ち切りで、経営破たんが回避出来ない山水壮

これから紅葉スーズンの稼ぎ時を迎える土湯温泉ですが、内情は東京電力から支払われている原発事故による営業補償金で、お客様減少分の補填で何とか食いつないでいると県内の金融機関関係者は認めています。しかしその営業補償金も、来年3月末で終了されることが復興庁をはじめ、政府関係機関からも明らかにされています。そうなると県内の殆どの温泉旅館が、来年度以降閉館・経営破たんは避けられないとされていますが、そのモデル旅館が福島商工会議所の副会頭を努めている「山水壮」さんだと経営分析や財務諸表等の企業情報会社で警告しています。

経営・会計的には本業以外の営業外収益で、何とか黒字の粉飾決算を装っていますが、実質は売り上げ減少による大幅赤字です。また客室稼働率の低下に合わせて、人件費等の一般管理費の減少対策及び、損益分岐点の修正見直しを行なっていない為、毎月・毎月赤字の垂れ流しを続けていると言われています。それならば、売り上げに貢献しない商工会等の財界活動からいち早く撤退すべきですが、息子共々、本業の売り上げに貢献しない道楽事業への会社資本投下だけは辞められないと業界関係者からは言われています。

とにかく企業存続を考えるなら、本業経営に専念して旧館の閉鎖や、大規模リストラを断行しないと資金ショートで経営破たんから逃れられませんよ。渡辺商工会議所副会頭さん!

—————————————-
肩書きより利益を優先に考えないと、投稿の通りお金を生まない活動のせいで、経営破綻してしまいますよ!!
<「投稿サイト」編集部>

伊達市の談合システムに風穴を開けた菅野建設

不倫でお騒がせな鴫原伊達副市長のお陰で、建設業界の市長選挙の論功行賞として100%落札が連発されていた伊達市の公共工事入札ですが、ここに来て伊達市が旧伊達町に補助金を出して運営を行なう伊達子ども認定保育園の建設工事の造成工事で、本来の落札予定者である旧伊達町エリア担当の佐藤建材や、広成建設・多田建設を出し抜いて、福島の老舗名門の菅野建設月舘営業所が叩き合いで落札したことにより、長年の地域テリトリー制度で行われていた談合が、崩壊しはじまったと地元建設業界でため息と取れる声が出でいます。

今までは、伊達市内に本店・支店が登記されている少数の5から7社の仲良しメンバーで指名競争入札が繰り広げられていましたが、メンバー意外の、それも横綱級の建築メンバーの菅野建設の土木への参入に逆らえず、談合ではなく自由札で入札が行われた為に、談合が形成されなかったと地元建設業界では噂になっています。

新規参入の名門をメンバーに入れると話が出来ないから、落札価格は大幅に下落すると証明していることと同じですね。伊達市指名選定委員長の鴫原副市長さん!!!

—————————————-
これが真っ当な姿ですが、伊達市指名選定委員長の鴫原副市長にとっては面白くないですね。
<「投稿サイト」編集部>

JR東日本にお百度参りをしていた小林福島市長

JR東日本関係者によりますと、吉田・瀬戸市長と20年以上の長期的市政の懸案となっていたJR福島駅の東西を繋ぐ新東西自由通路建設工事が、この度JR東日本と小林香市長の調整協議の結果、建設工事に向けて調査・概略プランの作成が行なわれることに決まったことがということです。

JR関係者によりますと、全国の主要都市で繰り広げている自由通路の開発ノウハウと、国土交通省道路特別会計を活用し、仙台駅のようなペデストリアンデッキまで建設して、福島の中心街の活性化に繋がるプランを提案したいと語られています。平成19年からお倉入りしていた東西自由通路建設工事を、キャリア官僚の人脈で再構築し、JR東日本にお百度参りをして建設に向けて一歩踏み出した事は、瀬戸市長よりは使える証と言えますね。

小林香福島市長はやれば出来るんですね。

—————————————-
これが実現すれば大したものですね。お隣の宮城県は仙台に人口が集中しているとはいえ、街を活性化する事業は上手く行っている方だと言えます。福島県も、県庁所在地の福島市が元気にならないと話にならないので、この事業は推し進めてほしいものです。
<「投稿サイト」編集部>

大成建設に受注させる為のECI方式入札

昭和38年・45年に竣工し、老朽の進んでいる福島テレビ本社ですが、このほど三菱地所設計の基本設計による技術提案方式[ECI入札方式]で、鉄骨免震基礎工法による6000㎡の新本社が建設されることが福島テレビより正式に発表されました。

ところがECI方式という技術提案型の基本設計をベースにした過去のテレビ局・スタジオを、元方で施工実績のある業者に提案を求めるという入札方式で、県内に本社がある業者では参加資格が無いだけではなく、基本設計者である三菱地所設計と懇意にしている施工業者は無い上に、福島テレビ本社前施工業者であり、三菱地所設計と昵懇の大成建設に落札させる為の仕組まれた入札だと放送局の施工実績のあるゼネコンの営業担当者間では公然と囁かれています。

ECI方式の技術提案方式入札などと県内業者を実質排除する入札方式を大成建設の入れ智恵で採用なさたのですか競馬好きの福島テレビ糠沢社長!

—————————————-
復興最中の福島県。地元企業を優先すべきでは!!
<「投稿サイト」編集部>

整形・内科部長に開業独立されて資金が廻らない仁泉医学研究所

伊達市の中核医療を担っている「財団法人仁泉医学研究所」ですが、ここにきて外来の稼ぎ頭であった整形外科・内科の両部長が、阿武隈急行保原駅前に開業・独立した事により大幅な売り上げ減少と、ドクター不足だけではなく、運転資金不足という最悪な経営状態に陥っていることが東邦銀行をはじめとする金融機関から聞こえてきました。

まして毎月の売り上げというべき医療報酬額から、源泉徴収した未払いの社会保険・厚生年金・源泉所得税が相殺で支配される為、金融機関は仁泉会の財務諸表は信用出来ないとまで言い切っています。それでも前理事長はじめ、経営陣は高級外車を乗り回し、側室を囲い本妻を何度も変えるなどと、気楽な生活を送っています。

もう少し真面目に病院経営をしてドクターを招聘しないと売り上げがあがらず、資金ショートで間違いなく経営破たんしますよ、仁泉医学研究所さん!

—————————————-
病院といえども商売です。昨年の消費増税により、経営が厳しい病院が多いようですが、仁泉医学研究所は開業ドクターに患者さん(お客さん)をもっていかれ経営が苦しいのですね。売上に貢献してくれる医師確保頑張ってください。
<「投稿サイト」編集部>

骨材カレテルの胴元、加藤貞夫氏

津波・原子力災害の影響で、一番復興事業が遅れている相双地区ですが、その裏側で元県議会議長で自民党福島県連副会長を務めた、鹿島の加藤建材のオーナーである、加藤貞夫氏を頂点として、まれにみる巧妙な骨材カルテルが構築され、川砂・砕石・山砂等の復興に欠かせない骨材が、不当に吊り上げられているだけではなく、復興事業に貢献しようと新規参入を試みる生コン業者等に、不当な取引制限をして業界参入断念等の独占禁止法で禁じている「不当な取引制限」を行なっている事実がカルテルに参加していないアウト業者から聞こえてきました。

まして相双地区に他地区からの参入障害に、同業界ドンこと、庄司建設や東北建設なども歩調を合わせている為、高値落札・骨材購入という黄金のトライアングルが構築されて相双建設事務所以外の業者は、ほぼ参入出来ないとまで言われています。

オーナー会社と建設業界の独占的利益よりも、相双地区の一日も早い故郷の帰還が出来る社会貢献に晩節を寄与すべきでありませんか加藤貞夫殿!

—————————————-
まさにおっしゃるとおり。儲けるのは福島が復興してからでも充分できます。そんなに人の足元を見ていたら、いざ復興した時に誰にも相手にされなくなりますよ!!
<「投稿サイト」編集部>

タクティクスさーん。石井工務店?

毎月楽しみに貴誌を読んでいます。その中でも連載物の「石井工務店」の糾弾キャンペーン。ところが最近何号か続けて掲載がなく、寂しく感じています。あの会社は本当に悪い会社なのは周知の事実。その上、貴誌に掲載されていたとおり、社長の石井は変態。

記事期待してますよ!!きっとタクティクスのことだから爆弾記事投下してくれることだと思いますが。どうぞよろしく。

女性のためと言いながら、展示場はお泊まり宿、忘年会ではお座敷ストリップ。これが石井工務店の実態!!

—————————————-
数号お休み頂いておりますが、現在面白い内容になるよう調査中です。しかし、興味を持ってくれてとても記者冥利につきます。きっと満足行く内容をご覧頂けると思いますので、それまで乞うご期待!!
<「投稿サイト」編集部>

青木副議長に上納金を払い続ける東洋建設

いわき市の住宅建売メーカーとして成長してきた東洋ハウス[現、東洋建設]ですが、震災後の仮設木造住宅の受注を契機に、民間から官庁工事に進出し、その木造災害仮設受託の受注に手を貸したのが、県議会一の建設族と呼ばれている青木副議長だといわきの建設業界では語られています。

ましていわき市の木造仮設住宅は、地元業者中心に発注が行われた為に、東洋ハウスはドサクサ紛れに利益を揚げたと言われています。また7月に契約が行なわれた災害公営木造住宅でも、東洋建設・小坂設計といった青木親衛隊コンソシアームに受注させるなど、その面倒見の良さが建設業界では一目おかれています。当然4年前の県議会議員選挙でも、社員を後援会事務所にはりつけるなど蜜月関係が構築されたいたと建設業界では語られています。それ以上に夜遊び好きの青木副議長ですから、福島の花柳界で豪遊の姿が見かけられますが、御代のお支払いは、東洋建設や小阪設計だと福島の建設業者は認めています。

地元いわきで豪遊接待は目立ちますから、福島に呼びつけて夜の街で接待を行なわせているんですよね青木副議長殿!!!

青木稔 県議会副議長

—————————————-
青木副議長、便宜を図った見返りの接待を受けるにも、わざわざ福島では120kmも離れていて、夜遊びも大変ですねぇ。そんな時間かかるより、地元で焼き鳥屋でもいいじゃないですか?よっぽど仕事がはかどりますよ。
<「投稿サイト」編集部>

高価な医療感染症廃棄物だけを受け入れるクリンテック飯坂サイト

首都圏の高価な医療系廃棄物を焼却灰化して暴利を揚げいる飯坂中野にあるクリーンテック飯坂サイトですが、その実態は医療系廃棄物の中でも特に危険な感染症廃棄物と呼ばれている手術使用した血液の付いた手袋・ガーセをはじめ、レントゲン解像廃液や医療系検査廃液といった総合病院から排出される危険で高価格な廃棄物だけを関連会社の日本クリーンサプライを経由して集中的に集めて、中間処理場のクリーンテックサマールで焼却灰化して福島市飯坂中野にある最終管理型処分場に、福島県からの8対2という設置許可に違反して組織的・時系列化して持ち込まれていることが退職した職員から明らかになりました。

首都圏の総合病院から排出され殆どの産廃業者が引き取りに危険が想定される感染症廃棄物を高値で引き取り、タクマの3流水処理メーカーの処理能力の低いプラントで完全に処理されないで赤川水系・摺上川水系に集中的に排出されています。

なぜこのような最も危険な感染症廃棄物やレントゲン廃液等の人体に悪影響のある産業廃棄物を福島県に受け入れいて福島県の健康に害を与えている産廃施設営業許可を与えたんですか、副知事経験者の内堀知事殿!!

—————————————-
放射性物質だけではなく危険な医療系の廃棄物の汚染水まで垂れ流しでは、これでは福島県に住めなくなってしまいますよ。地元をなんと考えているのでしょうか
<「投稿サイト」編集部>

同業者を買収して巨万の富を築いた双葉砕石

津波・原子力災害を被った相双地区の復興建設工事で、元請建設会社を超えて価格カルテルに乗じ、巨万の富を築いていたのが富岡町に本社のある砕石業者の双葉砕石だと相双地区経済界では語られています。

沿岸の防潮堤築造工事や、地盤高上げ工事には、大量の骨材としての砕石が投入されますが、県内では相双地区が砕石単価が一番高いだけではなく、生コンの骨材にも必需品の為、震災復興バブルに乗じ価格カルテルで巨万の冨を築いているだけではなく、豊富な内部留保金を活用して、同業者の霜山砕石や佐藤砕石の原石山を買収して、県北地域や県中地区の砕石まで相双地区に持ち込み、通常相場にプレミアムを乗せて平成の岩崎弥太郎とまで地元では呼ばれています。

その挙句に東京電力からは、平然と原子力災害の営業補償金まで頂いて、ダブルで巨万の富を築いたと言われています。自分のことだけしか考えないで、もう少し県北地区や県中地区の事の考えて御商売してはいかがですか独禁法違反の双葉砕石さん!!

—————————————-
福島県は復興の途中で県民みんな庶民派苦しいです。一人でいい思いしないで、みんなで助け合いましょうよ!!
<「投稿サイト」編集部>

下請け業者が無くて工事延長願いをだした青木さすなろ建設

福島県の防災拠点のシンボルとして、県庁西庁舎の北側に建設工事が行なわれている福島県庁北庁舎増築工事ですが、昨年の冬から建築本体工事並びに基礎基礎工事が行なわれていて、施工を担当している3流ゼネコンの青木あすなろ建設東北支店が、来年の3月の契約工期を待たずに4ヶ月の工期延長願いを申請したことが福島民報新聞等により明らかとなりました。

元々まぐれの偶然で一般競争入札で県庁北庁舎増築工事を落札した青木あすなろ建設ですが、福島地区では下請け協力会が無く、未だに現場サイドでは専門職の下請けを探しており、鳶・土こうの光本工務店しかいようで、鉄筋・型枠下請け始め建築躯体業者が集まらなく、建築基礎が工程通りに施工が出来ないと同業のゼネコンから聞こえてきました。

たかが鉄骨7階7000㎡の建築工事すら満足に施工出来ない業者が、その4倍近い建築面積がある福島県県警本部改築工事を工程どうりに施工出来るんですかね?一年以上の工事延長願いが出ても不思議ではないと大原病院の新築工事を担当するスーパーゼネコンは懸念をしめしています。

契約工期・仕様書どうりの工事が出来なかった時は契約を担当した総務部施設管理課長は責任を取って引責辞任もありえますよね!

身の丈以上の工事請負契約を9月議会で承認なさるんですか斉藤県議会議長!!!!

—————————————-
工期が間に合わないとか、身の丈以上とか、新国立競技場問題をはじめはやっていますねぇ。
<「投稿サイト」編集部>

下請け業者斡旋に邁進している青木副議長さん

いわき高校野球部同窓会の絶大支援で初当選した清水いわき市長の目玉事業である、共立病院建替え工事を、自分の谷町である常磐興産系列の大成建設・常磐開発共同企業体に落札させた青木稔県議会副議長ですが、ここに来て青木県議に御接待攻勢を掛けている鳶・土工やサッシ・内装などの専門業者を、徹底して大成建設東北支店建築部に業者斡旋と称してお口添えしている事実が明らかになってきました。

県議会と、いち土建業者の「斡旋利得」を本業として、建設業者と夜の福島市の花柳界で宴席を繰り広げている青木先生ですから、自分の分身として当選させた清水市長に代わり、市長の御名代として275億の共立病院の仕切りを行なうのは当然だという声もいわきの建設業界では囁かれています。しかしいわきに関係のない業者まで推薦業者として大成建設JVに強制受注させようとして「夜の花柳界」で宴席をする行為は立派な「斡旋利得収賄」に該当するのと違いませんか青木稔副議長さん!!!!

—————————————-

そうですね。グレーゾーン通り越して黒ではないかと思われます。

<「投稿サイト」編集部>

男らしく婚外子を認知すべきですよ佐久間友一さん

国見町の建設業界のドンして、町政や商工団体に睨みを利かせている佐久間工業の社長さんですが、長年不適節な男女関係にあった韓国人女性との間に「婚外子」が存在することが関係者から漏れ伝わってきました。

元々大手ゼネコン清水建設の鳶・どこうの名義人として、減場所長や工事長などを「御接待」と称し、韓国ソウルでの「夜の営業」で、下請けから元請への実力をつけてきた佐久間社長ですから、韓国人女性との不適節な関係による「婚外子」が存在しても不思議ではないと建設業関係者は囁いています。ソウルだけではなく、福島市内の繁華街でも韓国人クラブで「旦那様」として名を轟かせている友一さんですから、女性の面倒見も業界ピカイチだという噂は真実味があるようです!

それより義理・人情になりたっている建設業界のドンなんですから「男らしく」婚外子といえども佐久間さんのお子様さんとして、名士らしく認知してあげるべきでありませんか佐久間社長さん!!

—————————————-

婚外子とは驚きですが、事実であればちゃんと認知して跡取りとして育て上げるべきではありませんか?

<「投稿サイト」編集部>

歩掛け率詳細が分からない為、設計積算が出来ない福島県設計協同組合さん

子ども元気交付金を活用して建設計画が進められている伊達市市民プール建替え工事ですが、ここに来て伊達市と阿武隈急行の事前協議が進むにつれて「鉄道隣接工事」という営業鉄道線の安全対策指針に話が触れ、今年度事業である市民プールの解体工事の詳細内訳積算行為が、通常の直接工事費・現場管理費・共通仮設費・一般管理費の他に隣接工事「工事監理者」・鉄道見張り要員といった「保安費」といわれる安全管理費の工事費に対する「歩掛け」率が、建設物価をはじめとする工事積算ガイドラインには掲載されていない為、詳細な発注者としての正確な設計詳細見積もりと標準工事期間を建築の専門家集団が積算できないでいることが明らかとなりました。

鉄道隣接工事などは通常の建築設計には、積算の対象にありませんから積算できなも仕方ありませんが、ではなぜ詳細積算も出来ない福島県設計協同組合などに伊達市は特命で設計業務を委託したのですかね?それとも仁志田市長の入れ智恵で阿武隈急行の軌道保守を行なっている仙建工業福島支店に設計業務同様に「鉄道隣接工事」を盾に特命発注する為に仕組んだどしか言えませんね。

どちらにしても設計積算が出来ない解体工事を追加・増減をして特命工事施工を行なうんですか?仙建工業さん!

—————————————-

出来ないところが依頼を受けてもいつまでたっても出来ません。それを知りながら発注した?もし、投稿の通り、仁志田伊達市長の入れ知恵だったらけしからんですね!!

<「投稿サイト」編集部>

マル暴フロント建設会社の日起建設と黒い交際を断ち切れない大成建設さん

暴力団関係者とゴルフをお供して、三重県等から「指名停止」の行政処分を受けている大手ゼネコン大成建設の名義人である「日起建設」ですが、今度は環境省発注の直轄除染に大成建設JVの1次下請けとして参入し、「危険手当」の未払いや「時間外の割り増し賃金の未払い」等の問題を起こしていることも福島労働局等の監督官庁から聞こえて参りました。

では何故大成建設ほどの日本をを代表するスーパーゼネコンが「マル暴フロント」企業との関係を断ち切れないのかいうと、日起建設は大手サブコンの「水谷建設」の子会社であり、大成建設の「裏金作りや」現場所長をはじめ、支店幹部に「お持ち帰りの特別接待」や、土木工事の増額変更で「上納金」のキックバックなど、「持ちつ持たれつ」のずぶずぶの関係があるから切れる訳がないとゼネコンの関係者はもらしています。

まして福島県知事の汚職事件で、親会社の「水谷建設」が表で下請け出来なくなりましたから、お財布持ちの「日起建設」を絶対に大成建設は外せる訳がないとまで言われているありさまです。

このような「マル暴」企業とコンプライアンスに抵触する大成建設が、マル暴を取り締まる「福島県警本部庁舎新築工事」のWTO入札に参加する資格は無いと思われますが入札参加を認めるんですか「福島県警本部長」殿!

—————————————-

この投稿が事実であれば、これで県警本部庁舎の新築工事に入札を認めれば暴対法に抵触するのではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

ATS設置義務化で「飯坂線」廃止を考慮している福島交通さん!

鉄道営業法の改正で「ATS[自動列車制御システム]」導入義務化政策で、東急東横線の払い下げ 「車輌」を使用している福島交通「飯坂線」ですが、会社更生法を申請して借金踏み倒しで何とか生きている会社の為、メインバンクの東邦銀行をはじめ、親会社の「みちのりホールディングス」が新規の長期大型投資に難色を示している為、「鉄道営業法」に抵触しない解決策として「飯坂線廃止」を視野に入れた経営選択をしていることが判明致しました。

鉄道事業者に安全対策に一環でATS導入義務化は理解できますが、倒産再生途中の福島交通には数十億とも言われる長期設備投資をする財務余力は有りませんから、飯坂線廃止は進駐軍である「みちのりホールデングス」の投資理論からすれば模範解答かもしれませんね。

福島市民の大事な通勤・通学の足である飯坂線が法律に抵触して「廃線」になっても小林市長は見殺しにするのですかね、小林市長さん!

—————————————–

ATS義務化になって、導入することが出来ないのであれば、採算が取れない地方の鉄道と同じで廃線するしかないかもしれませんが、長年福島市民の足となり、温泉客の足となった飯坂線を、安全対策が出来ない為に廃線では、なんだか寂しいですね。小林市長なんとかして下さい。

<「投稿サイト」編集部>

またまた「ホテルハマツ」で盗難事件!?

昨日、6月14日郡山市内の有名ホテルで行われた地元小野町の著名人の結婚式に参列した時の出来事ですが、一緒に参列した友人がナント持参したセカンドバックを披露宴の最中に盗まれたと騒ぎ出しました。しかし、お目出度い席と言う事でもあり、披露宴終了まで穏便にしておきましたが、披露宴終了後にホテル側に届け、事情を説明し対応して貰う事になったようですが、以前貴誌に同じような事件が掲載されていたのを思い出し、バックナンバーを読んでみたらパソコン盗難や、金品の紛失事件が昔からあるようで、これらの事件は解決しているのでしょうか?

ホテルの責任と言うのは無いのでしょうか?それにしても問題の多いホテルですね。

—————————————–

またこのホテルですか。以前の事件が解決したかどうかは分かりませんが、手癖の悪い従業員は辞めたようなので、他に同癖のある従業員がいるのか、参列者の中に犯人がいたかも問題ですが、それ以前に月刊タクティクスと当サイトで指摘している「防犯対策の甘さ」が一番の問題です。

今後も同じような事件が有ってもおかしくはないホテルですよね!!

<「投稿サイト」編集部>

山口県下関の「大藤園」。非人道的な職員の許せない暴力の横行

山口県下関の知的障害者らが利用する、指定障害福祉サービス事業所「大藤園」(利用者数55人、支援員数11人)で日常的に虐待が行われていたことが、内部告発により発覚した。

こういう非人道的な行為は決して許されるべきではない。映像を見たが本当にひどい。言葉で罵り、暴力を振るう。この施設の職員らは福祉活動を志しこのような場所で勤務していたのではないだろうか。目にを目ではないが、もし、自分の親族がこのような虐待を受けていたら皆さんはどういう感情を持ちどういう行動にでるだろうか。

私ならやはり同じ事をしてやりたい。しかしこの国ではそのような事は出来ない。ならば法できっちり裁いてもらいたいものだが、障害程度の軽い刑で終わってしまうのが関の山だろうか。

健常者に色々な事情があり、障害を起こす事件は日常茶飯事だが、無抵抗の障害者にこのような事をするのは羊の皮を被った狼の所業だろう。厳しい刑を望むところだ。

しかし、それ以前の問題は、市が昨年、情報提供に基づいて調査を行ったが、施設側が否定したことなどから「虐待の事実を確認できなかった」と呆れた事を語った事だ。徹底して調査をすれば絶対に虐待が把握できたであろう。この辺に行政の役人仕事というか、事勿れ主義というか、被害者が出てからではないと動かないという悪しき習慣がある。

じどうぎゃくたい、DVなど暴力行為は各地であるが、明るみになり、保護されたケースは本当に氷山の一角に過ぎないだろう。地域と行政が一体となり、このような許せない行為は決して再発させてはいけないし、違反者には重い罰を科すべきだろう。

image

                    逮捕された元職員 柳信介容疑者

—————————————

何度も映像を見ましたが本当にひどい話です。奴隷扱いされ、日常的に暴力が振るわれる環境で、今回の摘発まではとても辛い思いをした障害者の方々は多数いました。この職員らはこの先人ととしてどう生きていくつもりなのでしょうか。

それにしても行政というのは適当な仕事をしている公務員の集まりだなと痛感!!

<「投稿サイト」編集部>

消えた。見事に大事なメモが、、、。pilotのフリクション

こちらの投稿サイトにもちょくちょく出てきていましたが、私も消えてしまいました。pilotの消せるボールペン「フリクション」で手帳に書いたメモが、、、(>_<)

ボールペンには「宛名書きや公的文書には使用できない」ようなことが書いてますが、メモにも使えないとか書いて欲しいものです。一昨日、気温が25度でしたが、その日、メモを車内に置いていたら2時間くらいで8割がた文字が消えていました。やられましたね。冷凍庫に入れれば浮き出てくるような手品染みたことが色々なサイトで載っていますが、その日に使うこのメモはもう役立たずとなり、その後の業務に支障が出ました。まぁ車内に置いていた私も私ですが、25度、真夏とも言えないこの気温で文字が消えてしまうのでは、これから梅雨が明けた真夏にこのペンは全く使い物になりません。

なんとかなりませんか?改良しなくては不良品としか言いようがありませんが。

—————————————–
pilotのフリクションの事は結構投稿があります。4、5回位フリクションネタの投稿をアップさせて頂きましたが、今回の投稿の方と同じで、全く予想外の出来事で、非常に迷惑しているようです。

注意書き以外はでも消えまくっているので、本当に改良が求められます。pilotのお客様センターにも苦情が多いのではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>