カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

東京オリンピックに新国立競技場の必要性と無責任な考え。

2020年の東京オリンピック開催まであと5年ですが、非常に大きな経済効果が期待されることでしょう。しかしいい話ばかりではないようですね。

先日、取り壊しをした国立競技場の跡地に、東京オリンピックのメイン会場となる新しい国立競技場ができるわけですが、当初の予算1,600億円では全然足りず、なんと倍の3,000億円以上がかかると言うことです。デザインは斬新でとても素敵な国立競技場ができると期待されていますが、昨今の円安や人材不足により建設費用がとても高騰。莫大な費用がかかるということです。おまけに、今のままのデザインではオリンピック開幕まで間に合わないとか。

舛添東京都知事が下村文部科学大臣から東京都にも500億円の費用を出してほしいという依頼がありました。それに対し都知事は非常に腹を立てているようです。500億が必要な理由が会場の周りの道路の整備やその他の費用とのことですが、舛添東京都知事は「使い道がはっきりわからないのに都民に500億円出して下さいとお願いできない」と述べました。当たり前の話ですね。

とにかく、原発問題も何も解決していない今、東京オリンピックを招致するために、適当な予算案を出したツケがここにきて国民に跳ね返ってくるわけです。本当に東京オリンピックをやる必要があったのでしょうか。とても疑問に思います。

開催地発表の際、安倍総理の笑顔をテレビで見ましたが、この辺のところは、安倍総理はどうお考えなのでしょうか。しっかり納得のいく説明をして欲しいものです。招致に成功した猪瀬さんはもういないのですから。

新国立競技場をデザインした会社はこのまま進めるとのこと。代替案が出ているもっとシンプルなデザインの新国立競技場案も出ていますが、なんとも情けない話ですね。あの中国でさえ工期はきちっとしてオリンピックを開催したのですから。

本当に安倍内閣の閣僚は適当な人ばかりですね。ましてや、東京オリンピックは安部総理でやるとかバカな話が自民党内で出ているようで、いい加減にして下さい。

—————————————–

あの世界一無責任で適当な中国でさえオリンピックを成功させました。日本のマスコミの報道で各国のオリンピックやサッカーワールドカップの工期が間に合うのかという報道がよくありますが、本当にこのままでは、北京オリンピックの口パク少女以下の恥を晒しことになりかねません。

<「投稿サイト」編集部>

県北環境衛生発行のタクシーチケットを使いまくる仁志田市長

伊達市公認の側用人、県北環境衛生の井上要社長が、自分の会社で発行したタクシーチケットを、仁志田昇司市長が自由に使用出来る様に束で渡していたことが明らかになりました。伊達市内の飲食店で「仁志田市長の飲み食いは、全て俺が支払っている。」と公言して憚らない井上社長ですが、タクシーチケットまでも自由に使わせているとなると、公私に亘って全て井上社長が丸抱えであると言うことが出来ます。

では何故、井上社長が相撲界の「谷町」のように湯水の如く仁志田市長に資金提供するのかというと、側用人として五代将軍徳川綱吉に支えた「柳沢吉保」以上の御用取次役として、老中役の鴫原副市長をはじめ、伊達市の部課長幹部職員達に将軍仁志田市長の意向を伝達する大役を仰せつかっているのだと、伊達市役所内で公然と囁かれています。

この様に伊達城内では徳川時代のように、将軍職と幹部職の間を御用取次役の井上社長の恣意的見解が「市長意見」として伝えられるのです。

ゆえに公共事業の業者指名も「指名選定委員会委員長」の鴫原副市長に内密に井上社長から伝達されますから、決して公平公正ものにはなりません。よって井上社長が下請けとして受注できる多田建設伊達支店・伊藤土木といった仁志田市長周辺の集票企業を中心としたところのみに落札させる形が永久に行われることになります。

市長を「接待漬け」・副市長を「女漬け」にして伊達市を公然と支配する事実から、井上社長は元禄の怪物、柳沢吉保を超えた妖怪と庁内では言われているようです。

—————————————
この3人は本当にやりたい放題ですね。全くレベルが違うとはいえ、安倍政権もやりたい放題の独裁政権ですが、野党が一応騒ぐため、すぐには好き勝手出来ません。しかし、この仁志田市長、鴫原副市長、井上要社長は市議会、市政運営、市民の考えなど全くお構えなしに江戸時代以上のやりたい放題に徹しているようです。この3人が牛耳っている伊達市は、仁志田政権が終わるまで不正が続くにでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

ダルビッシュ。おめでとう!!

やっぱりいい男で、金のある男は違いますね。メジャリーグ、テキサスレンジャースのダルビッシュ有が、レスリング女子、山本聖子との間に子供が出来たとか。

ダルビッシュはタレントの紗栄子との結婚を、札幌ドームでヒーローインタビューの際に発表したのが記憶に新しいですが、その後離婚。月に200万円の養育費を払っています。その後は元プロゴルファーの古閑美保と噂になったこともありましたが、昨年11月に山本聖子との交際を発表しました。そして妊娠も発覚しましたが、何かおかしい。

山本聖子はハンドボール選手と結婚しており昨年9月に離婚。11月に2人の交際が発覚して、今年の2月に第一子が妊娠4ヶ月。あれ?計算がギリギリなんですが。発表通りなら問題がないのかもしれませんが、そんな付き合い始めて、名のある2人がすぐに子供が出来るような話題を提供するでしょうか。

本当は以前から2人は関係があり、山本聖子は不倫をしていたということになりませんか?想像ですが、山本聖子はダルビッシュと不倫をしていて、夫婦仲が冷め切って離婚。そしてダルビッシュとの間に子供が出来た。いずれにしろ、離婚後2ヶ月ですぐに交際、交際後すぐに妊娠。今月で妊娠4ヶ月は苦しい計算だなぁ。

まぁ、ダルビッシュは誰でもいいってことなのかな。

—————————————–

ダルビッシュと山本聖子の子供なら、未来の日本のスポーツ界を引っ張っていってくれることでしょう。出生に秘密がないことを祈ります。
<「投稿サイト」編集部>

 

寝る間も惜しんで、空港から空港へ飛び回るジャイアンツの選手たち!!

この時期、プロ野球やプロサッカーチームが暖かい沖縄や九州でキャンプをしています。チーム数の多い関東ではまだまだ寒くて練習どころではないですからね。読売ジャイアンツは今年で宮崎キャンプ50周年との事でおめでとうございます。リーグ連覇を達成し、そしてクライマックスシリーズでは涙を飲みましたが、日本一奪還を目指して頑張って下さい!!

さて、ジャイアンツは毎年宮崎県でキャンプしている訳ですが、ファンの方が日本中から駆けつけるような、やはり日本のスポーツはこの国民的野球チームの読売ジャイアンツがあってからこその事ではないでしょうか。サッカー人気に押され気味とはいえ、老若男女に非常に人気があるチームです。

しかしこのキャンプですが、良からぬ話が出てきています。キャンプと言えば毎年若手が開幕一軍入りを目指しトレーニングする訳ですが、さすがプロに入るだけの選手達。昼の厳しい練習をこなした後、夜は下半身のトレーニングに出かけると言うから驚きではないですか。キャンプ地宮崎からお隣の県、熊本県までタクシーを飛ばして行くのです。そのトレーニング先というのが、なんと「ソープランド」。若手選手などは体力が有り余っている上、精力旺盛でシーズン中の過酷な遠征を乗り切る為に、キャンプの時から下半身強化に勤しんでいるという話です。

熊本県には日本一のソープランド街があり、その中でも「空港系」言われているソープランドのチェーン店があるんですが、そこを飛び回ってシーズンを乗り切るトレーニングをしている訳なんですね。

その中でも、高級ソープランド「◯◯◯」というのが熊本にあるのですが、ここは有名人御用達のお店らしく、一般人は決して入ることの出来ないお店のようで、一般人が来ようものなら、同じ系列のエアポート本館などに回されるようです。ここの会員と一緒に来なければ決してジャイアンツの選手すら敷居をまたがせてもらえません。そこにジャイアンの選手や有名人が会員になっていて、トレーニングに励むというのです。

宮崎には、精力の有り余ったスポーツ選手達が多く来ます。それを狙った美人局がいて、以前問題になったことがあったようです。その為、球団は問題が起きないように、口の固いソープランドに行く事を黙認して、マスコミに取り上げられないように、その為の対策費まで計上しているという話のようで、もしこれが本当であれば驚きというか呆れます。

プロ野球といえば夢を与える仕事、とりわけ子供達の大きな目標になっていると言っても過言ではありません。特にジャイアンツの選手といえば、別格でしょう。しかし、野球選手も野球以外は普通の男な訳で、遊ぶなとは言いませんが、それを球団が支援していると取られてもおかしくはない対応をしていることに憤りを感じます。

元巨人の清原もソープランドに花を持って入って行く姿を週刊誌に取られたこともありましたし、通い詰めてソープ嬢と結婚までしたソフトバンクの選手もいました。先に書きましたが、マスコミ対策費があり、問題があった際に解決を任せられている人物もいるとかで、それならこんな話題がマスコミ報道されないのにも頷ける気がします。普通だったら何件か出てきてもおかしくはないですからね。全く話題にならないということが、余計信憑性を増します。

野球は下半身が命とも言われています。でも、2本の足でしっかり体を支えて上半身に力を伝えて下さい。3本目の足は全く野球に必要がないのですから。

宮崎キャンプは明日で終了。そのあと沖縄に場所を移動する訳ですが、下半身トレーニングの成果が出てくるといいですね!!

—————————————–
若手にかぎらず、ベテラン選手達も通い詰めているようですから、よっぽど下半身が強化されるのでしょうね!!東京にもスポーツ選手や有名人を専門としたその手の営業を行っているところがあるようです。値段は高いが口も固い。そりゃ有名人も男ですからね。
<「投稿サイト」編集部>

ジャイアンツ、宮崎キャンプの夜のトレーニング!!

いよいよ宮崎キャンプも終わりに近づき何やらソワソワムードの選手達。熊本にある日本一のソープランド「エアポート」に予約殺到!宮崎から熊本までタクシーを飛ばしていざ出陣です。球団側もガス抜きに目を瞑り、選手達の機嫌を取って黙認のようですが、それもそのはず、一般の女性と揉め事でも起こされたら大変ですからね。

過去にも何かと事件があったらしい宮崎キャンプ。頑張れジャイアンツ!!

—————————————–

同じような内容の投稿が他にもきています。ということは、限りなく真実のような話ですね。やはり野球選手という夢を与える職業の人でも息抜きも必要ですからね!!追って別の方の投稿をアップします。

<「投稿サイト」編集部>

 

そもそも外人力士にやられっぱなしだからナメられるんだよ。

今年の初場所は、横綱白鵬が昭和の大横綱、大鵬の最多優勝回数32回に並んでおり、それを破って最多優勝回数33回になるかが、最大の注目点だったのではないでしょうか。他の横綱や大関陣がどこまで白鵬の優勝を阻止できるかも、大相撲ファンとしては見所だったでしょう。

それがなんですか、頼りのないモンゴル人の両横綱、角番王関などと、さっぱり盛り上がりにかけて、千秋楽を待たずして13日目で白鵬の33回目の優勝が決まってしまいました。13日目の優勝を決める相撲では、稀勢の里との一戦で、一旦は白鵬に軍配が挙がりましたが、同体とのことで取り直しが行われ、結局白鵬が取り直しで勝ち、33回目の優勝が決まったわけです。

おめでたい新記録達成の筈でしたが、白鵬はこの相撲について審判を批難しました。「元お相撲さんがビデオ判定しているのに、なぜわからない?子供でもわかる」と。

白鵬は大鵬の事を「日本の父」としたっていて、その父の記録に追いつき追い越したことは誰もが賞賛することでしょう。しかし、白鵬と言えば、角界の中でも紳士的なイメージがありましたが、記録を破ったという驕りが出てしまったのでしょうか、これだったら同じモンゴル人の元横綱朝青龍の方がヒールとはいえ、愛嬌がありみんな好きだと思いますよ。

外国から一人でやってきて、辛い稽古に耐え、今の白鵬があると思いますが、日本の国技を、横綱が外国人力士だけで占められているのもあまり面白くない上に、審判を批難など一丁前にしたら白鵬のイメージダウンです。大鵬は生粋の日本人ではなくハーフですが、日本人以上に日本人のハートを持った素晴らしい大横綱でした。

しかし、白鵬が天狗になってしまうのもわかる気がします。日本人力士があまりにも不甲斐ないからです。若貴ブームの再来を期待していますが、まずは稀勢の里に千秋楽まで横綱に優勝を決めさせない魂のこもった相撲を期待して、白鵬に続く力士が現れるのを楽しみにしております。


横綱白鵬

—————————————–
白鵬の今回の態度は良くなかったですね。日本人力士も大関までは昇進してきますが、その後、角番続きで大関陥落、平幕まで下がっても恥知らずで続ける力士もいますが、日本人力士の横綱待ち遠しいですね!!
<「投稿サイト」編集部>