カタギというよりは、闇の世界の住民だったテコンドー協会の金原会長

2020年東京五輪に向け、9月17日から行われる予定だったテコンドーの強化合宿に参加予定の代表候補選手28人のうち、なんと26人がボイコットし、合宿が中止に追い込まれる事態になったことが、その後も世間を騒がせていますね。聞いたところによると、参加の2選手というのはまだ学生で、自分では判断しかねる為に参加となっていただけのようです。代表候補の江畑秀範選手の発言によって、現在のテコンドー協会は選手本位では動いておらず、遠征費等もほとんど自費で、コーチとの信頼関係も全然ない状態だという事が白日の下に暴露されました。選手が意見を言おうとすると「お前らにどれだけカネがかかっていると思うんだ」とか、「だれが強化選手に選んであげたと思っているんだ」などの言葉を浴びせるなど、とにかく強圧的な縛りがあったようです。
そもそもテコンドー協会はずーっとこういう状態が続いていたと関係者は語っています。かつては金原氏の団体私物化を鑑みて意見具申した人達が、一切改善されずに金原氏個人が私腹を肥やし続ける状況に見切りをつけて新団体を立ち上げるという出来事もあったほどです。しかし、いよいよ今回は協会のあり方に限界を感じた選手たちが行動を起こしたことで、社会問題化した訳です。事情通によれば、もうテコンドー協会内部には、殆ど実績がある指導者は居ないそうです。
この、協会を私物化している金原会長という人物は、異議を唱えられようものなら、即弾き出してしまうような独裁体質で、恐怖によって幹部連中を抱きこんで組織を固め、今日までその地位に君臨してきたようです。
私も色々な週刊誌を読み漁って、この金原氏にはかなり詳しくなりました。この男、長野県松本市で育ち、そこで高利貸しやフィリピンパブなどを経営していたというじゃないですか。そして、地元のスナックのママなどの証言で「ヤクザさんと一緒に飲みにきていた」という裏もとれているようです。高利貸しをやっていたのでは、当然そうなると思います。
しかも、金原自身が、「その時期にヤクザとのイザコザが元で拳銃で4発撃たれた、そして自分で車を運転して病院に行って普通に社会復帰した」というような内容を武勇伝的に語っているそうですから、馬鹿なんだなあ、と思いました。
それにしても、テコンドーのテの字もやったことがない、「カネ」だけを目当てに会長をやっている金原氏を、JOCはいつまで放置しておくのでしょうか。
(投稿ネーム:金利ファースト)
—————————————–
そうですね。以前、日本ボクシング連盟の事件の際も同じような説明をしましたが、JOCから配賦される補助金というのは国民からの税金が原資となっています。それを考えると、この高利貸し男・金原が、JOCが全日本テコンドー協会に2007~2010年度の間に選手育成費用として専任コーチ宛に支払った報酬約4,300万円のうち、約2,800万円を取り上げて懐に入れたことなどは、国民に裁かれて当然と言えます。しかもここに至って、金原氏が暴力団関係者等の闇の世界に通じていたという事実が露見しましたので、これまで自浄能力が最低ランクと言われていた全日本テコンドー協会にも、いよいよメスが入れられています。
9月20日には、事態に呆れ返ったと思われる岡本依子副会長(日本で只一人の五輪メダリスト)が、「私を含め、理事全員が辞めた方が良い」という厳しいコメントをしています。この事態の終幕、つまり金原体制の終焉は近いでしょう。
日本テコンドー界が、選手ファーストのクリーンな状態になることを祈るばかりです。
<「投稿サイト」編集部>