福島県立医科大光が丘協議会に加盟出来ない伊達市の池田皮膚科クリニック

栃木県にある私立の獨協大学を卒業して、おじい様である元池田善治梁川町長のご加護の下、伊達市保原町で皮膚科を開業している池田皮膚科クリニックですが、同クリニックのHPにある「医大と協力して」という記載は、当然ながら「福島県立医科大学」のことを指しているのだと思います。ところが、福島県内医師会の総本山である福島県立医科大学とその系列病院で構成している「福島県立医科大学光が丘協議会」になぜか入会出来ていないことが福島医師会関係者から伝わってきました。
一般福島県民には馴染みがない福島県立医科大学「光が丘協議会」ですが、医師会・系列病院関係者間では、その「協議会加盟」でないと福島医大医局からドクター派遣が受けられず現場医療に多大な影響が出ると言われています。
また、菊池前学長・竹之下現学長といった福島県立医科大学の首脳派医局派閥には全く見識がないことから福島県立医科大学からの医師派遣は困難であると医師会関係者間では囁かれています。福島県立医科大学の後ろ盾なくして如何なる総合医療サービスを行うというのですかね?獨協医科大学で医師・博士学位を取得した池田秀幸総院長先生!
(投稿ネーム:HPにある大学ってどこ大学?)
—————————————–
同じ医科大学でも栃木県の私学の獨協医科大学と福島県立医科大学とでは、その連携で大きな差があると言われています。金のかかる私学の獨協大で、医師国家試験に合格した池田皮膚科のドクター達ですから、さぞや優秀な先生方なのでしょう。だから叔父の敏博らと政治家達と並んで写真を撮影し、ベタベタと貼っているのでしょう。しかし、厚労省の先生方とか、○○学会というものなら理解も出来ますが、何の関係も無い公明党の先生方ですから、首をかしげてしまいますね。
<「投稿サイト」編集部>