職務放棄ですか?県庁職員さん

昨秋、国道の工事に関して県庁道路管理課に問い合わせをして、それで実質ゼロ回答だったため、話の内容が本当に課内に伝わったのかと、再度今月確認の電話をしました。
前回一般職員の対応に不安もあったため、交換手に上席(管理職)対応をお願いしたところ、建設部長イノマタ氏の席へお繋ぎします、との事でした。
それで、電話に出た方はタキ氏という若い女性の方で、それではイノマタ氏をお願いします、と告げると、タキ氏は私の名前を下の名前まで聞いて、暫くの間をおいて、居りますが電話に出られないと言うのです。
不審に思った私は、「それはどなたの判断ですか?」と尋ねるとタキ氏はなんと、「私の判断です」と言いました。
そこで私が「では、あなたのご職名を教えてください」と言うと、「秘書の臨時職員です」と言われました。
部長職に秘書が付くのにも驚きましたが、尚私は「電話に出れるかどうかのご判断はイノマタ氏が行うのが筋だと思われます。あなたのご判断ではそれは越権行為になりませんか。また電話に出れない合理的理由があるなら仰ってください。」と質問したものの、なんらの回答もなく繋いではいただけませんでした。
ここに公務員の職制上二つの由々しき問題が生じます。
一つは本当に秘書の臨時職員が自身の判断で外部からの通話を疎外しているのだとしたら、越権行為以外のなにものでもない。
二つ目は、(おそらく)間を置いている間にイノマタ氏の指示で、「出れないから要件を聞いておきなさい」と指示された可能性。
公務員が職務に専念する義務を外れていない、勤務時間中に正当な理由なく職務に従事しないのであればこれは職務放棄です。
電話に出たくない、という理由は漫画を読んでるからか、パソコンをいじっているからか、一体何をしているのかを疑われても不思議でありません。
この種の上司を見て育つ部下にも良い手本となるわけがありません。
職員の職務規律に唖然としています。
(投稿ネーム:傲岸不遜県庁 )
—————————————–
こういう投稿は大歓迎ですね。人の見ていないところで、とんでもない横暴さ発揮する行政職員というのは絶対に放置してはいけない存在ですから、きちんと公の場に晒す必要があります。このサイトや本誌はその為にあると思ってください。
<「投稿サイト」編集部>