カテゴリー別アーカイブ: ニュース

加計学園問題に出てくる「石破四条件」ってなんですか?

衆院選後、「批判を謙虚に受け止める」とか言いながらも全くもって答えていない安倍首相を見るにつけ、呆れている公務員です。モリカケっていうキーワードが随分と世の中に浸透していますが、私はやはり首相が親友である加計氏に便宜を図った疑惑が持たれている加計学園問題の方が本命だと思っています。私はあまり専門的なことは分からないのですが、この問題は単純に、権力を持った政治家が自分の個人的な友人の願いを叶えるために力を乱用した事件だと捉えています。
なんか、結局文科省は加計学園の獣医学部新設を正式に認めちゃったらしいですよね。こんなことは役所の職員だってやったら罰せられるのに、ある程度偉くなったらどんなことをしてもいいという印象を与えるこの事件は、毎日テレビを見ている子ども達の教育上も非常に好くないと思います。さて、テレビでこの疑惑が報道される際に、「石破四条件」というのを満たしているとかいないとかいうやり取りをよく聞きます。どうやら、野党の見解では加計学園がこの石破四条件というのを満たしていないと訴えているようなんですよね。
タクティクスさん、石破四条件ってどういうものなのか、分かり易く教えてもらえないでしょうか。それで加計学園問題について、更に深く理解出来るのではないかと思っています。
(投稿ネーム:momoringo)
—————————————–
momoringoさん、ご見解の共有とタイムリーなご質問、ありがとうございます。早速ですが、「石破四条件」について簡潔に説明いたしましょう。まずこの名称からもお察しのことと思いますが、石破茂氏が地方創生大臣だった時に持たれた委員会の場にて、石破氏の発言によって定まったルールで、獣医師養成系大学・学部の新設に関するものです。この骨子を具体的に書きますと、
①現在の提案主体による既存獣医師養成でない構想が具体化し、
②ライフサイエンスなどの獣医師が新たに対応すべき具体的需要が明らかになり、かつ、
③既存の大学・学部では対応困難な場合には、
④近年の獣医師需要動向も考慮しつつ、全国的見地から本年度内に検討を行う。
・・以上の4つです。要するに、新しい画期的なものであるかどうか、という点と、既存の大学では対応出来ない場合だけ、新しく作ってもいいよっていう事ですね。これまで民進党からは、この条件満たしてないんじゃないか?という質問が寄せられていたという訳です。
つまり、正規の条件を満たしたからではなく、あくまでも「総理のご意向文書」によって進んだ話ではないのか?という論点です。最終的にはmomoringoさんのご見解通り、そこに行き着きますので、この話は結局のところは総理の権力乱用である、という視点には同感ですね。それにしても、安倍首相の語る「謙虚」という日本語は、我々とはちょっと違う意味なんだろうか、とも感じる程、衆院選後の不誠実さは目に余るものがありますね。これをキチンと追及していくのが今や国民全員の課題になっていると感じます。
<「投稿サイト」編集部>