カテゴリー別アーカイブ: ニュース

安倍首相の演説をヤジると強制排除されちゃうのか!?

札幌市中央区での安倍晋三首相の参院選の街頭演説の際に、演説中にヤジを飛ばした市民を北海道警の警官が取り押さえ、演説現場から排除したことでSNSが大炎上していますよね。「言論封殺」「意見表明の自由を侵害している」などと皆が叫んでいますが、当然のことだと感じます。 
これは、北海道警の警官らによる市民への排除、拘束が特別公務員職権濫用罪(刑法194条)と公務員職権濫用罪(刑法193条)に該当するとして、東京都在住の男性が19日までに札幌地検に刑事告発したそうです。
本当に、 選挙演説のヤジに対する強制排除・拘束というのは、前代未聞の事件だと思います。
現場で見ていた人の話では、物凄い速さで警察が駆けつけ、あっという間に体の自由が奪われ、強制的に後方に排除されてしまった様子だったようですね。
民主主義国家の選挙戦でこんな光景が見られるようでは、世も末だな、と感じました。
(投稿ネーム:もりかけ)
—————————————–
これはどう見てみても、安倍首相の意思が働いているように感じますね。選挙演説にヤジを言っただけで、排除、拘束されるのでは、国民には意見表明すら許されないという恐ろしい事を意味します。警官のこのような忖度まみれの行動も、法的に問題があるのは間違いありません。どうやら検察に告発されたようですが、今後の推移を見守りたいところですね。
<「投稿サイト」編集部> 

聖光学院Y先生による著作権法違反?疑惑

社会科のY先生は、日本史の担当です。教科書をほとんど使わずに、毎回プリントが配られて、ノートに貼り付ける授業で、このプリントがスタディーサプリ日本史のテキストのパクリ?全く同じ内容なのです。
スタディーサプリのテキストには、全てのページに「©RECRUIT.HOLDINGS本サービスに関する知的財産権その他の一切の権利は、著作権者に帰属します。また本サービスに掲載の全部または一部につき無断複製・転載を禁止します。」と書いてあります。
Y先生はリクルートからテキストの使用の許可をもらっているのでしょうか?
しかもY先生は、野球部の部長でもあるので、試合や遠征の度に自習になります。自習の時には、特に課題も無く、代わりの先生は出欠の確認をしてすぐに居なくなってしまうので、「にっぽん!歴史鑑定」(BS-TBS月曜22:00~放送)がテレビに映っているだけで、誰も見ていません。
スマホをいじったり、話をしたり、みんな自由にしています。
だから授業進度も非常に遅く、2年生が終わっても江戸時代にすら入らないまま終わってしまいます。
2年間で、江戸時代以降の勉強が出来ないって、どうかしてます。
しかも定期テストはほとんど使い回しです。先輩から昨年のテストを貰って答えを覚えればいいだけです。だから野球部の生徒はやたらと日本史の点数だけ高得点をとれるわけですね。納得です。
来年度向けのパンフレットには、「文武共生」「丁寧な授業で基礎力養成」「ブロードバンドシステムで実践力養成」「習熟度別クラスで多くのできた!を体感」など、先生方が全力でサポートし、一人一人の進路実現という夢を叶えます。と書いてありました。
普通科進学コースの生徒なら誰でも無料で、ブロートバンドやスタディーサプリを使うことが出来るなんて知りませんでした。初耳です。
確か、SS特待生しか使えないといっていたような気がしますが・・・。
それとも、今年から全生徒が利用出来るようになったのでしょうか?
もし本当なら、Y先生の授業を受けるよりも、ブロードバンドやスタディーサプリを使って一人で勉強したほうが良かったと思っています。
聖光学院はホームページやパンフレットをリニューアルしただけで、今の学校の現状は特にこれといって変わった感じはしないです。
部活動の指導に熱心な先生がいっぱいいることは知ってますが、勉強の指導に熱心な先生はあまり見たことがありません。
別の私立の高校に通学している友達に話を聞きました。
成蹊高校に行った友達は、難関大学合格目指して、毎日レベルの高い勉強をしているそうです。今年、東京大学合格者が出たことで、先生達も熱心に指導してくれているそうです。東稜高校に行った友達は、朝早くから、夜遅くまで、先生が付きっきりで、分かるまで丁寧に指導してくれているそうです。
英語の発音が素晴らしく、ペラペラと話すことが出来るようになっていて、ビックリしました。
友達の話を聞いて、私はショックでした。聖光学院に入学しようか迷った時に、新井校長先生や、辻教頭先生が、在校生に、東大・東北大医学部を目指して勉強頑張っている先輩がいるとか、難関大学合格者を出すために、受験指導に力を入れているとか言っていたが、嘘でした。こんな話を真に受けて、聖光学院に入学してしまったことに後悔しています。校長先生や教頭先生が生徒に嘘をついていいんですか?
私には残された時間が1年もありませんが、不安でいっぱいです。
私は特待生ではないけど、本当にブロードバンドやスタディーサプリを使わせてもらえるのか心配です。とにかく、1人で頑張るしかないのです。
これで本当に、大学に合格出来るのかな?
(投稿ネーム:真の苦学生)
—————————————–
本来高校は勉強するところであるはずです。教師が部活動でしょっちゅう不在で自習ばかりでは本末転倒でしょう。聖光学院にとって、野球部は最も大切な存在であるのは分かりますが、この際、Y先生には野球部の指導に専念してもらって、授業は別の教師に担当させてはどうでしょうか?それとも、経営上の都合で教師を雇う余裕が無いのでしょうか?学校長や教師が生徒に嘘をついたり、騙したり、それでも学校なのでしょうか。
クリスチャンだから、「人は皆、罪人である」として、悪いことをしても許されてしまうのでしょうか。クリスチャンである前に人間であるべきですね。
<「投稿サイト」編集部> 

勉強よりも野球が大事!!by 聖光学院 高野連に物申す!!

6月21日(金)正午前、休憩であだたらSAに立ち寄った時のことである。背中に不動心と書いてあるポロシャツを着た坊主頭のご一行様をお見掛けした。平日の日中にである。
後から聞いた話だが、ご一行様は聖光学院野球部Bチームであった。練習試合のため、茨城県にある常総学院高校に向かっているところであった。聖光学院ホームページに「素晴らしき常総学院3年生!」というタイトルでお涙頂戴的なブログが書いてある。
しかし、ちょっと待てよ!
平日は学校は授業ではないのか?授業をさぼって練習試合?
いくら甲子園常連校だからといって、勉強よりも野球優先で、いいのか?高野連は野球優先の学校達を黙認しているのか?
平日に授業もしないでわざわざ県外に練習試合に行く理由はあるのか?
福島県大会も、第3回戦がスタートした訳だが、授業をさぼって野球ばかりしている私立の高校と、県立の高校が同じ土俵で試合をすることって、フェアじゃないですよね?
これでは県立高校が勝てるはずないですよね!
県立高校野球部がんばれ!!
(投稿ネーム:県立高校応援隊)

聖光学院野球部第1シードから第3シードにランク落ち。

高校野球、夏の甲子園の切符を賭け、福島県内全75チームが4ブロックに分かれて7月10日から7月28日まで熱戦が繰り広げられます。
12年連続出場という記録を打ち立てた聖光野球部は昨年秋からの成績が悪く、5年連続第1シードだったのに、今大会では第3シードに落ちています。
野球は投手の力が絶対的な競技ですが、今年の聖光には、これは、という投手が居ないと言われています。
それでも今大会は強豪校が他のブロックに分散したため比較的ラッキーなクジ運だったようで、あの斉藤智也監督の”不動心”という仏教的な精神論できっと勝ち上がってくることでしょう。
今大会予戦前には是非一筆計上したいと思っていましたが、ちんプレー好プレーボーイさんに先を越されたようで残念です。
ヘソ下三寸物語やカラオケBOX全裸補導などという輝かしい 斉藤監督の教え子達の実績を無駄にしないように、あの天井の星に掛け上がれ!ってか?
(投稿ネーム:キットカットを食べてキットカテ!」)
—————————————–
あらゆる投書投稿を読ませてもらって、私立高校の乱れた様に驚いています! 公立校には県の教育委員会というお目付け役がありますが、私学には、県の私学法人課が窓口となっているだけで、お目付け役とは全く意味合いの違う組織となっています。だから、某監督が女性記者に抱きついたり胸をさわったりしても何のお咎めもないのです。麻生太郎大臣が「セクハラという罪は無いでしょう」で片付けてしまうのと同じようなものです。被害女性の生の声が聞かれれば深く追求するつもりなのですが、それが無いと難しいですね。少しコメントがズレてしまいましたが・・・。いや、本当は全くズレていない問題なのです。コーチの方とは良くご存知の内容でした。
<「投稿サイト」編集部>

いよいよ参院選本番だが、本県選挙区の伊達市伊達郡は須田博行市長の事務所が立憲の水野候補の事務所になったのか?

本県選挙区立憲民主の水野さちこ候補は小熊慎司衆院議員のうぐいす嬢をやっていたことが切っ掛けで県議のなった経緯がありますが、今回は野党連合で参院選に出馬し、自民の森まさこに立ち向かうことになったようです。
伊達市・郡には水野候補の拠点が無かったのですが、国民民主の亀岡義尚県連幹事長が担いで当選したのが須田博行伊達市長であったことから、同市長の事務所がいつの間にか水野候補の連絡事務所になっていたことが明らかになりました。
当然、同所には須田市長後援会の看板が出されており、選管に届け出されている主たる事務所になっています。
しかし、よくよく考えてみると須田市長は亀岡義尚後援会と梁川町の旧池田一派が当選させた訳で、前仁志田市長は完全に保守で自民寄りだったのに対し、須田市長は保守か革新かが全く分からず、?マークが付いたままの存在でした。
憲政与党自民党の候補、森に対して自分の立場もわきまえず連絡事務所に提供するとは面白い男としか言い様がありません。
こんな中途半端な市長であるから、「住みよさランキング」で全国812市中で742位という低迷ぶりの理由がよおーく理解出来るというものです。
(投稿ネーム:おらあ伊達市民党だべや)
—————————————–
須田市長は亀岡義尚県議の公選法違反ギリギリの後援会活動によって誕生した市長ですが、その政治手腕は見ての通りで、仁志田市長もダメ市長だったが、須田は更に酷いと言われています。首長は多くの有権者から支持を集めなくてはならないため殆どが無所属で、政党のカラーを出すことを嫌います。しかし、須田さんはその辺も脳天気なようですね。というより、野党の水野候補が勝つと踏んで応援しているのでしょうから、森候補も随分と舐められているのですね。政治の世界の常識が分からないから今回の投稿のようなことが起こるのでしょう。
<「投稿サイト」編集部>

安倍首相の外交って、ガキの使いに等しいのでは。

トランプ米大統領を国賓として優遇し、仲良くゴルフをする姿を強調したり、プーチン露大統領を「ウラジミール」などと呼んで如何にも親しいかのようなアピールをし、山口県で接待漬けにしておけば北方領土問題が解決すると踏んだ安倍晋三首相でしたが、その外交姿勢に果たして意味があるのかどうかが問題視されてきていますね。
プーチン大統領は22日に放映された露国営テレビのインタビューで、「(北方領土を日本に引き渡す)計画はない」と明言したようです。また、北方領土の将来の見通しに関する質問には、「ロシアには、南クリール諸島(北方領土の露側呼称)を含む極東の大規模な発展計画があり、実現に向かっている」と発言していて、近年開港した新空港を例に挙げ、「インフラ建設を進めていく」と述べたようです。もはや完全に返還しない構えが出来上がっているようです。
安倍氏は一方的に親しいと思い込んでいたウラジミールから、実は全然相手にされていなかった事が明らかになりました。
また、”ゴルフ仲間”のトランプ氏からは、 今更、日米安全保障条約について「不公平な合意だ。もし日本が攻撃されれば、私たちは日本のために戦う。米国が攻撃されても日本は戦う必要がない」と不満を表明される始末です。こんな事をあっさり言われてしまう関係しか作れないのでは、今までの安倍外交って、一体何をやってきたのかさっぱり理解出来ませんね。媚さえ売っていれば相手がこちらを忖度してくれるとでも思っていたのでしょうが、そんなことは日本国内でしか通用しません。こんな有様では、安倍外交はガキの使いに等しいと思うのは私だけでしょうか。
—————————————–
正に仰る通りだと思いますが、成果を一粒も得られないような外交ならば、そんなものはガキの使い未満でしょう。
<「投稿サイト」編集部>


あの聖光学院高校、とうとう1位シードから転落して第3シードに。

全国高校野球選手権福島大会の組み合わせが決まりましたね。25日に郡山市内で行われた抽選の結果、聖光学院は第3シードになったようです。
これまでずっと1位シードだったのに、聖光学院もすっかり落ちぶれてしまったものだなあ、と感じました。
報道に対しては主将が、弱さを知ったからこそ成長すると語っていて、チームは 県大会で敗れた後に斎藤智也監督とのミーティングや選手間ミーティングに時間を費やしてきたなどと語っていますが、そんなことで聖光野球部がずっと何世代にも渡って抱えている闇の体質、特権意識にあぐらをかいたヘソ下三寸事件なども本当に正していけるのか、甚だ疑問だなあ、と思います。
選手同士でダメな部分を指摘できるようになった、とも言っていますが、お互いに、「あれだけはやっちゃだめだぞ。」と指摘し合えたのでしょうか。
監督、選手共々に、性的なことにばかり走らないでちゃんと野球に集中して向き合えるかどうかが一番重要な鍵なのではないかと思うのは私だけでしょうか。
(投稿ネーム:ちんプレー好プレーボーイ)
—————————————–
そうですね。聖光は、この屈辱の機会を活かせるのかどうかを問われていると言ってよいでしょう。 これからも心を鍛えていき、プレー面の向上にもつなげていく、とも語っているようですが、元々それは高校球児としては当然のことです。うっかり間違えて、カラオケルームで 心ではなく下半身の方を鍛えていたということにならないように気をつけてほしいものです。
<「投稿サイト」編集部> 

須田市政になって更に下がった伊達市の「住みよさランキング」

6月21日、東洋経済新聞社は全国で市というくくりで表される行政区(特別区も含む)812に対して、住みよさ(①安心度、②利便度、③快適度、④富裕度)を指数化してランキングを発表するという毎年恒例の企画を実施しました。
その中で、伊達市はなんと742位とワーストグループに位置していました。仁志田市政の際には辛うじて600位台をキープしていたのですが、何もしない、何も出来ないと言われる須田市政に変わった影響で、既に約100位程もランキングが下がってしまった訳です。
まず、①の安心度では北福島医療センターなる救急指定病院がありながら、常勤医師が2名しかおらず、昨今、特に重要視されている脳、心臓といった高度医療になると毎回県立医科大学にお鉢を預けるパターンになるのですから、市民が安心していられる訳がありません。
②の利便性では大規模小売店も少ないため、人口当たりの小売販売額も当然少ないのです。
③の快適度では水道料金が県内で最も高い点があげられます。
④の富裕度について言えば、来年度から市の財政は赤字に転じてしまうことが確定しています
これら4つのジャンルから22のデータを出してランキングを決めたとしていますが、こんなところに住んでいる伊達市民としては、あらゆることが心配でたまりません。お馬鹿な市長を担ぎ出してきた梁川町の一部の人達に何とかしてもらいたいものですね。恥ずかしい事この上ないです。ちなみに県内では1位は本宮市(全国ランキング21位)でしたが、残念ながらあらゆる面で伊達市とは違い過ぎますよねえ。
(投稿ネーム:このままでは夕張メロンになる日も近し)
—————————————–
無能だなんだと指摘されていても、漠然と誤魔化しながらのらりくらりと市長職を続けていられるだろう、という安易な腹積もりでいたのが所詮須田氏のレベルだと思います。しかし、東洋経済新聞社の調査でこうも明確にデータ化されてしまうと、もう言い訳のしようがなく、逃げられませんね。財政的に窮地に立たされている局面で、ここまで能力が低い市長を抱えているのは、伊達市としては危険極まりないことであるのは間違いありません。
<「投稿サイト」編集部> 

何を考えてんのか分からない誉田憲孝氏の不思議な行動

6月30日投開票の福島市議会議員選挙がスタートしました。35議席をめぐって37名が立候補という熾烈なビリ争いが見られる、少数激戦の構図となっています。
この直前まで政治家関係者の間で顰蹙を買っていた現職議員がいることをご存知でしょうか。正確には前市議という事になる、誉田憲孝氏がそれです。何故顰蹙を買っていたかと言うと、11月の県議選に自民党から公認を受けて出馬を決めていたというのに、市議会議員立候補者の説明会に出席していたからです。
当然ながら、周辺からは何故?と訝しがられました。また、市議に当選すれば4ヶ月程度は議員報酬が貰えますので、それを狙って出馬しようとしていたのではないか!などという陰口も聞こえてきます。
しかしながら、さすがに色々な意見が出始めていたことから、出馬は思い留まったようだと言われています。11月の県議選に福島市選挙区では8議席をめぐって10名が出馬すると見られており、正しく少数激戦となることは間違いなく、初挑戦の誉田氏にはまだまだ不確定要素が多く、当落がどうなるかは不安なことでしょう。それを担保しようと数ヶ月間だけでも市議に返り咲いていようと考えても不思議ではない人物です。
でも、そこは良識的な判断をされて、さすがに市議選への出馬は見送ることにしたようです。
仮に市議選に立候補していれば、批判の謗りを受けたでしょうが、結果的にはそうなりませんでした。
この誉田氏の思わせぶりな行動が吉と出るか凶と出るかはよく分かりませんが、今からこんな動きをしているようでは、県議選のハードルはより一層高くなることは間違いないようです。
誉田氏は母親も市議だった二世議員ですが、県議とかではありませんから、支持拡大は幼稚園関係者だけでは難しいと見る向きも多いようです。11月県議選の本当の意味でのビリ争いは、見物だと思います。
(投稿ネーム:税金泥棒摘発隊)
—————————————–
自民党から出馬する人に有りがちな驕りが見え隠れしていますね。しかし、どこまでも市民を騙しおおせると思っていたら大間違いだと、思い知らせてやる必要があるとは思います。No more 税金泥棒議員!!ですね。
<「投稿サイト」編集部> 

新議会から勤務評定をつけよう!

6月30日の福島市議選は定員35議席に対して37名が立候補しています。
その中の7名が新人で、実にその中の4名が女性なのです。よく他の自治体では議員の成り手がいないと言われる中、今回のように女性が多く出馬するというのは良いことですよね。
3期、4期となって中堅と言われる存在の市議達も多数いますが、何をしてきたのかは甚だ疑問なことで、中には何もやることが無いプー太郎だから市議に出馬でもしてみるかといった不純な人間もいた訳ですから、今回の新人達に期待してみては如何でしょうかね。
9月から新議員達の議会が始まる訳ですから、誰がどのような一般質問をし、本当に市民のための行動をとっているという市議は何人いるのか、各々市民で勤務評定を付けてみるのも良いのではないでしょうかね。
(投稿ネーム:辛口採点官)
—————————————–
何もやらない税金泥棒の議員達が何と多いことでしょうね。勿論、一般質問だけが議員活動という訳ではありませんが、一応の評価にはなるでしょう。この方のように、議会を傍聴して”勤務評価”をつけてみて後で発表してみるというのも一つの方法だと思います。
<「投稿サイト」編集部> 

福島県教育委員会必見!保原高校で飛び降り自殺未遂か?

6月14日(金)昼頃、県立保原高校で飛び降り自殺未遂事件がありました。なぜ、自殺未遂かというと、実際には高校生が校舎の3階から飛び降りたのですが、運良く、2階の屋根がクッション代わりとなり、比較的軽傷で済んだからです。保原高校側は、飛び降りたのではなく転落事故だったとしていますが、聞こえてくるのは、いじめがあったからではないかと皆囁いているという事実です。一般的に学校が言うような転落事故だったとしたら、これまで何回も同様な事故があった筈です。でも、そんな話は聞いたことがありません。
貴誌にてお調べいただけたらと思います。
(投稿ネーム:飛べない雀は可哀想)
—————————————–
教頭先生は、単なる転落事故なのに話に尾ヒレが付いて困っています、などとコメントしているようですが、いじめがあったかどうか等々の真実性の話は後日必ず伝わってくるものです。その間、同様の”転落”事故が再発しないようにして下さい。
<「投稿サイト」編集部> 

富士通ITはレノボと組んだから危うくなったというのに!

富士通アイソテックが危ないという話を聞きました。一時はレノボと提携出来たため、「もう安泰だ」という声が富士通の社内の方々から聞こえていました。
ところが、その話は真逆の方向だというのです。伊達市のメイン産業の富士通はこの先一体どこに行ってしまうのでしょうか。
その影響からか、下請けの内外エレクトロニクスも不正規社員の首を50名程切ると聞きました。
そんな時節に、須田市長は新たな工業団地を富士通の向かいに作り企業誘致すると言っているようですが、そんな斜陽の地区に果たしてどこのどんな企業が来てくれるというのでしょうか。馬鹿丸出しですね~。
(投稿ネーム:6次化マルデダメオくん)
—————————————–
残念ながら富士通アイソテックという伊達市の稼ぎ頭が不調のようです。本誌でも色々調査をしてみましたが、詳しい事情は6月25日発売号に記されていますので、是非、一読下さるようお願いします。
<「投稿サイト」編集部> 

山形大生が起こした殺人事件に危機感を抱いています。

山形県のJRさくらんぼ東根駅の近隣に在住している者です。私の家から然程遠くない場所にあるマンションで、眼科医の矢口智恵美さんが 5月19日午後5時50分頃殺害されるという恐ろしい事件が起こり、私達近隣の住民はすっかり怯えながら日々を暮らしていました。
そして一ヶ月近く経った6月12日にようやく犯人が逮捕されましたが、なんと村山警察署の捜査本部が殺人と住居侵入の疑いで逮捕したのは、山形市東原町1丁目に住む山形大4年加藤紘貴容疑者(23)でした。どうやら防犯カメラに記録されていた画像が決め手になったようですが、この画像を始めとして、近隣の防犯カメラに記録されていたこの犯人の行動が、私の危機感を増大させています。
捜査によれば、この男は、 鍵の開いていた矢口さんの部屋に侵入した後、そこに置いてあったゴルフクラブのパターを凶器として、 矢口さんの頭を骨が陥没するほど何度も殴打して頭蓋内を損傷させ、死亡させたようです。この行動が強い殺意を感じさせることから、警察は怨恨などの強い動機の存在を調べていたようです。
ところが、捜査が進んでいく中で、加藤は近隣にある他のマンションでも一部屋ずつ扉を開けようとしている姿が記録画像で確認され、犯行に及んだマンションに於いても、矢口さんの部屋に行き着くまでに複数の扉を開けようとしていたことが確認されました。(矢口さんの部屋の扉だけが不運にも開いていたという事なのかも知れません。)
つまり、基本的に「無差別殺人」の可能性が高くなっているのです。
自分とはなんの関係性も無い人間が、早朝寝ている時に、脈絡もなく突然部屋に侵入してきて、凶悪な方法で殺害されるなんて、あまりにも恐ろし過ぎると思います。
こういう異常な事件が増えている現代社会で、私達はどう対処していったら良いのでしょうか。
(投稿ネーム:サイコパス恐怖症)
—————————————–
確かに、予測不可能という点では最も恐ろしい事件の一つと言えるかも知れません。早朝に現れるというのも不気味ですね。この山形市在住の犯人は、東根市に移動して犯行に及んだ後、JR線で山形に戻った事が確認されているようです。
しかし、列車ダイヤを調べたところ、山形発の始発列車に乗ったとしても東根市の犯行現場に5:50に着くことは絶対に出来ない事が分かります。つまり犯行日の前夜から東根市内に居た可能性が高いですね。最低限言えることは、厳重な戸締りを欠かさないこと、守りを固めていくしかないですね。
<「投稿サイト」編集部>

あの聖光学院で野球部監督の斎藤智也氏が退職するとの噂しきり、の真相は?

今年5月頃からあの聖光学院内で野球部を率いている斎藤智也監督が辞めるのでは!という噂が学院内で広まっていたようです。噂の元を辿っていくと野球部内で囁かれていた話が他の生徒達に広がり、この手の話が拡散していった結果のようです。
斎藤智也監督が上梓した本ではないですが、「負けてみろ。」が誰から見ても斎藤監督の情報を基にした田口元義氏との共著ではないかと言われるような内容になっています。2月末の発刊でしたが、書店での売れゆき好調だったのでサイン会を企画していたようですが、折りしもタクティクスでの聖光野球部糾弾が始まったため、それは遭えなくオジャンとなりました(笑)。
また、最近の東北大会予選では2回戦でいわきの昌平高に6対2で敗退していたことも、斎藤監督辞任の噂に拍車をかけたようですね。
最近負けが込んでいる聖光、今夏は果たして甲子園に連続出場となるのでしょうか。見ものですね。
それに、 6月12日に行われた春季県北選手権では県立の安達高校と戦い、双方得点出来ずに13回タイブレークとなり、結果は2対1の辛勝だったようです。この結果は関係者にとっては大きなショックになったようです。こんな状況が続くようだと、本当に斎藤監督の辞任などということになりかねませんね。
(投稿ネーム:九回二死満塁フルカウント)
—————————————–
「負けてみろ。」というフレーズですっかり有名になった斎藤監督ですが、まさか、自らお手本を示すかのように負け犬人生に転落していくような羽目にならない事をいのるばかりですね。
<「投稿サイト」編集部>

上位2位は何故、下限の数字を知り得たのか?桑折町庁舎の入札!

6月10日、伊達郡桑折町の役場庁舎新築工事の郵便入札の開札が行われました。予定価格20億2242万円に対しての開札結果は、宮城県内大手の「橋本店」が16億4888万円で落札。次点が熊谷組の16億5290万円で、価格別で言うと第3位が日本建設(東京)と地元佐藤工業が16億5942万円で同額でした。
予価は分かっていた訳ですが、誰も下限が分からなかったと言われる中で落札の宮城県・橋本店と次点の熊谷組だけは、何れも88%台という極どい数字を知り得ていたようだと言われています。
熊谷組と高橋宜博町長が仲良しだとは以前から言われていたことですが、宮城県の業者にこだわっていたのは副町長の牧野さんでした。何故かこの下限同数というのが意味深です。
何かあったのでは?と疑われても仕方が無いことですよねえ~
(投稿ネーム:桑折謎解き隊)
—————————————–
まあ、敢えてはっきり言ってしまえば、経審点数の線引きから、落札に至るまで、全て牧野副市長の思うがままになっているのが現在の桑折町、ということになりますね。
<「投稿サイト」編集部>

桑折町役場庁舎入札で県庁内から聞こえてくる牧野副市長への批判

今月10日に郵便入札の開札が行われる伊達郡桑折町の役場庁舎建設ですが、業者選定の間口を経審点数が県のAランク(950点)を大幅に下回る860点以上としたことで、県内外(宮城県)からこれまで予想されていた業者より格下の業者が参加の為の問い合わせを桑折町に行っていることが分かりました。
これまでの県内自治体の入札のやり方を踏襲するならば、県内に本社及び支店、営業所が登記されている企業ということが一般的ですが、牧野副市長はそれらの慣例に従うことを嫌い、宮城県まで業者選定の範疇に入れています。
この庁舎建設はプレキャスト工法であることから、設計段階から電気系統や設備などの位置を表記した緻密な管理を要するものなので、いい加減な業者が落札したら、目も当てられないことになるのではないかと、今から危惧されています。
カヤの外の高橋宣博町長さん、その時になってから困っても遅いのですが、分かっているのでしょうか。
(投稿ネーム:ハゲッペ半田山登ればツルツル!)
—————————————–
如何に牧野副市長が県OBだといっても、今回の経審点数の線引きは?・・と県庁内で不思議がっている人は多いようです。これで工事がうまく進んでいけば良いのですが、プレキャストコンクリート工法って、簡単に言うと積木のような工法なのですが、管理が結構難しい工法なんですよね。まあ、選ばれる業者さんに頑張って良いものを作ってもらいましょう。
<「投稿サイト」編集部>

知らない者がバカをみる 聖光進学コース 強制寄付金プログラム!!

聖光学院の普通科進学コースの保護者は、保護者会費(PTA会費)の一部である進路対策費という名目で、生徒一人につき毎月3000円、1年間で36000円、3年間で108000円もの大金を授業料と一緒に銀行口座から毎月引き落とされています。進学コース全体で約230名程居ますから、年間で800万円以上のお金が集まります。
問題視すべきは、この進路対策費の大部分がスーパースカラシップの特待生等のごく一部の生徒しか利用が許されていない、ブロードバンド予備校に使われているということです。進学コースの保護者は進路対策費という名目でお金だけ取られ、スーパースカラシップ特待生等のごく一部の生徒のため、聖光学院の宣伝広告費のために強制的に寄付させられているようなものなのです。しかも、この進路対策費は、進学コースの責任者である木村先生と辻教頭の2人で管理運用されており、この2人の考え方1つでどのようにも使うことが出来てしまうのが問題なのです。
辻、木村は大学合格実績を出して優秀な中学生を集めて聖光学院を進学校化したいと考えているようですが、今までも代ゼミサテライト、学研マイガク、スタディサプリ、Classi、全生徒分のタブレットなどを導入してきましたが、全てがこれといった大学合格実績を出すことも出来ず、悉く失敗に終わっているのです。
一体いつまでこんなことを続けるのか?疑問です。
辻、木村はそろそろ責任を取るべきではないのでしょうか?
聞くところによると、聖光の大学の進学実績はスポーツ推薦での合格が殆どで、一般入試で大学に入学した生徒はほんの数人しか居ないそうです。毎年、センター試験を受験する生徒は1~2人しか居ないというから驚きです。公務員試験に合格した生徒は、自分で夏休みから郡山や仙台の専門学校に通って勉強していたそうです。
私は、パンフレットの内容を真に受けて、聖光学院に入学して失敗したと、今日後悔しているのです。こんな話ってあって良いのでしょうか?
(投稿ネーム:強制寄付者)
—————————————–
学院を進学校化したいという発想自体は悪い事ではないですが、本来ならば進学の指導が出来る教員をコツコツと育てるなり、起用するなりして、学校としての本当の地力を培うのが本来の筋道だと思います。ところが、実際はお金にものを言わせて他力本願のような通信教育に飛びついて失敗を重ねている訳ですね。しかもその原資となるお金は、全父兄から騙し取るようにして集めているのですから酷いものです。教育機関としてのレベルは非常に低いといえるでしょう。それにしても、これだけ大勢の父兄関係者から様々な角度からの内部告発の投稿があるのですから、連名で訴えられたりしたら、学院側は負けそうですから、今から覚悟を決めていた方が良いでしょう。
<「投稿サイト」編集部>

まるで羊頭狗肉!聖光学院ブローバンド予備校の売り込み文句の大嘘

「聖光学院が導入する進学システム!<ブロードバンド予備校>聖光学院なら完全無料で受講出来ます!」というタイトルのパンフで大々的に宣伝しているようですが、内容を更に読むと、特別進学プログラムで目指せ難関大学突破!聖光学院なら予備校いらず!東北初のブロードバンドシステムを採用!放課後は予備校になる!など、景気のいい言葉がパンフやホームページに書き連ねてあります。
普通科進学コースに在籍する生徒であれば誰でも完全無料で上記のシステムを利用出来、また、先生方が全力でサポートし、一人一人の進路実現という夢を叶えてくれるのだそうです。
しかし、実際に入学してみると、ブロードバンドシステムを利用出来る生徒は、スーパースカラシップ特待生などのごく限られた一部の生徒のみで、誰でも完全無料で利用出来るなんていうのは真っ赤な嘘でした。生徒が放課後に職員室からノートパソコンを借りてきて、インターネットで配信される予備校の講義を一人で見ているだけのことで、分からないところを質問したくても教えてくれる先生も居ないため、(実は、元々聖光学院には受験指導出来る教師が存在していません。)分からない部分をそのまま放置して次に進むしかないのです。これでは成績が上がる筈がありません。全力でサポートする先生方、というのは、パソコンの画面の中に出て来る先生達の事だったのでしょうか?
では職員室にいる現実の先生方は何をしているかと言えば、パソコンの貸し出しと返却の管理という、レンタルショップの店員みたいな事をしているだけなのです。これでは丸っきり羊頭狗肉の宣伝文句だと思いますが、いかがでしょうか。
(投稿ネーム:騙され太郎)
—————————————–
送迎バスの宣伝文句などからも、薄々感じていたことではありますが、やはり聖光学院の広告宣伝というのは、どこかしら中身がスカスカなものを上げ底しているような、ハリボテのような、独特の違和感がありますね。今回のブロードバンド云々の場合は、非常に学院の内情が透けて見えてくるのが特徴です。進学コースと銘打ちながら、元々、受験指導出来る人材が教師の中に一人もいないという致命的な欠陥を目立たせないために、生徒にパソコン画面を見てもらうという体裁で誤魔化そうというシステムでしょう。しかもそれを逆手にとって、さも最新のシステムを導入しているかのような謳い文句で宣伝するあたりは、かなり悪質且つ巧妙です。もしもこれを問題視した父兄が、出るところに出たらどうしようもない事態になるかも知れませんね。
<「投稿サイト」編集部>

実は父兄も乱れている聖光野球部

これまで色々な方が聖光学院の内情をこのサイトで暴露されているのを拝見していて、関係者の一人として私もちょっと言っておきたいことがあったので投稿してみました。ここまでの情報で、性的に乱れ切っている野球部の実情にはみんなすっかり詳しくなりましたが、さも乱れているのは生徒だけというような印象を受けますが、実は野球部に関して言えば、父兄もかなり乱れています。
実際、部員生の親同士で失楽園状態になっている方々も多数おられます。
レギュラーになれない生徒達の父兄は何かと手伝いをやっていますが、そういう関係の中で、いわゆる特殊な関係になっちゃった方々がいらっしゃることは、以前から噂になっているのです。
聖光野球部員の目指すところはプロになることではなく、私立大の特待生になることですから、レギュラーの背番号を貰うことは大学の合格証を貰うことと同じなのです。ですから、目的を達した親達は自分達が遊ぶことしか考えていないようです。
これでは野球部員がカラオケBOXで全裸で警察に補導を受けたり、女子部室で下着も付けずに用務員に発見されたりと不純な交遊を繰り返しても何も言えないですよね。親子ともども、情けない話です。
(投稿ネーム:親子丼学院)
—————————————–
父兄までそうでは、確かに子ども達を指導することは不可能に近いですね。聖書の教えを守って運営している筈の聖光学院のど真ん中に失楽園があるとは、なんとも皮肉なものです。
<「投稿サイト」編集部>

福島太陽誘電(旧ザッツ福島)のスクープ記事を読んで

伊達市梁川町在住の者です。先日の福島太陽誘電(旧ザッツ福島)によるヒ素汚染の実態に言及したスクープ記事を目にして、「やっぱりか!」という思いです。当時、近隣の大銀杏が枯れてしまったことを始め、植栽等の立ち枯れが続出し、梁川町内ではザッツに対する不信感が渦巻いていたのを昨日の事のように思い出します。町議会でも話題にされましたが、結局、当時の池田善治梁川町長はちゃんとした対応をしてくれず、事態はうやむやにされたまま、月日だけが経ってしまったように感じています。今回福島太陽誘電に隣接する土地の土壌サンプリングで、除去を指示されるほどの濃度のヒ素汚染が発覚したことで、やはり当時あの工場からは空中にヒ素がバラ撒かれていたこと、立ち枯れの原因は間違いなくそれだったことを確信し、戦慄を覚えています。
友人宅がその辺りにあるのですが、おそらく庭もちゃんと調べればヒ素が検出されることは容易に想像出来ます。
企業にとっては過去のことでも、我々住民にとっては、明日からも続く生活上の不安材料として重くのしかかってきます。とても納得出来ることではありません。タクティクスの本誌に詳報が載るということでしたが、どうか裏の裏まで全部の実態を白日の下に暴露してくれることを期待するばかりです。
(投稿ネーム:梁川BOY)
—————————————–
これはもう明確な公害問題だと把握しています。住民の皆さんのご期待に背くことなく、徹底的な追及記事にしますので、次号7月号は乞うご期待です。
<「投稿サイト」編集部>