カテゴリー別アーカイブ: ニュース

借上げアパートに住み原子力賠償金で高級車を乗り回している吉田幹事長

自民党県連幹事長として飛ぶ鳥を落とす勢いの浪江町選出の吉田栄光自民党幹事長ですが、原子力災害避難者として福島市内の借り上げ賃貸アパートにご家族で避難生活をしているそうですが、毎月お一人様10万円無税で頂ける原子力賠償金を積み立てて、国産高級車を乗り回して政治活動を行っていることが自民党県連職員から聞こえて来ました。
賠償金の使い道はご自由かと思いますが、被災者の方々や多くの双葉郡の有権者のお気持ちを考えると、遠く選挙区から離れた福島市内で最高級国産車を乗り回して政治活動を行うっていかがなものでしょうかね?内堀政権与党の自民党県連幹事長の吉田栄光先生!!(投稿ネーム:文科省原子力損害賠償審査会)
—————————————–
「働きもせずパチンコ三昧。高級外車が飛ぶように売れる。医療費もタダだから病院も満員御礼」そんな理不尽さを目の当たりにしている一般の住民感情を考えれば、避難者を代表する議員として模範となるような生活ぶりを示す必要があるのではないですかね。
<「投稿サイト」編集部>

福島・相馬復興道路が全線開通出来ないことを正式に決めた東北地方整備局

伊達市の皇帝鴫原貞男副市長が豪邸を構えている伏黒地区の用地買収が進まず、暗礁に乗り上げている福島・相馬復興道路ですが、遂に道路建設事業者である東北地方整備局がお隣の上保原ICまでの一部開通を発表し、全線開通を実質断念したことが正式にプレスリリースされました。
震災復興の起爆剤として、数百億の国費投入で建設が始まった復興道路ですが、用地買収を担当している伊達市の非協力体制により平成32年の全線開通が断念に追い込まれただけでなく、その原因が鴫原副市長が地元の伏黒地区住民との対立が原因だとしたならば、仁志田市長は従妹の立谷相馬市長始め小林福島市長・高橋桑折町長や内堀県知事にどの様な言い訳をなさるんですかね?内堀県政最大抵抗勢力の仁志田市長さん!!
(投稿ネーム:東北地方整備局)
—————————————–
不倫疑惑で地元住民に顔向けもできず、用地買収に一役買うどころか足かせとなるとは、無用の副市長ですな。伊達市民はおろか、開通を待ち望む県民に対しての背信行為も自覚すべきでしょうね。
<「投稿サイト」編集部>

次期学長選レースが始まった福島県立医科大学

菊池学長の任期満了を年度末に控えた福島県立医科大学ですが、後任の学長・理事長の最終選考レースが秘密裏に始まったことが、主任教授会から聞えて来ました。
福島県立医科大学の法皇として、医学会の傍流である整形外科医局から「白い巨塔」の頂点に君臨している菊池理事長ですが、後任学長を院政化して采配する為に外科講座かプロパーの同大卒の主任教授にするかで混迷を極めているそうです。
ドクターには定年がありませんから、どこぞの系列病院の理事長・院長に就任して地域医療に貢献しては如何ですか?ドクターより政治家向きの菊池学長先生!!
(投稿ネーム:学長選考会議)
—————————————–
ポスト学長レースをめぐっては、教授陣はじめ関連病院や医師会を巻き込んだ総力戦が予想されています。系列病院からの指定寄付金をめぐり、集金力が選挙を勝ち抜くカギとも言われているようです。菊池理事長の万全の院政体制を敷くには、結局は金目かもしれませんよ。
<「投稿サイト」編集部>