カテゴリー別アーカイブ: ニュース

今後の日本のバスケットボール会はどうなるのか??

日本で人気のあるスポーツと言えば、野球、サッカーが大人気ですが、それに次ぐのがバレーボールやバスケットボールではないでしょうか。いずれの競技も小学校からスポーツ少年団があり、競技人口がとても多いですね。バスケットボールも数年前にプロリーグ「bjリーグ」が誕生し全国にチームが出来て観戦数も伸びてきているといいます。

そのバスケットボール界が今危機を迎えています。それは国際バスケットボール連盟(FIBA)が1カ国にトップリーグは1つと決めていおりますが、日本国内にはNBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)とbjリーグという二つのトップリーグが存在していることです。これは各団体の役員同士のいざこざで分裂している形になっていて、このままではリオデジャネイロオリンピックの予選に出場出来ない事態になってきています。

それを打開するためにFIBAから役員が問題解決を目的に出向してきて、期限があと半年しかありません。この間に問題解決をして、団体を統合、もしくは正常化させないかぎり、オリンピック予選ももちろんですが、他の対外試合、国際大会一切に日本は出場できなくなります。

これでは今後の日本のバスケットボール界のレベルの向上は見込めないですし、競技人口の減少も考えられるでしょう。国内両リーグとも実力が伯仲しているため、どちらかが折れるというのはそう簡単にいく問題ではないと思われます。

日本のバスケットボールのレベルでは予選を勝ち抜きオリンピック本戦に出場は難しいですが、だからといって、その道を途絶えるのはよくないと思います。NBLの役員幹部は全員辞めることが決まっています。

早急に正常化される事を願います。

 —————————————–

責任を取る形で役員が辞任することで当たり前ですが、それだけ競技団体のことを考えていることには賞賛できます。早く正常化して問題なくリオオリンピック予選に出場できることを願います。

しかし、犯罪に近い行為をしながら、内々で処理し、全く責任を感じず居座るどこかのスポーツ団体の役員連中がいます。そういう団体はいつまでたっても成長はないでしょうね。追々詳報します。

<「投稿サイト」>

 

 

小渕さん、連座制適用で失職してください。

14日に投開票された衆院選。前安倍内閣で2人の女性閣僚が就任1カ月で政治とカネの問題などで相次いで辞任をしましたが、今回の衆院選でその2人は圧勝で当選しました。

いくら法律上問題があっても、やはり地盤が強いとちょっとやそっとの問題では崩れることはないのかなと再認識させられた結果でした。

その中で、まだ捜査中の小渕前経産大臣。東京地検特捜部が関係先に家宅捜索に行った際、会計書類などを保存していたハードディスクなどをドリルで破壊していたというではないですか。証拠隠滅以外でそのようなことをするとは考えられず、なんとも卑怯なことでしょうか。でも、必ずどこかに資料がコピーされ残っている筈なので徹底的に探して欲しいものです。

疑いをかけられること事態問題ですが、小渕さんの本当に知らないところで行われたとしても、それならそれで議員を続けるのであれば捜査に協力をして全てを明らかにすればいいんですよ。それをまわりの人間が証拠隠滅とは。

連座制が適用され、議員職を失職させられるかも知れませんが、その時は数年立候補出来ません。でも今回のように自民が強ければ当選出来るでしょう。頑張って下さい。

まずは、投票してくれた有権者のためにも身のまわりを綺麗にしましょう。

 —————————————–

過去には公判中にもかかわらず、当選した議員が多く存在します。裁判は推定無罪で行われるとはいえ、疑いがあるからこそ起訴され裁判をすると考えられますので、そのような人物がいくら地元に貢献したとはいえ、国政を担う国会議員に就くというのは法律上問題がなくてもやはりおかしいのではないでしょうか。

小渕前経産大臣は今後どうなるかまだわかりませんが、まだ捜査は続いていて連座制の可能性があるのであれば、今回の選挙は出馬するべきではなかったのではないでしょうか。

<「投稿サイト」

福島選挙管理委員会、毎回ずさん過ぎます。

こんなことってあるんですね。

福島の投票所で、14日の衆院選の80票もの票が、投票に来た人数と数が合わず、有権者が持ち帰った持ち帰り票として処理されていました。福島の地元紙2紙に大きく出ていたようですが(私は2紙のウェブサイトで見ました)自動読み取り機分類機で読み取り不可能ではじかれた票だったようで、もちろんこれは後から人の手によって文字を判断するものですから、当然有効票が含まれていました。それを2日後の委託業者が会場の撤収作業の際に、かごとかごの間から束になった80票を見つけたということです。これは福島選挙管理委員会のずさんな管理としか言えないでしょう。

福島選管委は10月の知事選で2度、今回の衆院選でも1度の人為的ミスがあったとも書かれており、その上80票ものまとまった票が無効票になる可能性が発生する事態になるとは。

80票の中の有効票は、昨日夜、それぞれ票に加算されたとのことですが、復興途中の福島の選管委でこのようなことが起きるとは呆れてしまいます。

しっかりして下さい!!

—————————————–

戦後最低の投票率だった今回の衆院選。80票の票の行方で当落に影響する得票差ではなかったようですが、低い投票率でこのような事態が起きるということはなんともお粗末すぎます。せっかく投票にいっても管理する側が適当では投票に行かなくなります。

月刊誌タクティクスにて詳報します。

<「投稿サイト」編集部>

 

他の野党も共産党を見習ってみては??

大義が不明確というか、全くないと言っても過言でもない衆院選が終わりました。戦後最低の投票率で、それだけ国民に関心がなかったわけですが、若干議席を減らしたとはいえ、自民党は単独過半数の議席を確保、連立の公明党の議席も足すと2/3を確保し、結果圧勝という形になりました。野党第一党の民主党などは、代表自ら議席を失うという65年ぶりの情けない結果でした。しかし、国民は自民党安倍政権を支持したわけではなく、他の党よりはただ「まし」という理由で投票したのです。

その情けない野党の中で、日本共産党が議席を大幅に増やしました。与党の反対ばかりしているだけで、実現が厳しい政策ばかり毎回打ち出している印象の共産党ですが、なぜ大躍進出来たのでしょうか。そこには地道な選挙活動があったからです。

選挙当日までどの党に投票するか決めていない有権者が3~4割います。この票を取り込むことはとても重要です。私は投票する政党を決めていたとはいえ、今回の選挙はやはりあまり関心はありませんでした。その当日の午前中に「日本共産党です」と、とても丁寧な感じの男性から電話がありました。普通ですと「今日の投票には日本共産党を宜しくお願いします」と話されるのを予想できますが、そうではありませんでした。簡単なアンケートのような感じでいくつか質問されただけで一切投票についてのお願いをしてこないのです。共産党に入れるつもりがなくても、とても印象の良い方から電話があれば当然「日本共産党」が頭にすり込まれます。当日悩んでいる有権者はこの電話で共産党に投票した人が多いのではないでしょうか。電話でお願いといえば、選挙前に「公明党をお願いします」と何人もお願いされうんざりしている人が多いと思います。そこで共産党のような投票のお願いではなく、誠実な態度で電話をもらうと投票したくなるのが心情でしょう。共産党が今回議席を増やした陰には、このような電話作戦が少なからず影響していると思います。

一強多弱を打破するには、他の野党も誠実で地道な選挙活動が必要なのではないでしょうか。この先安倍政権が続くわけですが、強い野党がいなければ絶対に日本はよくなりません。自民党と対等に戦える政党が待ち望まれます。

—————————————–

このような電話作戦があったのですね。政党名で電話がくると「またか」と思いますが、投票依頼はせず、別件の話をしつつ、党のアピールをするのは投稿にあるようにとても効果的な感じがします。

共産党が躍進したとはいえ、まだまだ他の野党と足しても自公の足元にも及びません。次は2年後の参院選です。野党が勝ち、ねじれ国会、次の衆院選で政権交代出来る政党が出て欲しいものです。

<「投稿サイト」編集部>

 

自民に一矢報いた恒三先生

衆院選福島選挙区は自民の3勝2敗という結果に終わり野党が大善戦した。前回は3区(玄葉光一郎・民主)を失うだけの4勝1敗だったが、今回は4区の小熊慎司(維新)が56856票を獲得し、前職の菅家一郎を416票差で打ち破った。下馬評では菅家有利の声が多かっただけに小熊の勝利は大善戦と言えるものだった。

この小熊勝利の陰には、平成の黄門様こと前回で引退した民主の渡部恒三センセイの涙ぐましい努力があった。小熊の立会い演説会は都合7回開催されたが、その7回全てに恒三センセイがマイクを握った。

失礼だが高齢となった恒三センセイは足元も弱くなり、やっと立っている状態と言われるが、それでも気力を振り絞って小熊の応援を、文字通り命懸けで行った。これで行き場を失くしていたコウゾウ一派と言われる自民でも民主でもない恒三派の残党達が、こぞって小熊を応援することになった。

恒三センセイ自身も今回のような全ての演説会でマイクを握るということは、多分初めてのことだろう。それだけ自民に一矢報いたいという気持ちが強かったのではないか。

今後も陰の政界御意見番として頑張って欲しいものだ。

—————————————–

小選挙区での小熊の勝利は小熊自らの維新の票と民主の勢力を結集した結果でしょう。全国的にもこのような野党の結束が自民独走を抑える唯一の方法なのではないでしょうか。そうすれば一強多弱打を破出来る時が来るかも知れませんね。その意味で全国に先がけたモデルケースのような選挙でした。

<「投稿サイト」編集部>

金子さん天狗にならないで下さいね!!

衆院選福島一区の金子恵美さん当選おめでとうございます。でも参院時代のようなわがままぶりでは次は誰も支持しなくなりますよ。それに召し使いのようにコキ使う秘書達では誰もついてこなくなります。今回は父君への義理を返す意味で皆応援しただけで、参院時代に何もやらなかったあなたを誰も評価する訳がないでしょう。

ヒステリック過ぎて秘書が続かないのは、いわきの森まさこと全く同じです。特にあなたは超有名ですから少し人間の徳といったものをもっと学ばなければなりませんよ。

ゆうへいさんの日程秘書といわれた菅野文成さんが選挙のお手伝いをしていたようですから、彼が秘書に就くのですか。彼は何でもイエスマンですからあなたのような人使いの荒い人でも3ヶ月ぐらいはついていくことが出来るかもしれまんせんね。

もう参院時代のように人前でガミガミ怒るのはやめましょう。まだ当選したばかりですから天狗になってはいないでしょうが、多分、すぐにそうなるのでしょうね。選挙中にウグイス嬢が辞めて逃げ出すような性格ではあなたに問題あり過ぎるのですよ。

悪い性格はなおらないと思うがなおせ~!

森まさこのようになるな~!

増子輝彦のようになるな~!

県内政治家の性格の悪さのランキングのようですね。

—————————————–

金子さんと同姓同名の方(自民新潟四区)が当選していますが、性格で比較されないようにしましょう。

<「投稿サイト」編集部>

国民は景気回復を感じていなくともアベノミクスを信任した。

衆院選が終わりました。マスコミの報道通り、自民は議席を単独で過半数を確保し、引き続き第3次安倍政権が発足することとなりました。今回の選挙はアベノミクスの是非を問う「アベノミクス解散」と安倍総理は理由付けをしたが、そこに大義はなく、何のために選挙をやるのかと国民から不満が出ていたのも事実です。

終わってみれば自民が290議席で単独過半数を大幅に超えた議席を確保、公明は35議席確保し、与党で325議席と定数475議席のうち、2/3を確保したのですから大勝利と言える筈でしょう。

しかし、公明は議席を増やしたものの自民は議席を減らしました。公明が議席を増やしたことで、与党としては議席が1議席増えましたが、それで自民は今回の選挙は勝ったと言えるのでしょうか。野党第一党の民主が伸び悩んだのにも関わらず、自民は議席を減らすということになったからです。自民の現有議席割、自公で2/3というのが結果で投票率が低く議席を減らすというのは、国民から本当の信頼を勝ち取ったとは言えないでしょう。しかし政治とカネの問題で大臣を辞任した小渕優子は群馬5区で圧勝しました。政治とカネの問題を大騒ぎした国民は、結局問題を曖昧にすることに加担してしまいました。

野党もパッとせず民主は議席を増やしたとはいえ、党首の海江田代表が小選挙でも破れ、比例でも惜敗率で当選出来ない状況という情けない結果で、自らの議席を確保出来なかった責任の取る形で辞任しましす。自民党政権をしっかり追従できる人が今の民主に果たしているのかも ハテナ です。

「 アベノミクスで景気回復や恩恵を受けていない」というのが町の大半の声ですが、それでも国民はアベノミクスを信任しました。安倍総理のこれからの任期中は、アベノミクスを引き続き推し進めて行くことになりますが、これで景気回復が感じられなくとも、それは我々国民が選んだ道です。そうなりますとただ言えることはアベノミクスに成果を出してもらう意外ありません。

—————————————–

予想通りの選挙結果に、我々国民が安倍総理の政権運営にNOを突きつけなかったことになります。これで本当に良かったのでしょうか。

それにしても閣僚が全て再任されるようですが、麻生財務大臣の失言で更迭させない安倍総理の任命責任はどうなっているのでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

 

衆院選の投票始まる。

いよいよ衆院選の投票が7時から始まりましたね。色々言われている選挙も、夜には結果が出ます。安倍総理の思惑通りにいくのでしょうか。

そもそも今回の解散は大義がなく、後から理由付けしたような感じでしたね。アベノミクスの是非を問うとか、消費増税の先延ばしとか。アベノミクスで恩恵を受けている人はごく一部で殆どの人が景気回復を感じることができていません。また、消費増税先延ばしについては、先延ばしで怒る人はいないので全く理由になりません。

それでも、自民が圧勝するようなことになるのは、野党が弱いというよりも(野党に期待できる状況ではない)我々国民にも責任があると言えるでしょう。

期日前投票を行った人が前回より多いとのことですが、今回の投票率はどうなるのでしょうか。もし、投票率が高くて自民が圧勝するようなら、この国を変える気のある人はいないのかなぁと思います。本気でこの国を変えたい人は比例区で絶対に自民に投票しないことですね。

—————————————–

今回、選挙の争点は原発問題ではなく景気のことということなので、この二年のことを考えたら自民が大敗するはずでしょう。

しかし、そうならないのが悲しいところです。

<「投稿サイト」編集部>

安倍総理、だから何のチャンスなのよー?

総選挙も終盤戦になり、テレビでも各党のコマーシャルが流れていますが、どれもこれもピンとくるものがなく、今回の選挙は本当にただの消化試合なんだなぁと感じ行きたくなくなってしまいます。でも、自分の意思、白票でもいれようか。

自民党のCMで安倍総理が「15年続いたデフレからようやく脱却するチャンスを得た」と会見の通り全く同じことを言っていますが、確かに物価が上がってきていますよ。しかし、物価上昇に伴った賃金の増加はなく、値上げ分はどうやって決められた収入の中から捻出すれば良いのでしょうか。物価だけが上がり、賃金が上がっているいないのであれば、デフレから脱却のチャンスなどと言う詭弁を語っているあいだに、実際は物価が上がり賃金が据え置きであれば、実際これは賃金が大幅に減額されたということになるのではないでしょうか。

だってそうでしょう。300円だった吉野家の牛丼並が380円になり、それを食べたお父さんたちの給料が上がらず、もちろんお小遣いも上がらないので、その80円はどこから持ってくればよいのでしょうか。例として今まで五回食べられた牛丼が4回しか食べられなくなります。一食分はどうしますか?水を飲んで我慢しますか?

安倍総理、 現状はここまで切羽詰まった状態となっていることをお馬鹿な麻生財務大臣と最認識されてはいかがでしょうか。このままアベノミクスを続けては必ず日本経済は今まで以上に経済悪化が懸念されることでしょう。

ひょっとして安倍総理は中国のようなとんでもない貧富の差を生み出したいのでしょう。

—————————————–

安倍が総理をやり、麻生が財務大臣を続けている以上、景気が回復していないのは人のせいにし、それでは今後この日本が良くなることはないでしょう。

麻生さんの漫画で覚えた知識では日本は変えられない!!

<「投稿サイト」編集部>

大橋パン店もペヤングを見習え!!

まるか食品の大人気商品「ペヤングソース焼きそば」の製造ラインでゴキブリが混入していたことがツイッターなどで拡散され、それを受けまるか食品は製造と販売を中止。再販間で数カ月はかかるという。

マクドナルドやファミリーマートが、中国の工場から仕入れていた鶏肉加工品で食の安全管理のずさんさが明るみになったが、今回のヤングソース焼きそばのゴキブリ混入は決して褒められたことではないが、企業としての対応は迅速で評価されるべきであろう。

異物混入といえば、全く真逆の対応をする行政があった。弊社がある福島県伊達市で、前にこのwebサイトと月刊誌の方で取り上げたが、伊達市大橋パン店で製造された学校用給食パンに、緑青というサビが混入していた。発覚から保護者宛に案内が出たのもかなりの時間を要した。毒性も弱く健康被害もなかったため、大騒ぎにならなかったが、そもそもこのようなことで子供の食の安全は守られるのであろうか。聞くところによると、伊達市の給食に異物混入というのはよくあるようなことで、現場や統括する伊達市教育委員会ではこの問題を軽視していたと考えられる。

毒性が少ないとはいえ、異物が混入するという事は、機械のメンテナンスにおいて手抜きを行っているからであって、それが子供達の口の中に入ると思うと、とても恐ろしい。この大橋パン店のようなずさんな衛生管理の中では、今回のペヤングソース焼きそばゴキブリ混入のような問題はひょっとしたら今までにあってもおかしくはないだろう。

問題対応の迅速さが足りないと信頼が一気に陥落してしまう。大橋パン店は今でも平気で学校用給食パンを供給しているのであろうから、設備投資や、人件費を惜しまず安全な食品を製造するラインを構築するべきであろう。

—————————————–

 大橋パン店は、もし、異物混入を児童たちが見つけなければ、そのままいつまでも製造機械のメンテナンスを怠り、劣悪な環境で児童たちが口にするパンや米飯を製造、供給を続けていたことと思います。今回のペヤングを見習い二度とこのようなことがないように注意していくべきだと思います。

それにしても、何も処分がないと言うのが不思議だ。やはり仁志田市長様様の力だね!!

<「投稿サイト」編集部>

桜交通の従業員、態度悪すぎ!!

先日12/6日(土)に新宿から桜交通の高速バスで新宿から仙台に帰る予定で、楽天トラベルで予約をしました。しかし都合が悪くなり、キャンセルをしようと思いましたが、楽天トラベルのキャンセルの際の電話番号は営業時間外で、直接、桜交通の夜間緊急連絡先に電話をしました。

電話してびっくり。あまりにも態度が悪すぎです。私も頭に来て怒鳴ってしまいましたが、あれは客に対する態度ではないですよ。どなたが書いていましたが、タクシーとかバスとかの業界はあんな態度を未だに客にするのかと思い驚きです。

電話に出たのは桜交通「タキザワ」さんという男性。もう少し客との話し方気をつけたほうがいいのではないでしょうか。

—————————————–

投稿の内容を読むとこの方の対応は呆れます。まだまだ投稿の内容が面白いので、整理して続きを改めてアップします。

<「投稿サイト」編集部>

 

石井工務店のべら高会費の忘年会開催!!

明日11日(木)郡山市磐梯温泉ホテル華の湯で、石井工務店の3万円会費大忘年会が開かれる。昨年は、月刊タクティクスでの悪業の糾弾にビビったのか、毎年恒例の忘年会をやらなかった。しかし何を思ったのか今年は3万円というべら高で(毎年だが)関係者に嫌われながらもやるようだ。

石井社長の手口は、高い会費の中に理由をつけて、小遣いが自分の懐に入るように工作することだ。多分今回もその通りだろう。これが事実なら非常にえげつないやり方だ。招待されている面々は、毎年多額の広告費を出稿してもらっている広告業界や、マスコミ関係者が多い。嫌々ながらもお得意様だから、手揉みしながら寄ってくる何とも情けない限りだ。この模様は月刊誌新年特大号で詳報する予定だ。

それにしても、ストーカーをやるだけあって何でもありのモンスター社長だね。

—————————————–

今年一年間、色々騒がせてくれた石井社長ですが年の締めくくりに3万円もの会費で大忘年会をするとはさすが世間の空気を読まないKY社長だね。

見たこと聞いたこと何でも是非当サイトに投稿下さい。お待ちしております!!

<「投稿サイト」編集部>

衆院選、最終世論調査結果出る!

今回の衆院選のマスコミ最終世論調査結果が新聞を賑わせている。注目の福島一区の因縁の対決はかなり接戦のようで、「亀岡氏と金子氏競る」との見出しで、先行する自民・亀岡よしたみを民主の金子恵美が激しく追っていることが報じられている。解散したみんなの党・石原洋三郎が金子支持を打ち出したことの影響があるのかも知れない。伊達地方では亀岡が一歩抜け出したとされているが、逆に大票田の福島市が両者互角の戦いを見せているという。

亀岡には十数年間、足で上積みしてきた手堅い亀岡宗のような票があるため勝利は揺るがないと思われるが、金子の大善戦によって本当に肉薄することが出来れば、東北比例区の惜敗率によって福島一区から二人当選、などということもあり得ることになるかも知れない。

また、会津地方の福島四区も二人の前職、自民の菅家一郎と維新の小熊慎司が激しく争っている。菅家は市長を務めた会津若松が最も強く優勢を示しているが、前回から民主・渡部恒三の引退によって行き場をなくした恒三派は節操なく小熊に付いたが、若松市内はもともと恒三の弱いところ。菅家の勝利は揺るがないと思われるが、小熊が現議席を確保出来るのかどうかが見ものだし、維新としても譲れないところだ。

福島五区は自民・吉野正芳を民主の吉田泉が追う展開と言われるが、吉野は毎回選挙区ではなくジプシーのように比例区をたらい回しにされてきた。吉田は全民主勢力が押していることと保守層にも人間性からかなりの食い込みを見せている。相双地区の避難者達の票が全く読めないため、まだ一波乱含みの様相だ。

—————————————–

安倍政権の不正隠しとアベノミクス失敗隠しという二つの意味合いを持つ今回の総選挙。信頼回復途上の野党にとって大迷惑なことだったが、631億円も税金を投じる今回の選挙のあり方に国民も怒っていることを安倍総理は知らなければならない。こんなことで長期政権が作られたなら、国民は納得しない筈だ。

<「投稿サイト」編集部>

麻生財務大臣の呆れる仰天発言!!

麻生財務大臣の発言には本当に呆れてしまう。「利益を出していない企業は運が悪いか能力が足りない」「子供を産まないのが問題」と、さすがの失言居士だ。

何を言っているんだか。その後訂正で「社会保障が充実しておらず、そのために産まないのが問題」と釈明した。おまけに「麻生財務大臣は総理時代から(てにをは)をよく間違える」とかばう閣僚もいたりと、全く理解出来ない。

300議席を自民単独で確保出来るとマスコミ報道で予想されているからか、少しだらけだらけ過ぎでないですか?

—————————————–

このようなおかしな発言をしても第3次安倍内閣で財務大臣を続投させる安倍総理の考えはおかしいです。過去に失言をして辞職した閣僚が大勢いますが、今回の麻生財務大臣の発言は、過去の例と比較しても勝るとも劣らないのではないでしょうか。

しかし、あの態度であの発言、非常に見ていて不愉快です。

<「投稿サイト」編集部>

親族の個別訪問って許されるんですかね!

公選法で候補者の親族が選挙違反に問われると連座制の対象になるのは周知の事実ですが、今福島1区では中選挙区の名残のようにky候補者の親族が度々と個別訪問を躊躇なく連日繰り広げられています。選挙民も当然のごとく我が家に来てくれたと受け入れています。

これって小渕優子さんの群馬5区で後援会夫人部を演劇鑑賞に連れて行く構図と全く変わらないですね!確かにKY教の信者教祖様の親族が来てくれて感激してますが、創価学会の信者じゃあるまいしね!!歴史を眺めてみますと政治が宗教を利用して体制拡大に利用して来た事実がありますからね、「マインドコントロール」ことこそが一番の集票活動だとわかりますね。

個別訪問に同行しているどこぞの市議会議員達は、大切な定例議会よりも衆議院選挙のほうが真剣勝負しているようですから宣教師にでも転職することをお奨めいたします。

—————————————–

自民の小判鮫、公明党のマインドコントロール作戦はまさに宗教を利用した国民生活など考えていない悪票の組織票の典型かと思います。志がしっかりしている議員に投票するのではなく、組織の一員として考え方に反しても組織票に巻かれることは、もう時代遅れではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

庶民が大好きな牛丼もハイパーインフレへ!!

安倍総理が解散時に、「デフレから脱却のチャンスを得た!!」と熱く語っていたのが数週間前。確かになんでもかんでも価格が下がればいいというものではありません。しかし、賃金も上がらないのにモノの価格だけ上がってもいいのでしょうか。株価も一時7年4ヶ月ぶりに1万8千円の高値を付けましたが7月から9月のGDPの下降修正が発表された途端、株価が下がりました。

そして、庶民の味方、サラリーマンの昼の楽しみで低価格の牛丼。コンビニ弁当よりもかなり安いため、昼時はサラリーマンで溢れています。しかし、急激な円安のため、経費削減などの企業努力では対応できず、吉野家が牛丼とカルビ丼の価格を80円から120円値上げすることになりました。それも今月17日から。10円程度の値上げではなく大幅値上げになります。

そもそも牛丼は、どこの企業も380円前後で販売していました。しかし、不景気で価格競争が始まり、300円を切る価格まで価格が下がっていました。アメリカ牛の狂牛病の影響で一時値上がりしたことはありましたが、賃金が上がらない中、庶民にはとても有難い価格でした。その牛丼が80円も値上がりします。牛丼だけではなく2015年1月から値上げする食品が非常に多いようです。これは家庭の経済を非常に圧迫するのは必至です。麻生財務大臣が「利益出していない企業は運が悪いか能力がない」との見解を示しましたが、食品業界はどこも能力が足りないとのことなのでしょうか。

安倍総理がデフレからの脱却のチャンスを得たなどというのは、詭弁を語っているだけです。全く言っていることと、日本の経済の状況が違ってます。株価だけが上がり一部の富裕層だけが儲かっただけで、賃金の上がらない庶民にはこの先更に厳しい状況に陥ることでしょう。今の状況はデフレからの脱却などではなく、ただ単にハイパーインフレの序曲に過ぎません。この先円安が進むようなことになれば、生活が出来ない人達が出てくる事でしょう。いや、すでに出始めています。

株価だけが上がり景気回復しているかのように錯覚しがちですが、結局アベノミクスの失敗と日銀の金融緩和の失敗が重なり、日本経済はとんでもない状況に陥り掛けています。こんな状況でも自民は300議席確保するようなマスコミ報道がされていますが、これでいいのでしょうか。

安倍総理の暴挙を止めるには国民が自分の意思で投票すべきです。長年続いている大不況。もう組織票で決まる政治は終わりにしなければ、日本経済は破綻するのではないでしょうか。

—————————————–

アベノミクスのボロがここに来て、急激に表れて来ている感じがします。日銀黒田総裁も弱気と取れる発言をしていましたが、物価だけがじわりじわり上がり賃金が上がっていないのが現状です。

安倍総理も庶民の味方、牛丼を一度召し上がってみてはいかがでしょうか。少しは考え方が変わるのではないですか??

<「投稿サイト」編集部>

 

国家公務員のボーナスが大幅アップ。国民馬鹿にしているのですか?安倍総理

株価が7年4ヶ月ぶりに1万8千円の値を付け、景気が回復してきているよう見えますが、これは完全に錯覚です。麻生財務大臣が「利益を出していない企業は運が悪いか能力がない」という全く世の中の経済を財務大臣という立場にいながら何も分かっていないのでは?という馬鹿にしている発言をしました。

まぁ、「社会保障費の増大は子供を産まないのが問題」というような、自分達の責任を人に転換するようなこれまた無責任発言をするような人ですから、総理時代と同じように目立ちたいが為に適当な発言をするだけならまだしも、マスコミ報道にあったように国家公務員のボーナスが大幅増額になるとのことで本当にこのアベノミクスには呆れ返ってしまいます。

民間はごく一部の大企業だけが儲かり、中小企業の円安倒産が増える中、国家公務員のボーナスは前年比に比べ11%以上も上がるとかで、また、4月の消費増税後8.4%給料が上がったようで、消費増税は国家公務員の収入を増やす為の増税なのでは?と思ってしまいます。

それだったら安倍総理が国家公務員の給与を抑える為に10%への消費増税を先延ばしにしたならわかります。しかし、そのような訳もないでしょうから、全く何の為の先延ばし解散なのかわかりません。1000兆円以上の借金を抱える日本。消費増税と同時期に国家公務員の給与が上がっては借金は減る訳もなく、社会保障にお金が回ることなのないでしょう。

国家公務員の収入を上げても景気が回復しているなどと思う人は誰もいません。まずは民間の中小企業が潤い、大企業が潤い、公務員が潤うというのが望ましい形だと思います。しかし、上からのおこぼれをもらうような今のシステムでは、中小企業におこぼれが来る頃には、日本経済は破綻してしまいます。

安倍総理、もう少し考え方を変えてはくれませんか?

—————————————–

国家公務員の所得が増えても誰も評価しません。株価だけが上がり円安推移が止まりません。急激な円安についていける体力のある中小企業など今の日本にはほんの一部しかないでしょう。

国家公務員の所得を増やす前に予算を使うべきところがあると思います。身内を最後にするのが当たり前の姿ではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>

ガソリン券を配るて公選法違反じゃないですか!

怨念の福島1区で、ここに来て両候補のホームグランドの伊達市で激しく戦っているようですが、KY候補の長男・次女が戸別訪問を後援会幹部を伴って繰りかえしています。引き回し御礼に伊達市選対から10リッターのガソリン券が大量にに配布されていますが、この行為って「公職選挙法」に明らかに抵触する行為だと思います。

また、伊達選対の滝沢福吉本部長始め、安藤市議会議長・熊田昭二・清野孝治市議は選対幹部ですから、公選法の地域主宰者に認定されますので、くれぐれも連座制の対象にならないように市議会議員として12月定例議会に専念して頂きたいですね!

過去の判例を見ますと選挙期間中に運動員にガソリン券を配る行為は、明確に公選法違反という判例がありますし、主宰者が公選法違反で刑事訴追されますと「連座制」適用から逃れられません。しかし、伊達市内では市長選挙で砂糖がJA組合夫人部に配布されても刑事事件にはならなかったので、10リッターのガソリン券ぐらいでは伊達警察署は動かないでしょうね!

うちわを配布して松島みどり法務大臣を辞任に追い込んだ警視庁・小渕優子経産大臣を辞任に導いた東京地検特捜部には法令順守が徹底されていますが、庁内の窃盗やパワハラ事件に追われている福島県警には法令や判例に基ずく捜査を行う事は無理なのかもしれませんね!

選挙にいそしんでる市議達はろくに一般質問もしない、総括質問しない採決に賛成するだけならKY候補の地元秘書に専念すべきです。

—————————————–

うちわ配布で公職選挙法に抵触するならば、砂糖やガソリン券は明らかにアウトでしょう。しっかり法律にのっとり警察に仕事をしてもらいたいものです。

<「投稿サイト」編集部>

投票まであと一週間。有権者は考えよう。

民主党への信頼が回復していない中、僅か2年での解散、総選挙。安倍政権が今後やりたい放題をやるための誰もの意表をついた奇襲戦法だったが、総選挙に突入してから数日間で急激な円安になり、一時121円を記録するに至った。

米国オバマ大統領が日本経済低迷発言に加え、民間の格付け会社ムーディーズが日本国債の格付けを5番目のランクA1(韓国よりも下)に決定したことが引き金になった。これらはいずれも安倍総理の消費増税を見送ったことが原因とされている。

なんといっても米国の好景気ムードがドル買い円売りに転じさせた結果なのだが、日銀黒田総裁が金融緩和といって札をジャブジャブと市場に出回らせたことがきっかけだった。結果的にこの3ヶ月間は過去最大の円安倒産を引き起こしており、アベノミクスなどと言葉遊びをやっている間に日本の景気後退は非常に深刻な状態に陥っている。

衆院は全475議席あるが、最近の世論調査によると自民が300議席を占めるのではないかという調査結果が出ている。公明党の50を足すと350議席にもなり、安倍の独裁政権は一層強まることだろう。公明党も過半数以上を占める自民にとって連立の意味がないものだが、一度与党という旨味を味わった政党では小判鮫のように今後もピタリと付いて行くのだろう。

この自民安倍政権の今回のようなゴマカシ解散にNOを突きつけるのは有権者の自民を選ばない良心だけしか残っていない。それにしても野党も地に落ちてしまって残念なかぎりだ。

—————————————–

円安方向は理解出来ますが問題は急激過ぎるということです。これでは庶民の楽しみ100円ショップも本当に消滅してしまうでしょう。

それにしても安倍総理の暴挙を止めるのは、だらしない野党に目をつぶって自民に投票しないことでしょうね。特に比例区は・・・。

<「投稿サイト」編集部

ゴマスリ黒田の大失策。

円安への加速が止まらない状況になっている。1ドルが121円台になり、約7年前の円安水準となっている。これは日銀黒田総裁が、安倍総理にゴマをする為金融緩和を行った結果であり、完全に黒田総裁の失策と言えるであろう。

安倍総理が今回の解散総選挙の理由に消費増税先延ばしを挙げているが、先延ばしした為に金融緩和が一人歩きをし、更にはアメリカの格付け会社ムーディーズが日本の国債を1ランク下げ日本国債への評価が下がり、原油価格下落も伴って、アメリカの景気が良くなるとの予測からドルが買われ円売りが止まらない状況になっている為だ。

アベノミクスも政権発足当時はとても期待の出来る政策かと思われていたが、思ったように景気が回復せず、円安推移の為に、この3ヶ月で円安倒産が増えてきている。この1ヶ月で11円も円安になり、これは異常である。

安倍総理と黒田総裁はどう責任を取るつもりなのだろうか。

—————————————–

安倍総理と黒田総裁の大失策の為、ほんの一部の人だけが豊かになっています。それにしても麻生財務大臣のコメントで「利益を出していない企業は運が悪いか能力がない」とありましたが、能力がないのはあなたたちでしょうと言いたい人が殆どではないでしょうか。

<「投稿サイト」編集部>